30代が持つクレジットカードのおすすめはコレ!選択基準も合わせて紹介!

30代おすすめクレジットカード

30代ともなると、「クレジットカードはステータスだ」という言葉が現実味を帯びてきますよね。

初めてクレジットカードを作った20代の頃とは違い、30代の大人としてのクレジットカード選びが求められます。

ただ、見栄を張るだけではなく実用性や特典の豪華さ・将来性などに関しても重視したいところですよね。

そんな30代のクレジットカード選びの基準や、オススメのカードなどを紹介しましょう。

30代が持つクレジットカードの基準

20代の頃には作ることのできなかったようなカードまで視野に入れることができ、選ぶ幅も広くなっています。

選ぶ基準もこれまでとは異なるでしょうし、選ぶカードの範囲も異なるでしょう。そこで、30代が持つクレジットカードの基準を三つ挙げてみました。

ステータスになるものを選ぼう

30代がクレジットカードを選ぶなら、ステータス性が高いものを選びたいところです。

30代であれば、通常のクレジットカードはもう既に持っているという方が多いでしょう。

そこに重ねて通常のカードを選ぶというのも無意味ではありませんが、やはり大人の品格を演出するステータス性の高いカードを選ぶことも重要です。

それを持っているだけで、「この人はある程度収入が高く安定している」とみなされますからね。

見栄を張るという意味もありますが、それによって得られる恩恵も多いです。ステータスというのはその人の社会的信用でもありますから。

サービスや特典が充実しているものを選ぼう

ステータスの高さで選ぶと「サービスや特典の充実度」も高くなる傾向があります。たとえば空港ラウンジを無料で利用できたり、旅先のホテルの部屋のランクが上がったり何かと優遇を受けることができるカードが多いです。

ステータス性が高く、なおかつサービスや特典が充実していることを目安にすると良いでしょう。

審査の通りやすさ

ステータス性の高いカードの審査基準は昔ほど厳しくはなくなっています。最近では年収300万円以上で信用情報がクリーンなら、問題なく作ることができるところが多いです。30代の方の多くは、その条件を満たしているはず。

ただ、中には本当に審査基準が厳しいカードもあります。そういうものを選ぶには、30代の平均年収を考えるとまだ早いので、審査基準は年収300万円以上というような出来るだけ作りやすいものを選びましょう。

30代におすすめのクレジットカード一覧

30代が持つクレジットカードの基準を知ったところで、実際にどんなカードが良いのかを見てみましょう。

こちらからは七種類オススメしますが、その中から選ぶも良いし、他に自分で探して以下の七つと比較して選ぶのも良いでしょう。自分なりに選んでみてください。

【アメリカンエキスプレスグリーンカード】

最初に紹介するのは、アメリカンエキスプレスグリーンカードです。

世界で通用する高いステータス性を持っていて、多数の特典を得ることができるという見栄と実益を兼ねたとても良いカードとなっています。

アメリカンエキスプレスグリーンカード アメリカンエキスプレスグリーンカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:12,960円

入会資格 20歳以上の定職がある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.333%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:0.40%(国内一般加盟店日本旅行購入時割引)

ポイント有効期限 一度でも交換すれば無期限
利用可能電子マネー 楽天Edy・SMART ICOCA・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:2000ポイント=1000マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

アメックスカードと言われている有名なカードですが、米国では正式に「アメリカンエキスプレスグリーンカード」と呼ばれています。

このカードのメリットは、海外旅行で得をすることが多いということです。

世界中の主な国と地域のレストランやホテルなどの優待割引が受けられる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」や、同行者1名まで無料の空港ラウンジサービス、スーツケース1個を無料で届けてくれる手荷物無料宅配サービスなどが用意されています。

それだけではなく、海外旅行先でも24時間日本語トラベルサポートに対応していて海外旅行をするときの安心感が凄いんです。

また、航空マイルを貯めている人にとって魅力的な「ポイント・リワード・プラス」というものも用意されています。

これは年間参加費を払うことによって、ANAマイルの交換レートが二倍になるだけでなく、その他14の提携海外航空パートナーのマイルもお得に貯められるようになるんです。

更に! 通常3年間と定められているポイントの有効期限が、無期限になります。

【アメリカンエキスプレスゴールドカード】

ステータス性がグリーンカードよりも高く、比較的作りやすいゴールドカードとして多くの人に親しまれているのがアメリカンエキスプレスゴールドカードです。

カードがギラギラとしていてカッコ良く、デザインも人気の秘訣。そんなアメックスゴールドの性能を見てみましょう。

アメリカンエキスプレスゴールドカード アメリカンエキスプレスゴールドカード
年会費 初年度:0円(ETC:〇円)

