カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


おすすめVISAカードの作り方紹介!今からクレジットカードを手に入れたい方必見

キャッチ画像

世界シェア数No1の国際ブランド「VISA」のクレジットカードがほしい!という方におすすめするのが「三井住友VISAカード」

三井住友VISAカードはクレジットカードの中でもとても魅力が溢れています。

今回は三井住友VISAカードの特徴をお話した後に、作り方についてご説明させていただきます。

クレジットカード選びで迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

VISAカードのおすすめは三井住友VISAカード!

VISAカードをつくるなら三井住友VISAカードを強くすすめます。

おすすめする理由をお伝えしましょう。

三井住友VISAカード
年会費 初年度:0万円(ETC:540円)

2年目以降:1,350円

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 10~80万円
付帯保険 海外保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.454%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa・payWave
マイル還元率 ANA:100ポイント=300マイル
JAL:-

ステータスバツグンのクレジットカード

三井住友VISAカードは数あるクレジットカードの中でもトップクラスのステータスを誇ります。

銀行系クレジットカードは審査を通過するのが比較的難しいんです。審査が難しいカードを持っていることで社会的信頼があると証明することになり、カードにステータス価値を与えます。

また、銀行系クレジットカードでも大手銀行「三井住友」が発行していますから、知名度がバツグンに高くステータスを感じさせるカードです。

クレジットカードをつくるならステータスがあって自慢できるカードがほしい!という方に三井住友VISAカードはとってもおすすめですよ。

キャッシュカードの機能が使えて便利

三井住友VISAカードはクレジットカードの機能が使えるのはもちろん!キャッシュカードの「ATMからお金を下す」「他口座に振込」「自分の口座に入金」「税金や電気代等を口座から払う」といった機能を使うことができます。

カード1枚持っているだけでお金の管理をできるようになるのでとっても便利ですよ。

年会費が条件付きで無料になる

ステータスが高く充実した三井住友VISAカードは初年度無料でお使いいただけますから、2年目になると年会費が1350円かかります。

しかし、条件を満たすこと2年目以降にかかる年会費をずっと無料でお使いいただくことができるんです。

条件はとっても簡単で、マイ・ペイすリボに登録をするだけでOK

リボ払いだと不安を感じる方もいると思いますが、ご安心ください。

設定額をいっぱいまで高くすることでリボ払いでの返済にはならず安心してご利用いただくことができます。

 

VISAカードをつくるならステータスが高くキャッシュ機能がついて、無料で使える三井住友VISAが一番おすすめ!

クレジットカード選びで迷っている方は三井住友VISAカードも検討してみてくださいね。

三井住友VISAカードを作る前に審査について知ろう!

申し込み

三井住友VISAカードに興味を持った方はお申込みをする前に、審査について一度確認しておきましょう。

三井住友VISAカードの審査基準は満18歳以上

三井住友VISAカードの審査基準は高校生を除く満18歳以上の方となっております。

それ以外の条件はありませんから、条件を満たしやすく申し込みやすくなっていますよ。

安定した収入と信頼のあるクレヒスがあると審査で有利に

クレジットカードの審査で重要になるチェックポイントが申し込み者の収入です。

毎月安定した収入を得ておりクレジットカードを利用してしっかりと返済できるかどうか確認されます。

また、申込者が信頼できるかどうかという点も重要で今までクレジットカードを使用していて支払いの遅延や延滞をしていないか?と利用情報をチェックされます。

クレジットカードを申し込むときはこの2点に問題がないか自分で確認しておくといいですよ。

気をつけよう!審査落ちしやすくなるNG行為

クレジットカードの審査で落ちやすくなってしまうNGな行為がいくつかあります。

紹介していきますので、クレジットカードを申し込むときは気をつけるようにしてくださいね。

クレジットカードを短い期間で複数申し込まないこと

クレジットカードを申し込むときは短い期間で複数申し込まないようにしましょう。

カードを申し込んだ情報は6か月間保存されるのですが、審査中にチェックされます。

複数申し込んでいると金銭的に問題があるのではないかと疑われて審査に落とされてしまう可能性があるんです。

ですから、クレジットカードを申し込むときは6か月間複数申し込まないように気をつけましょう。

金融事故を起こさないこと

クレジットカードを使っていて支払いの延滞や遅延をしてしまうと、データとして残ってしまいます。

審査中にカードの利用情報がチェックされるのですが、支払いの遅延や延滞は返済能力に問題があると判断されて審査の通過が難しくなってしまいます。

新しいクレジットカードが欲しい方は、今持っているカードの使い方に気を付けておきましょう。

申し込みで虚偽情報を入力しないこと

クレジットカードが欲しいからといって申し込みで虚偽情報を入力してはいけません。

審査では入力情報をしっかりと確認していますから、バレテしまう可能性が非常に高く、虚偽情報を入力したとわかったら即審査落ちしてしまいます。

きちんと正しい情報を入力して申し込みましょう!

ボタン

三井住友VISAカードの作り方

申し込み

クレジットカードを作るための審査について確認していきましたね。

大丈夫だと思ったらさっそく申し込んでつくってみましょう!

三井住友VISAカードを作るのに必要な書類

三井住友VISAカードを申し込む前に必要になる書類を準備しましょう。

本人確認書類・・・運転免許やパスポート、健康保険証や住民票など

カード引き落とし用口座・・・カードの引き落としに利用する口座を準備しておきましょう

銀行の届出印・・・引き落とし口座の登録に必要となります。

この3つを準備したらいよいよ申し込みをしましょう。

カードの申し込む流れ

  1. カードを申し込むときは下のボタンから申し込みページへと飛びます。
  2. デザインを選んでから今すぐ申し込むのボタンを押しましょう。
  3. 会員規約が表示されますので確認してから同意して次へを押します。
  4. お客様情報の入力フォームへと飛びます。基本情報を入力してきましょう
  5. 勤務先・キャッシング設定・受け取り店舗・ETCカード・振替口座の選択をしていきます。

 

以上が終わり申し込みボタンをすることで三井住友VISAカードの申し込みが完了します。

審査結果はメールで届く

審査が終わり次第申し込み入力フォームに打ち込んだメールアドレスへ審査完了のメールが届きます。

無事審査を通過できるとご自宅へ三井住友VISAカードが郵送されます。

後はステータスが高くサービスが充実している三井住友VISAカードを使って魅力を存分に堪能してくださいね。

ボタン2

まとめ

今回の記事では国際ブランドVISAでつくるおすすめのクレジットカード「三井住友VISAカード」の作り方についてお伝えさせていただきました。

必要になる書類は本人確認できるものと、振替口座があればOKです。

インターネットであれば簡単に申し込むことができるので、三井住友VISAカードに興味を持った方はぜひ申し込んでみてくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!