カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


ユナイテッド航空でマイルを貯めることが出来るクレジットカードはどれ?おすすめのカードを紹介!

ユナイテッド航空マイルクレジットカード

ユナイテッド航空というと、旅行に興味がある人なら誰でも知っている世界最大規模の航空会社ですよね。何回かアメリカに海外旅行に行ったことがある人なら、一回くらいは利用していることでしょう。

さて、今回はそんな大規模な航空会社であるユナイテッド航空のマイルを、効率的に貯めることが出来るクレジットカードについて紹介していきます。

どのカードを選べば良いのか、そしてどのカードがお得なのかについてしっかりと説明しているので、早速見ていきましょう!

ユナイテッド航空でマイルを貯めることの魅力

ユナイテッド航空には、マイルを効率的に貯めるためのマイレージ・プラスという魅力的なマイレージプログラムがあります。

まずはクレジットカードを紹介する前に、このマイレージ・プラスと呼ばれるプログラムについて簡単に紹介していきましょう。

マイルの有効期限が実質無期限になる

このプログラムにおけるマイルの有効期限は18か月です。

「あれ?無期限じゃないじゃん」と思いますよね。ただ、この18か月以内にマイルの利用や加算があった場合、その時点から18か月延長することが出来ます。つまり、実質無期限だということなんです!

ただし、当然利用が無ければ失効してしまうので、最後に使った日はいつなのか把握しておく必要があります。貯めるのが趣味の方は、失効しないように気を付けましょう。

特典旅行の場合、燃油サーチャージが免除される

特典旅行、つまり何かの懸賞等で無料の航空券を入手して利用する際に、燃油サーチャージ(特別付加運賃=航空燃料の高騰に伴い設定されたもの)が免除になるといったプログラムです。

この燃油サーチャージは2~5万円程度かかってしまいますから、決して無視できない金額です。

まして無料の航空券で旅行しているのに、このようなところでお金がかかってしまうのは不快ですよね。こういった不快を軽減してくれる素敵なプログラム内容になっています。

譲渡制限がない!

マイレージ・プラスには利用者の譲渡制限を設けていません。

つまり家族はもちろん、彼女や友人にだって特典を譲渡することが出来るんです!多くの方は複数人で旅行する人が多いでしょうから、便利なプログラムの1つになっています。

ユナイテッド航空でマイルを貯めるならMileagePlus(マイレージ・プラス)カードがおすすめ!

ズバリ!ユナイテッド航空でマイルを貯めたいのであればMileagePlus(マイレージ・プラス)カードを作ることをおすすめします。このマイレージプラスカードというのは、ユナイテッド航空と提携している

  • クレディセゾン
  • JCB
  • ダイナースクラブカード
  • 三菱UFJニコスカード

以上の4社で発行しているクレジットカードのことです。

MileagePlus(マイレージ・プラス)カードは、ユナイテッド航空のマイレージプログラムの恩恵を受けやすく、よりお得にユナイテッド航空を利用することが出来ますよ。

そのため、ユナイテッド空港を利用する機会が多い人なら、MileagePlusのクレジットカードは選ぶ価値ありなので、是非とも入手して使ってほしいところです。

それでは、数多くあるMileagePlus(マイレージ・プラス)カードについて、セゾンから順番に見ていきましょう!

気になるMileagePlusがあったら要チェックです!

【MileagePlus(マイレージ・プラス)セゾンカード】

まず紹介するのは、クレディセゾンで発行しているMileagePlusカードです。

MileagePlusセゾンカード MileagePlusセゾンカード
年会費 初年度:1,620円(ETC:0円)
2年目以降:1,620円
入会資格 クレディセゾンと提携している金融機関に決済出来る口座がある方
18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA・アメックス・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
利用可能電子マネー QUICPay・iD(携帯)
マイル 1,000円=5マイル(追加料金支払いで1,000円=15マイル)
還元率 0.5%~1.5%

MileagePlusセゾンカードの魅力は主に3つ!

