割れたクレジットカードはどうしたらいい?その悩みをズバッと解決しちゃいます!

「クレジットカードを踏んだら割れてしまった」
「財布に入れていたらいつの間にかカードにひび割れが!?」

など、クレジットカードが割れる原因は人それぞれ違います。
しかし、そんな割れてしまったクレジットカードを、未だに使い続けていたりしませんか?

実はそれ、やってはいけないNG行動!

割れたクレジットカードを使用することで、時には損害賠償を請求されることもあるんです。

そこで今回は、割れたクレジットカードはどうしたらよいかについてご紹介していきます!

割れたクレジットカードって使用しても大丈夫?

クレジットカードにちょっとひびが入って割れている位であれば、使用できないわけではありませんが、使用してはいけない理由があるんです。

では、その理由とは何なのか確認していきます!

今まで通りに使用するのはNG!?

クレジットカードの割れ具合によっては、使用するのに問題が無い場合がありますが、少しでも割れていたら使用するのを避けて下さい。

それは、

  • 支払いの時にエラーが出てしまう
  • カード情報が正しく読み取れず、不正なカードとみなされる

などが理由です。
クレジットカードは磁気の部分や、ICチップの部分からカード情報の読み取りをしています。

その部分がヒビ割れしてしまった場合、カード情報が正しく読み取れないんです。

そのため、お会計の時にクレジットカードをスキャンしてもエラーが出たり、カード情報が正しく読み取れず不正カードと見なされたりし、カード会社にクレジットカードの利用停止をされることがあります。

また、ATM等の機械に割れたクレジットカードを挿入した場合、機械の中で引っかかってしまい出てこなくなる可能性が!

そうなると、機械を管理している業者に来てもらう事になりますし、時には機械を故障させたとして損害賠償を求められることもあるんです。

自分で補修しても使ってはいけません!

「クレジットカードがちょっと割れたくらいなら、補修すれば使えるんじゃない?」なんて考えを持っているのであれば、この機会に捨ててしまいましょう。

もし、自分で補修したクレジットカードを使ってATM等の機械からカードが出てこなくなった場合、故意に壊したと思われ責任を取らされます。

「そんなつもりはなかった」と言っても、自分で割れたクレジットカードを補修しているので、言い逃れる事はできませんよ。

ネット通販なら問題なく利用できます

割れたクレジットカードは使用してはいけないとお話しましたが、ネット通販に限って話は別です。

ネット通販でクレジットカード払いをする時は、カードの情報さえちゃんとしていれば問題なく買い物をすることが出来ます。

そのため、クレジットカードが割れまくっていたとしても全く関係ありません。

もし、クレジットカードを通販でしか使用しないのであれば、今まで通り使用して大丈夫です!

クレジットカードが割れた時は再発行の手続きを!

クレジットカードが割れてしまったら、ネット通販でしか使用しない人以外は使ってはいけません。

では、クレジットカードを再び使えるようにするにはどうしたら良いかというと、カード会社に再発行してもらう必要があります。

まずはカード会社に連絡をしよう

クレジットカードが割れてしまった場合は、まずはカード会社に連絡をしましょう。

クレジットカードが割れてしまうこと自体は、特別珍しい事ではありませんのですんなりと再発行の対応してくれるはずです。

しかしカード会社によっては、再発行するのに手数料がかかる場合がありますので、”タダ”でやってくれるとは限りません。

また、クレジットカードの有効期限が近いのであれば再発行をせずに、新しいクレジットカードが届くのを待つというのも1つの方法。

クレジットカードの発送が早いカード会社の場合は、クレジットカードの有効期限が切れる1カ月前には自宅に届くなんてこともありますので、クレジットカードの有効期限が近い人は届くのを待ってみるのもいいですね。

クレジットカードが届くまで時間が掛かる

クレジットカードの再発行をお願いしたからといって、すぐに自宅に届くわけではありません。大体届くまでに2週間前後かかるので、その間はクレジットカードが使えなくなってしまいます。

そのため財布に現金を入れる習慣がない人だと、”買い物する時にお金がない!”という状況に注意しましょう。

また、支払いの時に割れたクレジットを出さないことにも気をつけてくださいね。

再発行するとカード番号はどうなる?

クレジットカードを再発行した場合、カード番号がどうなるのか知っている人は少ないはず。

実は、カードを再発行する時の”理由”によってカード番号が変わるかどうかが違ってきます。

クレジットカードが曲がったり折れたりした時は、カードの番号がそのままの場合が多いです。

しかし、紛失や盗難によってクレジットカードを再発行する時は、カード番号が同じだと不正利用される可能性があるため、カードの番号が変わります。

そのため、割れたクレジットカードを再発行する場合だとカード番号は変わらないことが多いのですが、カード会社によってはカード番号が変わるという事に気をつけましょう。

また、カード番号が変わってしまった時は、公共料金等の支払いをクレジットカードで支払っている人だと、支払先の変更が必要になりますよ。

割れたクレジットカードの処分方法には注意が必要!?

クレジットカードを再発行してもらい、無事新しいクレジットカードが届いた時、割れたクレジットカードは必要なくなりますよね。

そのため、ゴミに出す人がほとんどだと思いますがその時の処分方法には注意が必要となっています。

処分方法を間違えると悪用される場合が!?

割れてしまったクレジットカードをただゴミに捨ててしまった場合、あなたのクレジットカードが第三者に悪用されてしまう可能性が!

その理由は2つ、

  • カードの再発行をした時はカード番号が変わらない
  • ネット通販ではクレジットカードが割れていても使用できる

です。
クレジットカードを再発行してもカード番号が変わらないので、普通にごみとして捨ててしまうと悪用されてしまいます。

また、ネット通販ではクレジットカードが割れていようが使用することができますので、不正に使われてしまう原因に。

そのため、クレジットカードを何も対策せずに捨ててしまうと、あなたのカード情報が悪用されることがあるという事を忘れないでください。

細かく切り刻めばクレジットカードの悪用を防げる!

クレジットカードの悪用を防ぐには、カード情報が分からないように細かく切り刻むのがおすすめです。

細かく切り刻めば、例えクレジットカードを発見されたとしてもカードの情報が分からないので不正に利用されるのを防ぐことができます。

クレジットカードはハサミで細かくすることもできますが、プラスチック用のシュレッダーがある人ならそちらを利用するとより安全でしょう。

小分けにしてゴミに出せば安心!

クレジットカードを細かく切り刻めば悪用される心配はほとんどありませんが、それでも心配な人はクレジットカードを何回かに分けて捨てると安心です。

一度に捨てず小分けにすることで、クレジットカードの情報を得るのに時間がかかるため、悪用される可能性を更に減らすことができます。

小分けにする回数を増やせば増やすほど、悪用される可能性が低くなりますが、2回に分けて捨てるだけでも十分効果があるので、クレジットカードを捨てる時には2回以上に分けて捨てるようにしましょう。

まとめ

クレジットカードが割れてしまった場合は、使用するのを控えてください。

割れたクレジットカードを使用すると、支払いの時にエラーが出たり不正なカードと認識されカードが利用停止になったりしてしまうことも。

そのため、クレジットカードが割れた時はカード会社に再発行をしてもらいましょう。

しかし、クレジットカードを再発行してもらっても、届くのに時間がかかることがありますので少しの間クレジットカードが使えなくなってしまいます。

現金を持ち歩く習慣がない人は、支払いの時にお金が無い!なんて状況にならないように気をつけてくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!