決定版!憧れの高ステータスクレジットカードランキングと貴方が持つべきカード!

ステータスカードランキング!もっともステータスの高いクレジットカードはこいつらだ

どうせクレジットカードを持つなら、カッコよくてステータスがあるものを選ばなきゃ勿体ない!せっかくの人生、見栄を張ってナンボだと私は思います。

正直言うと、ある程度有名なカードはどれも素晴らしいサービスなんです。利便性という点ではそこまで差がないと言っていいでしょう。

ではクレジットカードで一番差が付くポイントは何なのか?

そう、答えはズバリ「ステータス」なんです。

本記事では、世界に認められた高ステータスクレジットカードをランキング形式で3つピックアップ。

しっかりとした根拠を基に貴方が持つべきカード」もご紹介していきます。

クレジットカードのステータスを測る4つの指標

漠然と「ステータスが高い」と言っても、一体何を基準にしてステータスを測っているか分かりませんよね。

抽象的ではなく、具体的にステータスを測る基準は4つあるんです。

カードのランク

ざっくり言うとステータスとは「社会的地位」のことです。が故に数値などでは測れないため、どうしても漠然となりがち。

それでも一番分かりやすい基準と言えるのは「カードのランク」です。

内容は大まかに分けて4つ。

「一般」⇒「ゴールド」⇒「プラチナ」⇒「ブラック」

右に行くほどランクが高くなり、その分比例してステータス性も高くなっていきます。

取得の難易度

ステータス性が高いカードほど、取得の難易度が高くなります。

服でもなんでも、有名なブランド物ほど高くて貴重性がありますよね。クレジットカードも一緒です。

同じゴールドカードでも、取得難易度で社会的ステータスは大きく変わってきます。

さらに、プラチナやブラックになるとカード会社からのインビテーション(招待状)が必須になるので、取得は本当に難しくなり、その分ステータス性も上がるんです。

年会費の高さ

「年会費無料のゴールドカード」と「年会費3万円のゴールドカード」

2つを比べた時に「社会的地位」があると感じるのはどっちでしょうか?当然、年会費3万円の方を選ぶ人が多いでしょう。

人は値段で物の価値を決めます。クレジットカードも同様で、価値が高いカードほど年会費が高く設定されています。

もちろん、ただ高いワケではなく年会費に見合った質の高いサービスがあるからこそ年会費も高騰するんです。

世間のイメージ

ステータス性は数値化が難しいため、どうしても世間のイメージによる部分が大きくなります。

どれだけ年会費が高くて、サービスが良くても知名度や人気がなければ高ステータスとは言えません。

ステータスカードランキング

では先ほど説明した指標をもとに、高ステータスのクレジットカードをランキング形式でご紹介します。

名前だけではない確かな特典と使い勝手にもご注目を。

第1位【アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード】

アメックス社が誇る最高級のカードです。ランク的にはブラックに相当します。

世界で最初のブラックカードであり、詳細も謎の部分が多いというロマンに溢れた1枚です。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
年会費 50万円+税

※入会金100万円

入会資格 インビテーションのみ

(条件不明)

国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険

etc…

ポイント還元率 不明
ポイント有効期限 無期限
利用可能電子マネー 楽天Edy・スマートICOCA・モバイルSuica
スマホ決済 Apple Pay

Google Pay

マイル還元率 不明
会員限定サービス お誕生日プレゼント

プライオリティパス

専用コンシェルジュ

閉店後のショッピングetc…

 

アメックスセンチュリオンカードはサービス内容や招待基準が一切公表されていません。

持った人しか分からないです。

なので、今載せた情報も、マスコミなどにおいてアメリカン・エキスプレス日本支社が公式に存在を認めたモノのみとなっています。この表にも書かれていない専属のサービスが数えきれないほどあるのは間違いありません。

芸能人で使っている方が多い事でも知られ、プライベートジェット機なんかはこのカードで買ってるみたいです。もうスケールがデカすぎて訳が分からなくなってきます。

限度額

よく「アメックスブラックカードは限度額が無制限」なんて聞きますが、あれはウソです。いくら何でも無制限ではありません。

正しく言うと「ほぼ無制限に近い」というのが正解でしょう。

所持者それぞれに与信枠が設けられており、人によっては5000万円だったり、1億円だったりします。それでもスケールが大きいですけどね!

