楽天カードとダイナースクラブカードを徹底比較!便利さとステータスどっち?

楽天カードとダイナースクラブカードを徹底比較!便利さとステータスどっち?

圧倒的親しみやすさの楽天カードと、ステータス感の高いダイナースクラブカード。

明らかに方向性が異なるこの二枚を比較したとき、どんな世界が見えるでしょうか。個人的にとても気になってしまい、比較せずにはいられませんでした。

疑いようもない人気カード「楽天カード」と、疑いようもない入ステータスカード「ダイナースクラブカード」と、あなたはどちらを作るべきか? 利便性か? ステータスか?

さあ、どっち!

楽天カードとダイナースクラブカードの比較ポイント!

楽天カードとダイナースクラブカードを実際に比較する前に、どんなポイントを比較するか軽く紹介します。

詳細を見る前に、見どころだけしっかりチェックして、楽しく面白く比較してみましょう。

年会費や入会条件

楽天カードとダイナースクラブカードとで、大きく違いが出るところです。

年会費はどれほどの差が付いているのか、楽天カードとダイナースクラブカードの作りやすさの違いはどれほどかを見てみましょう。

入会特典

楽天カードは自社サービスが多く提携企業数も多いため、入会特典が充実しているのではないかと期待ができます。

一方ダイナースクラブカードは、そのステータス性の高さから豪華な特典があるのではないかと期待せざるを得ません。

一体、どちらにどんな特典が用意されているのでしょうか?

ポイントの溜まりやすさや還元先

楽天カードがここまで人気になった理由は、ポイントの貯まりやすさと使いやすさです。

そんな楽天カードに、ダイナースはどこまで対抗できるのかが見どころになるでしょう。

付帯保険

年会費に差が付けば、付帯保険にも差が付きます。

ダイナースクラブの保険に期待するのはもちろんのこと、楽天カードはどれだけの補償をしてくれるのかが一番の見どころです。

年会費が高ければ保険が充実しているのは当たり前ですからね。

付帯サービス

ダイナースクラブカード側の一番の見どころが、付帯サービスではないでしょうか。

ハイステータスカードには、豪華なサービスが付帯されているのがお決まりですからね。しっかりチェックしましょう。

【楽天カード】VS【ダイナースクラブカード】を比較!

見どころだけチェックしてもらったところで、実際に楽天カードとダイナースクラブカードの特徴を客観的に比較してみたいと思います。

個人的に魅力を感じる部分や付帯サービスの詳細情報など、より細かい部分は後程語るとして、まずは大まかにわかりやすく比較しましょう。

年会費や入会条件で比較

楽天カードは、年会費永年無料です。入会資格も18歳以上(学生可)と明記されているだけとなっています。

「就職していなくても作れる」という評判も多数あり、作りやすさには定評があるカードです。

ダイナースクラブカードの年会費は、初年度から23,760円かかります。入会資格も27歳以上となっており、年齢制限だけでも厳しさがわかるでしょう。

実際の審査などはわかりませんが、年齢以外にも「年収」「信用」「社会的立場」などが考慮されます。審査は厳しいと評判です。

入会特典で比較

楽天カードの入会特典は、新規入会特典2000ポイント、初回利用特典が3000ポイントとなっています。

入会特典はカード到着後、楽天e-NAVIから受け取り可能な通常ポイントです。

一方利用特典は、カード初回利用日の翌月20日ごろに受け取ることが出来る期間限定ポイントになっています。

期間限定ポイントなので早く使わないと失効しますが、3000ポイントもあれば使い道には困らないでしょう。

ダイナースクラブカードは、常時入会特典が用意されているわけではありません。

たまに、入会キャンペーンが開催されています。

たとえば、2017年10月2日から11月30日の期間中には、オンライン入会の先着1500名分の年会費が初年度無料になるキャンペーンが開催されていました。

入会特典をポイントで提示するのではなく、年会費初年度無料というのが秀逸ですよね。

ダイナースの場合は、ポイントプレゼントより年会費初年度無料の方がお得感があります。

ポイントの溜まりやすさや還元先で比較

楽天カードの還元率は、通常1.0%です。100円当たり1ポイント貯まるようになっています。

ダイナースクラブの還元率は、0.4%です。100円当たり1ポイント貯まるようになっています。還元率は還元先によって細かく変わりますが、貯まるポイント数が条件によって高くなるというようなことはありません。

楽天カードは、楽天市場の支払い分のポイントが4倍になります。

さらに、ポイントアッププログラムを利用すると最大還元率は6%になるんです。詳しくは後述しますが、何にせよポイントの貯まりやすさは楽天カードに軍配があがるということですね。

