カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


最強のクレジットカードの組み合わせは?パターン別であなたの適正クレカを紹介!

クレジットカード 組み合わせ

A~Dの各タイプにおすすめしたいクレジットカードの組みあわせをご紹介します。

↓ご自身のタイプを目次よりお選びください↓

【タイプ別】おすすめしたいクレジットカードの組み合わせ

クレジットカード 組み合わせ メリット

「クレジットカードは1枚あれば十分!」という方が多いようですが、実は2枚以上持っていた方が、より多くのサービスや付帯を受けることができます

とはいえ、用途によって使い分ける必要があるので、まずはA~Dの各タイプにそれぞれ相応しいクレジットカードがどんなものなのか見ていきましょう。

A…ステータスの高いクレジットカードを既に持っている方

ブランド力のあるカードや、ゴールドカード・プラチナカードなどの高ステータスなクレジットカードを既にお持ちの方は、人前に出さない支払い用のクレジットカードを1枚つくっておくことをおすすめします。

具体的には

  • インターネットショッピングでのお支払い
  • 固定費(公共料金や携帯代)の支払い

として使うクレジットカードです。

おすすめ クレジットカード 組み合わせ

おすすめその① 楽天カード

楽天カード
年会費 無料
入会条件 満18歳以上の方で高校生は除く
付帯サービス 海外旅行保険
カード盗難保険

人前に出さない支払い用のクレジットカードであれば、楽天カードが一番おすすめです!

特に楽天市場を利用することがある方なら、作っておかないのは逆に損

楽天カードは作った瞬間から1ポイント1円で使える楽天ポイントが付与されたり、楽天市場経由でショッピングすると、2倍以上のポイントが還元されたり、とにかくお買い物には大変便利な1枚です。

消耗品の定期購入や固定費の支払いなどに利用すれば、あっという間にポイントが貯まりますから、メインカードとして使うのもアリですよ♪

👤クレジットカード複数持ち/楽天カードユーザーの声

最初にETCカードとしての使用目的も兼ねてセゾンカードを作りましたが、そのあと楽天カードを申し込みました。

作ってからもう10年経ちますが、本当に使い勝手いいです。食べ物から本、さらにはホテルの宿泊予約にも役立ちますし、ポイントの還元率も高い。

カードデザインは正直好みではないけど、別に人前に出すこともないし、個人的にはおすすめです。

ステータスが全くないので、高級なお店ではちょっと出しにくいカードですが、ネットショッピング多用する人には向いている。

自分は楽天市場を使う機会が多いから年間3万円分ぐらいポイントが勝手につくし、Edyでも使用できるから、Amazonの買い物とかにも使える。年会費無料のクレカの中だったら一番いいかと。

おすすめその② Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT
年会費 無料
入会条件 満18歳以上の方で高校生は除く
付帯サービス 海外旅行保険
国内旅行保険
紛失・盗難補償

「人に見せないクレジットカードでも、やっぱりカードフェイスは多少気になる…」という方なら、黒色のスタイリッシュな見た目がかっこいい、Orico Card THE POINTがおすすめです。

こちらもポイントの還元率が高く、特に最初の半年間は支払い金額の2%分ポイントが還元されます。

また、ノーマルカードであるにもかかわらず、信用情報に問題がなければゴールドカード以上のショッピング枠にすることも可能!

