20代女性におすすめ出来るクレジットカードを紹介!選ぶ基準や種類は?

20代おすすめクレジットカード

20代なら初めてのクレジットカードという方が多いと思います。初めて自分で選んでクレジットカードを作るとなると、わからないことが多いですよね。というよりも「何もわからない!」方が自然でしょう。

20代が選ぶべきクレジットカードは何か……更に言うと女性が選ぶべきカードは何かが気になりますよね。

そこで、20代女性が選ぶべきお得なクレジットカードを紹介しましょう。

20代女性が選ぶクレジットカードの基準

20代女性が選ぶべきクレジットカードには、三つの基準があります。20代だと正直そんなに高い年会費は払えないでしょうし、コストパフォーマンスも気になりますよね。

高い年会費を設定しているのに特典が全然ないカードとか、選ぶ気にもならないでしょう。

自分でカードを選ぶ際は、そういった部分を考慮に入れて以下の三つを重視することをオススメします。

年会費が出来るだけ安いものを選ぼう

クレジットカードは年会費が永年無料のものもあれば、年間3万円くらいかかってしまうものまであります。

買い物や生活を便利でお得にするためにカードを作るのに、そのカードを作るのに年会費を払うというのは本末転倒のような気がしますよね。

年会費が高いカードは「持っているとステータスになる」「豪華特典や付帯保険が充実している」などのメリットがありますが、正直20代にはメリットを感じにくいものが多いです。

たとえば「国内空港の専用ラウンジを無料で使うことができる」とか「医師による健康診断を24時間無料で受けられる」とか……。

まだ不要、ですよね。

だから年会費は出来るだけかからないものを選びたいものです。

特典が豊富なものを選ぼう

年会費が無料でも、特典が豊富なクレジットカードはたくさんあります。

様々なお店で優待割引を受けることができたり、女性向けの保険を追加することができたりカードによって特典は様々です。

特に女性向けにつくられたカードは、他のカードと比べて特典が豪華なものも多い傾向があります。

よりお得にカードを使いたいのであれば、自分が欲しい特典が付いているカードを選びましょう。

ポイント還元率が高いものを選ぼう

どうしてクレジットカードを使うのかと聞かれると、大抵の方は「支払いが便利だから」と答えると思います。

最近ではクレジットカードを利用しないと決済できないネットショップなんかもあり、むしろカードが無いと不便ですよね。

ただ、ポイント還元を受けることが出来ると言うのも、クレジットカードを使う理由でしょう。便利でお得というのがクレジットカード最大の魅力ですから。

その魅力を最大限活かすために、ポイント還元率が高いカードを選ぶことは大切です。一般加盟店で高還元を受けることが出来るカードもあれば、一定のショップで圧倒的に高い還元率を誇るカードもあります。

自分が普段使うお店でポイントが貯まりやすいカードを選びましょう。

20代女性におすすめ出来るクレジットカード一覧

クレジットカードを選ぶ際の基準を知ったところで、今度は実際にどんなカードが20代にオススメできるのかを紹介しましょう。

それらの中で先ほど紹介した基準と自分自身の需要とを照らし合わせ、候補を考えてみてください。

【楽天PINKカード】

最初に紹介するカードは、「楽天PINKカード」。楽天カードと言えば「楽天カードマン」でお馴染みの、誰でも知っているようなクレジットカードですよね。

その中でも女性向けとして作られているのが「楽天PINKカード」なんです。その機能はどれくらいのものなのかを、早速見てみましょう。

楽天PINKカード 楽天PINKカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.000%(100円当たり1.0ポイント-国内一般加盟店)

条件:4.000%(100円当たり4ポイント-楽天市場)

ポイント有効期限 1年間(ポイントの獲得日から起算)
利用可能電子マネー nanaco suica 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1pt=0.5マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

