無職の人はクレジットカードの更新ってどうなるの?更新されないことはある?

「今働いていないけど、クレジットカードの更新ってちゃんとされるのかな?」

クレジットカードを作る時には審査があり、収入や職種などを調べられたのちに問題が無ければ、カード会社はクレジットカードを発行してくれます。

しかしその審査って、クレジットカードの更新の時にも行われるのでしょうか?

もし審査があるとすれば、クレジットカードの更新前に無職になった場合にちゃんと更新されるのかどうか不安になりますよね。

そこで今回は、クレジットカード更新の時、無職の人はどうなるのかについてお話していきたいと思います。

無職の人でもクレジットカードの更新は大丈夫?

無職で現状収入がない時にクレジットカードの更新が来てしまった場合、クレジットカードの行く末が気になりますよね。

ここではそんな疑問を解消するべく、無職の人はクレジットカードの更新がされるのかどうかについてご紹介していきます。

無職の人でも更新はされるのでご安心を!

転職するために一時的に無職になっている人・結婚を機に専業主婦になる人・定年退職したなど、無職になる理由は人によって違ってきます。

しかしご安心を、無職の人でもクレジットカードの更新はちゃんとされるんです!

おそらくクレジットカードの更新の時にも、クレジットカードを作る時と同じような審査が行われると思い、カードの更新がされるのか不安になったかと思います。

実はクレジットカードの更新って、今までのクレジットカードの利用に問題が無ければ更新されることがほとんどです。

ただし、カード会社によってはクレジットカードの更新時に細かく調べられる可能性もあるので、100%クレジットカードの更新がされるわけではないということに注意してください。

カード会社に無職になったことを伝えなければいけない!?

クレジットカードの利用規約を隅から隅まで記憶している、なんて人はあまりいないはず。

実はクレジットカードの利用規約の中に、”会員情報に変更があった場合は知らせないといけませんよ”といった内容が書かれています。

もちろん、仕事を辞めて無職になったという事は会員情報の変更に該当するので、カード会社に言わないといけません。

しかし自分から申告しなければ、カード会社は無職になったことを調べなければわかりません。

そのため、無職になったことを言わなくてもバレはしませんが、利用規約に反しているという事は覚えておきましょう。

結婚を機に無職になった人だとカードの更新は問題なし!

結婚を機に専業主婦(主夫)になるという人は、クレジットカードの更新で悩む必要はありませんよ。

もし、専業主婦になって収入がなくなったとしても、配偶者に安定した収入があればクレジットカードの利用には問題ないとカード会社に判断されて、自分に収入がなくともクレジットカードを持つことが出来るんです。

そのため、結婚した後に無職になったとしても、カードの更新は何も問題ないので安心してください。

クレジットカードが更新されない理由をチェック!

無職の人でも、クレジットカードの更新がされるという事をご紹介してきました。

しかし、クレジットカードの更新が必ずされるというわけではありません。

ここでは、クレジットカードの更新がされない、またはされにくくなる理由を見ていきましょう!

クレジットカードを全く利用していない

クレジットカードの利用に問題が無ければ、クレジットカードの更新はされることがほとんどですが、全くクレジットカードを使っていない場合だと話は別。

年会費が無料のクレジットカードなんかは、決済費用や広告等で収入を得ているので、全くクレジットカードを利用しない人がいると、カード会社としては利益が出ず、赤字になってしまいます。

そのため、クレジットカードを全く使っていないという人は、更新されないことがあるので注意してください。

支払い遅れや未払いをしたことがある人は注意!

クレジットカードの支払いを遅れたことや未払いのまま放置している、なんてことをした経験がある人は注意が必要です!

”信用情報機関”というところでは、あなたのクレジットカード利用状況を保管しています。

もし支払い遅れや未払いをした場合、信用情報機関にその情報が載ってしまい、それを繰り返してしまうとことで『異動』という文字が書かれることに。

実はこの『異動』、いわゆるクレジットカードのブラックリストになりましたという証拠。

もし、このブラックリストに名前が載ってしまった場合は、

  • クレジットカードの更新がされない
  • クレジットカードの審査が通らない
  • ローンが組めない
  • 賃貸契約を結べない可能性あり

と、デメリットの嵐となっています。
そのため、無職だとしてもクレジットカードの支払いは、確実に守るようにしてくださいね。

債務整理を行うとクレジットカードは更新されません

借金が増えすぎて債務整理をした経験がある、という人もクレジットカードの更新はされません。

実は債務整理を行うと、問答無用で信用情報機関のブラックリストに名前が載ります。

また、クレジットカードの支払い遅れなどは”完済してから5年間”は名前が載り続けますが、債務整理の場合は”10年間”名前が載り続けるという事を覚えておきましょう。

クレジットカードは無職でも作ることは可能?

クレジットカードは働いていなくても、クレジットカードの利用に問題が無ければ更新されることが多いのですが更新されないことも十分に考えられます。

もしクレジットカードの更新がされなかった時、クレジットカードは使えなくなってしまいますが、その時に新しいクレジットカードは作ることってできるのでしょうか?

クレジットカードを作ることは一応可能!

実はクレジットカードって、無職の人でも審査をしてくれますので、働いていなくてもクレジットカードを持つことが可能です。

ただし、それは審査に通った場合の話で、審査自体は働いている時よりも厳しくなっているので、クレジットカードを持つ難易度はグッと上がっています。

そのため、クレジットカードを作ることできますが、持てる可能性は低くなっているというので気をつけましょう。

またクレジットカードを作る際には、審査の優しいカード会社を選ぶとクレジットカードを持てる可能性を上げる事ができますよ。

審査が優しいカード会社を選ぼう!

カード会社によって審査の内容は違うので、クレジットカードを持ちたいのであれば審査が優しい会社を選ぶというのも重要なポイント!

具体的には

  • 消費者金融系のカード会社
  • 流通系のカード会社

の2つが、審査が比較的優しくおすすめです。

消費者金融系のクレジットカードはアコムやアイフルが発行しており、流通系のクレジットカードはスーパーやコンビニなどが発行しています。

この2つのカード会社であれば、審査が優しくなっているので試してみる価値ありです!

逆にアメックスやダイナースなど外資系のクレジットカードと、三井住友など銀行系のクレジットカードは審査が厳しいので、無職だと審査を突破するのは不可能と考えたほうがいいでしょう。

クレジットカードがダメならデビットカードを作ろう!

クレジットカードの審査は無職だとダメだった、そんな時はデビットカードを利用するというのも1つの手です。

デビットカードは即口座から引き落としがされるカードなので、クレジットカードのような審査がありません。

そのため、お金さえあれば誰でも利用することができ、支払いもクレジットカード一括払いのような感覚で使う事ができます。

まとめ

クレジットカードは、無職の人でも更新される場合がほとんど。

今までクレジットカードの支払い遅れや未払い等をしてないのであれば、問題なく更新することができます。

しかし、クレジットカードの支払い遅れを何回もしている人や、債務整理をしたことがある人は注意が必要!

その場合だと、クレジットカードの更新はされないと思った方がいいでしょう。

また、無職になったということを伝えなくてもカード会社にバレませんが、クレジットカードの利用規約には”会員情報に変更があった時は申告して”といった内容が書かれていますので、申告しないと規約違反になるので注意してください。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!