カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


JCBブランドの空港ラウンジサービスとは?利用できるラウンジとサービス徹底解説

空港ラウンジといえば、ゴールド以上のクレジットカード会員が使える特別室。

非日常を味わえるお得意様のための空間です。

そんな空港ラウンジを無料で使えるJCBの「空港ラウンジサービス」対象会員は、

  • JCBザ・クラス
  • プラチナ
  • ゴールド ザ・プレミア
  • ゴールド

となっています。

今回はこの中のJCBゴールドカードをもとに、JCBの空港ラウンジサービスについて紹介していきます。

そもそも空港ラウンジサービスとは?

ではまず、空港ラウンジサービスについてお話ししていきましょう。

出発前の空き時間にゆったりくつろげるサービス

空港ラウンジサービスとは、出発前の空き時間を広々とした空間でゆったりとくつろぐためのサービスで、ゴールド以上の会員が無料で利用できます。

通常の待合場だと座席数が少なかったり騒がしかったりと落ち着いて過ごせないものですが、空港ラウンジであれば広々とした空間で落ち着いた時間を過ごすことができるんです。

もちろん特別感もあるので、旅行前の気分を高めるのにも最適ですよね。

無料のソフトドリンクや無線LAN環境有り

空港ラウンジでは無料のソフトドリンクサービスや、ビジネスマンの方には嬉しいパソコン環境が整っています。

また、有料にはなりますがアルコール類の取り扱いもあります。

空港によってはアルコール類も最初の1杯無料、2杯目からが有料というところもありますので利用する際は確認してみるといいですね。

JCBゴールドカードの基本情報

次に、今回ご紹介するJCBゴールドカードの基本情報を確認しておきましょう。

空港ラウンジサービスのほかにも、クオリティの高いサービスが豊富に用意されています。

JCBゴールドカード
年会費 初年度:0円(ETCカード0円)
2年目以降:10,800円
入会資格 原則20歳以上で、安定継続収入のある方
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査や利用状況・支払い実績により決定
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件:2.50%
ポイント有効期限 36か月
利用可能電子マネー QUICPay
マイル還元率 ANAマイル:0.30%
JALマイル:0.30%
スカイマイル:0.30%

国内でNo.1のステータスカード

JCBゴールドカードは、JCBが直接発行しているプロパーカード「JCBオリジナルシリーズ」のなかでもワンランク上のカードです。

日本国内の加盟店舗数がもっとも多く、国内ではNo.1のステータスカードと言われているんですよ。

初年度年会費無料!

JCBゴールドカードの年会費は10,800円。

ただし、オンラインからの入会で初年度年会費を無料にすることができます。

また、ETCカードの年会費も無料!

そして家族カードの年会費も1名までは無料となっています。

年間100万円以上の利用でポイントの還元率UP!

JCBゴールドカードは1,000円の利用で1ポイント貯まるポイントプログラム。

これだと還元率は0.50%と、正直高いとは言えない数字ですよね。

しかし、カードの利用金額によって「JCB STAR MEMBERS」へ自動登録になるので、

  • 年間50万円以上の利用で翌年のポイントが20%UP!
  • 年間100万円以上の利用ではポイント50%UP!

と、ポイントの還元率を上げることができるんです。

つまり使えば使うほどお得に。これは嬉しいサービスですよね。

快適な旅をサポートしてくれるサービスの充実

JCBゴールドカードは、国内・海外ともに充実した内容の保険が自動付帯となっています。

国内旅行保険は最高5,000万円、海外旅行保険に関しては最高1億円までの補償となっており、これは他社ゴールドカードと比べるとずば抜けた金額!

さらに、利用予定の飛行機が遅延した場合の宿泊費や飲食費の補償、預けた荷物の遅延や紛失の場合には購入費を補償してくれる「国内・海外航空機遅延保険」も付帯しています。

JCBゴールドカードの空港ラウンジサービスについて

では今回の本題であるJCBゴールドカードの空港ラウンジサービスについて見ていきましょう。

国内主要空港と海外1空港のラウンジが無料で利用できる

JCBゴールドカード会員は国内の主要空港と、海外1空港のラウンジを無料で使うことができます。

使える空港は下記表をご覧ください。

地域 空港
北海道・東北 新千歳空港「スーパーラウンジ」

新千歳空港「ロイヤルラウンジ」

函館空港「ビジネスラウンジ A Spring.」

青森空港「エアポートラウンジ」

秋田空港「ロイヤルスカイ」

仙台空港「ビジネスラウンジ EAST SIDE」

関東 成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)1」

成田国際空港第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE(アイ・エー・エス・エス エグゼクティブ ラウンジ)2」

羽田空港 第1旅客ターミナル「エアポートラウンジ(中央)」

羽田空港 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」

羽田空港 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」

羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」

羽田空港 第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(北)」

羽田空港 第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」

羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」

羽田空港 国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」

中部・北陸 中部国際空港セントレア「プレミアムラウンジ セントレア」

新潟空港「エアリウムラウンジ」

富山空港「ラウンジ らいちょう」

小松空港「スカイラウンジ白山」

近畿 大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」

関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」

関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「比叡」

関西国際空港「KIX エアポートラウンジ」

神戸空港「ラウンジ神戸」

中国・四国 岡山空港「ラウンジ マスカット」

広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」

米子空港「ラウンジ DAISEN」

山口宇部空港「ラウンジ きらら」

高松空港「ラウンジ 讃岐」

徳島空港「エアポートラウンジ ヴォルティス」

松山空港「ビジネスラウンジ」

松山空港「スカイラウンジ」

九州・沖縄 福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」

福岡空港「ラウンジTIMEインターナショナル」

北九州空港「ラウンジ ひまわり」

長崎空港「ビジネスラウンジ アザレア」

大分空港「ラウンジ くにさき」

熊本空港 ラウンジ「ASO」

鹿児島空港「スカイラウンジ 菜の花」

海外 ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE(アイ・エー・エス・エス ハワイ ラウンジ)」

これだけの主要空港を利用することができるとあれば、国内旅行の際は毎度贅沢気分を味わうことができちゃいますね。

家族会員は無料、同伴者は有料

空港ラウンジを無料で利用できるのは、カードの本会員と家族会員のみ。

同伴者は有料となっていますので覚えておきましょう。

料金は空港によって異なりますが、だいたい1,000円前後となっています。

まとめ

国際ブランドJCBで空港ラウンジを利用するならJCBゴールドカードがおすすめです。

JCBゴールドカードは国内でNo.1のステータスカード。

年会費は10,800円とゴールドカードとしては一般的ですが、国内・海外ともに旅行保険やサービスが充実しているので年会費以上の価値のあるカードです。

オンライン入会であれば初年度の年会費が無料になるので、気になっている方はぜひこの機会に公式サイトからの申し込みをおすすめしますよ。

 

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!