  1. ブランドをアメックスにすると充実した旅行サービスがある
  2. お買い物をするだけで、ユナイテッド航空のマイルが溜まる
  3. 毎月5日と20日に西友やリヴィンでお買い物をすると5%off

この中でも特に注目して欲しいのが、お買い物をするだけでユナイテッド航空のマイルが溜まるという点です。

マイルは1,000円利用するたびに5マイル貯まり、追加年会費の5,400円を払うと1,000円で15マイルも溜まります。年会費の割には非常にマイルが溜まりやすいクレジットカードですよ!

「旅行に限らずマイルを貯めたい!」という人にオススメできるでしょう。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)セゾンゴールドカード】

続いてMileagePlusセゾンカードの上級グレードであるMileagePlusセゾンゴールドカードについて紹介します。

MileagePlusセゾンゴールドカード MileagePlusセゾンゴールドカード
年会費 初年度:16,200円(ETC:0円)
2年目以降:16,200円
入会資格 クレディセゾンと提携している金融機関に決済出来る口座がある方
18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA・アメックス・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー QUICPay・iD(携帯)
マイル 1,000円=15マイル
還元率 1.5%

基本的に魅力はMileagePlusセゾンカードと変わりませんが、ゴールドカードであるだけに通常のカードよりサービスがグレードアップしています。

グレードアップした点は下記の3つ

  1. お買い物1,000円ごとに15マイル貯まる
  2. スターアライアンス各社の利用でもフライトマイルが溜まる
  3. 付帯保険が充実していて、補償額がMileagePlusセゾンカードよりも高い

以上になります。1についてはMileagePlusセゾンカードでは追加料金なしで1,000円につき5マイルでした。しかしMileagePlusセゾンゴールドカードだと最初から1,000円につき15マイル貯めることが出来ます。

また、スターアライアンスに加盟している航空会社を利用することでもフライトマイルを貯めることが出来るので、さらにマイルが貯めやすくなっているんですよ!

さらに!ゴールドカードというだけあって、付帯保険が非常に充実しています。これ一枚あれば国内外の旅行が、より一層楽しくなること間違いないでしょう。

「マイルが溜まる!補償が充実!」のクレジットカードです。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)セゾンプラチナカード】

MileagePlusセゾンプラチナカードはMileagePlusセゾンゴールドカードのさらに上を行くクレジットカードです。

プラチナという名前だけに、豊富なサービスや特典を期待してしまいますが、その内容はどのようなものなのでしょうか?早速、見ていきましょう。

MileagePlusセゾンプラチナカード MileagePlusセゾンプラチナカード
年会費 初年度:38,880円(ETC:0円)
2年目以降:38,880円
入会資格 クレディセゾンと提携している金融機関に決済出来る口座がある方
18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー QUICPay・iD(携帯)
マイル 1,000円=15マイル
還元率 1.5%

基本的にMileagePlusセゾンゴールドカードと同等の特典やサービスを受けることが出来ます。

マイルに関して言えば、MileagePlusセゾンゴールドカードよりもMileagePlusセゾンプラチナカードの方が断然溜まりやすいです!

というのも、MileagePlusセゾンプラチナカードは持っているだけで毎年5,000マイル貰うことが出来るんです。

もちろんショッピングでも1,000円につき15マイル貯まりますから、マイルを貯めることが好きであれば文句なしのクレジットカードでしょう。

ショッピングマイルの換算率が業界トップと呼ばれている理由が理解できます。

しかし、MileagePlusセゾンプラチナカード最大の魅力はそこではありません。

MileagePlusセゾンプラチナカードの最大の魅力はVisaのプラチナコンシェルジェサービスが利用できるという点です!

この点については下記で詳しく触れたいと思います。

プラチナコンシェルジェサービスとは?

プラチナコンシェルジェサービスというのは、プラチナ会員限定の優待サービスです。

この優待サービスにはトラベル・ゴルフ・ダイニングといった場面で受けられるサービスが含まれています。具体的な内容は下記表にてまとめてみたので参考にしてください。

サービス名 内容
Visaプラチナトラベル 優待価格で大手旅行会社を利用することが出来る。(国内外の旅行・ツアー・パッケージ等)
Visaプラチナゴルフ 日本…名門ゴルフコースを4,000円引きで利用可能(通常プレー価格から)

海外…プレー価格が優待価格・ゴルフバッグの無料宅配サービス

Visaプラチナダイニング 一流レストランで特典やサービスの利用が可能(国内130か所・海外45か所)

