便利な家族カードが発行出来るおすすめのクレジットカードはコレ!

便利な家族カードが発行出来るおすすめのクレジットカードはコレ!

クレジットカードはとにかく便利ですが、そんな便利なサービスの中に「家族カード」というものがあります。

家族カードというのは、カード本会員の家族が発行できるカードのこと。

このカードを発行すると色々お得なんですが……家族カードを作ることを前提としたカード選びをしないといけません。

そもそも、家族カードのどこが得・便利なのか?

どんなカードを選べばいいのか? 気になる家族カードのおすすめをまとめてみました。

家族カードとは?何が便利?

家族カードは便利だ得だと言うけれども、実際のところ何が便利なのか気になる方も多いと思います。

そこで、家族カードが便利な三つの理由をザッと紹介! 利便性を把握して、カード選びに繋げましょう。

年会費が節約できる

クレジットカードの年会費がそれなりにかかるものでも、家族カードの年会費は割安か無料なことが多いです。

ということは、家族が同じカードを持つのなら家族カードを作る方が個別に作るより節約ができるということになります。

本会員とほとんど同じサービスが受けられる

カードによるんですが、家族会員は本会員とほとんど同じサービスが受けられることが多いです。

海外旅行保険やクレジットカードの基本付帯サービスなどが、大抵共通しています。ただ、カードによっては本会員と家族会員のサービス内容が異なることもあるので注意が必要です。

利用明細書が1枚にまとまるし、ポイントも一括可能

家族で色々なカードを作ると、利用明細書が複数枚になって家計の把握が大変ですよね。

家族カードを作れば、利用明細書が一枚にまとまるから楽! 誰がどのくらいカードを利用したのかが一目でわかるから資金繰りが圧倒的にしやすくなります。

家族カードを選ぶときの注意点

便利な家族カードだけれども、選ぶときに注意して欲しいことがいくつかあります。

何も考えず無手でカード選びをしても、家族カードのメリットを最大限受けられないでしょう。大切な家族カードの注意点三つが、こちらです。

無料とは限らない

先ほど、家族会員は「割安だったり無料だったりする」と語りました。

家族カードは無料だから得だよと紹介する方もいるんですが、無料とは限らないんです。傾向としては、本会員の年会費が高いカードは家族会員も年会費が発生します。

ただ、本会員が数万円のところ家族会員は3000円など割安になっているので、どちらにせよお得です。

作るときには、家族カードの年会費がどれくらいかをしっかり見ておきましょう。

本会員と家族カードのサービスの違い

基本的には本会員と同等のサービスが受けられる家族カードですが、中には違うものもあります。

たとえば本会員にある「カード会員になることで、他のサービスの会員資格が得られる」というようなものは、家族カードには適用されない場合が多いです。

どのサービスが適用されて、どのサービスが適用されないのかをしっかり調べておかないと家族カードを手にした家族が「こんなはずじゃなかった」と嘆くことになりますよ。

発行枚数の上限

家族カードには、発行枚数に上限があるものがあります。家族カードは何枚作ることができるのかをしっかり見ておいてください。

また、家族カードを複数枚作れる場合でも年会費の優遇は1枚目だけという場合もあります。

この場合2枚目以上は年会費が優良になるので、注意しましょう。そうなったら2枚目以上は普通に本会員として作ってもらった方が得かもしれませんね。

ただ、家族会員の方が審査に通りやすいというメリットがあります。そういうところをよく考えて、家族カードを作るかどうか検討しましょう。

おすすめクレジットカード一覧

早速、本題のおすすめカードを紹介したいと思います。今回紹介するカードは5枚。

どれも有名どころのカードばかりで、年会費・サービスともに本会員との差が少ないものばかりです。安定して選べる5枚のカードが、こちら!

【三井住友VISAクラシックカード】高い安定感は家族カードも同じ!?