還元先は、楽天カードの場合交換しないでそのまま使うのが一般的です。楽天市場の買い物時、ポイントを使うことができますからね。

さらに、街中の楽天ポイント加盟店でも使えるため交換する必要がほとんどありません。

ただ、他の提携サービスのポイントに交換することもできます。

ダイナースクラブカードのポイントは、ギフト・商品券・各種ポイントプログラムに移行することが可能です。

特に、ハイステータスカードということもあって交換先に選べるギフトの種類が豊富&内容が豪華なのが特徴的。

たとえば、伊勢海老ステーキや、シボレーの折り畳み自転車などがあります。

付帯保険で比較

楽天カードは、海外旅行保険だけ付帯しています。

付帯条件は利用付帯、最高金額は2000万円です。基本的な補償項目はしっかり整っていますが、航空機遅延保険は付帯しません。

ダイナースクラブカードの付帯保険は、ほぼ完璧です。海外・国内旅行保険の補償額は最高1億円のうち5000万円が自動付帯となっています。

ショッピング保険は海外・国内ともに500万円で、国内だとしても「リボ払いや分割払いのみ」という制限はありません。

ただ、楽天カードもダイナースクラブカードも、航空機遅延保険が付帯しないという点は共通しています。

付帯サービスで比較

サービス内容を細かく語ると長くなるため、とりあえず列挙だけしてみます。

楽天カードは、「スーパーポイントアッププログラム」「海外お土産宅配サービス優待」「手荷物宅配サービス優待」「コート預かりサービス優待」などが付帯サービスです。海外で役立つものが多いですね。

ダイナースクラブカードは、「グルメ」「トラベル」「エンタメ」と三つの分野において多数の付帯サービスを提供しています。

公式トップページに軽く掲載されているだけでも16個あるほどです。

正直、付帯サービスを重視するならこれからの魅力語りを見るまでもなく、ダイナースクラブカードの圧勝と言えます。

楽天カードのサービスが悪いわけではなく、ダイナースクラブカードのサービスが豪華すぎるんです。

付帯サービスの魅力やオススメなどは、楽天カード・ダイナースクラブカードの魅力を語る際に合わせて紹介しましょう。

【楽天カード】はこんなクレジットカード!

圧倒的コストパフォーマンスの高さが魅力の楽天カード。

通販の買い物に利用する程度で考えているのなら、楽天カードにはその用途に十分すぎる性能がピッタリおさまっています。

「ちょうどいい」を少し超えている楽天カードの魅力が、こちらです。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付:540円)
2年目以降:(ETC付:540円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント。
楽天市場の利用でポイント4倍。
ポイントの還元先 楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに利用可。
提携サービスのポイントに交換可能。
ポイント有効期限 1年
付帯保険 海外旅行保険
付帯サービス ポイントアッププログラム
海外お土産宅配サービス優待
手荷物宅配サービス優待
コート預かりサービス優待
利用可能電子マネー 楽天Edy
楽天カードボタン

先ほど紹介した情報が多いですが、わかりやすく楽天カードの性能をまとめてみました。こうして見てみると、やはり楽天カードはコストパフォーマンスが高いですよね。

年会費無料のカードだと「保険が無い」「サービスが無い」「電子マネー利用ができない」のいずれかに当てはまるものが多いですが、楽天カードは「ない」ものがありません。

そんな楽天カードの魅力は、こういうところにあると個人的に考えています。

ポイントの貯まる速度

ポイントの貯まる速度が、異様に速い!

一般加盟店の還元率が1%と高いだけでなく、楽天市場の利用でポイントが4倍になるからすぐにポイントが貯まります。

日常的に楽天を利用する方なら、何か一つの商品をポイントだけで賄えるほどのポイント数が「あっ」と言う間に貯まるのではないでしょうか。

さらに、スーパーポイントアッププログラムを利用することでポイントの貯まるスピードは加速!

楽天市場アプリを月に1度利用するだけで、その月の利用分に関して還元率が1%プラスされます。その上、楽天ブックスまたは楽天モバイルを利用することにより、さらに1%プラスされるんです。

最高還元率は6%! 10000円の買い物をしたら600ポイント貯まるということですね。凄まじい……!

ポイントが使いやすい

貯まったポイントも使いづらかったらあぶくと化すだけですが、楽天カードはポイントが使いやすい!

各種ポイントプログラムに交換することができるだけでなく、そのまま買い物に使えるのが何よりも嬉しいですよね。

楽天カードユーザーは少なからず楽天市場を利用する方がほとんどでしょうから、ポイントの使い道に困るということは無いでしょう。

1年間貯まったポイントを、有効期限間近に通販で大量放出! というのも面白いと思います。

年会費無料はありがたい

これだけの性能を持っていて、年会費が無料というのはありがたいです。

まさにプライスレスの魅力ですよ。

ハイステータスカードは誰が見ても魅力的かもしれないけれど、こういう年会費無料でポイントが貯まりやすいカードにこそ「普段から使いやすい」という需要があります。

今後ハイステータスカードを作ろうと考えている方も、楽天カードを持っておくと何かと便利かもしれません。

年会費がかからないから、楽天サービス利用専用カードとしても役立つでしょうね。「誰でも持てる」「誰でも使いやすい」「誰でもお得」という汎用性の高さなら、ダイナースには負けていないと言えます。

【ダイナースクラブカード】はこんなクレジットカード!

