クレジットカードの未払いに注意!新しいクレジットカードが作れなくなる理由とは

クレジットカードの未払いに注意!新しいクレジットカードが作れなくなる理由とは

「しまった!残高不足でクレジットカードの支払いがされていない!」

なんて、経験をしたことがある人も少なくないはず。

実はクレジットカードの未払いって、初犯ならカード会社も多めに見てくれることが多いのですが、何回も未払いをしているのなら話は別。

未払いを繰り返してしまうことで、新しいクレジットカードが作れなくなるなどのデメリットが出てしまうんです!

今回は、”クレジットカードの未払いについて”知っておきたい情報をまとめましたので、一緒に確認してみましょう。

クレジットカードを未払いすると起こる3つの出来事とは

クレジットカードの未払いをしてしまうと、新しいクレジットカードが作れないということの他にも、2つの出来事があなたを待っています。

では、どんな出来事があなたを待っているのかを見てみましょう。

クレジットカードのブラックリストになってしまう

クレジットカードの使い方次第では信用情報機関というところで、『ブラックリスト』となってしまうことがあります。

信用情報機関は、クレジットカードの審査をする時や、住宅ローンを組む際に利用される機関で、そこではあなたの個人情報を取り扱っているんです。

その個人情報の中には、”クレジットカードの利用状況”も記録されているため、クレジットカードの未払いを繰り返すことであなたも『ブラックリスト』の仲間入りを果たします。

そして、このブラックリストの影響で新しいクレジットカードが作れなくなってしまうんです!

新しいクレジットカードが作れなくなってしまう

クレジットカードの未払いを何回も繰り返してしまうことで、新しいクレジットカードを作ることができません。

クレジットカードを作る時って、ちゃんと支払いをしてくれる人かどうかを信用情報機関からあなたの情報を見たのち、大丈夫と判断された場合にだけクレジットカードを渡しているんです。

そのため、新しいクレジットカードを作ろうとしても、クレジットカードの未払いを繰り返している人は”ちゃんと支払いをしてくれない人”と判断されてしまい、クレジットカードを作ることが出来ません。

また、クレジットカードは有効期限があり、期限が近くなると新しいクレジットカードが届くようになっています。

実は新しいクレジットカードを発行する時にも、信用情報機関から支払い状況を確認されるので、未払いをしていると新しいクレジットカードが届かないこともあるので注意しましょう。

使っているクレジットカードがいきなり利用停止に!?

クレジットカードの未払いを頻繁にしてしまうと、「ある日突然クレジットカードが使えなくなった」なんてことが起こる場合も。

その場合は、未払いを払ったとしてもクレジットカードが利用できるまで時間が掛かることがあり、いつから使えるようになるのかはカード会社によって違ってきます。

そんなことが起きないためにも、クレジットカードを未払いのまま放置しておくのはいけませんよ。

クレジットカードを未払いしてしまった場合どうすればいい?

クレジットカードを未払いしてしまった、そんな時に対応すればいいかわかりますか?

実際に未払いをしてしまうと、頭の中が混乱してどうしたいいのかわからなくなってしまう、なんてこともあり得る話ですよね。

そうならないためにもここで対応方法を確認しておき、いざ未払いをしてしまった時にスムーズに対応できるようにしましょう。

カード会社にどうしたらいいのか確認しよう!

クレジットカードの支払いを1日でも遅れたら、それは”未払い”です。

そこでまずは、カード会社に連絡して「支払いがまだ終わっていない」ことを素直に伝えましょう。

その後は、カード会社の指示に従い、未払い分を払えばOK!

また、単純に支払いを忘れていただけという人の他にも、お金が無くて支払いができないという人でもカード会社に連絡してください。

そうすることで、支払い方法の変更や支払いを遅らせられる場合があるので、お金に困っている時ほどカード会社への電話は大切なんですよ。

そのため、クレジットカードを未払いにしてしまったら、まずはカード会社に連絡することを忘れないようにしましょう!

クレジットカードを未払いすると”延滞金”がかかることに注意!

