クレジットカード持つなら永年無料!年会費0円のおすすめカードを紹介します

クレジットカード持つなら永年無料!年会費0円のおすすめカードを紹介します

クレジットカードって便利だけど、年会費が痛いなぁと思って解約した人や作るのをためらっている人は多いのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめなのが年会費を1円も払わなくてもいい、年会費永年無料のクレジットカードです。

これで「年会費分の元が取れているのかなぁ」とか悩む必要もありません。お金がかからないので決して損をすることのないカードと言えます。

もちろん年会費有料と比べればステータスも内容も落ちますが、その中でも優れた年会費無料カードが存在するので私のおすすめ7枚を紹介しましょう。

永年無料と永久無料は違う

実は年会費が無料のカードと簡単に言っても永年無料と永久無料があるんです。言葉だけだと違いがわかりませんよね。

そこで簡単に説明すると、永年無料は今は無料だけどこの先有料になる可能性が0ではないという意味です。

対して永久無料はこの先もずっと無料が保証されています。どちらがいいかといえば、そりゃあ永久無料ですが神経質になって選び分けるほどの差ではありません。

明日になったら有料になっていた!なんてことはないので年会費が無料のクレジットカードを持ちたいなら、永年無料のカードでも十分です。

年会費が永年無料のクレジットカードの選ぶ基準

永年無料の年会費同士でもクレジットカードの持つ機能や特典内容は違います。そこでカード選びのオススメポイントを紹介します。

使える場所

使える場所というのはクレジットカードが使える場所という意味でなく、ポイントが付く場所の意味です。

せっかくカードを持ってもポイント付くお店が全然なかったら意味ないですからね。ポイントとしてはコンビニやスーパー、ネット通販などでポイントが付くカードがおすすめになります。

ポイントの貯まりやすさ

年会費が無料だからといってポイントが貯まりにくいなんてことはありません。有料カードに負けないくらいポイントが貯まる永年無料カードがあるんです。

カード選びの際はポイントの貯まりやすいカードを選びましょう。

旅行保険が付いているか

必ずしも必要というわけではありませんが、旅行にいく人は保険用に年会費無料クレジットカードを持っていく人が多いんですよ。

だからいつか旅行をするときのためにも出来れば海外旅行保険、もしくは国内旅行保険が付帯されているカードがいいでしょう。

年会費が永年無料のクレジットカード一覧

年会費が永年無料のクレジットカードの中でも私のおすすめ7枚を紹介します。どれもお手軽に作れるのでカード初心者にも安心ですよ。

【楽天カード】楽天ユーザなら持っていなきゃ損

楽天市場の利用に限れば圧倒的な還元率を誇るクレジットカードです。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 100万円
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

まさしく楽天ユーザーのためだけのカードと言ってもいいかもしれません。ユーザーは限定されるものの楽天は誰もが気軽に利用できるネット通販でこのカードを持ってから楽天で買い物を始めるのもいいですよ。

それでどれだけ楽天ユーザに恩恵があるのかというと、通常貰えるポイントが100円→1ポイントだったのが楽天市場利用で4倍になります。

また楽天Edy払いにすると200円につき1ポイント付与されます。そして貯まったポイントは各種楽天の商品の割引に1ポイント→1円で使えるんです。

ですから楽天市場で貯めたポイントを使えば還元率が4%にもなるわけなんですよ。これを聞いただけでも楽天カードを持って楽天で買い物したくなりますが、まだカード特典があります。

最近できた特典なのですが、2017年8月にワイキキ T ギャラリア ハワイに楽天ラウンジがオープンされ、楽天カードを持っていればこのラウンジが無料で利用出来ちゃうんです。

ラウンジではソフトドリンクが無料で飲めたり、荷物の当日預かりをしてもらえたりと様々なサービスが用意されています。

楽天ポイントは1ポイント=0.5マイルにも変換出来るので貯まったマイルでハワイに旅行というのもいいですね。

【Orico Card THE POINT】安定した還元率で大人気カード

常に還元率が1%を超え旅行保険も充実と多くの人に人気のクレジットカードです。

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 300万円
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:1.00%

