カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


マスターカードブランドの海外旅行保険の内容を調査!おすすめのカードもご紹介します

「旅行先の水を飲んだらお腹を下して病院に行くことになった」
「ホテルの備品をうっかり壊してしまった」

などの事態が起こった時、非常に強い味方となるのが海外旅行保険付きのマスターカードです!

海外旅行保険が付いているマスターカードなら、海外で起こるトラブルにも柔軟に対応してくれるので、安心して海外へ行くことができますよ。

今回はマスターカードの中でも海外旅行保険に強いクレジットカードをご紹介しますので、海外に行きたい・これから行く予定だという人はぜひ参考にしてください。

海外旅行保険ついて詳しくお伝えします

海外旅行保険と言ってもその内容はいくつかあり、どれも旅行中のトラブルが起きた際に役立つものばかり。

まずはそんな海外旅行保険について、詳しくお伝えしていきます。

海外旅行保険があればケガ・病気の医療費を補償してくれる

マスターカードに付帯されている海外旅行保険。

保険内容を知らない人だと「別に無くても困らないんじゃない?」と思う人もいることでしょう。

ではなぜ海外旅行保険があると海外で安心なのか、それは旅行中に起きたケガや病気の医療費を補償してくれるからです。

あなたがお持ちの健康保険証は、日本の病院でしか効果を発揮しません。そのため海外だと治療費は10割負担となります。

さらに、海外の医療費は日本と比べ物にならないくらい高い国もあり、ちょっとしたケガの診察だけで数万円、1日入院しただけで50万円以上かかることもあるんです。

まさか1日入院しただけで50万円以上もかかるなんて想像もつきませんよね。でも海外旅行保険付きのマスターカードを持っていれば医療費を補償してくれるので、あなたが実際に負担する費用は0円になるんです。

海外旅行保険、実は2種類あることを知っていましたか?

医療費を補償してくれる海外旅行保険ですが、実は海外旅行保険にも2種類あり『自動付帯』と『利用付帯』があるんです。

自動付帯で海外旅行保険が付いてくるマスターカードの場合、カードを持っているだけで保険が適応されます。

しかし利用付帯で海外旅行保険が付くマスターカードだと、ツアー料金や交通機関の支払いをマスターカードで支払いをしなければ海外旅行保険が適応されません。

もし利用付帯のマスターカードなのにツアー料金等の支払いを現金にしてしまうと、海外旅行保険が無い状態で海外に行くことになってしまいますよ。

マスターカードで海外旅行保険が手厚いのはコレ!

海外へ行くのであれば海外旅行保険が手厚いマスターカードは持っていたほうが安心です。

ここでは海外旅行保険が手厚いながらも、普段使いも良く持ちやすいカードをご紹介します。

気になったカードがありましたら、各クレジットカードに公式サイトへ行くボタンを設置しましたので、そこからさらなるカードの詳細を見ることができますよ。

【最もおすすめ】楽天カード

CMを見かけない日はあるのかというくらい良く放送されている『楽天カード』。

実は海外旅行保険の補償も手厚くおすすめの1枚なんです。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付は540円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上から
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
利用限度額 審査で設定
付帯保険 海外旅行保険(利用付帯)
カード盗難保険
ネット不正あんしん制度
ポイント還元率 標準:1.00%
条件:3.00%
ポイント有効期限 12か月
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:0.50%

楽天カードの特徴

  • 免許証のコピー・印鑑の必要なし!すぐに申し込みが可能!

楽天カードの申し込みはとても簡単!事前に免許証のコピーや印鑑を用意する必要はなく、18歳以上(高校生不可)なら誰でも申し込みをすることができちゃいます。

  • ポイント還元率が常に00!楽天で利用すると3.00%までアップ

ポイント還元率が高いのも楽天カードの特徴の1つ。

標準で1.00%とすでにクレジットカードの中でもポイント還元率が高い部類に入りますが、楽天で楽天カードを利用すると3.00%までアップします!

