カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


クレジットカードのリボ払いとはどんな支払い方法?メリットや注意点をご紹介!

クレジットカードの支払い方法を、”何となくいつも一括払い”にしていませんか?

もちろん、一括払いが悪いというわけではありませんが、クレジットカードの支払い方法は他にもたくさんあるので、一括払いよりもその場・その時に合った支払い方法があるかもしれませんよ。

そんなクレジットカードの支払い方法の1つに『リボ払い』という方法があり、このリボ払い、なんと月々の支払い金額を自分で設定できちゃうので買い物をする時に非常に便利!

そのため、リボ払いは場合によって一括払いよりも有力な支払い方法になることもあるんです。

そこで今回は、クレジットカードのリボ払いについて詳しくご紹介し、メリットや注意点などを確認していきましょう。

リボ払いとはどんな支払い方法?

リボ払いという言葉を聞いたことがあっても、実際に利用したことはないという人はたくさんいるはず。

まずは、リボ払いとはどんな支払い方法なのかをお伝えしていきます。

クレジットカードの支払いを一定額に抑える

リボ払いの最大の特徴は、なんといっても支払い額を一定額に抑えることでしょう。

クレジットカードは一括払いの場合、利用した分だけ翌月の支払い日に全額引き落としされますが、リボ払いで購入した物は一定の金額までしか引き落としされません。

つまり、欲しい商品があるけど持ち合わせが足りないという時にリボ払いをすれば、欲しかった商品が購入できちゃうというわけなんです。

また、リボ払いで支払いをする金額は自分で設定することができ、支払いの負担が少ないように低額にすることもできれば、高額に設定して一括払いのような利用もすることができます。

後から支払い方法をリボ払いに変更できる

「一括払いで購入した商品だけど、翌月の支払い日までにお金が用意できない」

そんな困った状態も、リボ払いは解決してくれます。

なんとリボ払い、後から支払い方法を変更することができるので、例え一括払いにした支払いでもリボ払いに変更することが可能。

そのため、一括払いで購入した商品のお金を翌月の支払い日までに用意できなかったという場合でも、リボ払いに支払い方法を変更して返済額に上限を設けることで支払いをすることができるというわけなんです。

リボ払いと分割払いは似ているようで全然違う

クレジットカードの支払い方法には、”分割払い”という支払い方法もありますが、リボ払いとごっちゃになっている人を良く見かけます。

分割払いとリボ払いでは支払い方法は全然違い、分割払いは支払う回数を決める必要がありますが、リボ払いには完済するまで支払いが続くので、支払い回数に上限はないんですよ。

しかし、分割払いだと支払いが終わるまでが明確なのに対し、リボ払いはいつ支払いが終わるのかわかりにくくなっているため、必ずしもリボ払いのほうがおすすめでは無いということは覚えておいてくださいね。

支払いをリボ払いにするメリットを確認

リボ払いについておさらいしたところで、今度は支払いをリボ払いにする3つのメリットについて確認していきましょう。

これを読んだら、今後リボ払いを利用することが多くなるかもしれませんよ。

お金が無くてもリボ払いなら支払いができる

「持ち合わせが足りない!けどこの商品は今逃したらもう手に入らないかも」

そんな時はクレジットカードの支払い方法をリボ払いにして、欲しかった商品を購入しちゃいましょう。

クレジットカードに設定している口座の残高によって、一括払いで商品を購入してしまうと翌月のクレジットカードの支払いが足りなくなることもあります。

そうなるとクレジットカードの支払いができず、カード料金の支払い遅れや延滞の原因に。

また支払い遅れや延滞を何回もしてしまうと、カード会社からクレジットカードの利用停止や強制解約されることもあるので十分に注意しなければいけません。

しかしリボ払いにすれば、月々の返済額を自分で設定できるので、支払い遅れや延滞の心配はなく、今まで通りにクレジットカードを利用することができますよ。

支払い額が一定なのでお金の管理がしやすい

リボ払いは月々の支払い額を一定にすることができるので、お金の管理がしやすいというのもメリットの1つ。

クレジットカードって、毎月の利用料金が違い、たくさん利用すれば利用金額が高くなるし、逆に全然利用しないと利用金額は少なくなります。

そうなると特に大変なのが、毎月の給料が固定給ではない人達。

自営業やフリーターの人だと、給料にばらつきがあることも多く、クレジットカードを利用し過ぎて支払いの金額が大きくなると、クレジットカードの支払いが家計を圧迫するなんて可能性もあります。