条件:2.20%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー iD、QUICPay
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.6マイル
JAL:1ポイント=0.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

入会資格が18歳以上であれば学生でもつくることが出来ます。ポイントが貯めやすい、使いやすい、還元率も高いと年会費が永年無料とは思えないほどの優秀なクレジットカードです。

具体的な内容を見ていくと、まずポイントですが100円につき1ポイント貰えて、必ず1ポイントを1円以上のものと交換出来ます。

だから還元率が常に1%を超えているというわけなんです。さらにここからお得な特典がたくさんあってポイントがどんどん貯まっていきます。

例えばオリコモールで買い物をすると貰えるポイントが2倍になり、さらに0.5%分のボーナスポイントも追加されるんです。

また入会6カ月以内であれば常にポイント2倍になるので、入会後はポイントを一気に貯めるチャンスになります。

そしてオリコカードは貯まったポイントの交換先の豊富なのでここも人気の理由です。ポイントで貰えるものとしてはAmazonギフト券、iTunesギフトカード、Edyギフトカード、nanacoギフト、WAONポイント、Tポイント、ファミリーマートお買物券、すかいらーくご優待券があります。

このようにいろんなものに交換出来るので、ポイントの使い勝手が非常にいいんですよ。せっかくポイントが貯まっても欲しいものがなかったら意味ないですからね。

この他にもANAマイルとJALマイルにも変えることができ、国内外の旅行保険もついているのでマイルを貯めて航空券ゲットなんていうのも夢があります。

【エポスカード】大学生におすすめのクレジットカード

丸井グループの子会社が発行しているクレジットカードです。丸井に限らずどこで利用してもお得なカードです。

エポスカード エポスカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA
利用限度額 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
ポイント還元率 標準:0.50%

条件:0.62%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

入会資格が学生可なので、大学生の人でも作ることが出来ます。さらにエポスカードがカラオケでポイントが貯まりやすく、特典もあるのでぜひとも大学生の方におすすめのクレジットカードです。

それでポイントの貯まりやすさについて見てみると、基本200円で1ポイント貯まります。これがアパホテルやレストランカラオケ シダックスを利用することでポイントが5倍になるんです。さらにはHP Directplusのネットショッピングならなんと10倍にもなります。

またエポスカードには割引特典があり、例えばロイヤルホスト利用で飲食代5%オフ、TAYA通常料金が10%オフ、ビックエコールーム料金が30%オフになるんです。

この他にも特典が受けられる店は全国で7000カ所以上もあるので、ポイントが貯めれて料金も安くなってと至れり尽くせりの年会費無料クレジットカードになります。

さらにエポスカードは旅行カードとしても優秀で、自動付帯で海外旅行保険が付くんです。旅行保険には料金を事前にカード払いした時しか保険が適用されない利用付帯とカードを持った時点で常に適用される自動付帯があります。

しかし年会費永年無料のカードで海外保険が自動付帯になることは珍しく、この点だけでもエポスカードは旅行する際にはぜひ持っていたいカードなんです。

 

【イオンSuicaカード】主婦の方、必見のクレジットカード

イオンが発行しているクレジットカードでSuica機能が付いています。

イオンSuicaカード イオンSuicaカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 50万円
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.50%

条件:2.00%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー Suica
マイル還元率 ANA:-
JAL:1ポイント=0.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

イオンカードはポイントが貰える店が非常に多いのが特徴です。楽天、ヤフーショッピング、Amazonの3大ネット通販サイトの他にダイエー、ミニストップ、和民、コスモ石油でポイントが貯めることが出来ます。