クレジットカードって実は、未払いしていると追加で“延滞金”というお金がかかります。

この延滞金、カード会社によって変わりますが。なんと最大で年利14.6%も取られてしまうんです

そこで、自分がどのくらいの延滞金がかかっているかを確認しておかないと、いざ未払い分を返済するという時にお金が足りなかった、なんてことにもなりかねません。

延滞金の計算方法は、

未払い分の金額×0.146(年利14.6%)÷365(日)×支払いが遅れた日数=延滞金

で確認することができます。

例えば、未払い分の金額が15万円あり、50日後に返済した場合は、

15万円×0.146(年利14.6%)÷365(日)×50日=3,000円

となり、15万円+3,000円を支払うことになるんです。

そのため、クレジットカードの未払い分を支払う時には追加でお金がかかるという事に注意してくさい。

ETCカードはクレジットカードが未払いでも使用可能!

クレジットカードと一緒に、ETCカードも作った人も多いのではないでしょうか?

ETCカードの利用料金もクレジットカードと一緒にされるので、クレジットカードをあまり利用していなくても今月のクレジットカードの請求額が多くなってしまったなんてこともあります。

また、もしクレジットカードの未払いによってカードの利用が停止された場合、ETCカードはどうなるか知っていますか?

答えは、クレジットカードの利用停止をされても”普通に使う事”が可能です。

しかし、未払いを何回もしてクレジットカードを解約された時はETCカードの利用もできなくなり、それに気づかずETCレーンに突入するとバーに激突してしまいますよ。

そのため、クレジットカードの未払いをしてもETCカードを使う事ができますが、強制解約された場合はETCカード使えなくなるので注意しましょう。

クレジットカードの未払いを防ぐ方法をご紹介します!

クレジットカードを未払いしてしまうことで、さまざまな事が起きることがわかりましたね。

そこで、ここではクレジットカードの支払いを忘れないようにし、未払いを防ぐ方法を伝授します!

1度でもクレジットカードの未払いをしたことがある人は、要チェックですよ!

カード会社のWEBサイトから支払い日前にメールを送ってもらおう

カード会社によっては、支払い日が近くなるとメールでお知らせしてくれるサービスをしているところもあります。

忙しくてクレジットカードの支払い日を忘れていた、なんてことがあっても、メールで支払い日が近いことを知らせてくれるなら安心ですね。

ただし、支払い日のお知らせメールを受け取るには、カード会社のWEB会員に登録することが必須条件となっていることが多いので、会員登録しないとお知らせメールが届きませんよ。

通帳の残高をチェックしよう!

クレジットカードを未払いにしてしまう大元の原因は、”通帳の残高が足りない”ことです。

そのため、クレジットカードの支払い日前には通帳の残高を確認して、お金が足りているかを確認するようにしてくださいね。

しかし、残高が明らかに足りないという場合でも、”当座貸越”をすることでクレジットカードの支払いをすることが可能となっています。

当座貸越で通帳の残高が少なくても支払う事が出来る!

クレジットカードの引き落としで通帳残高が0円になっても、当座貸越という制度のおかげで定期預金からクレジットカードの引き落としに足りない分を補ってくれるんです。

しかし当たり前ですが、定期預金にお金が入っていなかった場合は、当座貸越をしても支払い額が足りずクレジットカードの未払いになってしまいますので注意しましょう。

そのため、普段から使っている通帳の残高を確認するというのも大事ですが、お金に余裕がある時は、定期預金の額を増やしておくといざという時に安心ですよ。

まとめ

クレジットカードの未払いを何回もすると、信用情報機関のブラックリストに名前が載ることになります。

そうなってしまうと、新しいクレジットカードが作れないばかりか今お使いのクレジットカードも利用出来なくなる場合があるので注意が必要です。

そんなクレジットカードの未払いを防ぐには、

  • カード会社から支払い日のメールを送ってもらう
  • 通帳の残高を確認する
  • 定期預金を作っておく

ことで未払いを防ぐことができますよ。

クレジットカードの未払いしても何一つ良い事はありませんので、支払い日をちゃんと守って計画的にクレジットカードを利用しましょう!