2年目以降:31,320円

入会資格 20歳以上の定職がある方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 各個人の利用状況・支払い実績により設定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.333%(100円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:0.40%(国内一般加盟店 日本旅行購入時割引

ポイント有効期限 一度でも交換すれば無期限
利用可能電子マネー 楽天EDy・SMART ICOCA・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:2000ポイント=1000マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

基本的な性能や保険、海外旅行の際に得られる特典などはグリーンカードとあまり変わらないように見えます。

ただ、ゴールドカードの魅力は専用フリーダイヤル直通デスクです。

カードの裏面に電話番号が記載されていて、どんな質問でも気軽に電話をすることができます。

「フリーダイヤルなら固定電話じゃなきゃいけないのか?」という疑問もあるでしょうが、携帯電話からでもかけることができるんです。

これは地味に嬉しいですよねえ。ナビダイヤルではないところに「ゴールド」の意地を感じます。

特典に関しては実際に利用しないと、グリーンカードとの違いを感じづらいですよね。実際にはホテルの部屋のアップグレードがあったという話もあり、期待が高まります。

ポイントが無制限なので無期限に貯められるのもいいですよね。普段から使っていたら、いつの間にかファーストクラスに乗れるくらいのポイントが貯まっているかもしれません。夢が膨らみますね!

年会費は高いですが、特典やサービスを積極的に利用すればコストパフォーマンスが高いカードと言えるのではないでしょうか。

【JCB ORIGINAL SERIES】JCB一般カード

JCBは日本が誇る世界的なクレジットカードブランドです。「日本人ならJCBを作りたい」という方も多く、幅広い世代に人気があります。

初めてのクレジットカードでも、30代からのクレジットカードでも、しっかりメイン使いできるカードなんです。そんなJCB一般カードの性能を見てみましょう。

JCB一般カード JCB一般カード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:1,350円

入会資格 原則18歳以上で、本人または配偶者に安定した継続収入のある方(学生は不可)
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査により決定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円あたり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:2.5%(1000円あたり5ポイント-スターバックスコーヒー)

ポイント有効期限 獲得月から2年後の15日まで
利用可能電子マネー QUICPay
マイル還元率 ANA:500ポイント=1500マイル
JAL:500ポイント=1500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

JCB ORIGINAL SERIES(JCB一般カード)の還元率は0.5%で、1円の価値は5円です。それだけなら特別なことではありませんが、JCBは税込み価格に対してポイントが加算されるのが地味に嬉しいところなんですよね。

また、スターバックスではポイント5倍! イトーヨーカドーやセブンイレブンではポイント3倍になるなど、優待店でお得にポイントを貯めることもできます。個人的にはAmazonの買い物に使うとポイント3倍というのが嬉しいです。

ポイント交換先も多く、使い道に困ることがないのもメリット。交換先によっては特別高いレートで交換できるものもあるので、有効活用したいところです。

更に、ポイントを活用すれば「オークラ ニッコー ホテルズ」の上級会員になり、ホテル日航やJALシティなどをお得に利用することもできます。

ステータス性という意味では「ゴールドカード以上」の方がありますが、一般カードでも他のカードに比べて「所有する満足感」は大きいようです。

自分の生まれ育った国が誇るカードというだけで、胸にこみあげるものがあるのではないでしょうか。

【JCB ORIGINAL SERIES】JCBゴールドカード

JCBゴールドカードは、JCBブランドのステータスカードです。一般カードには無い特典が多数備わっているのが魅力。

補償の充実度も高く、「国内企業のカードだから」という理由以外でも、持つ意味は大きいですよ。

JCBゴールドカード JCBゴールドカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:10.800円

入会資格 原則20歳以上で、安定継続収入のある方
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査や利用状況・支払い実績により決定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:2.5%(1000円当たり5ポイント-スターバックスコーヒー)

ポイント有効期限 獲得月から3年後の15日まで
利用可能電子マネー QUICPay
マイル還元率 ANA:500ポイント=1500マイル
JAL:500ポイント=1500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

国内26空港とホノルル空港のラウンジサービスを受けられることが、ゴールドカードの特徴です。空港ごとにラウンジにも特徴があり、国内旅行で各空港のラウンジをまわるというのも面白いかもしれませんね。