しかもこれらの場所でカードを利用すると通常200円→1ポイントに対し2倍のポイントが貰えるんです。

またJR東日本での定期券チャージやSuicaのチャージで400円に1ポイント貯めることが出来ます。

このように日常使いをしているだけでどんどんポイントが貯められるのがいいですね。定期券やSuicaチャージでも貯められるのは会社員が学生さんにとっても嬉しいです。貯まったポイントはイオン商品券に交換でき、Suicaに逆に金額を移行することも出来ます。

またイオン利用者にとって嬉しい特典もあり、イオン、イオンモール、ダイエー、マックスバリュなどイオングループの対象店舗で毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFFになるんです。

55歳以上の方限定では毎月15日を「G.G感謝デー」とし5%OFFになります。

イオンでよく買い物をされる主婦の方におすすめのクレジットカードです。

【リクルートカード】年会費永年無料で還元率はなんと1.2%

年会費永年無料のカードの中で驚異の還元率を誇ります。ポイントが貯まるクレジットカードを持ちたいならこのカードです。

リクルートカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB、銀聯
利用限度額 100万円(学生は10万円)
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:1.20%

条件:2.20%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

リクルートカードではSMART ICOCA、モバイルSuica、楽天Edy、nanaco、ETCカードでポイントを貯めることができ、重要なのはどこでも100円→1.2円貰える点です。

そして貯まったポイントは1ポイント→1円価値でリクルート運営サービスに交換出来ます。そのため常にポイント還元率1.2%以上という高い還元率が得られるんです。さらにリクルートが運営するサービス(じゃらん、ホットペッパー、ポンパレモール等)で利用すると1~3%のボーナスポイントが貰えます。

この貯まったポイントをまたリクルート運営サービスで1ポイント→1円として使うというサイクルがリクルートカードの持つ効果なんです。

具体的にリクルート運営サービスの内容としては、じゃらんで宿泊施設を予約したり、Pontaポイントに変えたりと用途は様々あります。

また旅行保険も充実しているので旅行の際にはサブカードとしても使えるおすすめのカードです。

【ライフカード】誕生月に利用でなんとポイント3倍

誕生月にポイント3倍や、利用額に応じたポイントボーナスがあるなど年会費永年無料でポイントがバンバン貯まるクレジットカードです。

ライフカード ライフカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 200万円
付帯保険
ポイント還元率 標準:0.50%

条件:1.00%

ポイント有効期限 5年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:1ポイント=2.5マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

ライフカードはネットショッピングをする人に向いているクレジットカードです。それはなぜかという理由をこれから紹介していきましょう。

まずライフカードは1000円で1ポイントの基本ポイントが貯まります。このままでは今一ポイントが貯まりにくいのですが、L-Mallというライフカードが運営するショッピングモールサイトを利用することでポイントが2倍になります。

けどライフカードが凄いのはここからなんです。ネットショッピングをする人って使っている通販サイトは楽天であったり、ヤフーショッピングであったり人によって違いますよね。

けどL-Mallのサイトを経由して、上記のサイトを利用した買い物であってもポイントが貰えるんです。しかも2倍の1000円で2ポイントになります。

だから日ごろネットショッピングをする人はライフカードを持っていれば、ちょっと工夫するだけでどんどんポイントが貯まっていくんです。

また誕生月に利用すればポイント3倍特典があるのもライフカードの特徴になります。他にもカード利用額に応じて次年度のポイントが最大2倍になるなどボーナスポイントが充実しています。

そして貯まったポイントは1000ポイントで5,000円分のギフトカードなどに交換出来るので還元率もいいんですよ。

色んなサイトでネットショッピングを利用していた人は、ライフカードを持って一つのポイントにまとめましょう。

【三菱UFJニコス VIASOカード】貯まったポイントは全てオートキャッシュバック

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードです。VIASOとは遊び(ASOVI)の並び替えからきています。

三菱UFJニコス VIASOカード VIASOカード
年会費 初年度:0円(ETC:〇円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド MasterCard
利用限度額 100万円
付帯保険
ポイント還元率 標準:0.50%

