年会費無料で持てるマスターカードのおすすめはコレだ!コスパに優れたカードをご紹介

年会費無料で持てるマスターカードのおすすめはコレだ!コスパに優れたカードをご紹介

「お金で買えない価値がある。買えるものはマスターカードで。」というキャッチコピーの元に、長年多くのファンから支持され続けているMasterCard。

国内、海外問わず強いようなイメージがありますから、これから持ちたいな~なんて考えている方も多いのではないでしょうか?

でもいくら好みの国際ブランドであったとしても、年会費が高い物だとやっぱり敬遠してしまいますよね。

そこで今回は、「マスターカードは持ちたいけど年会費無料も捨てがたい!」という方のために、ピッタリのカードを見つけてきました!

選び方のコツからメリットなんかも詳しくお伝えしていきますので、是非参考にしていただければと思います。

MasterCardを選ぶべき理由とは?

そもそも皆さんは、マスターカードってどんなものかご存知でしょうか?

恐らく、ほとんどの方が「有名な国際ブランド」だということしか知らないのではないかと思います。

確かにそれは間違いではありませんが、クレジットカードの国際ブランドはマスターカード以外にもたくさんありますよね。

でもそのたくさんの国際ブランドの中から、あえてマスターカードを選ぶべき理由って、一体何なのでしょう。

今回はまず手始めに、マスターカードの魅力や特徴について触れ、マスターカードについての理解を深めていただきたいと思います!

マスターカードは選択の幅が広い!

クレジットカードは基本的に、「プロパーカード」と「提携カード」の2つに分かれます。

ではまずプロパーカードとは何かと言うと、国際ブランドのみが発行するカードであり、カード発行会社と関与していないもののこと。

逆に提携カードはその名前の通り、国際ブランドとカード発行会社が提携して発行しているカードのことになります。

じゃあそれの何がマスターカードと関係するのかと言うと、実はマスターカードの場合、国際ブランドならではのプロパーカードというものがありません。

ですからマスターカードは、現状「提携カードのみ」で成り立っているということなんです。

でもそれだけだと、一体何が良いんだ?という感じですよね。

そこでプロパーカードと提携カードの違いなのですが、簡単に言うとプロパーカードはシンプルなサービス、提携カードは個性豊か。

つまりマスターカードは、そんな個性豊かな提携カードのみを扱っているということなんですね。

それにその提携カードの種類が豊富なため、選択できるカードの幅がかなり広いんです!

世界中でキャッシングが可能

もしも海外へ旅行に行ったとして、突然現金が必要になったら…

海外のATMでキャッシングを利用する手があります。

しかし実は、国際ブランドによっては海外のATMで使用できない可能性もあるのです。

対してマスターカードは、全世界向けの国際ブランドなため、海外へ行っても使えないところはほぼ無いと言っても過言ではないでしょう。

ですから国外で使用することを考えても、マスターカードは優秀な国際ブランドだと言えるのです。

年会費が無料でコスパの良いマスターカード選びのコツ!

クレジットカードを選ぶ際は、いくら年会費が気になるからと言って外見での魅力だけに囚われてはいけません。

後々後悔しないためにも、良いクレジットカード選びのポイントをしっかり押さえておきましょう!

ポイント還元率の高さが肝心!

まず皆さんが年会費を重視したクレジットカード探しをしているのは、とにかく「節約したい」という想いからではないでしょうか。

でも実はクレジットカードって、自分に合ったものさえ見つけられれば、ビックリするくらい節約につながっていくんですよ!

じゃあ一体どうやってそれを見つけるのかと言いますと、一番良い基準になるのがカードのポイントサービス。

実際に世の賢い主婦さん方は、このサービスを駆使して日々奮闘しています(笑)

ですから節約志向の方は、よりコスパの良いカードを選ぶためにも、まずはポイント還元率に注目してカード選びをしてみましょう!

優待サービスや特典が豊富なカード選びを

ポイント還元率に続いて、カード選びの基準となるのが「優待サービスや特典」。

これは各カードによって本当に色々なので、楽しみながら見ていただける項目なのではないかと思います。

ただあまり言いすぎると、年会費無料に何を求めてるんだ、なんて言われてしまいそうですね(笑)

でもこだわるならとことん徹底的に、お得なカードを見つけていくのが最善策ですよ!

またカードによっては、期間限定の入会特典やキャンペーンなどもありますから、そちらもなるべく見てきたいですね!

付帯保険も確認しよう!

