国内旅行におすすめのクレジットカードを厳選~旅にお供にはコレを~

国内旅行クレジットカード

旅行をよくしている人はクレジットカードでポイントやマイルがたくさん貯まってお得なんて聞いたことがないですか?

海外ロケによく行かされているお笑い芸人なんて、もの凄い数のマイルが貯まっているそうです。貯まったマイルは航空券やギフトカードなどと交換できます・・・うらやましい。

でもこれって決して他人ごとじゃないんですよ。海外に限らず国内旅行でもクレジットカードを持っていればマイルやポイントを貯めることが出来て、さらにお得な特典もたくさん貰えちゃいます。

これから国内旅行に行くご予定がある方はこれを機にクレジットカードを作ってみましょう。

「え?クレジットカードって言ってもいっぱいあってわからない?」安心してください。わたしがわかりやすく、国内旅行にもってこいのクレジットカードを紹介しちゃいます。

国内旅行に使うクレジットカードを選ぶ基準

クレジットカードの種類がいっぱいあるのはカードによっていろんなサービスがあって、それぞれサービスの内容が違っているからなんです。

だから今回、国内旅行に欠かせない、あなたに合ったサービスを受けられるかどうかを基準にしてクレジットカードを選んでみましょう。

国内旅行保険はついているか

今までクレジットカードを使ったことがない人はわからないかもしれませんが、クレジットカードには保険のサービスがあります。買い物のときにお金を支払う役目だけじゃないんですよ。

それで国内旅行になんで保険が必要かというと、旅行先で怪我や病気、はたまた盗難などの被害にあわないとも限らない、そんなときに国内旅行保険付きのクレジットカードを持っていれば保険が適用されて、万が一の時も安心というわけです。

せっかく楽しい旅行に行くわけですから、保険付きのクレジットカードで安心して国内旅行を満喫しましょう。

貯めたいマイルの種類はなにか

クレジットカードによって貯められるマイルの種類が違います。マイルには大きくANAマイルとJALマイルがあり、それぞれ航空会社によって種類が違います。

例えばよくANA航空を利用する人だったらANA航空のマイルを貯めて、ANAの航空券に交換という流れが理想的です。

だから自分がよく利用する方の航空のマイルが貯まるクレジットカードを選びましょう。

旅行特典が充実しているか

クレジットカードが持っている機能は支払いや、保険の他にまだあります。すべてのクレジットカードにあるわけではありませんが、旅行するときに便利な特典をもったクレジットカードがあるんです。

例えば空港ラウンジが無料になったり、自宅から空港まで手荷物を無料で運んでくれるサービスがあったりとクレジットカードによってサービス内容は多種多様にあります。

「これは嬉しい!」という特典をもったクレジットカードを見つけましょう。

国内旅行にオススメのクレジットカードを紹介

現金で旅行先のチケットや切符代、宿泊、食事支払いなんて、もったいない支払からおさらばです。

これからはクールにクレジットカード払いで、お得な国内旅行を楽しみましょう。

【JTB 旅カード JMB】JALマイルを貯めたいなら

名前を見れば一発でわかるように、旅行をする人に向けたサービスが充実しています。ではどんなサービスがあるのかも含めて、各クレジットカードの内容を見ていきましょう。

JTB 旅カード JMB JTB 旅カード JMB
年会費 初年度:2,160円(ETC:0円)

2年目以降:2,160円

入会資格 18歳以上の方(高校生を除く)
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険
ポイント還元率 標準:1.0%(国内一般加盟店)

条件:-

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー QUICPay
マイル還元率 ANA:-
JAL:0.5%( 5,000ポイント=2,500マイル)
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まず注目するのは国内旅行保険が付いているかどうかです。JTB 旅カード JMBは国内旅行保険が付いています。

じゃあ安心ですね・・・というのにはまだ早いです。旅行保険には利用付帯か自動付帯かに分かれます。

JTB 旅カード JMBは自動付帯ではないのでクレジットカードで旅行前に事前に自分でお金を支払って保険に入らなければなりません。

ちなみに自動付帯であればクレジットカードを持っているだけで保険に加入完了している状態になります。

ただ利用付帯、自動付帯それぞれにメリット・デメリットがあり、利用付帯は旅行のたびに保険契約をする手間がありますが、保険内容が充実しています。

対して自動付帯はいちいち加入の手間がない分、保険内容はやや物足りない内容といえるでしょう。

またカードによっても国内旅行保険の内容は違っていて、どんな保険が適用されるか確認しなければなりません。

例えばJTB 旅カード JMBであれば死亡・後遺障害のみで国内旅行中に死亡した場合や後遺症障害が生じたときのみ適用されます。

不謹慎な内容になりますが、重い被害にあわなければ保険が適用されないということです。

次に還元できるマイルの種類をみるとJALのみで0.5%となっています。国内旅行にはよくJALを使うという人にはもってこいのクレジットカードです。

最後にJTB 旅カード JMBの旅行サービスはどんなものがあるか紹介しましょう。なんとJTB 旅カード JMBは国内3000カ所のレジャー・宿泊施設の優待割引サービスが付いているんです。

