即日発行が可能なクレジットカードはどれ?選び方や注意点、おすすめを紹介!

即日発行クレジットカード

クレジットカードを即日発行したい!

通常、クレジットカードは申し込みから発行まで少なくても数日かかるものです。長くかかるものだと数週間から一か月かかるものもあります。その中で即日発行対応というカードは、決して多くありません。

それでも1週間も待てないという方のために、即日発行可能なクレジットカードで注意する点や実際にオススメのカードなどを紹介しましょう。急いでいるからこそ慎重に、楽しく選んでください。

クレジットカードを即日発行する際に気を付ける点

即日発行をする際は急いでいるため「なんでもいい」という思考になりがちです。

即日発行できるものが多くはないと聞くと、なお更「なんでもいいから早く」と思ってしまいますよね。ただ、最低限補償と国際ブランド選びには気を付けましょう。

補償は十分?

クレジットカードには海外旅行や国内旅行の補償が付いています。知らない土地に出かける際には、事故や事件に巻き込まれる可能性が無いとは言えません。

特に海外の場合、思いもよらない事態になることもあります。そんなとき、保険が効かないためとてつもない値段の治療費を突き付けられたということがよくあるんですよ。

そこで、クレジットカードの旅行補償が役立つわけです。

死亡・後遺障害や疾病など、補償項目は多岐に渡ります。補償項目は自分にとって十分かどうか、その金額は十分かどうかをしっかりと見ておきましょう。

国際ブランドは何を選ぶ?

急いでクレジットカードを作ったとき、国際ブランドを適当に選んでしまったために便利さを欠いてしまったという話を聞くことがあります。

国際ブランドにはVISAやJCB・MasterCardなんかがありますが、クレジットカードはそれらが提携している店舗でしか利用ができません。

自分の近くのお店や、自分が行きたいと思っている国・地域によっては提携店舗が少ないブランドもあります。

慎重に選ぼう

最後に気を付けることは「慎重に選ぶ」ということです。

通常発行までに時間がかかるものを即日発行しているということは、他のカードに比べてクセがあるということです。時間が無いからと適当にカードを選ぶと、「こんなはずじゃなかったのに」ということになりかねません。

後悔しないカード選びをしましょう。

即日発行可能なおすすめのクレジットカードを紹介

補償内容と国際ブランド選びに気を付ける必要があるクレジットカード。

即日発行可能なものは多くはありませんが、その中から知名度の高いものを六枚紹介します。自分のカードの利用目的や希望と照らし合わせながら、それぞれのカードの性能を見てみましょう。

【エポスカード】

エポスカードは、「OIOI(マルイ)」が発行している即日発行可能のクレジットカードです。マルイを頻繁に利用する方にとってメリットが大きく、その反面デメリットが少ない即日発行可能の中では鉄板カードと言えます。

エポスカード エポスカード
発行期間 店頭申し込み:即日(最短30分)発行
年会費 初年度:0万円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 満18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド VISA
利用限度額(初年度) 審査によって設定
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:0.5%(200円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:5.0%(200円当たり10ポイント-HP Directplus)

ポイント有効期限 ポイント加算日から2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:1ポイント=0.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

最初に、エポスカードの発行をする際に気を付けなければならないことがあります。

即日発行可能なのは、マルイ各店のカードセンターで申し込んだ場合です。オンラインで入会すると1週間程度かかってしまうので注意しましょう。

エポスカードの良いところは、VISA付の場合は海外旅行保険が自動付帯することです。

項目は死亡・後遺障害や障害治療・疾病治療・携行品損害・賠償責任・救援者費用となっています。

永年年会費無料のカードとしては、手厚い補償なんですよ。しかも「海外でキャッシングしたら、ネットから返済できる」という便利機能まで付いています。

海外旅行関係を重視したカード選びなら、エポスカードは間違いなく候補に入るでしょう。

ただ、エポスカードのメリットはそれだけではありません。

ポイントの交換先が多岐に渡っていてポイントを貯めるのが楽しいんですよ。

各店舗の食事券や割引などはもちろんのこと、カプコンのオリジナルゲームグッズと交換できるなどの特典もあるんです。ゲーム好きにはたまらないところですね。

ポイントはマルイのネット通販でも利用できますし、国際ブランドは提携店舗数の多いVISA。デメリットらしいデメリットが少ないのが、エポスカードの良いところですねえ。

唯一難点があるとすれば電子マネーが使えないところでしょうか?

