クレジットカードの残っているリボ払いを全額返済することはできる?できない?

クレジットカードの便利な支払い方法の1つ『リボ払い』

月々の返済額を自分で決めることができ、毎月の支払いに負担をかけることなく利用できるはずなのですが、いつの間にかリボ払いのせいで毎月の支払いが厳しいなんて状態になっていませんか?

そのため、残っているリボ払いをさっさと全額返済して楽になりたい・・・なんて考えたことがある人も多いはず。

しかしリボ払いって、後から支払い方法を変更したり全額返済したりすることができるのか気になりますよね。

そこで今回は、クレジットカードのリボ払いは全額返済することができるのかどうかについてご紹介していきます。

リボ払いで支払いが苦しくなってしまう理由

まずは、リボ払いについておさらいしていきます。

“なぜ・どうして”リボ払いをすることで支払いが苦しくなってしまうのか、見てみましょう。

つい支払いをリボ払いにしてしまう

少し高額な商品を購入する時、とりあえずリボ払いにしておけばいい、なんて考えをもっているなら要注意。

支払いの時にリボ払いばかりしていると、どんどんリボ払いで支払う金額が多くなってしまうんです。

そうなると、気が付けばリボ払いで支払う金額が想像を超えていた、なんて場合もあり、そうなるとリボ払いの支払いに全然終わりが見えない、通称「リボ地獄」に陥ってしまいます。

月々の返済額が少ない

リボ払いが苦しくなってしまうのはリボ払いの多用し過ぎというのもありますが、その他にも月々の返済額が少ないというのも支払いが厳しくなる理由の1つ。

毎月の支払い額によって完済するまでの期間が変わってきますので、返済額が少なければ少ないほど、リボ払いに苦しめられることになります。

そのためリボ払いを利用するのであれば、リボ払いに設定している月の返済額には十分注意しないと、いつの日かリボ払いに苦しめられることになるかもしれませんよ。

金利が高い

リボ払いで支払いが苦しくなってしまう原因は、高い金利も関係しています。リボ払いの金利は年利で15.0%とかなり高めに設定されており、支払いの期間が延びれば伸びるほど、支払う金利も増えてしまうんです。

例えば、リボ払いを月5,000円という設定で20万円のエルメスのバッグを購入したとしましょう。

そうすると、エルメスのバッグを完済するまでに3年と4カ月もかかってしまい、支払う合計の金利は5万円以上に。

そのため、リボ払いは最終的に支払う金額も金利のせいで高くなることが、支払いが苦しくなってしまう原因の1つとなっています。

残っているリボ払いを全額返済するにはどうしたらいい?

毎月の支払いを苦しめているリボ払い、全額返済をしてリボ払いを無くすことができればどんなに良いことでしょう。

ここでは、支払いが残っているリボ払いを全額返済するにはどうしたらよいのか、お伝えしていきます。

リボ払いから一括払いに変更する

リボ払いの支払いが苦しいなら一括返済に支払い方法を変更すれば一気に問題解決となりますが、実際はそううまくいきません。

実はリボ払いって、一括払いからの変更はできる場合がほとんどですが、リボ払いから他の支払い方法には変更できないカード会社がほとんどなんです。

そのため、支払い方法を変更することでリボ払いを終わらせられることもありますが、支払い変更ができない可能性も十分にありますので、支払い方法を変更できるかどうか一度カード会社に電話をしてみると良いでしょう。

繰り上げ返済を利用する

クレジットカードを発行しているカード会社は、支払いを繰り上げて返済することができる『繰り上げ返済』をしてくれる場合がほとんどです。

繰り上げ返済をすることで

  • 全額返済できればリボ払いに終止符を打てる
  • リボ払いの金利を支払わなくてよい

という2つのメリットが生まれますが、全額返済までの金額を支払えるかどうかは、カード会社によってまちまち。

もし繰り上げ返済でリボ払いを全額返済できるのであれば、繰り上げ返済で一気にリボ払いとはお別れすることができますよ。

リボ払いの返済額を上げる

カード会社は、臨時でリボ払いの返済額を増減できるサービスを行っている場合もあります。

リボ払いの支払い額を残りのリボ払い額と同じにすることで、リボ払いの全額返済完了です。

ただし、カード会社によっては返済額の増減の幅が小さかったり、またサービス自体が無かったりすることもあるので、カード会社に連絡してできるかどうか確認してくださいね。

 

リボ払いを全額返済する3つの方法をご紹介しました。

3つの方法どれをとっても、カード会社のサービスや判断によっては試すことができないこともあるので、必ずリボ払いを全額返済できるとは限りません。

しかし、これらの方法を実践することで、少なくともリボ払いの支払い額を減らすことは可能なので、例え全額返済できなくともやる価値は十分にありますよ。

リボ払いで全額返済しなくて済む方法

リボ払いはクレジットカードの便利な支払い方法の1つなので、つい利用してしまいがち。

しかし、リボ払いを多用し過ぎると支払いが終わらず延々と支払いが続いてしまうので注意が必要です。

ここではリボ払いを利用する時に、全額返済という手段を取らなくても済む方法をご紹介していきます。

月々の返済額を増やす

リボ払いが終わらない原因は、”リボ払いの多用”と”リボ払いの返済額が少ない”の2つです。

毎月の返済額を増やしてリボ払いの返済残りを確実に減らすことで、リボ払いは便利なクレジットカードの支払い方法の1つになります。

そのため、もしリボ払いの返済額を5,000円に設定している人は、倍の1万円に変更してみてください。

5,000円リボ払いの返済額を増やすだけで、完済までの期間は半分になり、支払う金利も減らすことができますよ。

リボ払いするものを決める

クレジットカードを利用する時に、とりあえずリボ払いで!なんてことをしていると、いつの間にかリボ払いする金額は増えていきます。

そこでおすすめなのが、リボ払いするものを決めてしまうということ。

例えば、

  • 外食だけリボ払いにする
  • 洋服を買う時だけリボ払いを利用する

のように、リボ払いを使う機会を限定することで、リボ払いが増えすぎてどうしようもなくなるという状態を回避することができますよ。

ボーナス一括払いを利用する

ボーナス一括払いとは、夏と冬のボーナス時期になったら利用した料金を引き落とす支払い方法。

この支払い方法の何が良いかというと、支払いの先延ばしができるという事が最大のメリットです。

欲しい商品があるけど今の財布事情が厳しいという時には、ボーナス払いにすることで支払いを先延ばしにし、ボーナスが入ってお金がある時に支払いができるので非常に便利。

また、ボーナス払いという名前ですが、ボーナスが無い企業や主婦の人でもボーナス払いを利用することは可能ですよ。

その時には、ボーナス払いの引き落としがされる前にお金を貯めておく必要がありますが、リボ払いの金利を払わなくて良いと考えると誰にでもお得な支払い方法となっています。

まとめ

クレジットカードでリボ払いを全額返済する方法は全部で3つ。

  • リボ払いから一括払いに変更
  • 繰り上げ返済を利用する
  • リボ払いの返済額を上げる

のどれかを行うことで、リボ払いを全額返済することができます。

ただし、この3つの方法はカード会社によって異なりますので、全て実践できることもあれば全て却下されることも。

そのため、リボ払いを全額返済できるかどうか、一度カード会社に電話してみてくださいね。