カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


滞納したクレジットカードの支払いを分割にしてもらう事はできる?できない?

「クレジットカードの支払いを完全に忘れていた!」
「支払い日なのにお金が無い!」

など、いろいろな理由でクレジットカードの滞納は起こってしまいます。

しかし、”滞納した金額を後で支払えば何も問題ない”なんて考えている人は要注意!

クレジットカードを滞納してしまうと、最悪の場合クレジットカードの解約をさせられることもあるんですよ。

そこで今回は、クレジットカードの滞納した料金を分割払いにできるのか、また滞納するとどういったことが起こるのかについてご紹介していきます。

滞納した料金を分割払いにすることはできる?

クレジットカードを滞納した時に1番してはいけないことは、『滞納していることを無視する』ということ。

ここでは、支払いを滞納した時の行動手順をお伝えしていきますので、滞納した料金は分割で払う事はできるか見ていきましょう。

まずはカード会社に連絡を

クレジットカードの料金を滞納した時、まずはクレジットカードの料金を滞納したことについて謝罪することから始まります。

クレジットカードって、”カード会社”と”あなた”との信用のもと発行されているカードなので、支払いを滞納してしまうと信用はガタ落ち。

カード会社との信用が無くなってしまうと、クレジットカードの利用停止を食らってカードが利用できなくなることもあるので注意してください。

分割払いにできないかの相談

カード会社に電話を入れた後は、『今度の支払い』について話し合う事が大事。

カード会社によって「滞納した料金を一括で支払ってください」なんて言われることもあり、滞納した金額によっては返済が厳しくなってしまうこともあります。

そのため、滞納した金額を一括で支払えない場合は、滞納した料金を分割で払っていけないかを確認してみるとよいでしょう。

また、分割払いをお願いする前には

  • 今のお財布事情で支払える金額はいくらまでか
  • 月々いくらまでなら返済が可能か

の2つを確認しておくことが大切です。

滞納した料金を現状でいくらまで返済ができるのか・また月々いくらまでなら返済が可能かを確認しておけば、いざ電話をした時に「料金を滞納してしまったけど支払う気はありますよ!」というアピールになりますよ。

滞納期間によってはクレジットカードの解約されることも

クレジットカードの滞納した料金を支払ったとしても、滞納期間によってはクレジットカードが解約させられることもあります。

先ほどお伝えした通り、クレジットカードは”カード会社”と”あなた”との信用のもと発行されているもの。

そのため、支払いを滞納した人はカード会社にとって”支払いに問題がある信用できない人”認定されてしまうので、クレジットカードを持たせることはできないと利用停止にされたり解約させられたりすることがあるんですよ。

クレジットカードを今後も使い続けたいのであれば、支払いの滞納をしている人は今すぐカード会社に電話してどうすればいいのか相談してくださいね。

クレジットカードの料金を滞納すると起こる3つのこと

クレジットカードの料金を滞納してしまうと起こるのは、クレジットカードの利用停止や解約だけではありません。

その他にも3つ、あなたの身に不幸な出来事が起こってしまいます。

信用情報に傷がつく

クレジットカードを申請した時には”カードの審査”が行われ、審査に問題が無ければクレジットカードを発行するという形になっています。

その審査に利用されるのが、個人情報を管理している『信用情報機関』

この機関では、あなたの年収や住所・勤務年数などいろいろな個人情報を取り扱っているのですが、個人情報の中には”クレジットカードの利用状況”も書かれているんです。

つまり、クレジットカードを滞納したという履歴、信用情報に載ってしまいます。

滞納した履歴が残ってしまうと、

  • 新しくクレジットカードの審査の時に不利になる
  • 銀行からローンを組めない可能性あり

といった事が起こってしまいますので、クレジットカードの滞納を甘く考えている人は気をつけてください。

遅延損害金の発生

クレジットカードの料金を滞納した場合、滞納した料金の他にも『遅延損害金』といういわゆる延長料金も支払わないといけません。

この遅延損害金、年利で14.6%とかなり高い金利となっているので、滞納した期間が長くなればなるほど遅延損害金も多く支払うことに。

そのため滞納した料金は早めに返済しないと、遅延損害金のせいで返済できなくなった、という事が起こる可能性がありますよ。

残りの支払いを一括請求される場合あり

クレジットカードの支払い方法には分割払いやリボ払いなど、一括払い以外にもさまざまな支払い方法があります。

しかしカード会社によっては滞納した料金の分割払いを認めず、一括で滞納料金を請求するということもあるので注意が必要。

また、料金滞納でクレジットカードが解約をされてしまう場合、滞納した料金のほかにも分割払いやリボ払い等の支払いが残っている料金も請求されてしまいことがあるんです。

クレジットカードのブラックリストについて

クレジットカードの料金を滞納した・支払いが遅れたなど、クレジットカードの利用状況が悪いと、個人情報を扱っている『信用情報機関』にブラックリスト入りすることがあります。

もしブラックリストに載ってしまうと、クレジットカードの作成・ローンの組み立ては確実に無理と考えた方がいいでしょう。

ここではそんなブラックリストについて、詳しくみていきます。

ブラックリストは完済してから5年間名前が載る

クレジットカードの支払い状況が悪くて、ブラックリストに載ってしまった場合、例え滞納した料金を返済したとしても5年間は名前が載ってしまいます。

ここで気をつけたいポイントは、滞納や支払い遅れを”完済してから5年間”ということ。

そのため、滞納した料金を分割払いで返済していったとしても、ブラックリストの有効期限は完済するまで一向に減りません。

また、クレジットカードの支払いが出来ずに自己破産等の債務整理を行った場合は、ブラックリストに名前が載る期間は10年。

つまり、10年間もの間クレジットカードを作ったり利用したりできない状態が続き、不便な生活を強いられてしまいますよ。

一度名前が載ると消す方法はなし

ブラックリストに名前が載ってしまうと、5年や10年の時効が来るまではどんな手段を使ったとしても名前を消すことができません。

例え、「5億円あげるから名前を消して!」なんて話を持ち掛けてもブラックリストからは逃れられないので注意してください。

そのため、今後もクレジットカードを使いたい人や家・車を買う時にローンを組みたいという人は、ブラックリストに名前が載らないようにクレジットカードの使い方・支払いには十分気をつけてくださいね。

まとめ

クレジットカードの料金を滞納してしまった場合、まずはカード会社に電話をして滞納してしまったことを謝罪することから始まります。

その後に滞納した料金をどうすればいいのかをカード会社と話し合い、分割払いやボーナス一括払いにできないかを確認してください。

ただし、カード会社によっては滞納した料金の分割払いをしてくれないという可能性も。

その時は腹をくくって、カードローンや身内からお金を借りてでも滞納料金を支払わないと、信用情報機関に『ブラックリスト』入りしてしまうので気をつけてくださいね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!