これだけのサービスがあれば、大切な人と優雅なひと時を味わうことが出来るでしょう。特に私はVisaプラチナダイニングに魅力を感じますね。

今回はどんなお店で使えるのか割愛させて頂きますが、有名雑誌やガイドブックで紹介されているような一流のお店の特典・サービスを受けることが出来るんです。

大切な人へのプレゼントに、もしくはお世話になった人への感謝のために、素敵な食事を届けることが出来ますよ。

少し嫌な話になってしまいますが、そういったお店に誰かを招待出来ると、何だか見栄を張ることが出来ますよね(笑)

でも、『見栄を張ることが出来る』というのも、クレジットカードを持つ立派な理由です。ぜひ、MileagePlusセゾンプラチナカードを検討してみてはどうでしょうか。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)JCB一般カード】

続いてJCBで発行しているMileagePlusカードを紹介していきます。まずは下記表をご覧ください。

MileagePlus JCB一般カード MileagePlus JCB一般カード
年会費 初年度:5,400円(ETC:0円)

2年目以降: 5,400円

入会資格 高校生を除く18歳以上で、安定収入がある方(またはその配偶者に安定収入がある方)
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー QUICPay
マイル 100円=1マイル
還元率 1.0%

MileagePlus JCB一般カードの魅力は主に2つ

  1. 賢く利用するとマイルを貯めやすい
  2. マイルを無料航空券に交換できる

この中でも特に注目して欲しいのは、1の賢く利用するとマイルを貯めやすいという点です。通常であれば100円で1マイル溜まるので「普通…」といった印象受けるでしょう。

しかし、MileagePlus会員であればMileagePlusダイニングというサービスを受けることができ、加盟店利用で100円につき最大5マイルを追加で獲得できるものです。

つまり通常の1マイルに追加で5マイルを会得出来る訳ですから、100円で6マイルも溜まることになります。

加盟レストラン限定というのが痛いですが、賢く利用すると非常にマイルが溜まりやすいクレジットカードです。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)JCBクラシックカード】

次にMileagePlus JCBクラシックカードについて見ていきましょう。

MileagePlus JCBクラシックカード MileagePlus JCBクラシックカード
年会費 初年度:1,350円(ETC:0円)

2年目以降:1,350円

入会資格 高校生を除く18歳以上で、安定収入がある方(またはその配偶者に安定収入がある方)
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー QUICPay
マイル 200円=1マイル
還元率 0.5%

MileagePlus JCB一般カードと比べると、年会費が4,050円も下がっていますね。その分マイルの溜まりやすさが200円で1ポイントと効率が半分に下がってしまっています。

ただ、MileagePlus会員であればMileagePlus JCB一般カードと同じく加盟レストラン利用で最大6マイル貯めることが出来ます。

あとは、基本的にサービス内容がMileagePlus JCB一般カードと変わりません。

付帯保険も安い年会費の割りに充実しているので、手が付けやすいクレジットカードですよ。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)JCBゴールドカード】

MileagePlus JCBゴールドカード MileagePlus JCBゴールドカード
年会費 初年度:16,200円(ETC:0円)
2年目以降:16,200円
入会資格 20歳以上(学生不可)
本人に安定した収入がある方
国際ブランド JCB
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
紛失・盗難保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー QUICPay
マイル 100円=1.5マイル
還元率 1.5%

MileagePlus JCBゴールドカードはMileagePlus JCB一般カードの上級グレードです。そのため、基本的にMileagePlus JCB一般カードで受けることが出来るサービスと同等のサービスを受けられます。異なったのは以下の2つでしょう。

  1. 100円でマイルが5マイル貯まる
  2. MileagePlus JCBゴールドカードの優待サービスが受けられる

100円で1.5マイル貯まるのはとても嬉しいですね!MileagePlus会員であれば、加盟レストランの利用で最大6マイル貯まるので、非常に効率よくマイルを貯めることが出来ます。

ただ、MileagePlus JCBゴールドカードの魅力は、ここではありません。2番目のMileagePlus JCBゴールドカードの優待サービスが受けられるという点でしょう。優待サービスの詳しい内容については下記で確認してください。

MileagePlus JCBゴールドカードの優待サービスはどんなの?