テレビCMもたくさん流れているから、老若男女問わず知名度が高い三井住友VISAクラシックカード。

本会員も家族会員も平等に安定のサービスを楽しむことが可能な、とてもとても作り甲斐のある一枚です。

三井住友VISAクラシックカード  三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)
2年目以降:1,350円
入会資格 満18歳以上の方(高校生除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 10~80万円
付帯保険 海外旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.454%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)
ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa・payWave
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

家族カードの年会費は432円。1名までは初年度だけ無料になります。年会費無料にはならないものの、1/3以上も得をすることが可能です。

さらに、VISA・MasterCard2枚を申し込むと2枚目の年会費が270円になります。

「なんだ年会費がかかるのか」と思うかもしれませんが、前年の買い物利用回数が家族カードで3回以上あった場合は翌年度の年会費が無料という優遇があるんです。だから、実質無料と言えそうですよね。

家族カードの対象者は、生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生除く18歳以上)です。

家族カードの大半は保険が共通していると語りましたが、三井住友VISAクラシックの海外旅行保険は最高2000万円が利用付帯するという形になっています。

ショッピング保険は海外・国内ともに100万円です。

この年会費なら、特別高くも低くもないでしょう。

サービス内容とポイントの貯まりやすさは、本会員と完全に同等です。

楽天市場・ユニクロオンラインなどの買い物利用でポイント2倍、高島屋・東急百貨店の買い物利用でポイント3倍の特典も受けられます。USJの割引特典も、宝塚歌劇団の貸し切り公演の感激だって出来ちゃうわけです。

海外旅行の際には、VJデスクを利用することで日本語対応のサポートを受けることができます。

実質年会費無料と考えると、圧倒的にお得ですよね!

何気に、使える電子マネーが多いのも魅力的。特にPiTaPa対応なのが個人的には嬉しさを感じています。

【楽天カード】通販好きの強い味方! 圧倒的高還元のお得なカード!

還元率の高さならどんなカードにも負けない、圧倒的高還元カード。

性能がしっかり高いカードは、持っていて安心感がありますからね。通販の利用をするのなら、一枚は持っていて損はないカードです。

ポイントザクザク、保険はガッチリ、サービスしっかり楽天カード!

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.0%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:4.0%(100円当たり4ポイント-楽天市場)
ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

楽天市場の買い物は常にポイント4倍! 思わず笑ってしまいそうになるほどの還元率ですよねえ。100円当たり4ポイントも付与されたら、一回の通販利用でポイントが驚くほど貯まります。

通販はたまの利用だろうけれど、たまに利用するだけでザクザク貯まるんだからいいですよねえ。

さらに、スーパーポイントアッププログラムを利用すればポイントが最大6%に!

簡単な条件を満たすだけで、ポイント還元率をアップすることができるんです。

楽天市場アプリを月に一度でも利用すると、+1%。楽天ブックス利用で+1%。このポイントアップは、楽天市場の買い物時だけでなく一か月間の買い物全部に対して行われます。

楽天市場を利用した場合、最大6%というわけですね。

しかも、リアル店舗の買い物も常にポイント還元率1%とこちらも高い。メインカードにもなり得る、しっかりとした性能を持ったカードです。

そんな楽天カードの家族カードは、年会費無料! 発行枚数は5枚まで。現代は4人家族が主流だと言われていますから、家族全員が問題なく作れるという家庭はとても多いでしょう。

サービス内容やポイント還元率も、本会員と同等です。

さらに、家族カードに入会することで本会員に1000ポイントプレゼントするキャンペーンを常時行っています。「本会員だけ?」と思うかもしれませんが、家族会員にも200ポイントプレゼントされるので文句も出ないでしょう。

他のカードはこういうキャンペーンが無いものも多いですから、カードを作るだけで最初からある程度ポイントを持てるというのはたとえ200ポイントだとしても、大きなメリットですよ。

【OricoCard THE POINT】ガンガンポイント貯めて、バンバン使いたい方へ

このカードの魅力は、やはりポイントの貯めやすさと使いやすさ。楽天カードの方が還元率は高いけれど、負けず劣らずの性能を持ったカードです。

家族カードももちろんお得! 安定してオススメできる一枚と言えるでしょう。

OricoCard THE POINT  OricoCard THE POINT
年会費 初年度:0円(ETC:〇\0円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 10~300万円
付帯保険
ポイント還元率 標準:1.0%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:2.0%(100円当たり2ポイント-オリコモール)
ポイント有効期限 1年
利用可能電子マネー iD・QUICPay
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

