カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


クレジットカードのパスワードをど忘れ!確認するにはどうしたらいい?

「あれ?パスワードをど忘れした!?」

クレジットカードで支払いをしようとした時に、”では暗証番号のご入力をお願いします”と店員さんに言われることってありますよね?

しかし、クレジットカードを長いこと利用していない、いつもは暗証番号ではなくサインしているなんて人はパスワードをど忘れしてしまい、いざパスワードを入力するとなった時に困ったことがある人も多いはず。

そうならないためにも、クレジットカードのパスワードを確認しておくというのはとても大事なこと。

そこで今回は、クレジットカードのパスワードを忘れてしまった場合の確認・対応方法についてご紹介していきます。

パスワードを確認・変更するにはどうしたらいい?

クレジットカードのパスワードを忘れてしまった場合、必死に思い出すという方法もありますが、それではいくら時間がかかるかわかりませんし、思い出せないこともあります。

ここでは、パスワードの確認・変更方法をお伝えしていきますので、パスワードを忘れてしまったという時に参考にしてくださいね。

カード会社に連絡をしてパスワードが忘れたことを伝えよう!

自宅にクレジットカードが届いた時に、一緒に”暗証番号通知書”が同封されていた事を覚えていますか?

もしパスワードを忘れてしまっても、”暗証番号通知書”をちゃんと保管していた場合は、それを再確認することでパスワードがわかります。

しかし、「暗証番号通知書?どこにやったか記憶にない」という人は、カード会社に連絡をしてもう一度暗証番号通知書を送ってもらう事になるんです。

そのため、カード会社に電話をしてもその場で暗証番号を答えてくれるという事はなく、後日に届く暗証番号通知書を見るまで、パスワードはわからないままとなっています。

ICチップ付きのクレジットカードはパスワードの変更不可

クレジットカードのパスワードの変更は、パスワードを忘れてしまった時と同様カード会社に連絡をし、”変更届”や”クレジットカードの返却”をすることで、パスワードの変更をすることが可能です。

しかし、ICチップが付いたクレジットカードを利用しているという人は注意が必要!

実はICチップ付きのクレジットカードって、パスワードの変更ができません。

それは、ICチップの部分にパスワードの情報が記録されているので、もしパスワードを変更するとなるとICチップの情報を書き換える必要があるんです。

ICチップの情報を書き換えるよりも、新しいパスワードを設定したクレジットカードを再発行した方が早いため、ICチップが付いたクレジットカードはパスワードの変更ができなくなっています。

パスワードを忘れないようにどこかに書くのはNG!

一度パスワードを忘れたことがあるからと言って、携帯電話のメモや財布にパスワードを書いた紙を用意しておくという事は絶対NG!

クレジットカードには”盗難保険”という、もし紛失・盗難に遭った時に悪用されてもその不正に利用された料金は補償してくれるという制度があります。

しかしこの盗難保険、パスワードの管理が不十分だった場合には適応外になってしまうので、不正に利用された金額は自己負担になってしまうんです。

そのため、パスワードが書かれたものをクレジットカードと一緒に無くしてしまうと、盗難保険が下りなくなってしまうので気をつけましょう。

パスワードを忘れてしまった時の対応方法はこれ!

クレジットカードのパスワードを忘れてしまった場合は、暗証番号通知書が届くまでパスワードを知る方法はありません。

しかし、お会計の直前でクレジットカードのパスワードを忘れてしまう事もあるはず。

そうなると、「パスワードを忘れました」なんて言うのは恥ずかしいですよね。

そこでここでは、パスワードを忘れてしまった時の緊急対応についてご紹介していきます!

適当な数字を入力するのは絶対ダメ!

パスワードを忘れてしまった時には、

  • 完全にパスワードを思い出せない
  • いくつか候補はあるけどどれかわからない

のどちらかの状態になります。
しかしパスワードを忘れてしまった状態で、合っているかもわからない数字を入力するのは止めた方がいいでしょう。

クレジットカードのパスワードは、一定回数入力を間違えることでロックがかかってしまい、クレジットカードが利用不可になってしまうんです。

そうならないためには、パスワードの入力以外の方法で本人確認をすることで、クレジットカードにロックがかかることなく、クレジットカードで支払いをすることができますよ。

パスワードの入力からサインに変えてもらうことで解決!