ステータスの高さと、サービスの充実度が魅力のダイナースクラブカード。その性能の高さと魅力は疑いようがありません。

まさしく、世界トップクラスの実力を誇るカードの一枚と言えるのではないでしょうか。

ダイナースクラブカード ダイナースクラブカード
年会費 初年度:23,760円(ETC付:23,760円)
2年目以降:23,760円(ETC付:23,760円)
入会条件 27歳以上
国際ブランド Diners
ポイントの貯め方 還元率0.4%(100円あたり1ポイント)
ポイントの還元先 ギフトや商品券に交換
各種ポイントに移行
ポイント有効期限 無期限
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
付帯サービス ギフト・レストラン・エンタメ等多岐に渡る
利用可能電子マネー 無し

年会費は高いけど、ETCは無料。入会資格に年齢制限があり、年収なども考慮されて結構厳しい分ステータス性が確保されます。

付帯保険も必要なものが揃っているし、付帯サービスも多岐にわたり、還元先も豊富。

充実した性能を年会費が担保していると考えると、弱点らしい弱点が見当たらないカードと言えるかもしれませんね。

ただ、まだ「サービスのどこが魅力なのか」を語っていません。個人的にダイナースクラブの魅力はここだと感じる点を、楽天カードと同じく三つ紹介しましょう。

グルメサービスが秀逸

付帯サービスの中に「グルメ関係」がありますが、このグルメサービスがとても秀逸なんです。このサービスだけで年会費の元を取ることができますからね。

そんなサービスの筆頭として語られているのが、『エグゼクティブダイニング』というもの。

これは、対象レストランを2名以上で利用することによって1名分のコース料理が無料になるというサービスです。このサービスを1度か2度利用するだけでも、年会費の元が取れます。コース料理は高いですからね。

また、通常は予約が困難な高級料亭を、代理予約してくれるサービスもあります。

さらに、ダイナース選りすぐりのレストランにて、カード会員限定のもてなしを受けることも出来るんですよ。店舗ごとにさまざまな優待が用意されているため、グルメ探訪がこれまで以上に楽しく思い出深いものになります。

これだけでも凄まじいサービスですが、まだまだこんなものではありません。

「いつも予約いっぱいだけど、行ってみたかったレストランがある人」と、「突然のキャンセルに困っている人」とを結びつけるサービスも提供されています。

それが、有名店や優良飲食店のキャンセル席をダイナースクラブが買い取って、会員に通知するサービスです。

これにより、新規レストランの発掘が捗るだけでなく、「いつも間が悪くて入れなかった店」に入りやすくなります。

旅行の際、力を発揮する

ダイナースクラブカードの魅力は、グルメシーンだけにとどまりません。

旅行の際にも、このカードの力は発揮されます。海外・国内旅行保険の金額が高いというのもそうですが、付帯サービスの質が高いんですよ。

海外のラグジュアリーホテルの特別割引や客室アップグレードなどの優待、国内の厳選されたホテル・旅館の宿泊優待や各種特典、国内外600カ所以上の空港ラウンジを無料利用できるサービスなどなど……。

旅行の際に使えるサービスが満載!

特にホテルや旅館の優待は嬉しいですよね。

その上、トラベルデスクも優秀です。ステータスカード特有の、密接&幅の広いサポートが受けられます。

たとえば、旅行先の鉄道情報の提供やレストランの相談、航空券・ホテル・旅館の予約やパッケージツアーの案内などをしてくれるんです。

ステータス性が高い

高い年会費を軽く回収することのできるコストパフォーマンスの高さも魅力的ですが、やはりダイナースクラブカードという看板のステータス性が高いのが嬉しいところです。

少しでもカードに詳しい方なら、すぐに「ダイナースだ!」とわかります。

認知してもらえるだけでなく、「ダイナースを持っている人は凄い」という認識があるため社会的ステータスの高さが保証されるわけです。

特に一流ホテルや旅館だとカードのステータス性を把握していることが多く、ハイステータスカードを持っている人には客室のアップグレードや特別なウェルカムドリンクの提供などを行っているところもあります。

ダイナースクラブが提携して「優待ホテル/旅館」としているところ以外だとしても、そういったサプライズが期待できるわけです。

ステータス性が高いというのは、自己満足だけにとどまりません。

まとめ

楽天カードとダイナースクラブカードを素直に比べたなら、ダイナースクラブカードの方が圧倒的に魅力的に感じられます。

ただ、「容易に回収可能」とはいえ年会費が高いことは事実です。その年会費を上回るほどの性能・サービスを持っているとしても、躊躇する方は多いでしょう。

そういう方は、楽天カードの方が良いと思います。

基本的に、楽天カードは「買い物専用カード」「通販専用カード」として利用する方が多いです。一方ダイナースは、旅行や食事の際に使う方が多数派。そもそも使うフィールドが違うわけですね。

もちろん、どちらも日常使いができますが……。

日常使いだけなら楽天カードで十分、プラスアルファを求めたいならダイナースに挑戦するのも面白いでしょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!