カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


交通系クレジットカードのおすすめはどれ?カードの特徴と選ぶ際の注意点

信販系クレジット

今や1人1枚持っていると言っても過言ではないSuicaやPASMOといった交通系ICカード。

そんな交通系ICカードとクレジットカードが一体となっている交通系クレジットカードが今とても便利だと人気を集めています。

今回はそんな交通系クレジットカードの特徴と選ぶ際の注意点、おすすめのカードについて紹介していきます。

これから作ろうとお考えの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

交通系クレジットカードの特徴は?

まずは交通系クレジットカードの特徴を確認しておきましょう。

航空会社や鉄道会社発行のクレジットカード

そもそも交通系クレジットカードって何?という方、多いのではないでしょうか。

冒頭でも軽くお話ししましたが、交通系クレジットカードとは航空会社や鉄道会社から発行されているクレジットカードのことで、

  • 航空系…ANAやJALのマイルが直接貯まる
  • 鉄道系…SuicaやPASMOなどのICカード機能

といった機能がクレジットカードと一体となっているカードです。

電子マネーとの一体化でスマートに

交通系クレジットカードはこれ1枚でクレジットカードと交通機能の2つの役割をしてくれるカードです。

ですからカード1枚持ち歩くだけで、買い物も移動も便利にできちゃう優れもの!

カードってお財布の中で結構かさばってしまうので、1枚におさまるのはスマートで嬉しいですよね。

さらに交通系クレジットカードは、ICカードの残高がなくなったときに自動で残高をチャージしてくれるオートチャージ機能がついているので、駅の改札で残高不足…なんて手間もなくすことができます。

貯めて使えるポイント制度

交通系クレジットカードの1番のメリットは、ICカード機能の利用分がポイントになるということ。

毎日電車に乗る、よく飛行機に乗るという人であれば、ICカードや現金で払うよりも交通系クレジットカードでの支払いにすることでポイントや特典を受けることができるんです。

そして貯めたポイントは航空会社であればマイルに、鉄道会社であればポイントをキャッシュバックしてそのまま交通費に使うこともできちゃうんですよ。

交通系クレジットカードを選ぶときの注意点は?

では交通系クレジットカードを選ぶうえでの注意点とは何か見ていきましょう。

自分がよく利用する交通機関か

まずひとつめは、自分がよく利用する交通機関であるかどうかです。

鉄道系であればSuicaやPASMO、各地域の鉄道、飛行機であればANAなのかJALなのかなど、自分がよく利用する交通機関であるか確認しましょう。

せっかく作っても自分に関係ない交通機関であれば意味がないので注意してくださいね。

ポイントの貯まり方や還元率

ふたつめは、ポイントの貯まり方や還元率です。

交通系クレジットカードはオートチャージ機能によって還元率がUPするもの、割引になるもの、交通機関の使用でポイントが貯まるなど、さまざまなサービス・特典が付いています。

このポイントの貯まりやすさや、ポイントの還元率もチェックしましょうね。

そのほかの特典・サービス

ポイント以外にも、空港の利用時サービスや提携店利用特典なども確認するようにしましょう。

自分がよく使う交通機関やお店での特典が受けられるのは、交通系クレジットカード保持者の有利な点です。

自分にとって嬉しいサービスがどれだけ付いているのかしっかりチェックしてから自分に合ったカードがどうか選ぶようにしてください。

おすすめの交通系クレジットカードはコレ!

ではお待ちかね!おすすめの交通系クレジットカードを航空系・鉄道系それぞれ1枚ずつ紹介していきます。

【航空系】ANAアメリカン・エキスプレス・カード

まず1枚目は、ANAアメリカン・エキスプレス・カードです。

カードの基本情報は下記表をご覧ください。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード ANAアメリカン・エキスプレス・カード
年会費 初年度:7,560円(ETCカードは0円)
2年目以降:7,560円
入会資格 満20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険
ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.33%
条件:0.75%
ポイント有効期限 無期限
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:0.50%
スカイマイル:0.50%

ANAアメックス・カードは、カード名にもある通りANAマイルに特化しているクレジットカードです。

ANAアメックス・カードはカード利用100円につき1ポイント、ANAグループ加盟店での利用は100円につき1ポイント貯めることができ、1,000ポイント=1,000マイル単位でANAマイルへの移行が可能なカードです。

さらに年会費6,000円+税の「ポイント移行コース」に登録すると、なんとポイントが無期限に!

有効期限を気にすることなくポイントをどっさり貯めて、好きなときにマイルに移行することができるんです。また、

  • 新規入会で1,000マイル
  • カードを継続するたびに毎年1,000マイル

さらには、

  • 飛行機に乗るたびにフライトボーナスとして区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%のマイル

がもらえちゃうんです。

これはANAマイラーさんにとっては嬉しい特典ですよね。

そしてさらに嬉しいのがアメックスならではの旅行特典!

  • 国内外の空港ラウンジの利用が同伴者1名まで無料
  • 手荷物無料サービスでスーツケース1個無料配送
  • 最高3,000万円の海外旅行保険・最高2,000万円の国内旅行保険の付帯

など、旅行をよくする方には嬉しい上記のような特典がこのほかにもまだまだ付いているんです。

これはもう、持たない手はありませんね。

【鉄道系】ANA VISA Suicaカード

2枚目はANA VISA Suicaカードです。

こちらもカードの基本情報を表にまとめましたのでご覧ください。

ANA VISA Suicaカード
年会費 初年度:0円(ETCカードは年1回以上の利用で0円)

2年目以降:2,160円)

入会資格 満18歳以上の方(高校生不可)

 

国際ブランド VISA
利用限度額 10万円~80万円
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.50%

条件:2.00%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD・Suica
マイル還元率 ANA:0.50%

ANA VISA Suicaカードは、ANAとSuicaの機能が一体となったクレジットカードです。

カード利用1,000円につき1ポイントのワールドプレゼントポイントを貯めることができます。

そして貯めたポイントは、1ポイント=5マイルとしてANAマイルへの移行が可能。

またANAアメックス・カード同様に新規入会時、カード継続時、さらには飛行機に乗るたびにマイルをお得にもらうことができちゃうんです。

また、ANAカードマイルプラス提携店・対象商品利用の際にこのカードで支払いをするとワールドプレゼントのポイント移行分とは別に100円=1マイルまたは200円=1マイルが貯まります。

そしてANAアメックス・カードと違う点は、Suicaの機能が付いているということ。

貯めたポイントは1ポイント=5円分としてSuicaへの移行も可能です。

オートチャージ機能も付いているので電車に良く乗る方にはおすすめのカードですね。

まとめ

交通系クレジットカードのおすすめは「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」と「ANA VISA Suicaカード」の2枚を紹介させていただきました。

どちらもANAマイラーさんにおすすめのカードです。

1枚持ち歩くだけで便利でお得にポイントを貯めて使うことができますよ。

とにかく飛行機に良く乗るという方はANAアメリカン・エキスプレス・カード、電車もよく使うという方はANA VISA Suicaカードをおすすめします。

賢くお得に利用して、交通系クレジットカードの良さを存分に味わいつくしてくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!