お会計の直前でクレジットカードのパスワードをど忘れしてしまった時は、本人確認の方法を”パスワードの入力からサイン”に変えてもらいましょう。

クレジットカードでパスワードを入力する理由は、本人かどうかを確認するためなので、サインに変更してもちゃんと本人確認をとることができます。

そのため、パスワードをど忘れしてしまった時は、”サイン”に変更するという事を覚えておけばいざという時に安心です!

海外でパスワードを忘れてしまった時は要注意!

パスワードを忘れてもサインに変更することで、クレジットカードを利用することが出来ますが、海外の場合だとそうはいきません。

実は、海外だとクレジットカードの利用時にパスワードが必須となっている国があるので、その国に訪れた時には本人確認を”サイン”に変更することが出来ないんです。

もし、海外でクレジットカードを利用するという場合は、事前にクレジットカードのパスワードを確認しておかないと、いざ海外に行ってパスワードを忘れてしまった時にクレジットカードが使えなくなるので気をつけてください。

クレジットカードのパスワードを間違えるとロックがかかります!

クレジットカードのパスワードを忘れてしまい、適当な数字を入力して間違い続けることでクレジットカードにロックがかかってしまいます。

では、クレジットカードのロックは何回間違えるとなってしまうか、またロックがかかってしまった時はどうしたらいいのかを確認していきましょう。

3回間違えるとロックがかかる

クレジットカードのロックは、ほとんどのクレジットカードでパスワードの入力を3回間違えるとロックがかかってしまいます。

ここで注意したいのは、”3回連続で間違えるとロックがかかるというわけではない”ということ。

クレジットカードのパスワードを間違ったという履歴は、正しいパスワードを入力しない限りはどんなに期間をあけようがリセットされません。

そのため、クレジットカードのパスワードを忘れたのを忘れるなんて事をしてしまうと、クレジットカードのロックがかかる原因になってしまうので、パスワードを忘れた時点で、カード会社に連絡するといいでしょう。

クレジットカードのロックはカード会社じゃないと解除できない

クレジットカードにロックがかかってしまった場合は、カード会社に連絡をしてロックの解除をお願いしましょう。

そうするとほとんどのカード会社は新しいクレジットカードを再発行してくれるので、あとはクレジットカードが届くのを待つだけとなっています。

しかし、クレジットカードはカード会社に連絡をしたからといって、すぐに届くわけではありません。

新しいクレジットカードが届くまでに時間がかかることもあるので、ロックがかかってしまった時は速やかにカード会社に連絡をするようにしてくださいね。

ロックがかかってもクレジットカードが使える可能性も!?

クレジットカードの読み取る部分は、ICチップと磁気ストライプの2か所です。

もし、クレジットカードのICチップにロックがかかっても磁気ストライプでカード情報を読み取ることで、クレジットカードが利用できる場合もあります。

そのため、カード会社によってはクレジットカードがロックされても使える可能性があるという事は覚えておきましょう。

しかし、それはあくまでもその場しのぎの方法。

クレジットカードがロックされた場合は、早めにカード会社に連絡するようにしましょう。

まとめ

クレジットカードのパスワードを忘れてしまった時は、適当な数字を入力して間違えることでクレジットカードにロックがかかり、クレジットカードが利用できない状態になってしまいます。

そうなるとクレジットカードを再発行する必要があるので、しばらくの間はクレジットカードが利用できません。

そのため、クレジットカードのパスワードを忘れてしまった場合は、無理にパスワードを入力するのではなく”サイン”に変更してもらいましょう。

サインに変更することで、パスワードを忘れてしまった時でも支払いをすることが可能です。

しかし、パスワードを思い出さなくてもいいとは限りません。

海外ではパスワードの入力が必須の国もあるので、パスワードを忘れた場合はカード会社に連絡して暗証番号通知書を送ってもらい、パスワードを再確認することを忘れずに行ってくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!