カードの裏にある「えらべる倶楽部レジャー」のマークを見せることで、「えらべる倶楽部」提携レジャー施設で割引特典が受けられちゃいます。

具体的にどんな施設があるかというとゴルフ場、キャンプ場、美術館、クルージング、遊園地、日帰り入浴、ボウリングなどたくさんの施設があり、国内旅行先で利用しようと思っていたなんて場所もきっとあるはずです。

旅先でよくレジャー施設を利用するなんて人にはJTB 旅カード JMBがとってもオススメですよ。

【三井住友VISAクラシックカードA】高いネームバリュー

国際ブランドが世界シェアのVISAで、日本でも最大手のカード発行会社である三井住友カードが出しているのが三井住友VISAクラシックカードAになります。

三井住友VISAカードというのはCMでもよく流れていますし、日本で信頼と安心においては一番のカードでしょう。ではカード内容を見ていきます。

三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカードA
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:1,620円

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA、MasterCard(マスターカード)
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)ショッピング・紛失盗難保険
ポイント還元率 標準:0.454%(国内一般加盟店)

条件:1.0%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD、PiTaPa、WAON、iD(携帯)、Visa payWave
マイル還元率 ANA:0.3%(100ポイント=300マイル)
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まず付帯保険をみると国内旅行保険が付いているだけでなく、自動付帯となっているのがわかります。

国内旅行保険で自動付帯となっているクレジットカード自体あまり多くなく、自動付帯となっているクレジットカードはゴールドカードなどランクの高いカードで年会費が高いんですよ。

それに比べ三井住友VISAクラシックカードAは年会費2年目以降で1,620円!かなり安いんです。

ただ保険内容は死亡・後遺障害のみとなりますが、信頼・安心あるカードですし、この安さはクレジットカード選びの際には一考の余地ありとわたしはみます。

次に還元できるマイルの種類ですが、JTB 旅カード JMBと逆でANAのみとなっています。

旅行でよくANA航空を使う人にオススメのクレジットカードです。

【ANA アメリカン エキスプレス ゴールド】ANAマイルを貯めたいならこれ

国際ブランドであるAMEX(アメックス)が直接カード発行しているカードです。特にANAマイルが貯めやすいのが特徴になります。

ANA アメリカン エキスプレス ゴールド ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド
年会費 初年度:33,480円(ETC:0円)

2年目以降:33,480円

入会資格 20歳以上(定職がある方)
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険ショッピング・紛失盗難保険
ポイント還元率 標準:0.333%(国内一般加盟店)

条件:0.8% (ANAグループ加盟店)

ポイント有効期限 無制限
利用可能電子マネー 楽天Edy、SMART ICOCA、モバイルSuica
マイル還元率 ANA:1.0% (1,000ポイント=1,000マイル)
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

付与保険をみると、国内旅行保険がしっかり付いています。ただ自動付帯ではないので注意が必要です。

次に貯められるマイルですが、カード名を見ればわかるようにANAのみになります。ここで注目してほしいのが、ポイントをマイルに変える際1000ポイント→1000マイルという点です。

他のクレジットカードだとポイントをマイルに変える場合は、例えば1000ポイント→500マイルというふうにポイントを損してしまうことが多いのですが、ANA アメリカン エキスプレス ゴールドではポイントをそのまま100%マイルに変えることが出来ます。

このことからANAマイルを貯めたいならANA アメリカン エキスプレス ゴールドが非常にオススメです。

またANA アメリカン エキスプレス ゴールドは国内旅行をする際のサービスがとても充実しています。例えば空港ラウンジを、クレジットカード所有者のほかに同伴者1名無料で利用可能できます。

年会費は高いですが相応の満足いくサービスは受けられるでしょう。クレジットカードにステータスを求める人にもオススメのカードです。

【Orico Card THE WORLD】国内外航空機遅延保険付き

日本の大手信販会社が発行するクレジットカードがOrico Card THE WORLDです。特徴としてはポイントの貯めやすさが挙げられます。

Orico Card THE WORLD Orico Card THE WORLD
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:9,800円