楽天PINKカードの最大の特徴は「楽天市場」の買い物で利用した際の、還元率の高さ。還元率4%なんてなかなかありません。

自社サービスでの利用ということで、思い切った還元率ですよね。楽天市場をよく利用する方であれば、他のカードよりもお得に利用することができます。

また、楽天カードは圧倒的な作りやすさで有名です。学生・自営業でも簡単に作ることができるため、審査に落ちるということはまずありません。

それだけでなく、楽天PINKカードは自由に追加プランをカスタマイズできるんです。

その中に、女性向けとして「女性のための保険」という4タイプの補償プランがあります。その4タイプというのが「女性特定疾病補償プラン」「ケガの補償プラン」「携帯品障害補償プラン」「個人賠償責任事故補償プラン」です。

以上のような補償を完全に任意で選ぶことができるのが、いいですよね。

【セブンカード・プラス】

セブンイレブンやイトーヨーカドーで知られる「セブン&アイ」が発行しているのが、セブンカード・プラスです。同社のお店で買い物をするとポイント還元率が高くなるなど、特典がたくさんあります。

セブンカード・プラス セブンカードプラス
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:500円

入会資格 18歳以上(高校生覗く)
国際ブランド JCB・VISA
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 ショッピングガード保険
ポイント還元率 標準:0.5%(200円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.5%(200円当たり3ポイント-セブンイレブン)

ポイント有効期限 年度内に加算されたポイントは、翌年度末まで利用可能
利用可能電子マネー nanaco
マイル還元率 ANA:0.25%
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

セブンカード・プラスは買い物をしてポイントが貯まるだけではなく、nanacoをチャージしてもポイントが貯まります。セブン&アイの関係店舗が近くにあって日常的に利用している方にとって、これは大きなメリットですよね。

また、イトーヨーカドーで「8の付く日」に食料品・衣料品・日用品をカードで購入することで5%割引されます。イトーヨーカドーユーザーからしたら「お得&お得&お得」のお得感の三乗状態なわけです。

【三井住友VISAアミティエカード】

三井住友VISAカードの主に女性向けとして位置づけられているカードです。基本的にはクラシックAカードと同じサービス内容となっています。有名クレジットカード会社のカードで安心感もありますし、知っておいて損はありませんよ。

三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:1,350円

入会資格 満18歳以上(高校生は除く)
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 10~80万円
付帯保険 海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.454%(1,000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-ポイントUPモール)

ポイント有効期限 獲得月から2年間
利用可能電子マネー iD・PiTaPa・WAON・iD(携帯)・Visa・payWave
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

アミティエカードのメリットは、セキュリティやサポートが充実している点です。本人認証にはスマホ専用アプリによるワンタイムパスワードが導入されていて、なかなか不正利用できないようになっています。

任意で顔写真付きのカードを発行することもできるので、セキュリティに特化させたい方は希望すると良いでしょう。

また、サポートは国内外問わず24時間体制で受けることができます。海外旅行や出張が多い方でも安心ですね。

ショッピング保険が付帯されるのもメリットのひとつ。この保証額は、年間100万円までと嬉しいものの……リボ払い前提なので賛否両論あります「マイ・ペイすリボ」の利用に抵抗が無いなら、大きなメリットでしょう。

【エポスカード】

丸井が発行している「エポスカード」。マルイで割引を受けることができるだけでなく、様々なお店で割引やポイント還元を受けることができます。そんなエポスカードの特徴やメリットを紹介しましょう。

エポスカード エポスカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 満18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド VISA
利用限度額(初年度) 審査によって設定
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:0.5%(200円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:5.0%(200円当たり10ポイント-HP Directplus)

ポイント有効期限 ポイント加算日から2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:1ポイント=0.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

エポスカードのメリットは、やはり何と言っても優待割引でしょう。マルイやロイヤルホスト、ビッグエコーにシダックスなど1万店以上の店舗で優待割引を使うことができます。

ポイントの交換先もそれらの店舗のサービス券などが用意されていて、とても便利。

サービス券やギフト兼だけでなく、オトメイトやホークス、カプコンなどのオリジナルグッズと交換することもできます。ゲーム好きな女性にとっては嬉しいところかもしれませんね。