家族カードは無料で3枚まで発行できます。家族全員というわけにはいかないかもしれないけれど、夫婦で同じカードを持ってお互いにお金を管理するという用途にオススメです。

夫婦そろってこのカードを使えば、本会員のカードに一括でポイントが貯まります。

家族カードを作ることで、ガンガンポイントが貯まるというこのカードの特徴を加速させることができるというわけです。

そんなOricoCard THE POINTのポイント還元率は1%、オリコモール経由の通販利用で2%。そして、入会後半年間はポイント還元率常時2倍!

大きな買い物の直前に申請することによって、最初の半年間で圧倒的なポイントを手にすることができるわけですよ。

また、マツモトキヨシやJTB(海外ホテル)の支払いならポイント4倍という特典もあります。優待割引をしてくれる店舗の数も多く、総合的にポイントが貯まりやすくなっているんです。

お父さんお母さん、息子さん娘さんによって利用する店の種類も変わるでしょうが、どんな年齢・性別の方でも利用しそうなお店ばかりが優待店になっています。誰でもそのお得さを噛みしめることができるでしょう。

ネックとなるのは、付帯保険がゼロな点と家族カードの作成可能枚数ですね。

オリコパッケージツアーの割引、格安航空券予約サービスなど旅行関係のサービスも用意されているんだから、海外旅行保険くらいは利用付帯でもいいから付けて欲しかったというのが本音。

旅行のお供として使わず、ショッピング利用だけということなら強く推奨できます。

【イオンカード】家計の相棒

生活のために、イオン系列のスーパーを利用している方は多いと思います。

イオングループは暮らしに密着した店舗展開とサービスを行っているため、利用機会は誰でも多い。

主婦も、サラリーマンも、大学生も誰でも得をするカードとして家族カードにイオンカードを推します。

イオンカード イオンカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度)
付帯保険 ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.5%(200円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:1.0%(200円当たり2ポイント-イオン)
ポイント有効期限 2年
利用可能電子マネー
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

家族カードはもちろん年会費無料! 発行可能枚数は3枚です。最初に残念ポイントを挙げておくと、OricoCard THE POINTと同じですね。

ショッピング保険がある分イオンカードの方が不満点は少なめですが、旅行保険が無い点と発行可能枚数が3枚と気持ち少な目なのが残念ポイント。

ただ、それ以上に魅力がたくさんあるんですよ。

普段から買い物をイオングループのお店に依存している方なら、常時還元率1.0%! 200円当たり2ポイント貯まるという恩恵は、凄まじいです。気が付いたらポイントがたくさん貯まっていてびっくりしますよ。

イオングループの店だけでなく、楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amaazonの支払いにイオンカードを利用した場合も還元率1%です。

リアルもネットもバッチリお得! しかも、イオンも楽天やアマゾンも利用機会が多い方が多いところですよね。

さらに!

毎月10日は「ときめきWポイントデー」だから、ポイントが常時2倍! お客様感謝デーには買い物代金から5%オフという恩恵もしっかり受けられます。もちろん、本会員・家族会員とに関わらず、です!

しかも、貯まったポイントはそのままWAONポイントに交換することで買い物に使えます。もちろん、商品と交換することもできる!

