楽天カードは無職や自営業でも作れる!?審査の通りやすさを徹底解説!

楽天カードは無職や自営業でも作れる!?審査の通りやすさを徹底解説!

ネットショッピングや公共料金の支払い、交通費などなど様々なシーンで活用することができるクレジットカード。

できることなら、最低でも一枚は持っておきたいところですよね!

しかし無職や自営業の方ですと、カード審査に対する不安から申し込みを躊躇している事も多いんじゃないでしょうか?

そこで今回はそんな皆様のお悩みを解決するべく、収入の少ない方々でも持ちやすいと言われている「楽天カード」について徹底的に調査してみました!

「自身の収入や職種じゃカードは持てない」なんて思っている方、諦めるのにはまだ早いですよ!

 楽天カードって?

皆さんはそもそも、楽天カードがどんなものなのかご存知でしょうか?

おそらく、CMなどの影響からざっくりとしたサービス内容は理解している方が多いのではないかと思います。

しかし実は楽天カードには、短時間のCMだけでは伝えきれないほどの魅力が眠っているのです!

ただそうは言ってもなんだか信ぴょう性に欠けてしまいますから、今回はわかりやすく表にまとめさせていただきました!

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

こちらの表を見るとクレジットカードを持つ際に気になる年会費の問題はもちろん、付帯保険や電子マネーなど様々なサービスが充実しているのがわかりますね。

ではここからは、先ほどの表にまとめた内容からいくつかの項目をピックアップし、さらに詳しくお伝えしていきたいと思います!

年会費が永年無料!

楽天カードが幅広い方々に愛されている理由の一つとして挙げられるのが、その年会費の安さ。

クレジットカードはものによってかなり高額な年会費がかかってしまうものもある中で、楽天カードは年会費「永年無料」をモットーにしています。

低収入の無職や自営業の方でも、無駄なコストをかけずに持ち続けることが可能というのは好印象ですよね!

また年会費無料のクレジットカードの多くは何かしらの欠点があり、「何か足りない」と感じる場合も多いのですが、楽天カードの場合は全く物足りなさを感じる部分がありません。

ですからただ無料をウリにしているわけではなく、中身も疎かにしていないというのは、楽天カードならではの特徴だと言えるでしょう。

ポイントが貯まりやすくてお得!

楽天カードと言えば、ポイント。

と言っても過言ではないほどに、楽天カードはポイントシステムすなわちポイントの貯まりやすさに優れています。

特に楽天市場などの楽天系サービスを利用した場合がお得で、買い物をするたびになんと4%分ものポイントが還元されるのです!

ただそう言うと「4%なんて微々たるものでしょ?」なんて思う方がいらっしゃるかもしれませんが、塵も積もれば山となるなんて言葉があるように、毎回4%還元というのは案外大きなメリットになります。

また楽天カードのポイントシステムは楽天系サービス以外でも、カードが使えるお店であれば1%のポイントが必ず付与されるものです。

使いどころが制限されているわけでもなく、どんなお店でもお得に利用できるというのはかなり魅力的なんじゃないでしょうか!

安心の旅行保険付き

これまでお伝えさせていただいた内容から、なんとなく楽天カードはお買い物好きの方向け、という印象を抱いている方も多いのではないでしょうか?

確かに楽天カードが真価を発揮するのは楽天系でのショッピングですから、もちろんそれは間違いではありません。

しかし楽天カードにはそれ以外にも、「旅行保険」という重要なサービスが用意されています。

つまり楽天カードさえ持っていれば、買い物に強い恩恵が受けられるだけでなく、旅行好きの方にもメリットがあるということなんです!

例えば海外旅行に行くとして、旅行保険が付帯しているカードを持っていなかった場合、単体で海外旅行保険に加入する必要がありますよね。

しかし楽天カードがあれば、わざわざ旅行の度に保険に入る必要がありませんし、無駄な費用もかかりません。

旅費を楽天カードで支払うことが条件にはなりますが、年会費無料の割にはかなり嬉しいサービスだと言えるんじゃないでしょうか?

