結婚後のクレジットカードの悩みを解消!名義変更やカードの更新はどうなっているの?

結婚してこれから幸せな生活を送るぞーという時に、突如降りかかってくる名義変更の手続き。

この名義変更、運転免許所や通帳などの旧姓名義の物を全て変更しないといけなくなり、それだけで疲れてしまいますよね。

その名義変更の1つに、お使いのクレジットカードももちろん含まれているのですが、クレジットカードって名義変更しないと使えなくなるのか疑問を持っている人も多いはず。

もし、名義を変えなくても使えるのであれば、手続きが面倒なのでそのまま使い、カードの更新が近くなった時に一緒にやってもらえたら楽ですよね。

そんな疑問を解消するべく、結婚後のクレジットカードについて調査したことをご紹介していきます!

クレジットカードの名義変更ってしないとダメ?

結婚して名字が変わったら、免許証やパスポートなど名義変更をしなければいけない物はたくさんあります。

しかし、それはクレジットカードも対象となっているのでしょうか?

そこでここでは、クレジットカードの名義変更は必要かどうかについてお伝えしていきます。

そもそもクレジットカードの規約で決められていた!?

クレジットカードの名義が変わった時なんですが、実はクレジットカードの規約の中に”氏名に変更があった場合は手続きをしなければならない”といった内容のものがあるんです。

そのため、名字が変わった場合はクレジットカードの名義変更をしないと、規約違反になってしまいます。

また、結婚を機に住所が変わった人もいるはず。その時も住所が変わったという変更手続きが必要となりますので、名字が変わっていなくてもカード会社に手続きが必要ですよ。

思わぬ犯罪に巻き込まれる可能性が!

クレジットカードの名義を変更していない人は、住所が変わった場合も変更せずそのままにしている人がほとんどのはず。

そのため、クレジットカードの有効期限が近づいてカードの更新がされた時に、新しいクレジットカードは前の住所に届いてしまいます。

もし賃貸に住んでいたのであれば、その部屋に別な住人が住んでいることもあり、そうなるとあなたのクレジットカードは知らない人の手に渡ってしまうんです。

その人が不正にあなたのクレジットカードを利用することで、身に覚えのない請求がくることもあるので、名義や住所などが変わった時は必ず変更の手続きを取るようにしましょう。

カードの支払いができなくなることも

クレジットカードの名義は変えていないけど、通帳の名義は変えたという場合も注意が必要!

名義変更をしなくてもクレジットカード自体は使えるままなのですが、通帳の名義が変わると料金の引き落としがうまく処理できず、料金の未払いになってしまう事があります。

その結果、クレジットカードの利用が停止になったり新しいクレジットカードが発行されなかったりするので気をつけましょう。

それらを防ぐためにも、名義変更できるものは全て変更した方が、後々トラブルが起きることがありませんよ。

結婚後に専業主婦(主夫)になった場合、クレジットカードの更新はどうなる?

結婚して名字が変わった場合、クレジットカードの名義を変更する必要があることはわかりました。

しかし結婚後のクレジットカードの悩みは名義変更だけでなく、専業主婦になった時カードの更新はどうなるのかという疑問を持つ人もたくさんいるはず。

ここでは、専業主婦になった時クレジットカードの更新はどうなるのかについてご紹介していきます。

専業主婦(主夫)のクレジットカードは更新される?

結婚前まではバリバリ働いていたけど、結婚してから専業主婦になった時は収入が無くなるので、クレジットカードの更新がされるか心配ですよね。

しかし安心してください、専業主婦になったとしてもクレジットカードの更新はされる場合がほとんど。

クレジットカードを更新する時、カード会社は今までクレジットカードの利用に問題がないかという点に着目しているため、クレジットカードの支払い遅れや延滞が無い限りはそのまま更新してくれるんです。

カードの利用履歴が悪いと更新されない可能性あり!

専業主婦でもクレジットカードの利用状況に問題が無ければ、カードの更新ができる事がわかりました。

しかし、クレジットカードの支払い遅れや延滞をした経験がある人は、クレジットカードの更新はされないことも。

また、クレジットカードの利用状況が悪いとカードの更新がされないのは、専業主婦だけではありません。

結婚相手がちゃんと働いて収入を得ていたとしても、支払い遅れをしたことがあるのであれば、クレジットカードの更新がされない可能性は十分にありますので気をつけましょう。

専業主婦(主夫)になると新しいクレジットカードの審査は通りにくいかも

クレジットカードの更新は専業主婦でもされることが多いのですが、新しくクレジットカードをつくるとなると話は変わってきます。

クレジットカード更新時は”カードの利用状況”が重視されますが、新しいクレジットカードを作る場合は、”支払い能力があるかどうか”という事も審査内容の1つです。

専業主婦だと収入がないので、いくら貯金があっても支払い能力がないと判断されることもあり、クレジットカードの審査が通らないことも。

しかし結婚相手が安定した収入を得ていて、クレジットカードの支払い遅れや延滞をしていない人であれば、専業主婦でもクレジットカードを作れる場合がありますよ。

ブラックリストになっている人は結婚したら何か変わる?

クレジットカードの支払いを何回も遅れたり、延滞していたりすると信用情報機関という個人情報を扱っている機関からブラックリストに載ってしまいます。

ここでは、結婚した時ブラックリストに変化はあるのかについて一緒に確認していきましょう。

名字が変わってもブラックリストからは逃れられない

自分がブラックリストに入っているけど、名字が変わったらもしかして名前が無くなる?なんて考える人もいるかもしれませんが、残念ながら名字が変わったくらいではブラックリストから逃れる事はできません。

信用情報機関を利用するカード会社は、まず新しい名字になったあなたを検索しますが、結婚後にカードの支払い遅れや延滞をしていなかった場合はブラックリストになっているかを知ることは出来なくなっています。

しかし、名前や生年月日・住所や電話番号などを調べることで、旧姓のあなたの情報を確認しますので、結果的にブラックリストに載っている事がバレてしまうんです。

結婚相手がブラックリストだった場合、自分もブラックリストに入る?

自分はクレジットカードの利用に問題が無くても、結婚相手がクレジットカードの利用状況が悪かった時は、自分もブラックリストに入ってしまうのではないかと不安になってしまいますよね。

しかし、実際はそのような事は起こりませんので安心してください。

ブラックリストはクレジットカードで問題を起こした人しか載りませんので、例え結婚相手がブラックリストに入っているからといって、自分も結婚相手と一緒にブラックリストに載るという事はありませんよ。

パートナー次第でブラックリストでもクレジットカードが作れる可能性あり!

自分がブラックリストに入っている場合、普通だとクレジットカードの審査が通らないようになっています。

しかし配偶者の支払い能力が十分にあると判断されれば、クレジットカードの審査が通る可能性があるんです。

ただしブラックリストに入っているという状況は変わりませんので、カードの審査が通る可能性は低くなっており、クレジットカードの審査が通らないことがほとんどでしょう。

まとめ

結婚して名字や住所が変わった場合は、クレジットカードの変更手続きを忘れてはいけません。

もし、変更せずにクレジットカードを使い続けると、カードの更新日が近くなったのに新しいクレジットカードが届かなかったり、カードの支払いがうまくいかず料金の未払いになったりすることがあるので気をつけましょう。

また結婚して専業主婦になったとしても、クレジットカードの更新はカードの利用状況に問題が無ければ、更新されることがほとんどなので安心してください。

結婚して幸せな生活を送っている時に、クレジットカードのせいで2人の関係がギクシャクしないためにも、変更手続きやクレジットカードの利用状況はちゃんと確認するようにしましょうね!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!