入会資格 年齢20歳以上(安定した収入がある方)
国際ブランド VISA、MasterCard(マスターカード)
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険ショッピング・紛失盗難保険
ポイント還元率 標準:1.0%(国内一般加盟店)

条件:2.0%(海外一般加盟店)

ポイント有効期限 12カ月
利用可能電子マネー D、QUICPay
マイル還元率 ANA:0.6% (1,000ポイント600マイル)
JAL:0.5% (1,000ポイント500マイル)
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

利用付帯で国内旅行保険が付いています。よくあるパターン化と思いきや、今まで紹介したカードが死亡・後遺障害のみ適用だったのに対し、オリコの国内旅行保険には渡航便遅延保険が付いているんです。

渡航便遅延保とは出航遅延・欠航費用や受託手荷物遅延など旅行をする際にはよく起きるトラブルにも保険が掛けられています。

これはOrico Card THE WORLDがもつ大きな強みと言えるでしょう。

次に還元できるマイルを見てみるとなんとOrico Card THE WORLDはANAとJALどちらにもマイル還元が出来るんです。

実際問題、いつも国内旅行に使う飛行機がANAとJALどちらかに決まっているという人は少ないでしょうし、必要な時に必要な方のマイルに還元できるOrico Card THE WORLDは大変使い勝手のいいクレジットカードになります。

最後にOrico Card THE WORLDが持つサービスを紹介すると、パッケージツアー特典というのがあります。

オリコ旅行センターで各旅行会社のパッケージツアーを申し込むと国内旅行で3%~5%OFFになるんです。

また全国名産品お取寄せサービスなどさまざまな国内旅行の際にお得なサービスがありますよ。

【楽天カード】楽天ユーザーならこのカード一択

近年、急激に普及してきたのが楽天カードです。幅広い用途に対応しており、特に楽天ユーザーにとっては持っていて決して損のないクレジットカードになります。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 日本在住の18歳以上
国際ブランド VISA、JCB、MasterCard(マスターカード)
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.0%(国内一般加盟店)

条件:4.0%(楽天市場)

ポイント有効期限 12カ月
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:0.5%( 50ポイント=25マイル)
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率
楽天カードボタン

付帯保険をみると海外旅行保険は付きますが、国内旅行保険は付きません。国内旅行保険がどうしてもないと安心できないという人にとっては他のクレジットカードを検討した方がいいかもしれません。

ただ国内旅行保険がなくても、魅力的な機能が楽天カードにはあるんです。まずマイル還元ですがANAのみの還元になります。ここで重要なのが楽天カードは50ポイントからマイルに交換できる点です。

他のクレジットカードはANA アメリカン エキスプレス ゴールドを例にすれば1000ポイントから1000マイルというふうにかなりのポイント数を貯めてからでないとマイルに交換できません。

比べて楽天はすぐにマイル交換できるので、航空券交換まであとちょっとマイルが欲しいという時でも、すぐに目標マイル数を得ることが出来るんです。

また楽天カードの何よりの強みがポイントの貯まりやすさにあります。楽天市場で買い物をするとなんとポイントが4倍になるんです。

さらに国内旅行に自家用車を使うなんて人にも楽天カードはオススメですよ。楽天カードにはガソリン割引・特典があってENEOS・JOMOを利用することで楽天スーパーポイントが2倍になります。国内をよくドライブ旅行する人にはぜひ知ってほしい特典です。

国内旅行中にクレジットカード利用でこんなお得なことが

オススメのクレジットカードの機能を紹介してきましたが、今度は具体的に国内旅行中にこんなときに「クレジットカードがあってよかったぁ」という場面を紹介しましょう。

これを知ったらあなたもクレジットカードを持ってみようかなと思いますよ。

買い物中に盗難にあっても安心

旅行中に気分はウキウキ、両手にはあれもこれもと買った買い物袋がたくさん。そんなとき!ガバッと後ろから魔の手が。そう、ひったくりです。

こんな目にもしあったら、気分がジェットコースターのように急降下間違いなしです。しかも旅行中だし奪われたものは戻ってこないし、お店からの返金も望めません。

そんなときにクレジットカードのショッピング保険なんです。ショッピング保険があれば、たとえ旅行中に盗難にあっても盗まれたもののほぼ全額が戻ってくるんですよ。

奪われた物自体は帰ってきませんが、何も戻ってこないよりは何倍もましでしょう。近くに買ったお店があればまた買えばいいですしね。

というわけで、盗難被害で落ち込んだ心も取り戻してくれるのがクレジットカードのショッピング保険ということを覚えておきましょう。

国内旅行損害保険が付帯しているクレジットカードについては下記記事にまとめています!

