退職や転職した人でもクレジットカードの更新はされる?されない?

クレジットカードを作った時には働いていたけど、今は退職して無職の状態。

そんな時にクレジットカードの有効期限が近くなった場合、カードの更新がされるか心配になりますよね。

また転職した人も、前の職場よりも年収が下がってしまうとクレジットカードは今まで通りに使えるか、不安になる人もいるはず。

そんな疑問を解消するべく、退職・転職した人のクレジットカード事情を調査してみました。

果たして、退職・転職した人はクレジットカードの利用に影響が出るのかを確認していきましょう!

今使っているクレジットカードはそのまま使うことってできる?

退職・転職をした場合、クレジットカードを作った時と勤務先や収入などが変わるため、今使っているクレジットカードをそのまま利用しても良いのかどうか、迷ってしまう人もいるはず。

そこでまずは、クレジットカードを利用できるかどうかについて確認していきましょう。

今まで通りにクレジットカードは使うことができます!

クレジットカードは、退職・転職をしたことが原因で利用停止になることはありませんので、今お使いのクレジットカードはそのまま継続して利用することが可能です。

もし、退職が理由でクレジットカードが持てないなら、定年退職した人は全員クレジットカードを持てないという事になりますが、実際は高齢の人でもクレジットカードで買い物をしていますよね。

そのため、退職や転職をしたからといってクレジットカードは今まで通りに利用できるので安心してください。

勤務先が変わった場合は申告しないと規約違反!

クレジットカードを作る時には”利用規約”に合意する必要がありますが、その利用規約には

「会員情報に変更があった時は速やかに報告してください」というような一文が書かれています。

会員情報の変更の中には勤務先が変わったことも含まれますので、退職や転職をした場合はカード会社に報告しないと、”利用規約違反”になってしまうんです。

そうなると利用規約違反が原因で、クレジットカードの利用が停止されたり解約されたりする可能性もあるので気をつけましょう。

クレジットカードの利用履歴が悪いと使えなくなる恐れが!?

カード会社は、あなたが”支払いをちゃんとしてくれる”と信用して、クレジットカードを発行しています。

しかし、支払い遅れを繰り返したり料金を滞納したりしてしまうことで、カード会社からの信用はどんどん失われていくことに。

そんな状態の人は、今まではギリギリのラインでクレジットカードの利用停止を回避できていたのかもしれませんが、退職や転職をすることでトドメを刺されてしまいます。

そのため、クレジットカードの利用履歴が悪いとクレジットカードが利用停止になることがあるので注意してくださいね。

仕事を退職した場合、クレジットカードの更新はどうなるの?

退職して無職になった人って、クレジットカードの更新はどうなるのでしょうか。

もし更新されないならクレジットカードが使えなくなってしまい、カードで携帯電話等の料金を引き落とししているなら、支払い方法を変更しなくてはいけなくなってしまいます。

そこでここでは、退職した人のクレジットカードは更新されるのかについてご紹介していきます!

クレジットカードの更新は基本的にされます!

クレジットカードは、有効期限の1カ月前から遅くても1週間前あたりにはカードが更新されて、新しいクレジットカードが届くようになっています。

そしてそのカード更新ですが、退職が理由でクレジットカードの更新がされないという事はほぼありません。

クレジットカードの更新で重要視しているのは”クレジットカードの利用に問題がないか”ということ。

そのため、クレジットカードの支払い遅れや未払いをしていないのであれば、例え現状働いていないとしても、カードの更新はされるようになっています。

しかし、プラチナカードやゴールドカードなど、利用限度額が高いクレジットカードを利用している場合は更新の審査が厳しくなっており、カードの更新がされないこともあるので気をつけましょう!

クレジットカードの限度額が減る可能性あり!

クレジットカードの更新は退職をした人でもされることが多いのですが、その時にはクレジットカードの限度額に注目しましょう。

もしかしたら、カードの限度額が更新前よりも低くなっている可能性があるんです。

退職した人は、働いていた時と比べて収入が無くなる、または少なくなっているので、カード会社は「支払いを今まで通りにできないかもしれない」と判断すると、カードの限度額を低く設定して更新することも。

しかし、また働き始めれば限度額は今まで通りの金額に戻る可能性があるので、もし限度額が下がったとしてもあまり気にする必要はありませんよ。

クレジットカードが更新されない原因を確認してみよう

クレジットカードの更新されない理由が、退職したというわけじゃないのであれば、更新されなかった人は何が原因なのでしょうか。

更新されなかった原因として

  • クレジットカードを全く利用していない
  • 支払いの遅れや未払いを何回もしている
  • 自己破産や民事再生などの債務整理をした
  • いろんなところで借金をしている

があります。
クレジットカードの利用方法以外でも、債務整理や借金が多いことによってクレジットカードが更新されませんので、もしカードが更新されなかった場合はこれらが原因になっていないか疑ってみましょう。

退職・転職した後にクレジットカードを作ることは可能?

退職や転職をした人でも、クレジットカードの利用に問題が無ければ、今まで通りにカードを利用でき更新もされることがわかりました。

しかし、新しくクレジットカードを作る場合はどうなんでしょうか。

退職や転職をした人は、クレジットカードの審査に不利になるのかを調べてみました。

クレジットカードは作れるが難易度は高し!

実は、クレジットカードは無職の人でも作ることができるので、退職や転職をした人でも作成可能です。

しかしクレジットカードの審査には、”年収や勤務年数”も関係しているので、同じ会社で働き続けている人よりは作る難易度が上がっています。

そのため、クレジットカードを作ることは出来ますが、審査は通りにくくなっているということに気をつけましょう。

退職・転職した人は前の職場を勤務先にしてはいけない

クレジットカードの記載事項に”今の職場”を書く欄がありますが、そこに前の職場を書いてはいけません。

クレジットカードの審査には、「在籍確認」というものがあります。

在籍確認は、その職場であなたが本当に働いているかを確認することで、在籍確認をされるとあなたがもうその職場にいないことが分かってしまうんです。

そのため、嘘を書いても結局はバレてしまいますので、記載事項には”嘘偽りない情報”を書くようにしてください。

自分を良く見せようと嘘の申告をするよりも、正直に書いた方がクレジットカードの審査は通りやすくなっていますよ。

クレジットカードの返済はちゃんとできますか?

カードの審査に通ればクレジットカードを発行してもらえますが、退職した人だと収入がないので、クレジットカードを使い過ぎると支払いができない原因となります。

そうなると、せっかく作ったクレジットカードが利用停止になることも。

クレジットカードの利用停止を防ぐためには、カードの使い過ぎには十分注意し通帳の残高もこまめに確認するようにすると、支払いができないという事態を回避できますよ。。

まとめ

クレジットカードは退職や転職した人でも、クレジットカードの利用に問題が無ければそのまま利用することが可能となっています。

そのため、カードの更新も問題なくされるので安心してください。

ただし、新しくクレジットカードを作る時には注意が必要!

退職したり転職したりすると年収や勤務年数が変わるので、その事が影響してクレジットカードの審査に落ちてしまう事があります。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!