最後に注目したいのが、カードに付帯している保険について。

これは年会費が無料のものだと、充実しているケースの方が少ないですが、万が一のために確認しておきましょう。

できれば自分がお世話になる可能性がありそうな保険が付いているカードを選ぶと、無駄が無いですね!

年会費無料のマスターカードをご紹介!

ではマスターカードの基礎や選び方の基準について触れたところで、いよいよ年会費無料のマスターカードをご紹介していきたいと思います!

先ほどご紹介させていただいた、ポイント還元率とサービス、付帯保険などに注目しながら読み進めてみてくださいね!

【Orico Card THE POINT】圧倒的なお得感!

トップバッターは「Orico Card THE POINT」。

コスパを重視するのであれば、絶対に外せない一枚となっています。

それでは実際に、詳しい機能性について見ていきましょう!

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 原則18歳以上の方(高校生除く)
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~300万円
付帯保険 ショッピング保険
ポイント還元率 標準:1.000%→100円当たり1pt

(国内一般加盟店)

条件:2.000%→100円当たり2pt

(オリコモール)

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー iD、QUICPay
マイル還元率 ANA:1000pt→600マイル

JAL :1000pt→500マイル

※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まずこのOrico Card THE POINTは、その名の通り「ポイント」にこだわったカード。

通常の還元率が1%と高還元なのに加えて、カード会員限定のサイト、「オリコモール」を経由すればさらにポイントがUPするんです!

しかもこのオリコカードザポイントには、入会特典として、入会後6ヶ月の間ポイントが2倍になるサービスも用意されています。

ですからそれらのポイントサービスを上手く活用すれば、みるみるうちにポイントが貯まっちゃうんです!

また、100円で1ポイント換算という点も、貯めやすさにかなり影響するのではないかと思います。

その他にも、シンプルで高級感のある券面や、電子マネーが一体になっている点も好印象ですよね。

数あるクレジットカードの中でも総合力に長けた一枚なので、メインカードとしても十分な活躍をしてくれますよ!

【楽天カード】楽天ユーザー必携!

続いては、おそらく皆さんがご存知であろう「楽天カード」。

楽天といえば最近、マスコットキャラのお買い物パンダが歌って踊るCMが印象的ですよね。

ちなみに筆者はあまりにも「SPU~」のフレーズが頭から離れないので、思わずSPUで検索してしまったほどです…

少々脱線してしまいましたが、ここからは楽天カードの詳しい性能について見ていきたいと思います!

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
マイル還元率 ANA:50pt→25マイル

JAL :-

※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

楽天カードはやはり言うまでもなく、楽天ユーザー向けのカード。

特に「楽天市場」の場合はなんと、驚異のポイント還元率「4%」を実現しています。

年会費永年無料で4%って、もう常にセールでもやってるのかってレベルですよ!!

日頃から楽天市場を利用する方なら、持たない方がむしろ損だと思います。

また楽天カードは、ネット上の不正に対応してくれる補償サービスもしっかり用意されているので、安心してネットショッピングを楽しむことも可能です。

加えて新規入会キャンペーンを行っていることも多いですから、年会費がかからずとも、十分なお得感が感じられる一枚となっていますよ!

【リクルートカード】常に高還元!?

「リクルートカード」は、主に人材派遣や求人広告などを手掛ける、リクルートホールディングスが発行しているカード。

ちなみにリクルートってどんな会社?という方のためにお伝えすると、リクルートはタウンワークやホットペッパー、ゼクシィなどの運営を担っているところです。

ではそんな大手企業であるリクルートのクレジットカードの機能性は、一体どうなっているのでしょうか?

リクルートカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 原則18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある方
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard、銀聯
利用限度額(初年度) 0~100万円
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:1.200%→100円あたり1.2pt

(国内一般加盟店)

条件:2.200%→100円あたり2pt

(リクルート運営サービス)

ポイント有効期限 確定日から12か月後の月末まで
利用可能電子マネー QUICPay、楽天Edy、SMART ICOCA、nanaco、モバイルSuica
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

リクルートカードも先ほどのカード達と同じように、ポイント還元率に優れたカードとなっています。

ただこのリクルートカードの場合はなんと、通常の加盟店で使用しても1.2%の超高還元なんです!

年会費無料のカードの中でも、ここまで高還元なものはそうそうありません。

またリクルートカードは、リクルートが運営している「じゃらん」や「ホットペッパー」などのサービスを利用すると、最大4.2%のポイントが還元されます。

リクルートグループのサービスはどれも使い勝手が良いにも関わらず、ポイントまで大量に付いてしまうなんてかなりありがたい要素なんじゃないでしょうか?