知名度

「ステータスを感じるクレジットカードランキング」や「持ってたらドキッとするクレジットカードランキング」でも常にアメックスが1位です。

世界は勿論、日本でも圧倒的知名度があるので1位となりました。

審査や知名度も含めて「選ばれし人だけが持てる謎だらけのカード」ってカッコ良すぎますよね。

第2位【ダイナースクラブプレミアムカード】

続いては、世界で最初のクレジットカードブランドとして格式高い評価を受けているダイナースクラブが誇るブラックカードです。

ダイナースクラブ プレミアムカード
年会費 13万円+税
入会資格 インビテーションのみ

※条件不明

国際ブランド ダイナースクラブ
利用限度額(初年度) 一律の制限なし
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険

etc…

ポイント還元率 不明
ポイント有効期限 無期限
利用可能電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica
スマホ決済 非対応
マイル還元率 不明
会員限定サービス 専用コンシェルジュ

プライオリティパス

ダイニングサービスetc…

こちらのカードも詳細な審査基準は明らかにされていません。まあブラックカードなんてどれも謎だらけです(笑)

アメックスセンチュリオンカードと比べると年会費が安く感じてしまうかもしれませんが、それでも13万円という数字は圧倒されます。

唯一Apple Payなどのスマホ決済に対応していないのが寂しいところでしょうか。

それでも、ブラックならではの会員サービスなどは充実していますし、世間の評価も高いのは間違いありません。

限度額

こちらも限度額は無制限というウワサがあります。実際ダイナースクラブでは「一律の制限は設けておりません」と公式にアナウンスされています。

しかし、ダイナースもアメックスと同様に人によって限度額を変えています。

一律の限度額を設けないというのは、それぞれの人に応じて限度額が変動することを意味しているんです。

知名度

世界的に見ると確実に超有名ブランドなのですが、日本での知名度は「アメックス社>ダイナースクラブ」なのが正直なところ。ということで今回は2位となりました。

第3位【アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード】

ここまで紹介してきた2つはハードルが高すぎます。そもそもインビテーションでしか手に入らないという時点で諦めたくなりますよね。

そこで次に紹介するのは、手軽さと高ステータスを兼ね備えた「アメックスゴールドカード」です!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費 29,000円+税
入会資格 1.満20歳以上での申込

2.基本カードからのインビテーション

国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険

etc…

ポイント還元率 0.33%~0.5%
ポイント有効期限 3年

別途キャンペーン加入で無期限

利用可能電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica
スマホ決済 Apple Pay

Google Pay

マイル還元率 0.5%~1%
会員限定サービス コンシェルジュサービス

年2回までのプライオリティパス

ダイニングサービスetc…

アメックスならではのステータスと豊富な特典を手に入れられるのが「アメックスゴールド」

当然ブラックカードに比べたら年会費も安いですし、身近な存在なのは間違いありません。

しかも、アメックスゴールドはインビテーションがなしで持つことが可能!

間口の広い高ステータスとして大人気の1枚です。

限度額

各個人毎に与信枠を設定しています。

しかし、デポジット機能という事前引き落としサービスもあるため限度額で悩むことはほぼありません。

知名度

言わずもがなアメックスですから、知名度は抜群です。

人によっては「ブラックよりもゴールドの方がカッコいい」なんて意見もあります。知名度だけで言ったら、ブラックを抜いて1位になってもおかしくないです。

手軽に高ステータスをゲットするならアメックスゴールド

結論から言うと、手っ取り早くステータスが欲しいなら「アメックスゴールドカード」で決まりです。間違いなく最適解でしょう。

なぜそこまで言い切れるのか。納得いく根拠を並べました!

ゴールドカードにしては、かなり優しい審査

アメックスゴールドはステータスと裏腹に審査が厳しくないことで有名です。

必要条件は

  • 満20歳以上
  • 安定した職業についている
  • 年収300万円(200万円代でクリアしたという報告もアリ)

となっており、ゴールドカードの中では一番間口が広いと言っても過言ではありません。

ステータスを測る指標である「取得難易度」は高くありませんが、知名度と年会費・サービスで他のゴールドカードを圧巻しています。

ゴールド⇒プラチナ⇒ブラックへと進むための入り口

最初の方でも言った通り、最上位のステータスカードを手に入れるのにはインビテーションが必須です。

アメックスであれば「グリーン」⇒「ゴールド」⇒「プラチナ」⇒「センチュリオン」とランクが上がっていきますが、更なる高ステータスを目指す入り口としてアメックスゴールドは一番手に入れやすいと言えるでしょう。

アメックスゴールドを問題なく使い、付帯サービスも活用していけば自然とプラチナへのインビは届きます!