条件:1.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

VIASOカードの特徴は何といっても貯まったポイントが毎月自動でキャッシュバックされることです。他になかなかないタイプのクレジットカードですね。

ポイントは1000円で5ポイント(ETCカード、携帯電話料金、インターネットプロバイダー料金なら2倍)貯まります。

さらにVIASO eショップ経由で買い物をすると、通常ポイントに加えお店ごとのボーナスポイントが付与されるんです。

こうして貯まったポイントは1000ポイント→1,000円でキャッシュバックされます。他のポイントの還元先は一切なく、還元も自動で行っているのでカードを持っているだけで利用に応じた額が返ってくるわけです。

難しい話なしに簡単に言うと結果的にカードで払った買い物は全て割引になる感じですね。

「クレジットカードを持ちたいけど、ポイント交換とかめんどくさい!」という人には是非おすすめのカードになります。

年会費永年無料はこんな人におすすめ

年会費永年無料のクレジットカードはどんな人におすすめなのか、紹介していきます。

初めてクレジットカードを作る人

年会費無料のクレジットカードは有料に比べれば入会審査が緩く、学生可となっているカードも多いんです。

ですから安心してこれから初めてクレジットカードを作ろうとしている大学生の皆さんや新社会人の方にもおすすめになります。

それほど頻繁にカードを使わない人

年会費が有料だとその分の元を取るには1年に何百万も使わないといけない場合があります。

しかし年会費無料であればこちらは何も払っていないわけですから、極端な話1ポイントでも貰えればその分得したことになるんです。

ですからあまりカードを使う頻度はないけど、カードを持ってみたいなという人にピッタシです。

2枚以上クレジットカードを持ちたい人

クレジットカードを複数所持している人はかなりの数います。それはお店ごとに使い分けるためとか、特典だけ貰う用とか理由は人さまざまです。

でも複数カード持っていたら年会費が凄いことになっちゃいますよね。そこで年会費永年無料のカードの出番です。

維持費がかからないので使いたいときに使う最高のサブカードになりますよ。

年会費永年無料クレジットカードの質問

年会費永年無料のクレジットカードに対するあなたの疑問にお答えしましょう。

本当に無料なの?

安心してください、年会費は1円も請求されません。あなたが買い物などで使った分のカード利用請求以外でお金が発生するケースとしては、リボ払いにしている場合にかかる手数料、ETCカードや家族カードの年会費などです。

これらに関してはご自分のカード内容をご確認ください。

なぜ無料?

無料だと怪しい!と思ってなぜ無料なのか気になっちゃう人っていますよね。

はい、私です。

そこでなぜ無料なのか簡単に説明すると、そもそもクレジットカードはカードが利用できるお店からクレジットカード会社に手数料を払っているんですよ。

お店としてはカードが利用できるという利点を得ることで、お客さんをたくさんゲット出来るのでそのお礼が手数料になります。

それでカード会社は儲かっているので、年会費がタダでも元は取れているんです。

つまり私たちカード利用者とお店とカード会社とでWIN-WIN-WINの関係になります。

永年無料だと有料に切り替わることがあるの?

脅すわけではありませんがあります。しかし、その場合は必ず規約変更のずっと前に告知が手紙・はがき等で通知されるので、有料になる前に解約する余裕は十分あります。

ですからカード会社からのお知らせ通知は必ず内容を確認するようにしましょう。

まとめ

年会費永年無料といってもサービス内容は様々で、年会費有料にも劣らない特典や還元率をみせてくれたカードもありました。

また楽天カードのように特定の使い方、ユーザーに限って爆発的な効果を発揮するカードもありましたね。

このように年会費永年無料のクレジットカードは自分に合ったカード選びをすれば、持っていないのと持っているのとでは損得の差が歴然となるんです。維持費がかからないのでお財布の問題もなく、複数持ちも可能になります。

ですから、今からでも自分に合った年会費永年無料カードを見つけてみてはどうでしょうか。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!