カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


アメックスグリーンとアメックスゴールドは2枚持ち出来るけど意味なし!?

名高いステータスと充実のサービスで、クレジットカードの中でも安定した人気を誇る「アメックス」。

その中でも特に人気が高いのが「アメックスグリーン」と「アメックスゴールド」です。

この2枚を同時に持ちたいと思っている方へ!

この記事では2枚持ちって本当に意味があるのかを徹底調査!驚くべき真実を一緒に見ていきましょう。

アメックスグリーンとアメックスゴールドを簡単に比較

まずは2枚のカードの基本スペックを比較!

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 12,000円+税
入会資格 20歳以上の定職がある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.333%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:0.40%(国内一般加盟店 日本旅行購入時割引)

ポイント有効期限 3年

※別途サービス加入で無期限に

利用可能電子マネー 楽天Edy・SMART ICOCA・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:2000ポイント=1000マイル

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード
年会費 29,000円+税
入会資格 20歳以上の定職がある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.333%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:0.40%(国内一般加盟店 日本旅行購入時割引)

ポイント有効期限 3年

※別途サービス加入で無期限に

利用可能電子マネー 楽天Edy・SMART ICOCA・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:2000ポイント=1000マイル

2枚の違いは「サービス内容」にある

当たり前のことかもしれませんが、グリーンとゴールドではサービス内容に大きな差があります。

ゴールドにしかない特典をいくつかピックアップしてみました。

レストランのコース料理1名分無料

アメックスゴールドには「ダイニングby招待日和」というサービスが付帯してきます。

このサービスは、高級レストランのコース料理が1名分無料になるというもので、かなり評価も高いです。

さらに、合計の利用回数に制限がないので年会費の元を取るのも意外と簡単だったりします。

プライオリティパスが年2回まで無料で使用可能

アメックスゴールドを持っていれば、空港に設置されているVIPラウンジを年2回まで無料で利用できます。

通常の空港ラウンジであればアメックスグリーンでも入れますが、VIPラウンジを利用したいのであればゴールド以上でないと入れません!

旅行保険も充実

アメックスグリーンにも旅行保険は付いてきますが、その額は最高でも5,000万円。しかし、アメックスゴールドであれば最高1億円までの旅行保険が付帯してきます。

より旅行とエンタメに強くなったのがアメックスゴールドなんです。

単純に「グリーン<ゴールド」と考えて良い

この他にもゴールドにしかないサービスはたくさんあります。考え方としては「グリーンにないものをゴールドは全て兼ね備えている」と考えてもらっても良いです。

実際、初めてのアメックスカードでゴールドを選択する方も数えきれないほどいます。

アメックスグリーンとアメックスゴールド2枚持ちは出来る?

では、実際にアメックスの2枚持ちは出来るのでしょうか。

また、2枚持ちしたとして生じるデメリットとメリットについても詳しく解説!

2枚持ち自体は出来る

結論から言うと、アメックスグリーンとゴールドの2枚持ちは出来ます。何の問題もありません。

よくネットの噂で「グリーンとゴールドの2枚持ちは出来ない」という情報が出回っていますが、あれはウソです!

2枚持ちのデメリット

「アメックスの2枚持ち」という響きだけ聞くとカッコいい感じがしますが、実際はデメリットもあります。

年会費を二重に払う

最初のデメリットは年会費。グリーンの12,000円とゴールドの29,000円を別々に払わなくてはなりません。

年会費だけで4万円以上持っていかれるのはちょっとキツいですよね…。

ポイントの分散

これも厄介なのですが、グリーンとゴールドでは貯まるポイントが別々です。

合算することも可能ですが、デスクに電話して手続きを踏まなくてはならないので、人によっては面倒だと感じるかもしれません。

メリット

では2枚持ちのメリットって何なんでしょう?結論を言うと2枚持ちのメリットを感じられる人は、かなり絞られてきます。

限度額が別々

ゴールドとグリーンでは限度額が個別に設定されています。

  • グリーンの限度額40万円
  • ゴールドの限度額60万円

といった風に個別設定なので、より大きな買い物などに対応しやすくなります。

滅多にないと思いますが、「ゴールドの限度額がいっぱいになった」という場合でもグリーンで決済が出来るので、精神的にも安心できますね。

使い分けが出来る

場面によってゴールドとグリーンを使い分けたいときだってあるはず!

例えば、デートや同僚との食事の際は少しでも見栄を張りたいですよね。そんな時はアメックスゴールドを出しましょう!ステータス性も抜群なので一目置かれること間違いなしです!

逆にコンビニやスーパーでの買い物の際はグリーンを出すなど、状況によってクレジットカードの使い分けが出来るのはメリットと言えるでしょう。

ぶっちゃけアメックスグリーン・アメックスゴールド2枚持ちの意味はあるの?

気になるのは2枚持ちする意味ですよね。この項では2枚持ちをするべき人としない方が良い人について説明していきます。

使い分けしないなら2枚持ちの意味はない

メリットに使い分けを挙げましたが、逆に言うと使い分けをしないなら2枚持ちする意味はありません。

ただただ年会費を多く払うだけです。「グリーンとゴールドどっちも持ってる」という所有感が欲しいなら別ですが、実用性を考えるなら年会費4万以上は割に合いません。

2枚持ちをするべき人

  • ビジネスシーンとプライベートでカードを使い分けたい
  • 謙遜する場面と見栄を張りたい場面でカードを使い分けたい

以上の2つのうちどれかに該当するなら、アメックスグリーンとゴールドの2枚持ちをしても後悔は少ないでしょう。

目上の人の前でカードを使う際、少しでも謙遜の意を表明するためにグリーンカードを出す。逆に異性との食事などカッコつけたい場面ではゴールドカードを出す。

このように、場面によって自分を低く見せるか高く見せたいかによってクレジットカードを使い分けるならアメックスグリーンとゴールドの2枚持ちは役に立つでしょう。

迷ったならアメックスゴールドにしよう

2枚持ちで得られる恩恵は正直少ないです。

例えば、アメックスと他社ブランドのカードを持つ。という場合でしたら海外旅行の際などに役立つので充分おススメできますが、同じアメックスブランドで2枚持ちしてもメリットを感じる場面は少ないでしょう。

悩んでいるのならアメックスゴールド1枚を持つことを強くおススメします。

ステータスは勿論、充実のサービスがあるので様々なニーズに応えてくれること間違いなしです!

まとめ

アメックスグリーンとゴールドの2枚持ちについて述べてきましたが、人によって恩恵を感じるか感じないかは全く違います。

もし「何となく2枚持ちたい」と思っているなら止めておきましょう!

迷っているなら、アメックスゴールドを1枚持っておくだけで貴方の欲求は満たされるはずです。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!