たとえば、成田空港ではビールかウイスキーのサービスが付き、柿の種と一緒に一杯楽しむことができます。関西国際空港はチョコなどお菓子類も充実していて、楽しいですよ。

また、旅行の際に期間限定のトラベル優待を受けることができます。ハイレベルなホテルや旅館に限定プライスで宿泊できるため、普段はできない最高の宿泊体験ができるでしょう。特別な旅行の日が、もっと特別になりますね。

海外旅行の際、海外の店舗を利用すればポイントが2倍加算になるというのも嬉しいところです。

海外旅行傷害保険は最高1億円という、ゴールドカード最高水準を誇っているし、航空機遅延保険もある……海外旅行の際にはJCBゴールドカードが存分に役立つでしょうね。

他にも健康・介護・育児に関する相談を24時間することのできるサービスや、ゴールドカード専用デスクも用意されています。

ゴールドカードというステータスを得ることができるのもさることながら、JCB一般カードよりも高い実用性を誇っているわけです。

また、利用状況が良好でJCBの一定の基準を満たした場合には「JCBゴールド・ザ・プレミア」に招待されます。これは、ゴールドのサービスに、もうワンランク上のサービスを追加するというものです。

JCBゴールドカードは、「持っていると良いことがあるカード」と言えるのではないでしょうか。

【三井住友VISAクラシックカード】

国内最大手の三井住友カードということで、安心感と安定感のある三井住友VISAクラシックカード。

提携企業が多く手厚い補償を受けることができるなど、どこをとって見てみても一流と言えます。そんな三井住友VISAクラシックカードの詳しい性能はこちら!

三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:1,350円

入会資格 満18歳以上の方(高校生は除く)
国際ブランド VISA、MasterCard(マスターカード)
利用限度額(初年度) 10~80万円
付帯保険 海外保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.454%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa payWave
マイル還元率 ANA:100ポイント=300マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

三井住友VISAクラシックカードは、楽天市場やユニクロなどのネットショップでポイントが2倍になり、高島屋や東急百貨店ではポイントが3倍になるなど幅広い店舗でお得にポイントを貯めることができます。

また、最高2000万円の海外旅行保険と最高100万円のショッピング保険が付帯しているのも魅力的ですよね。

年会費1500円を支払うことによって「三井住友VISAクラシックカードA」にグレードアップすることもでき、これによって海外旅行傷害保険が最高2500万円になるだけでなく最高2000万円の国内旅行保険まで付きます。

ライバルカードはJCB一般カードですが、保険の充実度はJCBの方が高いです。一方ポイントの獲得のしやすさや使い道の豊富さにおいては三井住友の方が優位性を感じます。

JCBは海外の加盟店が少ないというデメリットもあるので、どちらか一方で迷っているなら「海外で使うことが多いかどうか」でj判断するのも良いでしょう。

【三井住友VISAゴールドカード】

三井住友VISAゴールドカードは、入会しやすいステータスカードの中でも特に安定感とステータス感のあるカードです。

年齢制限があるから「やっと作れた」という感慨もあるかもしれません。もちろん性能も高く、補償やサービスも充実していますよ。

三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード
年会費 初年度:0万円(ETC:540円)

2年目以降:10,800円

入会資格 原則満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 70~200万円
付帯保険 海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)

ポイント有効期限 3年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa・payWave
マイル還元率 ANA:100ポイント=300マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

クラシックカードにあるような特典や補償・ポイント優待などは引き継ぎつつ、クラシックには無いゴールドカードとしての特典もあります。

たとえば「健康相談ドクターコール24」です。無料の健康相談電話窓口で、24時間利用することができます。

体調の変化が気になるときや、初の育児に挑戦する際などに相談役として頼ることができるので、何気にありがたいんですよ。無いよりは、あったほうが確実に良いサービスです。

また、補償もクラシックカードよりパワーアップしています。

海外旅行傷害保険は脂肪・後遺障害で最高4,000万円、賠償責任では最高5,000万円の補償が付くんです。

それだけでなく、家族特約も付くので家族での海外旅行を安心して楽しむことができますよ。

もちろん、他のカードにもあるような「空港ラウンジ無料サービス」も用意されています。しかも国内28空港! JCBゴールドカードよりも少しだけ多いですね。

ラウンジ利用が無料になるのは、本会員と家族会員と幼児です。中学生以下の子どもは通常1000円かかります。

そしてそして、楽しい旅行の印象を決定付ける最大の要素は、やはり宿泊先ですよね。素敵な宿が、素敵な旅の思い出を作ると言っても過言ではありません。

三井住友VISAゴールドカードがあれば、「relux」という高級旅館やホテルの会員制予約サイトに登録している宿が通常の3000円引きで利用できるんですよ。

基本性能が高いだけでなく、サービスや補償も充実しているとなると……とても強力な魅力を持っているカードですよねえ。

30代に相応しいクレジットカードを持つと良いこと

30代にオススメのクレジットカードを6枚紹介しましたが、気に入るカードが見つかったでしょうか。個人的には三井住友VISAゴールドと、JCBゴールドに心が惹きつけられています。