クレジットカード複数持ちの人はもちろん、クレジットカード初心者からも「使いやすい」と評価されている1枚です。

👤クレジットカード複数持ち/Orico Card THE POINTユーザーの声

数々のカードを使ってきましたが、とても使いやすいです。

最初は見た目重視で高ステータスなカードを作ったけど、今はこれ1枚でも良いぐらい満足しています。

シンプルなカードデザインで他のクレカと一緒に財布に入れていても違和感がありません。

ただ、以前間違えて彼女とのデート時に出してしまい、「それってブラックカード?」と聞かれて違うよと答えたときはちょっと恥ずかしかった…(笑)

オリコモールというWEB経由で買い物するとポイントがザクザク貯まるので気に入っています。

B…買い物目的用のクレジットカードを既に持っている方

外出先でのお買い物やネットショッピング用のクレジットカードを既にお持ちの方は、サブカードとして持つクレジットカードを1枚作っておくことをおすすめします。

具体的には、今お持ちのクレジットカードよりも、さらに付帯サービスが充実したクレジットカードです。

ただ、付帯サービスが充実するほどカードのステータスが上がるため、年会費や年齢制限、収入などは今よりも条件が厳しくなってしまうことも。

ここでは、比較的作りやすく、付帯サービスが充実した高ステータスカードをご紹介いたします。

おすすめ クレジットカード 組み合わせ

おすすめ① アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカンエキスプレスゴールドカード

年会費 29,000円
入会条件 20歳以上の定職がある方
付帯サービス 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

高ステータスかつ、持っているだけでグンと周りから好印象を持たれるクレカといえば…そう、アメックスでおなじみ、アメリカン・エキスプレス・ゴールドですね!

こちらのクレジットカードは年会費はお高いながらも、世界1,200ヵ所以上の空港VIPラウンジを利用できる“プライオリティ・パス”や、高級レストランで1名分のコース料理料金が無料になる“ゴールド・ダイニングby招待日和”などの付帯サービス付き。

その他、普段なかなか味わえないアメックスならではの贅沢なサービスを受けることができるので、家族や恋人との時間をより楽しみたい方におすすめです。

👤クレジットカード複数持ち/アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードユーザーの声

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは国内で発行しているゴールドの中でもトップクラスの特典・サービスなので気に入っています。

普段は流通系のクレカをメインカードとして使っていますが、旅行に行くときや大事な記念日などにはこのカードが欠かせません。

仕事柄、飛行機を利用することが多いため、普段は航空会社系のクレジットカードをメインにしていますが、クレジットカード系の空港ラウンジを使うときはこちらのカードが大変便利です。

同伴者まで一緒に入ることができますし、会社の後輩の前で出しても一目置かれて気分が良いです(笑)

おすすめ② JCBゴールドカード

JCBゴールド
年会費 初年度無料
※2年目以降10,800円
入会条件 満20歳以上の方で安定した収入のある方
付帯サービス 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

一方、年会費をあまりかけたくないという型は、JCBゴールドが適しています。

国内最大級の加盟店を持つJCBのクレジットカードでありながら、海外旅行保険も満足できる内容♪

さらに、全国250店舗以上の飲食店で受けられるグルメ優待サービスや、ホテル・宿泊施設での特典も充実しています。

👤クレジットカード複数持ち/JCBゴールドカードユーザーの声

はじめてクレカを作ったのが20歳そこそこの頃かな?

そのときはクレカに年会費を払うのが馬鹿らしくて、年会費無料のクレカを作りましたが、30歳ぐらいを手前にして、だんだんとステータスを意識するようになり、JCBゴールドを作りました。

自己満足ですが、ホテルやレストランで出しやすいです。還元率は低いけど、旅行で使う分には適しています。

家族でディズニーランドに行く機会が多く、こちらのカードを作りました。

カード会員限定のイベントに参加できたり、溜まったポイントがディズニーチケットに換えられるのは大変ありがたいです。

子供がいて、ディズニーが好きなら絶対に持っておくべき!!