また、エポスカードを持っている人限定のセールなども行われています。これで年会費は無料……! ショッピング好きな方にとっては、とりあえず持っておいて損は無い一枚と言えるでしょう。

【セゾンインターナショナルカード】

セゾンインターナショナルカードは、初めてクレジットカードを作る人に人気のカードです。

インターネットから簡単に申し込み手続きをすることができ、カウンター受け取りの場合は即日発効も可能ということで作りやすいんですよね。そんなセゾンインターナショナルカードの他の特徴を紹介します。

セゾンインターナショナルカード セゾンインターナショナル
年会費 初年度:0万円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で、クレティセゾン提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:-

ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・iD(携帯)
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
JAL:1ポイント=2.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

セゾンインターナショオナルは2年目以降も年会費が無料で、ポイントは有効期限なしの永久不滅となっています。気兼ねなく作ることができて、貯まったポイントは自分のペースで使うことができるのが最大の魅力です。

永久不滅.comというサイトを経由して楽天やアマゾンで買い物をすれば、ポイントが最大30倍になるなどのメリットもあります。

ネットショッピングでお得にじっくりとポイントを貯めて、十分貯まったら自分へのご褒美として何かに使うというのも良いかもしれませんね。

【リクルートカード】

年会費が2年目以降も無料で作成するデメリットが特に無く、還元率もとても高いリクルートカード。

1ポイント単位でリクルートポイントとPontaポイントを交換レート1=1で交換することができるなど、お得感が強いです。そんなリクルートカードの性能がコチラ!

リクルートカード リクルートカード
年会費 初年度:0万円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 原則18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入がある方

18歳以上学生(高校生除く)

国際ブランド VISA・JCB・MasterCard・銀聯
利用限度額(初年度) 0~100万円
付帯保険 海外旅行保険・国内旅行保険・ショッピング保険
ポイント還元率 標準:1.2%(100円当たり1.2ポイント-国内一般加盟店)

条件:2.2%(100円当たり2.2ポイント-リクルート運営サービス)

ポイント有効期限 確定日から12か月後の月末まで
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・SMART ICOCA・nanaco・モバイルSuica
マイル還元率 ANA:-
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

通常でも還元率が1%を超えているところが、リクルートカードの最大のメリットです。

国内一般加盟店でこれほどのポイント還元を受けることができるカードは、なかなかありません。

店舗限定で還元率が高くなるカードは多いですが、こうやって常に1.2%ものポイント還元を受けることが出来ると嬉しいですよね。

セブンカードなどよりも万人にオススメしやすいカードと言えます。

20代女性がクレジットカードを持つとお得なこと

20代女性にオススメのクレジットカードを紹介してきましたが、「これいいかも」というカードが一枚は見つかったでしょうか?

同時に20代女性がクレジットカードを持つ意味やメリットなども少しは伝わったかと思います。ただ、まだよくわからないという方のためにクレジットカードがお得な理由を紹介しましょう。

ショッピングがより便利に楽しくなる

ショッピングが好きな女性にとって、クレジットカードは最早必需品です。

ネットショップを利用する際、クレジットカードが無ければ代引きや銀行振り込み・コンビニ振り込みをすることが多いと思います。

代引きは手数料がかかるし、銀行やコンビニ振り込みはイチイチ面倒ですよね。

クレジットカードがあれば、その場で決済できるので圧倒的に楽です。

ポイントも貯まってお得感があるので、買い物が更に楽しくなります。

「今日はポイントが貯まりやすいから買い物しようかな」「お得なサービスがあるから買おうかな」と、買い物に計画性と戦略が生まれたりするのも、クレジットカードの楽しいところです。

女性向け優待サービスを受けることができる

クレジットカードの中には「女性向けの保険」や「女性向けの優待サービス」を受けることができるものもあります。楽天PINKカードなどがそうですね。

もしものときに備えるようなものから、エステやサロンの優待などなど女性に嬉しい特典が盛りだくさんなカードを選ぶことで、クレジットカードのメリットは更に高くなります。

海外旅行での支払いがとても便利

海外旅行が好きだという方も多いと思いますが、海外旅行をする際のお買い物って面倒ではありませんか?

