クレジットカードでワンタイムパスワードを導入!安全性をより増すことが可能に!

自分のクレジットカードが”不正利用”されるなんて、あなたは考えたことがありますか?

クレジットカードを使った犯罪って”いつ・どこで”被害に遭うのかわからないため、日ごろから注意しておくことが重要となっています。

特に最近では、通販サイトを利用して商品を購入している人も多く、ネットでクレジットカード払いをする時には注意が必要です。

しかし、ネットでクレジットカードのパスワードを入力する際、より安全なパスワードがあることをご存知でしょうか?

その安全なパスワードとは「ワンタイムパスワード」となっており、ワンタイムパスワードを使えばクレジットカードに設定したパスワードを利用するよりも、より安全にクレジットカードを利用することができるんです!

そこで今回は、クレジットカードとワンタイムパスワードについてお話していきます。

ワンタイムパスワードってどういうもの?

ワンタイムパスワードと言われても、どういうものか知らない人も多いはず。

そこではまずは、ワンタイムパスワードとはどういうものなのかを一緒に確認していきましょう。

1回しか利用できないので安全性が非常に高い!

ワンタイムパスワード最大の特徴として、『1度使ったらもう使う事はできない』ということ。

クレジットカードを作った時に設定したパスワードだと、長い間同じパスワードを使う事になりますが、ワンタイムパスワードは1度しか利用できないので、パスワードがバレたとしても悪用される心配がが無いんです!

そのため、クレジットカードのパスワードよりもワンタイムパスワードのほうが安全性は高くなっているのでおすすめとなっています。

パスワードを覚える必要なし!

クレジットカードのパスワードを忘れてしまった、なんて経験をしたことがある人も多いはず。

もしパスワードを忘れてしまったら、カード会社に連絡してパスワードが書かれた「暗証番号通知書」を送ってもらうほか、確認する方法はありません。

またその方法だと、暗証番号通遺書が届くまでパスワードがわからないので、その間はクレジットカードを利用できないなんてことも。

しかし、ワンタイムパスワードは違います!

ワンタイムパスワードは毎回パスワードが変わるので、パスワードを覚える必要がありません!

そのため、パスワードを忘れたからクレジットカードが使えない、ということを無くすことができますよ。

パスワードの入力は迅速に行う必要あり!

ワンタイムパスワードは、”1度使ったらもう使えない”というメリットはありますが、実はデメリットも存在するんです。

そのデメリットとは、”時間制限がある”ということ。

実はワンタイムパスワードには60秒の時間制限があり、その時間内にパスワードを入力しないと次のパスワードへと変わってしまいます。

そのため、時間に気をつけないと気が付けば次のパスワードに変わっていた、なんて事態が起きることありますので、ワンタイムパスワードの入力は迅速に行う必要がありますよ。

ワンタイムパスワードを利用する方法は全部で3通り!

ワンタイムパスワードは安全性が高く、パスワードを覚える必要もないので、ネットでクレジットカードを利用する時にはおすすめです。

しかしワンタイムパスワードは、どうやって利用すればいいのでしょうか?

実は、ワンタイムパスワード利用するには3通りの方法がありました。

スマホのアプリを利用する

スマートフォンには、ワンタイムパスワードを利用することができるアプリがあるので、それを利用すればワンタイムパスワードを使えるようになります。

さらにスマートフォンからネット通販をした場合、アプリに表示されたワンタイムパスワードをコピーして貼り付けるだと非常に簡単!

しかし2点ほど注意して欲しい点があり、それは

  • スマートフォンにロックを掛ける
  • アプリをインストールできないと利用することができない

という点です。
スマートフォンにロックをかけていないと、もしスマホを落とした時に悪用される可能性があるので、必ずロックを掛けるようにしましょう。

また、スマートフォンではなく従来の折り畳み式の携帯電話だとアプリをインストールできないので、ワンタイムパスワードを利用することはできませんよ。

ワンタイムパスワードを表示するトークンを使う

スマートフォンを持っていないけどワンタイムパスワードを利用したい、そんな人はカード会社が提供しているワンタイムパスワードを表示するトークンを使う事でワンタイムパスワードを利用可能となっています。

しかし、カード会社によってはそのようなトークンを提供していない場合もあるので、必ずしも利用できるわけではないという事には気をつけましょう。

カード会社からメールを受信する

ワンタイムパスワードは、事前にワンタイムパスワードの登録をしていれば、カード会社からメールで送信してもらうことも可能です。

しかしこの方法、あまりおすすめできる方法ではありません。

ワンタイムパスワードが書かれたメールを、受信するまで時間が掛かることもありますし、もしかしたら迷惑メールフォルダに入っていて気が付かない、といったこともあるので、出来ればスマホのアプリかトークンを利用するようにしましょう。

クレジットカードが悪用されにくくする方法を伝授します!

ワンタイムパスワードを導入したとしても、残念ながらクレジットカードが100%不正利用されないとは限りません。

そこでここでは、クレジットカードが悪用されにくくする方法をご紹介しますので、自分のクレジットカードを守るためにも必ず確認してくださいね。

クレジットカードのセキュリティコードを誰にも教えない

クレジットカードのセキュリティコードを教えてしまった場合は、ワンタイムパスワードではなくセキュリティコードを利用することで、あなたのクレジットカードを悪用することが可能です。

そのため、クレジットカードのセキュリティコードは誰にも教えてはいけません。

また、セキュリティコードはクレジットカードに書かれているので、クレジットカードを貸すことでもバレてしまいます。

クレジットカードの不正利用をされないためには、クレジットカードの貸し借りもしないという事は重要ですよ。

パソコンのウィルス対策ソフトは利用していますか?

パソコンがウィルスに感染していた場合、あなたが入力したクレジットカードの情報が盗まれる危険があります。

そのため、PCがウィルスに感染させないようにウィルス対策ソフトを利用することはとても大切なこと。

もし、PCにウィルス対策ソフトをいれていないのであればウィルス対策ソフトを導入するか、クレジットカードの情報を入力しないように気をつけてください。

クレジットカードを捨てる時にも注意が必要!?

有効期限が近付いて新しいクレジットカードが届いた時、古いクレジットカードの捨て方には注意する必要があります。

実は新しいクレジットカードが届いても、古いカードって有効期限がまだ切れていないのであれば使える状態だということを知っていましたか?

その事を知らずにクレジットカードを捨ててしまった場合、クレジットカードを拾われると悪用される可能性があります。

そのためにも、クレジットカードを捨てる時には、カード番号等が分からなくなるくらい細かく刻んで、悪用されないようにしてから捨てるようにしてくださいね。

まとめ

ネット通販でクレジットカードを利用している人なら、ワンタイムパスワードは導入するべきです!

ワンタイムパスワードは、1度使ったらもう使えなくなるので、パスワードが流出してクレジットカードが悪用されるという事を防ぐことができます。

また、スマホを持っていれば専用のアプリをインストールすることで、簡単に利用できるようになるというのもおすすめポイントです!

もし、ワンタイムパスワードを利用したことがないという人は、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。