楽天カードの受け取りは家族だと受け取れない?送付先を自宅にする際に気を付けたい事

楽天カードの受け取りは家族だと受け取れない?送付先を自宅にする際に気を付けたい事

申し込みから審査、発行が終わり、残すは楽天カードの受け取りのみ!

でも仕事で忙しかったりタイミングが悪かったりすると、なかなか自分自身で受け取るのが難しい時もありますよね。

ただ通常の宅急便などはサインさえすれば家族でも受け取りは可能ですから、クレジットカードももしかすると受け取れるんじゃ?なんて思う方も多いことでしょう。

そこで今回は気になる楽天カードの受け取り問題についてご紹介していきたいと思います!

果たして楽天カードは自分が不在だった場合でも、家族に受け取ってもらうことは可能なのでしょうか?

楽天カードって?

ではまず楽天カードとはどんなものなのか、簡単に確認していきましょう。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:無料(ETC:540円)

2年目以降:無料

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まずこちらの表から探っていきますと、年会費は無料で国際ブランドも選択可能。

そして付帯保険や電子マネーまで付いていて利便性に優れているのがわかりますね!

これなら顧客満足度ナンバーワンに選ばれ続ける理由もわかるような気がするんじゃないでしょうか?

とは言ってもただ表を見ただけで楽天カードの魅力を全て伝えきることは難しいですから、ここからは表内のいくつかの項目に注目して、さらに詳しく解説していきたいと思います!

年会費永年無料でコスパ最強!

クレジットカードを持つ上で厄介になるのが年会費。

ですが楽天カードであればカードを使おうが使うまいが年会費は永年無料なんです!

年会費無料クレジットカードの中には無料にするために何かしらの条件があったり、初年度のみ無料だったりといったものが多いですが、楽天カードは完全に無条件というのがポイントですね。

また楽天カードは年会費の割にかなり高性能でもあるので、コスパに関しても心配する必要がありません。

これならクレジットカード初心者さんでも安心して持てるはずですし、節約志向の方にもイチオシのクレジットカードとなっているんですよ!

国際ブランドは自由に選択可能

クレジットカードと国際ブランドは常にセットにする必要があり、カードを作る際にはどちらが欠けてもいけません。

でもだからこそ、国際ブランドの選択肢は多いに越したことは無いはずです。

カードの性能がどれだけ良くとも、国際ブランドが使いづらいものであれば使いどころが限られてしまいますから。

ただ楽天カードであれば、国際的に人気のあるVISAやMasterCard、そして国内での利便性がダントツのJCBといった3種類の国際ブランドが選択可能なため、国際ブランド選びで困ることはまず無いでしょう!

また国内用や海外用といったようにカードの用途や自身のライフスタイルを考えて選ぶことが可能なため、無駄の無いカード作りができてお得感もあります。

より自身に合ったカードを作りたい方にとっては、かなり嬉しいサービスと言えそうですね。

便利な電子マネー一体型!

楽天カードは、クレジットカードの機能に電子マネー「楽天Edy」の機能が合わさった一体型カードです。

そのためクレジットカードと電子マネーは本来1枚ずつ別のカードを所持しなければいけないところ、楽天カードでは1枚で2役こなすことが可能になります。

つまりクレジットカードを持つついでに、カードでかさばりがちなお財布事情も解決できちゃうというわけ!

しかも電子マネーがあれば小銭不足からのお札崩し、そして小銭がじゃらじゃらになる…なんてことも防ぐことができますから、やはりお財布をスッキリさせるには効果的なのです。

また楽天カードで楽天Edyにチャージをすると、一度で両方のカードにポイントが貯まるので超お得!

これは現金払いにはないメリットですし、利便性とお得感を兼ね備えられているのは魅力的ですよね。

一体型カードだからこそのメリットを感じるには、楽天カードが最適と言えるんじゃないでしょうか!

楽天カードは家族だと受け取れないの?

では楽天カードの魅力を知っていただけましたところで、いよいよ本題に入っていきたいと思います。

気になる楽天カードの受け取りは、果たして家族や同居人でも可能なのでしょうか?

簡易書留ならOK

まず結論から言いますと、楽天カードが「簡易書留」で送られてきた場合であれば本人以外が受け取っても特に問題はありません。

そのため受け取りの際は一般的な宅配便などのように、サインか印鑑を押してもらえばOKです!

また簡易書留は宅配ボックスやポストなどに投函されることもないため、不在時でも安心してカードを手に入れることができますよ。

ただ簡易書留で楽天カードを受け取りたい場合はあらかじめ、カードの申し込み時に「口座振替手続き」を行っておく必要があるので注意してくださいね!

本人限定受取だとNG

先程楽天カードは簡易書留なら家族が受け取っても大丈夫だとお伝えしましたが、楽天カードの送付方法にはもう一つ、本人限定受取というものがあります。

これはその名前の通り、本人のみでしか受け取ることができないサービスですね。

ちなみに本人限定受取の場合は簡易書留とは逆に、口座振替手続きをしていなかった方に多い送付方法になります!

タイミング良く自宅に居ることが難しいと感じるようであれば、なるべく口座振替手続きをしておくのが良いでしょう。

自宅で楽天カードを受け取る際に気を付けたいこと

利便性とお得感に優れている楽天カードですが、実際にカードを受け取るとなった際には少々気を付けておきたい点もあります。

実際に届いてから後悔することになっては大変ですから、ここではそんな注意点についていくつか見ていきましょう!

本人確認書類を用意しておこう

これは本人限定受取の場合のみですが、本人限定受取で楽天カードを受け取る場合は必ず、本人が自身の身分を証明するものを提示しなければいけません。

つまり受け取りの際は必ず、本人確認書類や身分証などが必要になってくるのです。

免許証などが常に財布に入っているという方は問題ないかと思いますが、そうでない方は届いてから慌てて身分証を探さなくて済むように、あらかじめ用意しておく必要がありますね!

また本人限定受取では配達の際に生年月日などの簡単な質問をされることもあるようなので、質問があるかもしれないという事も併せて覚えておくと良いでしょう。

再配達はなるべくしないように!

本人限定受取で楽天カードが送付されてきた場合、自宅に家族しかいなければ再配達となります。

また簡易書留であっても、家族全員が不在であればもちろん再配達扱いです。

しかし万が一この時に何度も再配達を希望してしまったり、期間が空きすぎてしまったりするとカードの利用を取り消しされることも考えられます。

ですからどんな受け取り方法であったとしても再配達を希望する際は、確実に受け取れる日時と時間をしっかりと把握してから連絡するようにしましょう!

まとめ

楽天カードは本人の受け取りが必要な場合と、家族でもOKな場合にわかれていましたね。

またそれらの方法は、自身の申し込み内容によって変化させられるというのもなかなか魅力的な要素だったのではないでしょうか。

それにもちろん、楽天カードは長年顧客満足度ナンバーワンを獲得しているだけあって性能に関しても文句の付け所がありません。

ですのでもしもこれから、受け取りやすく性能も良いカードを持ちたいと考えているのであれば是非、この機会に楽天カードの申し込みをしてみることをおすすめしますよ!