現金はどこでも支払いが出来てチップも支払うことができるから持っておかないといけないけど、急な出費には対応できないし現地通貨に換金するのもなんだか面倒。

クレジットカードは急な出費に対応できるだけでなく、ATMを利用して現地通貨を引き出すことができます。付帯サービスがある場合はそれを受けることもできますし、海外旅行には無くてはならないものです。

海外旅行でカードを使うデメリットがあるとすれば、「使えない場所があること」くらいですね。

20代女性に多いクレジットカードへの疑問を解決

クレジットカードを作るときには、様々な不安や疑問がありますよね。

特に20代だと1枚目という方も多いでしょうから、その不安はとても大きいでしょう。そこで、20代女性に多いクレジットカードに関する疑問について、お答えします。

クレジットカードは何枚でも持てるの?

クレジットカードを作る枚数は、特に制限はありません。ただ、クレジットカードの審査をする際に他のカードの利用状況や枚数などが考慮されるため、カードを何枚も作ると徐々に審査に通りにくくなります。

「制限が無いなら一気にたくさんの会社に申し込もう」

これも法律的に何も問題ないんですが、クレジットカード会社にはとても嫌われます。多重申し込みと呼ばれるんですが、これをすると「お金に困っているから、借り入れ可能額を一気に増やそうとしているな」と判断されかねません。

また、3枚以上のクレジットカードを同時申請すると個人信用機関にその記録が残されるので注意してください。それから最低3ヶ月はカードの審査に全く通らなくなります。

制限が無いからと好き勝手に申し込みするのは危険。堅実に1件1件申し込みしていき、あまりたくさんカードを作りすぎないようにしましょう。

大体2枚が適正枚数です。

一般カードと女性向けカードの違いって?

一般向けのカードと女性向けのカードの違いは、女性に嬉しい特典の有無です。

女性向けとしているものには男性でも作成可能なカードがありますが、通常は男性にはあまりメリットが感じられないようになっています。

楽天PINKカードの女性特有の疾病に対する補償が、典型的な例ですね。

一般向けのカードと女性向けのカードを一枚ずつ持っておくと、何かと便利かもしれません。

審査に落ちることはある?

クレジットカード会社によっても審査の基準は異なりますが、今回紹介したカードは比較的審査が甘いです。年会費無料で敷居が低いカードは、審査もそれほど厳しくはない傾向があります。

「安定収入」を条件とするカード会社も多いですが、これはクレジットカードが「信用」を前提として成り立っているためです。

また、「安定収入」という条件もカード会社によって判断基準が異なります。

楽天カードはこの点が非常に甘いと評判で、プロコスプレイヤーなど世間的には不安定と言われている職種でも作ることができたという声がありますよ。

カード選びに気を付けていれば、審査に落ちることはなかなかありません。

ただし! 信用情報がクリーンな方に限ります。

消費者金融に対して借金があり、返済が滞ったことがある場合や借入額が大きい場合には審査に通らないことも多いので注意が必要です。

まとめ

クレジットカードは、日常生活をとても便利で色鮮やかにしてくれる便利なものです。

楽しいショッピングを更に楽しくすることができるだけでなく、しっかり自制して利用すれば計画性も身に着けることができます。

お金の管理がしっかりできる女性は強いです。

ただ、クレジットカードはお金が沸いてくる未来の秘密道具ではありません。未来の自分から借金をしているのと同じことです。

信用情報が傷つけば今後の人生を左右することにもなりかねないので、カード選びとカードの利用は慎重に行ってください。「ご利用は計画的に。」というのは消費者金融のコマーシャルですが、クレジットカードも似たようなものです。

しっかり自制して、楽しいショッピングライフを!