楽天カードは無職や自営業でも持てるの?

楽天カードについて詳しくなっていただけたところで、ここからはいよいよ低所得の無職や自営業でも楽天カードは持てるのかどうかについて迫っていきたいと思います!

今回は審査の通りやすさに注目して詳しく調べてみましたので、きっと役に立つはずですよ!

楽天カードは低所得でもOK

まず無職や自営業といった方々は、やはりカード審査に大きく響く「安定した収入」といったものが無いため、基本的にクレジットカードを持つことは難しいとされています。

ただそれは、全てのカードに該当するわけではありません。

つまり審査が緩いものを見つけられさえすれば、収入が少なくともカードを持つことは可能ということになります。

では楽天カードの場合ならどうなのか…

結論から言うと、比較的審査は緩く、持ちやすいです!

また実際収入のない専業主婦の方や学生さんでも楽天カードの審査に受かることが多いようですから、やはり無職や自営業の方が持つには最適のカードだと言えるでしょう。

家族カードならさらに作りやすい!

楽天カード自体そこまで審査の難易度は高くありませんが、実はさらに確実性を高められる方法があります。

ではそれは何かといいますと、通常の楽天カードの派生である「家族カード」です。

つまり家族に通常のカードを持ってもらって、自分はその家族カードに申し込みさえすれば、自身の職種や収入などで落とされる可能性はほぼなくなるというわけ。

また楽天カードの場合であれば、もちろん家族カードの場合でも年会費は無料ですし、通常のカードと同様にポイントも貯められます。

ただ限度額に関しては、家族の持つ本人カードの利用可能枠を共有するという形になりますので、自由度の面では少々劣ってしまうというのが難点ですね。

無職の方が楽天カードの審査に受かるコツ!

先ほど楽天カードは無職や自営業の方でも持ちやすいとお伝えさせていただきましたが、実は工夫次第ではさらに審査合格の確率を上げることも可能です。

これらを実践すれば必ず受かる、とは言えませんが、受かるかどうか不安だという方のためにも、ちょっとしたポイントをいくつかご紹介させていただきたいと思います!

職業欄は「無職」NG

まず無職の方がカードを申し込む際に気を付けたいのが、職業欄の記入。

とは言っても、働いていないのなら無職と記入するしかありませんよね。

ただやはり、正直に無職と書いてしまっては受かるものも受かりません。

じゃあどうするべきなのかと言いますと、ネット上のポイントサイトやオークションなどを駆使してほんの少しのお金を稼ぎ、「自営業」として申請すれば良いのです。

それだとなんとなく職業として成り立つのか不安に思うこともあるかもしれませんが、無職と書いてしまうよりははるかに、受かりやすさの向上に繋がります。

キャッシングは諦めるべし!

「クレジットカードにキャッシングの設定はしない」。

実はコレ、無職さんや自営業さんにとってはかなり有効な手段になります!

というよりもキャッシングを利用するためには源泉徴収票などの様々な書類が必要になるため、収入の少ない方はそもそも申し込むのが難しいと考えた方が良いかもしれません。

現金が必要な時にキャッシングが利用できないのは不便ではありますが、クレジットカードを持ちたいというのであれば、受かりやすさを優先させることをおすすめしますよ!

まとめ

無職や自営業の方におすすめの「楽天カード」、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介させていただいた楽天カードは、数あるクレジットカードの中でもかなり審査が通りやすいカードとして知られています。

またもちろんそれだけでなく、基本の性能やサービスも年会費無料とは思えないほどのパフォーマンスを発揮しているカードだと言っても過言ではありません。

総合的に見ても文句なしの一枚ですから、低収入だけどカードが持ちたい!なんて方は是非、気軽に申請してみてくださいね!