C…海外で使う目的でクレジットカードを作った方

海外出張や海外旅行で使用する目的としてクレジットカードを作った方は、国内で使いやすいメインカードを1枚携帯しておくことをおすすめします。

Aタイプの方と同様、楽天カードやOrico Card THE POINTでも構いませんが、ここでは人前でも出しやすく、国内で受けられるサービスも多いお得なクレジットカードをご紹介致します。

おすすめ クレジットカード 組み合わせ

おすすめ① 三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度無料
※2年目以降1,500円
入会条件 満18歳以上の方で高校生は除く
付帯サービス 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

年会費無料な上に、銀行系のクレジットカードで周囲からの信頼も得られる安心の1枚といえば、三井住友VISAクラシックカードです。

クラシックカードAは通常のクラシックカードに比べ、旅行保険が手厚くなっているので、現在お持ちの海外利用向けクレジットカードと併用しても便利!

さらに電子マネーにも強く、ポイントUPモール経由でのショッピングでポイントも溜まりやすいので、国内でのメインカードにピッタリのクレジットカードと言えるでしょう。

👤クレジットカード複数持ち/三井住友VISAクラシックカードAユーザーの声

大人なデザインで、どこで出すにも恥ずかしくないデザインです。

もともとは航空系のクレジットカードをメインとして所有していましたが、老舗のクレジットカード会社が発行している安心感、使い勝手の良さから、今ではこちらがメインとなっています。

学生時代、海外にホームステイしていたので、当時は海外で使い勝手の良いクレジットカードを作りました。

帰国後、国内で使いやすいクレジットカードを1枚持っておこうと思い、色々調べてこのカードを作ることに。

イ○ンカードや楽○カードなどは、店舗やネットショッピングで使用するにはお得ですが、三井住友VISAカードは初めて行くお店なんかでも安心して使うことができます。現金をあまり持たない主義の私にとっては、非常に便利なクレジットカードです。

おすすめ② JCBカード

JCB一般カード
年会費 初年度無料
※2年目以降1,500円
入会条件 満18歳以上の方で高校生は除く
付帯サービス 海外旅行保険
国内旅行保険
ショッピング保険

JCBの一般カードは、海外用と国内用で使用するクレジットカードをはっきり分けておきたい方にピッタリのクレジットカード。

セブンイレブンやスターバックス、さらにはディズニーリゾートなど、JCBの国内加盟店でお得な優待サービスを受けられるほか、JCBが運営する“Oki Dokiランド”経由で、最大20倍のポイントがもらえることも!

また、条件付きですが即日発行にも対応してくれるスピードの速さも嬉しいポイントですね。

👤クレジットカード複数持ち/JCBカードユーザーの声

ジャパンらしいデザインが気に入っています。使い方によってはポイントが早く溜まるし、交換先もたくさんあるので便利です。ウェブサービスも安心できる内容なので、持っていて損はないと思います
もともとクレジットカードを2~3枚ほど持っていましたが、たまたま出先で勧誘にあってそのまま申し込みしました(笑)

JCBは私が使うお店の中で、今まで使えなかったところはありません。それぐらい加盟店が多いし、やっぱり知名度が高いから安心できます。カードの見栄えも悪くないし、初心者の方なら作りやすいカードだと思います。

D…まだクレジットカードを1枚も作っていない方

まだクレジットカードを1枚も持っていないのであれば、まずはメインカードから作りましょう。

初めて作るメインカードは以下の2パターン、どちらを優先するかで選びます。

  • ポイント還元率の高さ優先
  • 信頼性やブランド力の高さ優先
おすすめ クレジットカード 組み合わせ

ポイント還元率の高さ優先であれば楽天カード、信頼性やブランド力の高さ優先であれば三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

もちろん、この2枚を組み合わせて使うのもアリ!