それに付帯保険に関しても十分すぎるほどなので、もはや足りない要素が見当たりません!

年会費無料のマスターカードの中でも、海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険と三拍子そろったものはそうそうないですからね。

そのため欲張りつつもバランスの良いカードを持ちたい、なんて方におすすめできるカードとなっています!

【Yahoo!Japanカード】豪華な入会特典!

続いては「Yahoo!Japanカード」ですが、これは言わずもがなあのヤフージャパンが発行しているカードです。

日頃からYahoo!のサービスを利用している方だと期待が高まるかと思いますが、一体どんな点がお得なのでしょうか?

Yahoo!Japanカード Yahoo! JAPANカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 有効なYahoo!JapanIDを持っている18歳以上の方(高校生除く)
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 ショッピング保険
ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:3.000%→100円あたり3pt

(Yahoo!ショッピング)

ポイント有効期限 最後にポイントを獲得してから1年後
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

Yahoo!Japanカード最大のメリットは、何といってもその入会特典。

カード会員になると、Yahoo!JapanやLOHACOで利用できるTポイントが、最大8,000円分貰えます。

しかもこのカード、申し込んでから最短2分で5,000ポイントをゲット可能!

ちなみに残りの3,000ポイントは、入会から2ヶ月以内に1度でもカードを利用すればOKなので簡単に手に入れることができます。

またその他にも、入会から3ヶ月の間は常にポイント3倍、Yahoo!ショッピングなら期間を問わず3倍と、お得すぎる要素が盛りだくさん!

しかも使い勝手の良いTカードが一体となったカードなので、利便性にも優れています。

このようにYahoo!Japanカードはすぐに貰える特典や便利なサービスが豊富ですし、コスパ最強のカードと言っても過言ではありませんね!

【VIASOカード】頼れるオートキャッシュバック!

「VIASOカード」は三菱UFJニコスが発行するカード。

こちらは以前、あまりのお得さに新規の募集を受け付けていない期間があったほど、大人気のものとなっています。

そう言われると皆さんかなり期待してしまうかと思いますが、果たしてVIASOカードはその期待にしっかり応えてくれるのでしょうか!

VIASOカード VIASOカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上で電話連絡可能な方
国際ブランド MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.500%→1,000円あたり5pt

(国内一般加盟店)

条件:1.000%→1,000円あたり10pt

(携帯料金)

ポイント有効期限 1年
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

突然ですがポイントカードやショッピングサイトのポイントって、貯めてもなかなか使う気にならないなんて事、ありませんか?

しかもそのままポイントの存在を忘れてしまうと、知らぬ間に失効していたり…

でもそんな時、もしVIASOカードを持っていれば、そんな可哀そうなポイント達を手間なく救うことができます。

というのもこのカード、年間1回、貯まっているポイントを1ポイント1円として自動的に口座にキャッシュバックしてくれる、オートキャッシュバック機能付きなんです!

何もせずとも使った分の一部が返ってくるので、面倒くさがりな方には最適ですよね。

またVIASOカードはポイント還元率もなかなか良いですし、オートキャッシュバックの機能さえ気に入れば、持っておいて損はないかと思いますよ!

【ACマスターカード】最短1時間で発行可能!?

「ACマスターカード」は、消費者金融であるアコムのクレジットカード。

こちらは永作博美さんと、ラグビー部の男の子達が出演しているCMが面白いですよね!

ただ肝心のカードに関しては、ちょっとどころか大分変わった性能を持っています。

ではそんな気になるACマスターカードの内容について、詳しくみていきましょう!

ACマスターカード
年会費 初年度:0円(ETC:-)

2年目以降:0円

入会資格 満20歳以上で、安定した収入と返済能力のある方
国際ブランド MasterCard
利用限度額(初年度) 10~300万円
付帯保険
ポイント還元率 標準:-

条件:-

ポイント有効期限
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まずはこの表を見てください。

…あれ!保険は?ポイントは!?

そうです、実はこのカード、保険や電子マネーどころか、そもそもポイントシステムが無いんです。

今までのカードとは少々打って変わりすぎですが、それでもこのACマスターカードには、アコムならではのメリットが存在します!

ではそれは何かと言うと、発行が超スピーディな事です。

申し込みの際はネットから、30分程度で審査が終了し、見事可決されれば1時間前後で発行が可能!