MileagePlus JCBゴールドカードのサービスには空港ラウンジやスポーツ関連サービス、グルメサービスからヘルスケアなど、非常にたくさんの種類があります。

下記表にて詳しい内容を掲載しているので、ご覧ください。

サービス種類 内容
空港 空港欄時が年中無料で利用可能(国内主要空港・ハワイ国際空港・ホノルル国際空港)
手荷物無料宅配サービス(片道のみ)
スポーツ JCBゴルフゴールドサービス…ゴルフコンペの開催、ゴルフ場の手配専用デスクで電話による予約が可能
エンターテインメント JCBゴールドチケットサービス…コンサートや演劇といった席や特典付きチケットの案内
グルメ JCBゴールドグルメ優待サービス…代金割引や優待料金で利用できる(対象店舗のみ)
ヘルスケア 健康サービス…健康チェックや人間ドッグが優待料金で利用可能

非常に手厚いサービスがたくさんありますね。

年会費16,200円でこれだけ受けられるのであれば、十分だと思います。

多少見栄を張るには物足りないかもしれませんが、充実したサービスとマイルの貯めやすさだけを考えると非常に魅力的なクレジットカードでしょう。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)ダイナースクラブカード】

続いてMileagePlusダイナースクラブカードについて紹介します。

MileagePlusダイナースクラブカード MileagePlusダイナースクラブカード
年会費 初年度:30,240円(ETC:0円)
2年目以降:30,240円
入会資格 27歳以上の役職者
年収500万円以上
国際ブランド Diners
利用限度額(初年度) 利用制限なし
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica
マイル 100円=1マイル
還元率 1.0%

MileagePlusダイナースクラブカードは年会費が高く、入会資格が厳しいクレジットカードです。でも、この条件の裏にはしっかりと充実したサービスが隠れているんですよ!

それが、下の3つ。

  1. ボーナスマイル加算で溜まりやすい
  2. 旅行保険の補償額が最大1億円
  3. MileagePlusダイナースクラブカードの優待サービスが受けられる

まず1つ目のボーナスマイル加算についてですが、新規入会した後3か月以内に15万円以上利用すると5,000マイルを貰うことが出来るというものです。

また、1年間の利用金額が300万円以上だった場合、翌年の年会費をしはらったときに2,000マイル貰うことが出来ます。

金額の規模が非常に大きいですが、クレジットカードで支払うことが多い人にとっては、マイルが非常に溜まりやすいクレジットカードです。

続いて2つ目の旅行保険についてです。

これは国内・海外問わず旅行先で病気やケガに遭遇した際、最高5,000万円の保険が適用されるものです。

また、国内旅行においては、旅費をクレジットカードで支払った場合に限り最大で1億円まで補償されます。『万が一』の備えとしては非常に強い保険内容だと言えるでしょう。

さて、ここまで2つ魅力を詳しく紹介してきましたが、MileagePlusダイナースクラブカードで一番注目しなければいけないのは3つ目のMileagePlusダイナースクラブカードの優待サービスです。

この優待サービスについては下記の項目で詳しく紹介します。

MileagePlusダイナースクラブカードの優待サービスって何?

MileagePlusダイナースクラブカードの優待サービスには旅行からホテル、車、ショッピング…と非常にたくさんのサービスがあります。言葉では書ききれないので、今回も下記表にてまとめてみました。ぜひ参考にご覧ください。