そのため、支払い額を一定にすることができるリボ払いは、お金の管理がしやすくなるので、おすすめの支払い方法なんです。

お金がある時はリボ払いの支払いを繰り上げ返済することも可能

クレジットカードの支払い額を一定にできるリボ払いですが、懐に余裕がある時は『繰り上げ返済』を利用することで、リボ払いを早めに返済することもできます。

つまり、自分のお財布事情で支払い額を設定したり早めに返済したりできるというわけなんです。

一括払いの場合だと、自分の財布事情に関係なく全額引き落としされますので、返済額を自分で決められるリボ払いは使い勝手のよい支払い方法となっています。

リボ払いする時に気をつけたい3つのこと

リボ払いのメリットについてお話してきましたが、残念ながら気をつけたい点というのも存在します。

リボ払いを上手に活用するためにも、気をつけたい点を一緒に確認していきましょう。

リボ払いの完済まで時間がかかってしまう

リボ払いの支払い額は、リボ払いを利用すればするほど増えていきます。

しかいs、月々の支払い額が一定なリボ払いは、返済額が小さいとどんどん支払う金額は増えていき、完済するまでに時間がかかってしまうことに。

そうなるといつまで経ってもリボ払いを払い続けることになり、いわゆる『リボ地獄』といった現象に陥ってしまいます。

便利なクレジットカードの支払い方法の1つであるリボ払いは、利用し過ぎると支払いが大変になる可能性があるということを覚えておいてくださいね。

リボ払いの金利は15.0%と高い

リボ払いでの支払いは、自分で設定した金額にプラスして金利手数料を支払う仕組みになっているのですが・・・この金利手数料、年利で15.0%とかなり高めに設定されています。

リボ払いの支払いをすぐに終わるのであれば金利手数料はあまりかからないのですが、支払いが長期化してしまうと金利手数料だけでもかなりの金額になってしまうんです。

例えば、リボ払いを5,000円に設定し20万円の商品を購入したと想定しましょう。

そうすると、20万円の商品を完済するまでに支払う金利手数料だけで5万円を超え、20万円の商品を購入するのに25万円以上もかかってしまうんですよ。

リボ払いは月の支払い額を一定にできる分、金利手数料がかかってしまうということには十分気をつけてください。

クレジットカードの利用限度額は減ってしまう

クレジットカードには利用限度額が設定されており、限度額が50万円のクレジットカードなら50万円分までしか利用できません。

そんな利用限度額は、カードの支払い日になると利用した分の金額だけ回復するのですが、リボ払いだと返済する金額が少ないので、利用限度額はなかなか回復しないんです。

そのためいざ大きな買い物をしようとしても、クレジットカードの利用限度額が足りずに買い物ができなかったということがありますので、リボ払いをするならクレジットカードの利用限度額にも気を配る必要がありますよ。

まとめ

クレジットカードの便利な支払い方法の『リボ払い』は、月々の支払い額を自分で設定することができ、また一定額に抑えることができるので、おすすめの支払い方法です。

しかし、リボ払いを利用するなら気をつけたい注意点もあるので多用は禁物。

リボ払いを多用し過ぎると、リボ払いの利用額と返済額が反比例してしまい、返済していっても全然完済まで終わりが見えない『リボ地獄』に陥ってしまいます。

リボ払いはクレジットカードの便利な支払い方法ですが、利用方法を間違ってしまうと、途端に使い勝手の悪い支払い方法になってしまうので、今回の記事を読んでリボ払いの上手な活用方法を確認してから利用するようにしてください。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!