ポイントの用途に困ることは絶対にありません。困ったらWAONポイントに交換すればいいわけですからね。

【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード】一番作りやすいアメックスカード!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメックスカードの中でも特に作りやすく年会費も安いカードです。

即日作れるし、ポイントは永久不滅だし、サービスも充実! 本会員・家族会員両方とも高コスパカードですよ。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)
2年目以降:1,080円
入会資格 18歳以上(高校生除く)で電話連絡が可能な方で、提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 審査によって設定
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-海外一般加盟店)
ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・iD(携帯)
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

年会費が2年目からかかりますが、当年にカードを1年でも利用すれば翌年の年会費は無料になります。実質年会費無料のカードです。

家族会員の年会費は初年度も2年目以降も無料! 発行可能枚数は4枚。特に少なくも多くもないのではないでしょうか。

年会費が実質無料なのも魅力のひとつですが、ポイントが永久不滅というのもこのカードの大きな魅力のひとつです。

貯まりやすさは正直他のカードよりも劣っているものの、永久不滅だからのんびり自分のペースで貯めることができます。

家族会員と本人会員のポイントが合算されるので、貯まりにくさはそこでカバーしましょう。

セゾンパール・アメックスカードの本人会員には、様々な特典やサービスがあります。

たとえば、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」です。ネット通販を利用することでキャッシュバック特典が得られたり、レストランの割引や宿泊優待特典などをネット上から確認することができます。

便利な特典を見つけて、それを獲得するという楽しみがより深まりますね。

また、セゾン提携の施設利用時に割引優待を受けることも可能。さらに、アメックスが提供する割引特典も利用可能だからよりお得です。セゾンカードと、アメックスカードの二つの魅力が詰まったカードと言えますね。

ただし、家族カードは一部利用できないサービスがあるようです。

どのサービスが対象外になるのかは公式に明言されていないので、申請の際に問い合わせることをオススメします。

それでも、ほとんどのサービスは家族会員も適用されますよ。

家族カードに対する疑問

家族カードの発行を前提としたクレジットカードの選び方や、オススメカードを紹介してきました。ただ、まだ家族カードに対して疑問に思っている点もあるのではないでしょうか。

最後に、家族カードに対するよくある疑問に答えたいと思います。

発行基準は?

各カードによって厳密な基準は異なるでしょうが、公表されている「家族カード発行対象」はどのカードも同じです。

それは、「本会員と生計を共にする配偶者」「親」「満18歳以上の子ども(高校生以外)」となっています。

基本的に、以上の条件に当てはまっていれば審査には通りますよ。家族カードとして発行する場合、審査基準になるのは本人会員の収入などです。

家族カードを持つ本人が学生だったとしても、無職だったとしても本会員がしっかりしていれば作れます。

どのタイミングで作れるの?

家族カード発行のタイミングは、通常2パターンあります。

本会員がクレジットカードを発行するときと、本会員がカードを発行した後の2パターンです。本人カードを作る際、「家族カードを発行しますか?」という選択項目が現れるので、その際に「発行します」と答えれば作れるわけですね。

ただ、後からでも申請することで作れます。

タイミングには、あまり気を配らなくても良いでしょう。今からカードを作り、そのカードの家族カードを発行することが決定しているのなら、申請時に同時発行してもらうのが一番手っ取り早いですけどね。

名義・暗証番号・引き落とし口座は?

名義は、本会員ではなくて家族カードを持つ本人の名義になります。

審査時に本会員の年収や信用情報が考慮されるということだから、名義は本会員になると勘違いしがちなんですけどね。名義はそれぞれ違います。

また、暗証番号に関しても家族カードを持つ人それぞれが任意で決めることができますよ。

ただ、引き落としに関しては本人カード・家族カード利用分の合算した金額が、本会員の登録口座から引き落とされます。

引き落としは個別にできないため、家族間で利用額を入念に話し合う必要があるでしょう。

「お前今月使いすぎだろ!?」ということにならないよう、慎重に使ってくださいね。

まとめ

家族カードはメリットがたくさんある便利なカードですが、使い方を間違えると喧嘩のタネになってしまいます。

利用額から喧嘩になってしまわないよう、家族間で誰がどのくらい使っていいかをしっかり決めておいてください。

また、カード選びに関しても家族と相談しながらすることをオススメします。家族全員が納得するカードでないと、誰かが不幸になってしまいますからね。

ただ、今回紹介したオススメカードは誰が使っても得するものが多いです。家族全員の納得と満足が得られるのではないでしょうか。

その点を踏まえて、みんなで楽しくカードを選んでみてくださいね。