どのカードも30代が持つに相応しいカードですよね。そんな「相応のカード」を持つと良い理由を、少しだけ語らせてください。

ステータスカードは満足感と信頼性が高い

ゴールドカードのようなステータス性の高いカードを持っていると、自分自身が満足できるというメリットがあります。これはとても大事ですよ。

財布にカードを入れておくだけで「自信」が付きますし、これからも頑張ろうという気持ちになりますからね。

自分が気に入ったベストの1枚を懐に忍ばせておくことは、何よりも自分自身の幸福感に繋がるんです。

また、決済するときのスタッフからの印象なども良くなります。一緒に行動した女性や後輩の印象も良いだろうし、接待でゴールドカードを使うと信頼も高まるでしょう。

30代にとって大事な「大人としての信頼度・ステータス」を演出できるんです。

旅行がより楽しく便利になる

ステータス性の高いカードは、付帯サービスが豪華です。

ゴールドカードのサービスを見てみると、空港のラウンジが無料になったり手荷物配達など旅行は更に便利に楽しくなる。

補償も充実していて安心。それだけでなく、国内店舗においても恩恵は大きいです。

その会社の一般カードであったとしても、今回紹介したようなカードは付帯サービスや特典が豪華なものばかり。これまで使っていたカードよりも更にお得にカードを使うことができるというのは、大きなメリットですよね。

会話の種になる

仕事でお客さんと会うときに、クレジットカードの話題になることもあります。

その際有名なカードやステータス性の高いカードを持っていると、会話が弾むんですよ。相手が知っているカードを持っていれば、それだけで話のタネになるというのだから面白いですよねえ。

30代に多いクレジットカードへ対する疑問を解決

これまでクレジットカードをオススメしてきましたが、正直疑問点もありますよね。

その疑問が拭えない限り、なかなかクレジットカードを作るには至らないと思います。

そこで、30代に多い「クレジットカードに対する疑問」にお答えしましょう。

30代でカード保有経験が無いと、審査に通りにくいの?

カードを保有していて利用状況が良ければ、それが信用として蓄積されます。信用情報がまっさらな状態よりも、そうやって蓄積されたものがあるほうが審査に通りやすいのは事実です。

ただ、30代ならそこまで気にする必要はありません。比較的作りやすいカードから作成するようにすれば、大抵はカードの審査に落とされることはないでしょう。年会費無料の一般カードから作ってみることをオススメします。

利用年数が長くなってきたら、ゴールドにグレードアップするというのも良いですね。

ステータスカードってどうやったら手に入るの?

ゴールドカード以上のステータスカードの中には、申し込みで作ることができるものがあります。今回紹介したものがそうです。ただ、中には申し込んだら審査に落ちてしまったという方もいるでしょう。

その場合、欲しいカードの下位ランクカードを作ることをオススメします。下位ランクのカードを使うことによって信用を培っていくと、「ゴールドカードにグレードアップしませんか?」という招待を受けることができるんです。

招待を受けるためには、細かい買い物でも使うということが大切になります。使わないと信用も何もありませんし、使っている方が印象も良くなりますからね。

ローンがあっても審査に通る?

ローンがあったとしても、それだけで審査に落ちるということはありません。もちろんローンの支払いが滞っている場合は審査に落ちますが、しっかり継続的に支払うことができているのなら全く問題がありません。

審査の際に重視されるのは「ローンがあるかどうか」ではなく、「支払い状況」ですから。

まとめ

クレジットカードは日常生活を楽しく便利にしてくれるだけでなく、社会的信用やステータスにも繋がります。30代なら特にそれを意識することも多くなるでしょう。20代の頃よりもっと、クレジットカードを身近に感じるかもしれません。

そんな中で選ぶべきクレジットカードは、自分が持っていて満足出来て、お得なポイント優待や豪華なサービス・保証があるカードではないでしょうか。

自分なりに色んなカードの知識を蓄えて、「これだ!」と思う一枚を見つけてみてください。

それが、とっておきの一枚になるでしょう。