カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


クレジットカードの属性とはいったい何のこと?そんな疑問をすっきりさせます!

クレジットカードの審査の時には、”属性”が大きく関係しているという事を知っていましたか?

そのため、あなたの属性が低いとクレジットカードの審査に通らず、クレジットカードが持てないこともあるので、自分の属性がどうなっているのかということはとても重要な事となっています。

しかし属性といっても、何も漫画やアニメの世界のように火属性や水属性などが、クレジットカードの審査に関係しているわけではありません。

では、クレジットカードの属性とはいったい何なのか、一緒に確認していきましょう。

クレジットカードの審査には属性が関係していた!?

クレジットカードの属性と言われても、何のことなのかサッパリわからないという人も多いはず。

ここでは、クレジットカードの属性とは何なのかについてご紹介していきます。

そもそも属性って何のこと?

クレジットカードの属性とは、簡単に言うとカードの審査時に参照されるあなたの個人情報のこと。

一例として

  • 年齢
  • 職業
  • 年収
  • 勤務年数
  • 家族構成
  • 住居年数
  • クレジットカードの利用状況

などがあります。
カード会社はこれらの情報から、あなたにクレジットカードを持たせても良いのかを判断し、クレジットカードの発行をしているんですよ。

そのため、大企業に長年勤めていて年収も高いという人は属性も高くなっており、逆にすぐに仕事を変えるフリーターという人だと属性は低くなっています。

属性によって点数がつけられてしまう

クレジットカードの属性は、年収や勤務年数などの項目をまとめたものとご紹介しましたね。

実は、カードの審査時にはその項目ごとに”点数”を付け、カード会社の合格点に届かなかった場合はクレジットカードを発行してくれません。

また、カード会社によって重要視している項目は違っており、年収の高さと勤務年数に重点を置いているカード会社もあれば、どんな職業についているのかを重要視しているカード会社も。

そのため、属性に点数が付けられるとしてもカード会社によって良し悪しが変化するので、一概に年収が低いから属性が悪いとは限らないんです。

自分の属性はどうなっている?

これまで属性のお話をしてきたので、自分の属性がどうなっているのか気になった人もいるはず。

しかし、残念ながら自分の属性が高いのか低いのかという事を知ることは出来ません。

その理由としては、カード会社によって属性の判断基準が違うため。

クレジットカードの審査が厳しいカード会社なら、属性の評価も厳しくなっているので、自分の属性は低めに設定されていることもありますし、逆に審査が緩いカード会社なら属性も高めに設定されている事があるので、一概に属性が高い・低いと言えないんです。

属性の中でも特に重要なのはこの3つ!

クレジットカードの属性は年収や職業など、様々な項目をまとめたものとなっており、それぞれが点数化されてカードの審査に影響しています。

しかし、その項目の中でも重要視されやすい3項目があり、どこのカード会社の審査にも大きく影響するというものがあるので、それを確認していきましょう!

どんな職業についているか

クレジットカードの審査には”どんな職業についているか”という事は重要なチェックポイントです。

例えばあなたがカード会社の人間だとすると、公務員とバイトをしている人、どちらの人にクレジットカードを発行したいと思いますか?

この2択の場合、普通なら公務員の人にクレジットカードを発行したいと思うはず。

公務員であれば、毎月の給料も安定してなおかつ解雇される心配もほとんどありませんが、バイトだとシフトによって毎月の給料も変わり、またケガなどで長期入院をしてしまうとその間は給料が無くなってしまいますよね。

そのため、”安定した職業”に付いている人のほうが属性は高く、非正規の人よりも正社員のほうがクレジットカードの審査に有利となっているんですよ。

勤務年数はどのくらい?

同じ年齢の人でも、最初に入社してからずっと働き続けている人と、毎年のように勤務先が変わる人なら、勤務年数が長い人のほうが属性は高め。

その理由も、”どんな職業についているか”と同じように、給料が安定しているかがカードの審査に影響するためとなっています。

やっぱり同じ会社に長い事働き続けている人の方が給料は安定していると言えるので、転職を繰り返している人よりも属性が高く評価されやすいんですよ。

そのため転職を考えている人は、転職前にクレジットカードを作った方がカードの審査に通りやすくなっているので、転職する前にクレジットカードを作るのがおすすめとなっています。

他のクレジットカードの利用状況

クレジットカードを今まで作ったこと事が無い、という人には関係のない項目ですが、2枚目のクレジットカードを作りたいという人には結構重要な項目です。

クレジットカードの利用状況というのも、年収や勤務年数と同じように調べられるので、もし1枚目のクレジットカードで支払い遅れや延滞をしていた場合だと、属性は低く見られてしまうので気をつけてくださいね。

クレジットカードの審査に通りたいならこの方法は試す価値あり!

クレジットカードの審査には属性だけが全てではありません。

ちょっとした事に注意をすれば、属性が低くてもカードの審査に通る可能性を高くすることができるんですよ。

そこでここでは、カードの審査に通りやすくする方法をご紹介していきます。

申込用紙の誤字脱字は無くしてから提出しよう

クレジットカードを申請する時には、申込用紙や申し込みフォームを書く必要があります。

実はそれを記入する時点で、カードの審査は始まっているんですよ!

カード会社は申し込み用紙の内容も大事ですが、”誤字脱字”が無いかという事もチェックしているので、いくら属性が高くても間違いだらけの申し込み用紙だとカードの審査に落ちる原因に。

そのため、申し込み用紙に必要事項を記入する時には、”誤字脱字”が無いかを確認してからカード会社に提出するようにしましょう。

若い人のほうがクレジットカードの審査に通りやすい!?

クレジットカードは、ステータス性の高いカードでなければ若い人のほうが審査に通りやすくなっています。

例えば、20代で年収300万円の人と30代で年収300万円の人がいたとすると、20代のほうが将来的に収入は増える可能性は高めです。

また、クレジットカードって枚数が増える事はあっても減らすことってあまりしない人がほとんど。

そのため、若いうちからクレジットカードを利用してもらった方が、カード会社の利益も増えやすいので、若い人はカードの審査に通りやすいんですよ。

春が一番クレジットカードを作りやすい!?

クレジットカードを作りたいなら、桜が咲く季節に申請するのがおすすめです。

それは、春って新入社員や学生が新たなスタートをする季節なので、その時期にクレジットカードを申請する人が多くなっているため。

申請者が多いとその分だけ1人あたりにかける審査時間は短くなるので、クレジットカードの審査が通りやすい傾向にあるんですよ。

また、春以外でクレジットカードの申請をするなら”9月”がおすすめ!

9月は会社の中期決算があるので、売り上げを伸ばしたい時期。

そのため、カードの利用者を増やして利益を増やそうと、カードの審査が通りやすくなっていますよ。

まとめ

クレジットカードの審査には、属性が大きく関係しています。

属性とはあなたの個人情報の事を言い、年収や勤務年数などの項目を合わせたものです。

この属性が高ければ高いほど、クレジットカードの審査には有利になり、クレジットカードを発行してくれる可能性は高くなっています。

しかし、いくら属性が高くても申し込み用紙に誤字脱字をしまくっている人だと、クレジットカードの審査に落ちてしまう事も。

そのため自分の属性が不安な人は、申し込み用紙の誤字脱字を無くすことで、クレジットカードを持てる可能性を上げる事ができますよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!