  • 電子マネーが利用できる

クレジットカードが利用できない店舗でも電子マネー対応であれば、楽天Edyを利用することで支払いすることが可能です。

また、楽天カードで電子マネーのチャージをすれば、チャージ料金+楽天Edyの利用料金でポイントが貯まりますよ。

【利用付帯】海外旅行保険の内訳

補償内容 最高補償金額
事故死亡・後遺症 2,000万円
傷害・疾病治療 200万円
携帯品損害 20万円
救援車費用 200万円
賠償責任 2,000万円

楽天カードの海外旅行保険は『利用付帯』なので、ツアー料金等を楽天カードで支払う必要があります。

しかし海外旅行保険の内訳が手厚く、年会費無料のクレジットカードとは思えないほど補償金額が高いです。

そのため海外旅行保険付きのマスターカードをお探しの人は、楽天カードはイチ押しのカードで間違いありません!

【作る価値あり】VIASOカード

三菱UFJニコスが発行しているマスターカード、それがVIASOカードです。

では詳細をチェックしていきましょう。

VIASOカード
年会費 初年度:0円(ETCカード0円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上(高校生不可)
※未成年の方は親権者の同意が必要
国際ブランド MasterCard
利用限度額 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険
ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件:1.00%
ポイント有効期限 12か月
利用可能電子マネー
マイル還元率

VIASOカードの特徴

  • 年会費が無料

VIASOカードは年会費がかからないクレジットカード。カードを発行してから解約するまでずっと0円で使い続けることができます。

  • ポイントの有効期限を気にする必要なし

クレジットカードのポイントは利用しないと有効期限が切れてしまい、気が付けば使えなくなっていたなんてことも。

その点、VIASOカードはポイントが貯まると自動的にキャッシュバックされる仕組みになっているので、ポイントの使い忘れ・有効期限を気にする必要はありません。

  • 最短で良く営業日にカードが発行される

クレジットカードが発行されるまでの期間が短いというのも、VIASOカードの特徴。

申し込みをしてから最短で翌営業日にはカードが発行され、1週間ほどであなたの手元に届きます。

【利用付帯】海外旅行保険の内訳

補償内容 最高補償金額
事故死亡・後遺症 2,000万円
傷害・疾病治療 100万円
携帯品損害 20万円
救援車費用 100万円
賠償責任 2,000万円

VIASOカードの海外旅行保険は『利用付帯』という点には注意が必要ですが、保険内容は年会費がかからないクレジットカードながら手厚いものとなっています。

1回の病気・ケガに最高100万円・物損などで賠償責任が発生した時も2,000万円まで補償されるので、海外旅行保険がついたマスターカードの中でもおすすめです。

海外旅行のお供としてもマスターカードは便利な1枚です

海外旅行保険付きのマスターカードは、旅行保険以外での利用も超優秀。

ではどういったことができるのかご紹介していきますよ。

マスターカードは海外のお店でも支払いができる

マスターカードに対応しているお店なら、例え海外のお店だとしてもマスターカードで支払いをすることができちゃいます。

しかもマスターカードが利用できる店舗は世界中で4000万店を超えているので、日本と同じ感覚でクレジットカードを使うことが可能です。

ATMから現金を引き出すこともできる

クレジットカードにはキャッシング機能が付いたものもあり、カード会社から現金を借り入れることができます。

実はキャッシング、マスターカードなら海外先でも利用することができちゃうんです。

旅行中に両「替した現金が足りなくなったしまった!」なんて時も、マスターカードが使えるATMからキャッシングを利用して現地の通貨で現金を引き出すことができます。

まとめ

マスターカードの海外旅行保険の内容、またおすすめのマスターカードをご紹介していきました。

海外の医療費は日本と比べものにならないほど高い場合もあるので、医療費を補償してくれる海外旅行保険があると安心です。

マスターカード自体は年会費無料のクレジットカードであれば、実質タダ同然で海外旅行保険を利用できるようになりますから、海外に行く機会があるならマスターカードを作成して持っていくといいですね。

 

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!