今月のおすすめカード!

楽天カード

【おすすめポイント!】
今なら新規入会&利用で5,000円分のポイントをプレゼント
すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に!

クレジットカードの署名をミス!消しゴムで消して大丈夫?

クレジットカード 署名 消しゴム

「乾いたと思って触ったら字が滲んだ!!」

このようにクレジットカードの署名でミスる人って多いんですよ。

 

けど、せっかく作ったクレジットカードに見っとも無いサインなんて残したくないですよね。

お店で店員に見られるのも恥ずかしい・・・

どうにか出来ないものかと、周りを見渡して目に付くのが消しゴム。

物は試しと使ってみるも・・・

 

  • 背景のロゴまで消えて消し跡も汚くなった…再発行しなきゃダメ?
  • 消しゴムで綺麗に消せたけど…上にペンで書き直してもお店でバレない?
  • 上手く消えなかったから再発行したいけど、作ったばっかりで気が引ける…

このように消しゴムを使った結果、さらに悪化したり、使用に不安を覚えたりとどうもスッキリしません。

 

そこで本記事ではクレジットカードの署名をミスったときの正しい対処法と消しゴムを使った場合のリスクについてお話します。

使えるかどうかドキドキしながら会計するより、ビシッと署名が決まったカードでクールに会計を済ませましょう。

消しゴムで署名を消したクレジットカードはもう使えない!

クレジットカード 署名 消しゴム

消しゴムで綺麗に失敗した字が消えたとしても、残念ながらそのカードはもう使ってはいけません。

それにはちゃんとした理由があるのです。

消しゴムで消したカードは破損カードにあたる

消しゴムで署名を消した場合、綺麗に消せたかどうかの問題でなく、署名欄が削れてしまうことが問題です。

クレジットカードの署名欄は不正利用を防ぐために特殊な下地を施しています。

(国際ブランドのロゴが書いているなど。)

 

もし下地が削れていたら店側は「この人は署名を偽装したのでは?」と不正利用の疑惑を抱くのです。

とは言っても正直、日本でそこまで見ることはないのですが、海外で使う場合は不正利用を疑われる可能性は十分にあります。

ですから消しゴムに限らず、除光液などで字を消す行為自体すべてNGです。

上書きで誤魔化すのも駄目!

字を消すのがダメなら、マジックなどで上書きしたらバレないのでは?

と、思うかもしれませんがこれも駄目。

これを認めてしまうと、カードの不正利用を助長することに繋がります。

ですからカード会社は署名の上書きも認めていません。

署名をミスったら再発行するしかない

消しゴムも駄目、上書きも駄目。

じゃあどうすれば?

 

「再発行するしか手段はありません。」

どのカード会社に署名ミスの問い合わせをしても再発行を勧められます。

面倒ではありますが、我慢できないほど字をミスった場合は素直に再発行しましょう。

汚損扱いになるため、料金も無料となるケースがほとんどです。

 

新しいカードが届いてから、今度こそカッコイイ文字でビシッと決めましょう!

クレジットカードの署名欄を綺麗な字で書くコツ

クレジットカード 署名 消しゴム

再発行して貰い、新しいカードが届いた。

さぁ、もうミスは許されません。

って言われると緊張しますよね。

 

でも安心して下さい。

どんな方でも綺麗にカッコイイ字で署名をするコツを教えます。

絶対に油性で!水性やボールペンNG

クレジットカードの署名をミスる人に多いのがこのパターン。

  • 水性のペンを使って滲んだ
  • ボールペンを使ったら線が細くてダサくなった

 

クレジットカードは何度も手で触れることが多いので、水性のペンなんか使うと100%滲みます。

また、ボールペンは線が細すぎて字がかすれたり、見栄えが悪くなったりします。

ですから署名の際は油性ペンがベストです。

マッキー極細でシャープなカッコイイ字体に

誰だって自分の名前を書くときはカッコよく書きたいものです。

そこでおすすめなのがゼブラの「マッキー極細ペン」。

お近くのコンビニでも100円前後で購入出来ます。

 

マッキー極細ペンの何がいいって細さがちょうどいいんですよ。

両端で細さが違いますが、太い方を使ってください。

細1.0~1.3mmの太さで、スマートかつ、しっかりとした字が書けます。

これ以上太い油性ペンだと字が潰れて、見っとも無い見た目になることが多いです。

 

ですからクレジットカードの署名には「マッキー極細ペン」がベスト!

慣れている字体が一番

クレジットカード裏の署名って実はどんな字でもいいって知っていましたか?

本当に細かな決まりは一切なく、漢字でもローマ字でも筆記体でもOK!

(芸能人のサインのような形でも可。)

そのため少しでもカッコ付けようと、筆記体のような流れる字で書こうとする人が多いんですよね。

 

でもこれが失敗のもと。

普段からそのように書いていればいいですが、慣れない字体で書こうとすると必ず一発で決まりません。

そして当然、会計でサインが求められた場合もその字で書かなければなりません。

もし同じように書けなかったら不正利用を疑われることも。

 

ですから下手にカッコつけた慣れない字体で書くより、慣れた字体で綺麗に書いたほうが後々後悔しないで済みますよ。

同じ悲劇に合わないで!わたしはこんな署名ミスをしました

クレジットカード 署名 消しゴム

最後にクレジットカードの署名で失敗した色々な方の体験談を見てみましょう。

もしこれから署名を書こうとしているなら、その前にこの体験談を見てからでも遅くはありません。

他人の失敗を教訓に、より綺麗な署名を書けるように願っています。

書いた後に気づく水性の文字・・・

流石にもう乾いただろうと、自信たっぷりに書き上げた字を指でちょこんと触るとジワリと滲む文字・・・

やっちまいました。

手に持っているペンを見ると案の定、「水性」の文字。

ここまではまだ心が折れていませんでしたが、消しゴムで無理に消そうとしたのがとどめでした。

見るも無残に黒く汚れた署名欄。

泣く泣く再発行して貰いました。というか消しゴム自体、宜しくないようですね。

磁気部分に書いちゃった・・・

初めてクレジットカードを作ったもので、非常に馬鹿みたいな話なのですが署名欄の上にある磁気を読み込む部分に名前を書いちゃいました。

こんな状態でお店で使うなんて恥ずかしくて出来ませんし、消しゴムとかアルコールで消そうか考えましたが、傷つくリスクを考え断念。

皆さんは署名の際には慎重に・・・

太いマジックペンで書いたら超ダサくなった

「ボールペンでなく油性の太いペンでしっかりかく」ってネットで見たのでそれを信じて書いたら見事に字が潰れました。

もう一文字目を書き終えた段階で取り返しのつかないことを悟る。

これはアートだと信じてその後も書ききって、今でも使っています(店で出すのがメチャクチャ恥ずかしいですが)。

恐らくサインを求められたら100%アウトなので、海外では使えません(>_<)

何事も適度なサイズが一番です。

まとめ

クレジットカードの署名をミスしたら「我慢して使う」「再発行」の2択しかありません。

消しゴムで消してから使うのはダメです。

実際問題、日本で使えないことはないですが当記事では責任を持ちかねます。

バレないか不安な気持ちを抱えながら使うよりも、新しいカードを貰ってビシッと決めた署名で買い物をしたほうがいいでしょう。

ぜひその際は、マッキー極細ペンをお試しあれ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!