クレジットカードの在籍確認をする理由は何?また回避する方法ってあるの?

「変な噂が流れたらどうしよう」
「お金に困っていると思われたくない!」

などの理由から、クレジットカードの在籍確認に対して嫌な印象を持っている人って多いはず。

そもそも、クレジットカードの審査に在籍確認はどうして行われるのでしょうか?

実はカード会社によって、在籍確認がほとんど行っていないというところもあり、そうなると在籍確認の必要性って良く分かりませんよね。

しかし、クレジットカードの在籍確認をするにはちゃんとした理由があり、在籍確認をすることでカード会社は”あなたを試している”んですよ。

そこで今回は、クレジットカードの在籍確認をする理由と、在籍確認の回避率を高める方法をご紹介していきます。

どうしてクレジットカードの審査で在籍確認をするの?

クレジットカードで在籍確認をする必要性って何なのか、知っている人は少ないはず。

そこでまずは、クレジットカードの在籍確認をする理由と在籍確認では何を聞かれるのかを確認していきましょう。

申し込みした時の情報に間違いがないかを確認している

クレジットカード会社が在籍確認をする理由、それはあなたの情報に間違いが無いかを確認するためです。

クレジットカードの審査では

  • 申し込みした記載事項に点数をつける
  • 信用情報機関であなたの信用情報を調べる
  • 在籍確認をして本当に信用情報が間違っていないか

という事をしています。

クレジットカードを発行する条件として、”安定した収入がある”ということを重点に置いているカード会社がほとんどなので、勤務先に在籍確認をし、あなたが本当にその会社で働いているのかをチェックしているんですよ。

また、あなたがクレジットカードを申し込んだ勤務先と、カード会社が調べた勤務先が違った場合も、本当に働いているのかわかりませんよね。

その場合も在籍確認をする事で、あなたが働いているかを確認しているんです。

在籍確認ではどんな内容が聞かれる?

在籍確認で聞かれる内容って気になりますよね。

年収や性格なんかを聞かれた場合に変な噂が広がってしまうかも、なんて考えると在籍確認されるのが嫌な気持ちもわかります。

しかし安心してください、在籍確認で聞かれるのは『名前と生年月日』くらいなので、電話がかかってきたとしても身構える必要はありませんよ。

在籍確認では、”あなたが本当にその会社に勤めているのか”という事を知りたいだけなので、質問攻めにあったり、年収を答えたりすることはありません。

また、あなたが外出や会議などで席を外している時に、カード会社から電話が来たとしても、席を外している=働いているという事がわかるので、電話を掛け直してくるという事もないのでご安心を。

カード会社によっては在籍確認をしない場合も!?

実はカード会社によって、在籍確認をせずにクレジットカードを発行しているところも存在します。

特に、”クレジットカードを即日発行”しているカード会社は、在籍確認をしないことが多いです。

在籍確認をしてしまうと、クレジットカードの即日発行が間に合わないため、申し込み時に記載した情報とカード会社が調べたあなたの信用情報に問題が無ければ、クレジットカードを発行してくれます。

しかし、その分だけクレジットカードの利用に問題があった場合は、解約されやすいという点には気をつけましょう。

こんな人は在籍確認がされない!?自分は対象になっているかをチェック!

カード会社によって在籍確認をほぼしていない場合もありますが、在籍確認をするカード会社でも在籍確認をしないタイプの人が存在します。

では、どんな人が在籍確認をしなくてすむのかを確認して、自分がそのタイプかをチェックしてみましょう。

派遣労働者だと在籍確認されない確率高し!

あなたが派遣労働者だった場合、クレジットカードを作る時に在籍確認をされる可能性はかなり低くなっています。

それは、派遣会社に登録している人はたくさんいるので同姓同名もいる可能性があるということ。

派遣会社に登録している人は、それこそ大企業に負けないくらいかそれ以上の人数がいます。

そのため同姓同名の人がいる場合もあり、その状態で在籍確認をしてもそれがあなたなのか、別な人なのかを判断することが出来ませんので、派遣労働者は在籍確認されない可能性が高くなっているんです。

信用情報が良好だと在籍確認が省略される場合も!?

新たに2枚目のクレジットカードを作ろうとした時に、信用情報が良好だった場合は在籍確認がされないことがあります。

1枚目のクレジットカードを利用している時に、支払い遅れや延滞をせずに何年も利用している事で信用情報は良好な状態に。

そうなると2枚目のクレジットカード会社があなたの信用情報を確認した時に、「信用情報が良好な人にわざわざ在籍確認をすることはない」と判断して、在籍確認が省略されることがあるんです。

学生だと在籍確認をすることはありません!

クレジットカードは18歳から作ることができるので、18歳の学生ならクレジットカードを作ることができちゃいます。

その時に審査対象となるのは学生の保護者となるので、大学や専門学校に在籍確認されることはありません。

そのため在籍確認されるのが嫌という人は、学生のうちにクレジットカードを作ってしまうというのも1つの方法となっています。

ただし、18歳でも高校生の場合はクレジットカードを作ることが出来ないという事に注意しましょう。

在籍確認の回避率を上げる3つのポイントを見てみよう!

在籍確認の発生率を、下げることができるポイントというのがあります。

このポイントを押さえておくとことで在籍確認をされる可能性を下げることが可能なので、在籍確認をしたくない!という人は要チェックですよ!

クレジットカードの審査が緩いカード会社に申し込もう!

クレジットカードの審査が緩いカード会社は、在籍確認をせずにクレジットカードを発行してくれる場合があります。

特に、消費者金融系のクレジットカードは”即日発行”してくれる場合が多く、在籍確認もあまりされません。

そのため、アコムが発行している『ACマスターカード』やアイフルの子会社が発行している『ライフカード』であれば、在籍確認をされることなくクレジットカードを手にすることができますよ。

カード会社の繁忙期に申し込むことで在籍確認を回避!

カード会社にも、クレジットカードの申し込みが多い繁忙期があります。

その繁忙期とは、3月から4月の間となっており、この時期にクレジットカードを申し込む人が多いんです。

そうなると、クレジットカードの審査に時間がかかるので在籍確認をしないという場合があるので、カード会社の繁忙期にクレジットカードを申し込むことで在籍確認をされる可能性を低くすることができますよ。

携帯電話や住宅ローンの支払いを遅れずに払う

クレジットカードの支払いと同様に、携帯や住宅ローンなど支払いに関係するものであれば、その支払いを遅れずにすることで信用情報を良好にすることができます。

そのため、カード会社がクレジットカードの審査をする時に、信用情報を調べて問題が無いと判断されれば在籍確認をしない事もあるんです。

クレジットカードの在籍確認が煩わしいと思うのであれば、携帯や住宅論支払いを遅れないようにするとことで在籍確認の発生確率をさせることができますよ。

まとめ

クレジットカードの在籍確認は、あなたがその職場で本当に働いているのかを確認するために必要なこと。

仮に勤め先に電話がかかってきたとしても、「氏名や生年月日」くらいしか聞かれることはありませんので、電話が来ても身構える必要はありませんよ。

「それでも在籍確認されるのは嫌だ!」という人は、クレジットカードの審査が緩いカード会社を選ぶと良いでしょう。

そうすることで、在籍確認がされる可能性を下げることができます。

ただし、絶対に在籍確認がされないという保障はありませんので、クレジットカードを申し込んだら在籍確認をされる可能性があるという事は覚悟してくださいね。