カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


クレジットカードの利用可能額と利用限度額の違いや特徴を徹底解析します!

クレジットカードをたくさん使う事で、カードの利用限度額まで達してしまったことがある人も多いはず。

そうなってしまうと、クレジットカードはしばらくの間使えなくなり、不便な生活を強いられることになってしまいますよね。

しかし、クレジットカードの限度額まで使っていないにも関わらず、クレジットカードが使えないという状態になることがあるって知っていましたか?

その原因となるのが『利用可能額』で、実は利用限度額までカードを利用していなくても、利用可能額が無くなってしまう事でクレジットカードは利用できなくなってしまいます!

そのため、クレジットカードを持っているのであれば利用限度額だけではなく、利用可能額にも気をつける必要があるんですよ。

そこで今回は、クレジットカードの利用可能額と利用限度額、この2つの違いや特徴についてお話ししていきます。

利用可能額と利用限度額について詳しくご紹介!

利用可能額と利用限度額、どちらも似たような言葉なので一緒の意味で使っている人もいるかもしれませんが、実は全く違う意味となっています。

それでは、利用可能額と利用限度額の特徴や違いについて見ていきましょう。

利用可能額は利用限度額の中の1つ!

利用限度額は、そのクレジットカードが使える最大の金額と考えてくれれば大丈夫ですが、利用可能額はちょっと複雑。

利用可能額とは、利用限度額から未払い分の金額を引いた分のことを言います。

つまり、限度額が100万円のクレジットカードを1カ月で30万使ったとすると、その翌月は70万円が利用可能額となり、前の月の支払いが終わるまでは100万円も使うことってできないんです。

利用限度額はキャッシング枠と一心同体!

クレジットカードの利用限度額ですが、実はショッピング枠とキャッシング枠の利用限度額は共通で、どちらかを使い過ぎることで、どちらも利用できなくなるんです。

例えば利用限度額が50万円のカードがあるとします。そのカードをショッピングで40万円使った場合は、キャッシングで利用できる金額は10万円までとなっています。

この事を知らないでいると、いざキャッシングでカード会社から現金を借りようとした時に、キャッシング枠が足りずにお金が借りられないというったことがあるので注意しましょう。

リボ払いだと利用可能額は増えない!?

利用可能額は、”利用限度額-未払い分の金額”を引いたものとなっているので、未払い分の金額を支払わない限りは利用可能額って増えていきません。

そこで問題となるのが、リボ払いです!

リボ払いは月の返済額を自分で決めることができるので、お会計時には「支払いはリボ払いで!」と利用している人も多いはず。

しかし、リボ払いの返済額を少ない金額に設定していると、支払い日が来てもその設定した金額分しか利用可能額が増えません。

そうなると、未払い分の金額が大きければ大きいほど完済に時間がかかり、また利用限度額がいつまで経っても増えないようになっているんです。

利用限度額を増やして使える金額を増やそう!

「クレジットカードをもっと使いたい!」そう思った時には、利用限度額の上限を上げることで、よりクレジットカードを使えることができるようになります。

また、利用限度額の上限を上げる方法にも3パターンありますので、クレジットカードをもっと使いたいという人は参考にしてください。

利用限度額はカード会社の判断で勝手に増えていく

クレジットカードの利用可能額って、カード会社があなたの年収や勤務年数などから決めています。

そのため年収や勤務年数が上がることで、クレジットカードの利用限度額は勝手に上がるんです。

また、クレジットカードを作りたての時には”あなたがカードの支払いをちゃんとしてくれる人”なのかどうかが分からないため、利用限度額は低めに設定されています。

そおんため、長期に渡ってクレジットカードの支払いに問題が無いことでも、カード会社は利用限度額を引き上げてくれますよ。

増額の申請をして利用限度額アップ!

利用限度額を上げるもう1つの方法、それはカード会社に「上限を上げて欲しい」とお願いするということ。

ただし、上限を上げてとお願いしたところで、限度額を上げてくれるかどうかはわかりません。

それは、限度額を上げる際にはクレジットカードを作った時と同じような審査を通過しないといけないからです。

クレジットカードの利用限度額は、年収や勤務年数などで決めていると前に話しました。

そのためカード会社は、クレジットカードの利用限度額を上げても支払いに影響がないかをもう一度チェックする必要があるんです。

新しいクレジットカードを作る手もあり!

クレジットカードの利用限度額を上げる方法は、何も今お使いのクレジットカードの利用額を上げるだけではありません。

クレジットカードはカードごとに利用限度額が決まっているので、新しいクレジットカードを作れば利用限度額を上がることができます。

しかしクレジットカードを作るとなると、カードの利用限度額を上げる時と同じようにクレジットカードの審査を突破する必要があり、必ず審査が通るとも限りらないことに注意しましょう。

ちなみに、新たにクレジットカードを作る場合は、別ブランドのクレジットカードを作るのがおすすめ!

例えば今お使いのカードがVISAなら2枚目はJCBにするようにすれば、クレジットカードを利用できるお店を増やすことができますよ。

利用可能額を回復させる方法は何がある?

利用可能額を復活させるには、支払いを済ませることで回復することができます。

しかしそれでは、クレジットカードを使いたいと思った時に使えないので不便極まりないですよね。

そこで、支払い日を待つ以外の利用可能額を回復させる方法がありますので、確認していきましょう。

料金を先払い!繰り上げ返済をしよう!

利用可能額は支払いをすることで回復するのであれば、支払い日よりも先に利用額を払ってしまえばいいんです!

それができるのは”繰り上げ返済”という方法になっています。。

繰り上げ返済をして未払い分の金額を先に払ってしまえば、なんとクレジットカードの利用可能額が復活してまたカードで買い物ができるようになるんですよ。

そんな繰り上げ返済の方法ですが、カード会社に電話をして「繰り上げ返済をしたい」と申し出ましょう!

そうすると、カード会社から「口座に未払い分の金額を振り込んでください」のような内容のことを言われるので、後はその指示通りに行動すれば完了です!

しかし、振り込みをしたからといってすぐにクレジットカードが使えるようになるわけではないという事に注意してください。

振り込みしたことをカード会社が確認するまでは、クレジットカードの利用可能額は回復しないので、振り込みしてから少し時間を空けてクレジットカードを利用するようにしましょう。

限度額を上げる事で利用可能額を無理やり増やす!

利用可能額を回復させる方法として、利用可能額を上げるというやり方もあります。

しかし利用限度額を上げるには先ほどもお話した通り、

  • カード会社に上限を上げる申請をする
  • 新しくクレジットカードを作るか

しないといけません。
またこの2通りのどちらかで利用限度額を上げたとしても、どちらも審査に時間がかかり実際に限度額が上げることができるのには、2週間~1カ月程度の時間がかかってしまうことも。

そのため、すぐにでも利用可能額を回復したいのであれば、繰り上げ返済をするのがおすすめですよ。

まとめ

クレジットカードの利用限度額は、そのカードで使える最大の金額のこと。

一方、利用可能額は”利用限度額-未払い分の金額”となっており、利用限度額の大きさと未払い分の金額によって使える金額は違ってきます。

また支払い方法をリボ払いにしていた場合、毎月一定の金額しか返済しないためその金額分しか利用可能額は復活しないという事に注意してください。

しかし、”繰り上げ返済”という未払い分の請求を先に返す方法を取れば、リボ払いの人でも利用可能額を増やすことができるので、クレジットカードの利用可能額が少ない場合でも対処方法があるという事を覚えておきましょう!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!