サービス種類 内容
旅行 オンラインツアー予約…インターネットでパッケージツアーの予約が出来る。(国内/海外)
パッケージツアー割引…最大5%まで割引(国内/海外)
空港 空港ラウンジ…空港ラウンジ無料(国内外500か所)
空港送迎タクシーサービス…50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券成約で自宅から空港までのタクシー代金が優待料金となる。
空港パーキングサービス…50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券成約で旅行中の駐車料金が無料
サンパーキング優待…サンパーキングの駐車料金が通常価格の30%offで利用可能。(成田店/羽田浮島店)
ホテル 国内クラブホテルズ・旅の宿…宿泊優待や特典が利用できる(一部ホテル/旅館)
海外クラブホテルズ…割引・特典が利用できる(一部ホテル)
Hotel.com
室料が8%off(国内外200カ所以上の宿泊施設)
グルメ ダイナースエグゼクティブダイニング…レストランのコースが無料(1名~2名/対象店のみ)
おもてなしプラン…ダイナースクラブ会員限定特別なサービスが利用できる
料亭プラン…高級料亭を代理予約してくれる
グループアランデュカスパートナシップ…レストランのイベント・優待サービスを利用できる(国内外)ダイナースクラブサインレススタイル…その場にいなくても支払いが可能
ダイナースクラブナイトイン銀座…バー・クラブの優待サービスを利用できる(銀座限定)
ゴルフ 名門ゴルフ優待予約…名門ゴルフ場を代理で予約してくれる
ゴルフ練習場優待…優待価格で利用できる
プライベートレッスン…年間50%offで利用できる
フィッティングサービス優待…ゴルフクラブの調整・提案等
エンターテインメント カフェティチケットサービス…公演チケットの予約がインターネットにて24時間申し込み出来る。
ショッピング ギルト会員特別油袋…ブランドが最大70%offで買える。
ダイナースクラブ銀座ショッピング優待…銀座のお店で優待サービスが受けられる。
ヘルスケア スポーツクラブにおける優待サービス
INSPAの優待サービス
プライベート看護サービス…30%offで看護サービスが利用できる。

この他にもMileagePlusダイナースクラブカード優待サービスがたくさんあります。「これでもか!」というほど手厚いサービスが豊富ですね。

このカードさへあれば、あなたは勿論、あなたに関わりがある人を巻き込んで充実した日常を送ることが出来るでしょう。

条件通りのリッチな人間に相応しいクレジットカードです。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)ダイナースクラブカードファースト】

MileagePlusダイナースクラブカードを紹介したならMileagePlusダイナースクラブカードファーストも紹介しなければいけません。

これはMileagePlusダイナースクラブカードの上級グレードになっています。早速気になるカードスペックを見ていきましょう。

MileagePlusダイナースクラブカードファースト  MileagePlusダイナースクラブカードファースト
年会費 初年度:46,440円(ETC:0円)
2年目以降:46,440円
入会資格 27歳以上の役職者
年収500万円以上
国際ブランド Diners
利用限度額(初年度) 利用制限なし
付帯保険 海外旅行保険
国内旅行保険
盗難・紛失保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー 楽天Edy・モバイルSuica
マイル 100円=1.5マイル
還元率 最大2.0%

年会費が46,400円…。年会費が高いだけに、受けられる優待サービスや特典が非常に豊富です。

基本的にはMileagePlusダイナースクラブカードと同じですが、MileagePlusダイナースクラブカードファーストになるとマイルが100円で1.5マイルと非常に溜まりやすい。さらにファーストならではの優待サービスも受けることが出来ます。

MileagePlusダイナースクラブカードファーストの優待サービスに関してはMileagePlusダイナースクラブカードで紹介した優待サービスに+αされているという認識で良いでしょう。詳しくは下記ページでご確認ください。
https://www.diners.co.jp/ja/cardlineup/milageplusdinersfirst.html

【MileagePlus(マイレージ・プラス)UCカード】

続いてMileagePlus UCカードについて見ていきましょう。

MileagePlus UCカード MileagePlus UCカード
年会費 初年度:1,620円(ETC:0円)
2年目以降:1,620円
入会資格 満18歳以上(高校生不可)
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
ショッピング保険
利用可能電子マネー Nanaco・iD・Suica・QUICPay・楽天Edy
還元率 0.5%

ショッピングでマイルを貯めたいというのであれば、還元率0.5%ですから効率良いとは言えません。

ではどこが良いのか。

MileagePlus UCカードの魅力は2つです。

  1. 安い年会費なのにフライトマイルが溜まりやすい
  2. 安い年会費なのに付帯保険が充実している

つまり、1,620円という安い年会費に対してフライトマイルが溜まりやすかったり、旅行保険が充実しているということです。

確かにこれまで紹介してきたクレジットカードに比べれば機能面に置いて劣るかもしれませんが、この安い年会費でこれだけ充実したサービスが付いていれば十分でしょう。

安い年会費に魅力を感じた旅行好きな人におすすめ出来るクレジットカードですよ。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)UCゴールドカード】