さらに審査完了後にアコムに設置されている、無人契約機のむじんくんを利用すると、その日のうちにカードを入手することができます。

面倒な手間をかけずに早くカードを持ちたい方にはピッタリですね。

またACマスターカードは審査も他のカードと比べると優しめなので、他のカードで審査落ちしたという方でも受かることがあるようです。

ちなみにこのカード唯一の不安要素であるポイントについてですが、月にカードを使用した額の、0.25%が自動で戻ってくるキャッシュバック機能付きなので、決して損することはありません!

【イオンカードセレクト】イオンでお得!

最後はイオングループが発行するカードから、「イオンカードセレクト」。

その名の通り、特にイオン系でお得になるカードです。

主婦層や節約志向の一人暮らしさんなどから熱い人気を誇っていますが、その実力はいかに!

イオンカードセレクト
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上で電話連絡が可能な方

(高校生不可)

イオン銀行の口座を開設する必要あり

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~50万円
付帯保険 紛失・盗難保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.500%→200円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:0.250%→200円あたり2pt

(ミニストップ、イオンなど)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー WAON・iD(携帯)
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

イオンカードセレクトは、キャッシュカードとクレジットカードが一体型となったカード。

そのため、かさばりがちなお財布のカード問題を抑制するのに役立ちます。

またこのカードがあれば、以下のサービスを受けることも可能です。

  • 毎月20日・30日のお客様感謝デーはイオンでのお買い物5%OFF
  • 毎月10日はポイント5倍
  • 毎月5、15、25日はイオンやミニストップでポイント2倍

主にイオン系で利用するとお得になるのがよくわかりますね!

さらにこの他にも、電子マネーのWAONにチャージするとポイントが貯まるシステムが用意されています。

イオングループをよく利用する方や、節約したい方に是非持っていただきたい一枚です!

年会費無料MasterCardを持つ際に多い疑問

おすすめのカードを7枚ほどご紹介させていただきましたが、満足のいく一枚はありましたでしょうか?

ここからは、先ほどの内容では紹介しきれなかった内容について少し触れていきたいと思います。

質問形式で詳しく答えていきますので、是非とも参考にしてくださいね!

国際ブランドは変更できる?

まずは一度作ったクレジットカードの国際ブランドは、後から変更できるのかどうか。

確かに、メインカードがよく行くお店で使えないブランドだったりすると、ブランドのみ変えたくなる、なんてこともあるはずですよね。

ただこれに関しては、そのまま変更できる場合もありますし、一旦解約する必要がある可能性なんかもあるので一概には言えません。

また一度変更すると元のブランドには戻せないことが多いようなので、そこだけは注意してくださいね!

ちなみにクレジットカードの中には、同じカードでも国際ブランドの違うカードを2枚持てる「デュアル発行」と呼ばれるものを採用しているものもありますから、あらかじめ確認しておくと良いかもしれませんよ!

マスターカード以外の国際ブランドって?

今回はMasterCardに限定した内容となっていますが、クレジットカードはその他にももちろん、たくさんの国際ブランドが存在するのですが、その中でも特にシェア率が高いブランドは以下のようになっています。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners

ちなみにこれらは総称して五大国際ブランドと呼ばれるのですが、VISAとMasterCardのみ、圧倒的なシェア率から二大国際ブランドの名を得ていますよ。

国際ブランドで審査の内容は変わる?

クレジットカードは基本的に、カード会社さえ同じであれば、国際ブランドが変わっても審査の内容や厳しさは変わりません。

そのためもし持ちたいカードの審査が心配だったとしても、国際ブランドは自由に選択して問題ないのです。

また仮にMasterCardで過去にブラックになってしまった経験があったとしても、そのカードを発行していた会社のカードが持てなくなるのであって、全てのMasterCardが審査落ちするというわけではありません。

つまり審査の基準に関わってくるのは国際ブランドではなく、カード発行会社やカードの種類ということになります。

まとめ

年会費無料のMasterCardというと、なかなか条件に当てはまるものが少なそうな印象がありますから、案外選択の幅が広いなあと感じた方も多いんじゃないでしょうか。

また今回は、年会費無料の中でも初年度や5年間のみというものではなく、「永年無料」にこだわらせていただいたこともあり、魅力的なカードばかりだったかと思います。

それに、ご紹介させていただいたカードを実際に持っている方からの評判もいいものばかりですから、きっと作ってみても後悔はしないはず。

ですからもし、これから「年会費無料のマスターカード」を持ちたいと思っているのであれば、この機会に是非、申し込みしてみることをおすすめしますよ!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!