アンケートが立証済み。アメックスゴールドは充分なステータスを持っている

大手レビューサイトで実施した「クレジットカードで最もステータスを感じる国際ブランドは?」というランキングでアメックスは堂々の1位を獲得しました。

  1. アメリカン・エキスプレス:35.7%
  2. ダイナースクラブ:31.5%
  3. VISA:14.6%
  4. JCB:8.0%
  5. Mastercard:7.0%

このように世間のイメージが「アメックスの高いステータス性」を立証しているんです。

貴方がアメックスゴールドを持つべき理由

いくらステータスがあると言っても、それだけでクレジットカードを持つのは流石に気が引けます。

安心してください。アメックスゴールドには信じられないほど手厚いサービスがあるんです。

まるでプラチナカード!空港ラウンジを使い倒せ

アメックスゴールドには空港ラウンジを同伴者1名まで無料で使える権利が付いてきます。

しかし、それだけなら他社のゴールドカードと同じ。

今回紹介するアメックスにしかないラウンジサービスとは「プライオリティパス」なんです。

プライオリティパスとは

世界中の空港に設置されているVIPラウンジを使える権利の事です。

VIPラウンジでは豪華な食事やお酒が楽しめるほか、スパやエステサロンも用意されいる場合もあります。

アメックスゴールドのプライオリティパス

アメックスゴールドでは年2回までプライオリティパスを使用できます。

これはゴールドカードとして破格の待遇です。他社と比較してもプライオリティパスが付くのはプラチナ以上なのが一般的。

アメックスゴールドを持てば「許された者のみ入れる空間」を利用できるんです。

ダイニングby招待日和でお得に豪華絢爛な食事を

もう一つ紹介したいのが「ダイニングby招待日和」

このサービスは所定のレストランのコースメニューを2名以上で予約すると1名分が無料になるというもの。

所定のレストランの一例をあげると

青山エリュシオンハウス

“エリュシオン”それはギリシャ神話に登場する”地上の楽園”。訪れる方々にくつろぎと親密な時間を演出する心からのおもてなしに満ちたプライベート空間で新鮮な食材を使った正統派イタリアンが楽しめます。

優待内容:2名様以上で「エリュシオンコース」(1名様12,000円/税別)の予約で、1名様分のコース料理が無料

※別途サービス料10%がかかります。

この他にも、所定のレストラン超高級な場所ばかり。

友人や恋人の祝い事で何度か活用すれば、29,000円の年会費なんてあっという間に元が取れちゃいます!

アメックス会員限定イベントで「大人の嗜み」を

アメックスでは「会員限定イベント」が定期的に開催されています。

京都・醍醐寺で行う夜桜拝観や花火大会の特等席招待など、どれも「非日常」を味わえるエレガントなものばかり!

一歩先へ進んだ大人の体験をアメックスは提供してくれるんです。

柔軟な限度額で様々なシチュエーションに対応

アメックスゴールドには一律の限度額が設定されていません。

各個人の利用状況や属性によって柔軟に限度額を変えています。人によっては500万円というゴールドカードとは思えないレベルの限度額が設定されることもしばしば。

さらに、デポジット機能(事前引き落し)を使えば、大きな買い物でも限度額を気にせずにカード決済が出来ます。

オペレーターさんに「これを買いたいから限度額を調整してほしい」と頼めば対応してくれることも多いです。

まさに顧客を芯から思ったサービスをアメックスゴールドは実施しています。

ステータスのあるカードを作る際の手順と注意点

いくら年収があっても、そう簡単にステータスカードは作れません。

確かな手順と注意点を踏まえてこそ、ステータスは手に入ります。この項では、高ステータスのカードを作る手順と注意点をご紹介!

意識するのは「ランクアップ」まずは持ちたいカードよりもランクの低いカードを選ぶ

何度も言っていますが、プラチナ以上のステータスが欲しいならまずはゴールドカードを持ちましょう。

焦っても簡単にステータスは手に入りません。着実にステップアップすることを意識して!

クレジットヒストリーを磨く

ランクアップのインビテーションが届くには「クレジットヒストリー(通称:クレヒス)」が一番大切です。

クレジット会社があなたに求めるのは「信頼性」と覚えてください。カード利用履歴に少しでも傷があれば、ランクアップも難しいです。

「カード支払いの遅延や滞納は絶対にしない!」これを頭に叩き込んでください。

インビテーションが届くまでの利用金額と日数はマチマチ

では具体的に何円使ったらインビテーションが届くのか?

答えは分からないというのが正直なところです。

「平均して月に30万使っていたらプラチナへのインビテーションが届いた。」という方もいれば「月に100万は使っているけどインビが届かない!」という方もいます。

クレジット会社は利用者の支払額だけではなく、社会的地位や過去の公共料金支払い歴などもチェックしています。

先ほども言いましたが、焦ってもステータスは手に入りません。

まずは自分の生活に合った節度ある利用を心がけてくださいね。

まとめ

ステータスがあるクレジットカードについて述べてきましたが、簡単に最上位のステータスは手に入らないということが分かったはず。

しかし着実にステップを踏んでいけば、高ステータスは意外と身近に感じるものです。

私は、アメックスゴールドを4年間利用してプラチナのインビテーションが届きました。

決してセレブな生活をしていたワケでもありません!

「選ばれし者の世界」は貴方のすぐそばにあるかもしれませんよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!