続いてMileagePlus UCカードの上級グレードであるMileagePlus UCゴールドカードについて見ていきましょう。

MileagePlus UCゴールドカード MileagePlus UCゴールドカード
年会費 初年度:19,440円(ETC:円)
2年目以降:19,440円
入会資格 満25歳以上
年収500万円以上
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険(自動付帯)
ショッピング保険
利用可能電子マネー nanaco・iD・QUICPay・Suica・楽天Edy
還元率 1.0%

基本的にMileagePlus UCカードの機能と同等の特典やサービスが付いています。変わったのは主に還元率が1.0%となったことと、MileagePlus UCゴールドカードの優待サービスが受けられるという点でしょう。

優待サービスには主要空港のラウンジが無料で使えたり、ホテルの優待サービスが付いていたりと、充実したサービスを受けることが出来ます。

ただ、決してマイルを貯めやすいとか、優待サービスが他のカードよりも充実しているという訳では無いので、選ぶ際に何を求めているのか確認してから選ぶようにしましょう。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)MUFGカード】

続いてみるのはMileagePlus MUFGカードです。

MileagePlus MUFGカード MileagePlus MUFGカード
年会費 初年度:5,400円(ETC:0円)

2年目以降:5,400円(楽天Pay利用で2,160円)

入会資格 20歳以上(学生不可)
安定収入のある方
国際ブランド VISA・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー nanaco・Suica・楽天Edy
還元率 1.0%

魅力は年会費が最低2,160円で持てるのに対してマイルの還元率が1.0%だということでしょう。

普段のショッピングで100円につき1マイル加算されるので、非常にマイルが貯めやすいクレジットカードです。

また、これだけ安い年会費に対して、国内外の旅行保険が付帯しているという点も見過ごせません。コストパフォーマンスに非常に優れたカードだと言えるでしょう。

【MileagePlus(マイレージ・プラス)MUFGゴールドプレステージ】

最後にMileagePlus MUFGゴールドプレステージを紹介したいと思います。

MileagePlus MUFGゴールドプレステージ MileagePlus MUFGゴールドプレステージ
年会費 初年度:16,200円(ETC:0円)

2年目以降:16,200円(楽Pay利用で12,960円)

入会資格 20歳以上(学生不可)
国際ブランド VISA・アメックス
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
国内旅行保険
ショッピング保険
利用可能電子マネー nanaco・Suica・楽天Edy
還元率 1.0%

MileagePlus MUFGゴールドプレステージはMileagePlus MUFGカードの機能を引き継ぎ、さらに豊富なサービスを受けられるようになってクレジットカードです。

魅力としては主に2つ。

  1. ショッピングに置いて国内では100円につき1マイル・海外で利用すると100円につき5マイル貯まる
  2. MileagePlus MUFGゴールドプレステージの優待サービスを受けられる

このカードは年会費のわりに受けられるサービスが非常に多いです!海外でマイルが貯めやすいという点もそうですが、空港ラウンジが無料だったり旅行サービスが受けられる点も魅力的です。

楽Payを利用すると次の年から3000円割引されるので、賢く利用すると非常にお得にサービスを受けられることが出来ます。

賢い利用に困らない、海外での利用頻度が多いという方にはおすすめ出来るカードですよ!

今回はユナイテッド航空を利用する方におすすめのクレジットカードを紹介させていただきました。

他の航空会社の利用をすると言う方は、下記ページで他航空会社のマイルがたまりやすいクレジットカードを選択してみてください。

航空会社が提携したクレジットカードを徹底比較!マイルの貯まりやすさからフライトボーナスまですみずみ見比べよう

2017.12.20

まとめ

あなたが選ぶべきMileagePlusカードは決まりましたか?MileagePlusカードを賢く利用出来れば、ユナイテッド航空のマイルを非常に効率よく貯めることが出来ます!

また、今回紹介した上級のクレジットカードには優待サービスが付いているものもありましたよね。そういったサービスはあなたの旅をもっと優雅に、そして確かなものにしてくれます。

ぜひ、自分に適したMileagePlusカードを作成して、旅に一花咲かせてみませんか?

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!