楽天カード+三井住友VISAクラシックカードの組み合わせは、1000人に聞いたクレジットカードを発行する際に気にしたこと(2018年6月該当調査におけるデータ)の条件をクリアできる組み合わせとなっているので、クレジットカード初心者の方にもおすすめです。

1000人に聞いたクレジットカードを発行する際に気にしたこと(2018年6月該当調査におけるデータ)
  1. 国内旅行や国内出張に対するトラブルへの備え
  2. 海外旅行や海外出張に対するトラブルへの備え
  3. ポイント還元率や買い物の楽しさなど、クレジットカードを持つことの醍醐味
  4. 社会的信用性やステータス性の確保
  5. グレード(ゴールドやプラチナなど)のステップアップに適している

※同時に二枚の申し込みを行うと、審査に落ちる可能性がございます。必ず片方の審査を終えてから、もう一枚のクレジットカードを作成するようにしてください。

三井住友VISAクラシックカード 楽天カード

複数のクレジットカードを組み合わせて使う時の注意

これまで、クレジットカードのオススメの組み合わせを紹介してきました。

ただ、組み合わせるということは最低二枚以上カードを持つということです。

カードの複数持ちには、少し注意点があります。

一度に複数のカードに申し込むのは避けよう

メインとサブを両方新しく作るのなら、同時に申し込まず「メインを先に」申し込んでから、「サブを後から」続いて申し込みましょう。

複数のカードを同時に申し込むという行為は、カード会社から激しく嫌われています。

カードの審査にできるだけ通りやすくするため、一応メインを作ってからサブを作るようにしてくださいね。

キャッシング枠は無しにしよう

クレジットカードは、一枚・二枚・三枚と枚数を重ねていくうちに審査が厳しくなります。

そんなにカードを使うほどの余裕があるのか? という話ですね。

その不安を少しでも取り除いてやるために、キャッシング枠は「なし」にしましょう。

メインとサブをしっかり分けよう

二枚以上カードを持っていると、どれをどう使うか迷いますよね。

ここで「メインをこのカード」「サブをこのカード」と役割を決めたとしても、しっかり意識付けができていないと使い分けることが難しいです。

メイン・サブということだけでなく、どういうタイミングでどちらのカードを使うのかという細かいところまで決めておきましょう。

複数のクレジットカードを組み合わせる際の疑問を解決!

審査に通りやすくするように注意したり、使い分けに注意したりしないといけないのはわかったけど、まだわからないことがある……。

カードを組み合わせて使う際、よくある疑問は三つです。メインとサブの国際ブランドはどうするか、何を重視してサブを選ぶか、何枚まで持てるか?

それらの疑問に完結にお答えしましょう。

メインとサブの国際ブランドは分けたほうがいいの?

一般的には、国際ブランドは分けたほうがいいとされています。

「どうせなら違うブランド使いたいじゃない?」

という感じで分けている方が多いですが、実際はそれほど大きな意味はありません。

「VISA」「JCB」「MasterCard」など国内外のほとんどで使えるようなブランドなら、分けないというのも一つの手です。

ただ、分けたら各ブランドごとの特典が受けられるのでお得感はありますね。

また、AMEXなど国内では少し使いにくいブランドをメインにしている場合、サブはJCBやVISAなどにした方が無難です。AMEXはJCBと提携しているから、実際払えないことはなかなかないんですが、店員さんが知らないこともありますからね。

分けておくと、支払えないと言われたときの対応もスマートにできますよ。

サブカードは何枚まで?

人によって答えが違ってきますが、個人的には「メイン1枚」「サブ2~3枚まで」の合計4枚までが理想だと考えています。

それ以上持つとなると審査も厳しくなるし、持っていても使わないカードが出てきて無駄ですからね。多くてもサブは3枚までにしましょう。

だからこそ、ゴールドカードやプラチナカードも見越して組み合わせを考えてみる必要があります。

まとめ

最強のクレジットカードの組み合わせについて参考になりましたか?

冒頭でもお話した通り、クレジットカードはお互いの苦手な部分を補う組み合わせにすると、より生活を豊かにすることができて便利です。

デザインがかっこいい、還元率が高い、海外旅行の付帯サービスが充実している…と、クレジットカードを選ぶ理由は人によってそれぞれ異なると思いますが、どうせなら同じ用途ではなく、そのクレジットカードならではのお得なサービスや特典が受けられるものを組み合わせて使っていきましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!