こちらも参考にご覧ください。

「国内旅行損害保険」付きクレジットカードおすすめ5選!カードで安心を手に入れよう

2017.12.11

宿泊代もカードでお得に

国内旅行といえば宿泊宿にお泊りも定番ですね。そして宿代も結構バカにできません。旅を楽しむために宿泊代をケチって寝心地最悪だったなんて話もよくあります。

こんな状況も救ってくれるのがクレジットカードです。クレジットカードが持つサービスの中には提携する宿泊宿に泊まることで、宿代が安くなる特典もあります。

今回紹介したクレジットカードの中ではJTB 旅カード JMBがそれにあたりますね。あらかじめ泊まる宿のめどをつけておけば、そこからクレジットカードを決めるなんてこともいいと思いますよ。

帰りのお土産をカードでスムーズにお支払い

お土産も旅行の定番ですよね。でもお土産ってみなさん、旅行帰りに買う方多くありませんか?わたしもそうです。

そして荷物やら何やら両手がふさがっている状態で、もたもたと財布からお札や小銭を出して買い物をしていたら「ヤバイ!帰りの飛行機の時間が!」なんてありません?

こうならないためにもお土産購入もカードで済ましちゃいましょう。荷物がいっぱいの状態でも財布からカードを一枚出すだけで簡単に会計が済んじゃいます。

ゆったりと余裕の持った状態で旅行の余韻を楽しみながら、帰りの風景を楽しみましょう。

国内旅行用にクレジットカードを使うときの疑問

国内旅行を機に初めてクレジットカードを使おうって人のために気になる疑問にお答えします。

どのお店でも使えるの?

お持ちのクレジットカードが使えるかどうかは国際ブランドで決まります。国際ブランドとはVISA、JCBというふうにお金の支払いを実際に行う会社のことをいい、カードを作る際にはかならずどこの国際ブランドなのか確認するようにしましょう。

それで自分のクレジットカードがわかったところで、お店で使えるかどうかなのですが、クレジットカードが使えるお店には必ずどこかに国際ブランドのマークが書いてあるんです。

そこに自分のクレジットカードのブランドのマークがあればカードが使えるってことになります。簡単ですよね。

最後に補足すると国内旅行をするうえで、この国際ブランドならほぼ間違いなくどこでも使えるというのが2つあります。

それが先ほども記述したVISAとJCBになります。VISAは世界的に流通しているクレジットカードの国際ブランドで、もちろん日本でも一般的に浸透しているのでクレジットカードさえ使える店であれば間違いなく使えますよ。

同様にJCBは日本が誇る大手の国際ブランドでどこの店でも使えます。

だからこの2つのどちらかが、国際ブランドになっているクレジットカードも持っていれば「このカード使えないよ。」なんてお店の人に言われることはないでしょう。

マイルを貯めるにはいっぱい国内旅行しなきゃいけないんじゃないの?

ポイントやマイルを貯める手段は別に、旅行だけではありません。むしろ日常的な買い物などで貯めたポイントをマイルに変換して旅行券をゲットして、優雅に旅行なんて方が一般的でしょう。

そのために、クレジットカードを選ぶときは自分の旅行に合ったクレジットカードを選ぶのもいいですが、日ごろの生活スタイルに合った一番ポイントが貯まりやすいクレジットカードを選んで、ポイントがたまってからマイル交換→国内旅行なんてのもオススメですよ。

ポイントやマイルは国内旅行以外でも使えるの?

もちろん貯まったポイントやマイルはどう使おうがあなたの自由です。国内旅行だけでなく、もっともっとマイルを貯めてから海外行きの航空券をゲットしても構いません。

よく旅行に行く人はこの逆で、旅行で貯めたマイルを別の楽天スーパーポイントなどの提携ポイントに変えることもできますよ。

まとめ

クレジットカードによってさまざまなサービスがあることを今回、知ってもらえたと思います。

国内旅行をするときって行き先がどこであれ、結構なお金が動きますよね。そんなときにクレジットカードがあれば損のないスムーズなお金の使い方が出来ます。

しかし、同時にクレジットカードは怖いものということも忘れないでください。カード特典などでお得になっているとはいえ、動いているお金の総額が大きなことには変わりありません。

簡単に支払えるからといって、自分の身の丈を超える金額を使ったりしたら後々自分の首を絞めることになります。

どんな便利なものも大事なのは使い方です。正しい使い方を知って、クレジットカードを怖いものでなく便利なものとして旅のお供に大事に連れて行ってください。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!