【ACマスターカード】

カードローンで広く知られている「アコム」が発行しているクレジットカードです。

即日発行可能なカードとして有名ですが、非常に癖が強いカードなので注意が必要。その性能が、こちら!

カード名 ACマスターカード
発行期間 店頭窓口やむじんくんで最短即日発行
年会費 初年度:0円(ETC:発行不可)

2年目以降:0円

入会資格 満20歳以上で、安定した収入と返済能力のある方
国際ブランド MasterCard
利用限度額(初年度) 10~300万円
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:-

条件:-

ポイント有効期限
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL:-

ACマスターカードには、ポイントがありません。ETCカードの発行もできないし、電子マネーも使えないんです。それだけではなく、付帯保険もありません。

ACマスターカードは「とにかく早くカードが作りたい!」という人のためのカードです。キャッシング機能が付いたクレジットカードではなく、ショッピング機能が付いているカードローンサービスのようなイメージですね。

だから、付帯保険やポイントなどの機能はないんです。

発行の際は、無人契約機の「むじんくん」なら、人と顔を合わせることなく発行できます。そこまでの移動中にスマホで申し込みを終わらせると良いでしょう。

ただ、無人契約機と言っても通常クレジットカードの発行に必要な本人確認書類の提出は必要なので気を付けてください。あまりに気軽に利用できるために忘れる人もいますからね。

審査に厳しいという話もありますが、基本的にACマスターカードは審査が独特なカードです。たとえば他社の一般カードは審査に通ったのに落ちることがあれば、仕事し始めなのに審査に通ったということもあります。

【セゾンカードインターナショナル】

年会費永久無料・ポイント永久不滅という二種類の「永遠」を持つ、クレティセゾンが発行するカード。会員数がとても多い「流通系カードの代表格」となっています。買い物上手な方に是非持ってもらいたいカードです。

セゾンカードインターナショナル セゾンカードインターナショナル
発行期間 即日(来店受取)~3営業日
年会費 初年度:0万円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(高校生除く)で、クレティセゾン提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:-

ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・iD(携帯)
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
JAL:1ポイント2.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

来店受取の場合は即日発行可能となっていますが、即日でなくても3営業日までには受け取ることができます。いずれにせよすぐに発行してくれるということなので、嬉しいですよね。

付帯保険はありませんが、セゾンカードインターナショナルは買い物用と割り切って利用するカードというような特徴を持っています。

そのため「主婦」の方に圧倒的な人気を誇っているんです。

それはどういうことかというと、たとえば西友・LIVIN・サニーで毎月5日と20日の買い物5%オフという優待を受けることができるということ。

それだけでなく、セブン・イレブンやイトーヨーカドーで使うと、永久不滅ポイントの他にnanacoポイントも貯まるんです。

永久不滅ポイントは還元率0.5%で、nanacoは1.0%……合計1.5%の還元率になる!!

また、セゾンポイントモールという店舗数が圧倒的に多いネットモールを利用することもできます。リアル店舗での買い物も、ネットでの買い物も両方お得になるため、買い物特化と言えるんです。

【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード】

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、恐らく最も作りやすいアメックスカードではないでしょうか。

年会費が2年目からかかるとなっていますが、1度でも利用すれば年会費が翌年も無料。実質無料のアメックスカードなんです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
発行期間 即日(来店受取)~3営業日
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:1.080円

入会資格 18歳以上(高校生除く)で電話連絡が可能な方で、提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 審査によって設定
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.0%(1000円当たり2ポイント-海外一般加盟店)

ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・iD(携帯)
マイル還元率 ANA:200ポイント=600マイル
JAL:200ポイント=500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

セゾンカードインターナショナルと同じで、ポイントは永久不滅です。

1度でも利用すれば年会費も無料になるので、実質年会費永久無料のようなものですね。セゾンカードインターナショナルのメリットは、しっかりと引き継いでいます。

その上「アメリカン・エキスプレス・コネクト」という、ネット通販のキャッシュバック得点やレストラン割引・宿泊優待得点などを確認できる会員限定インターネットサービスもあり、より便利に利用できるようになっているんです。

キャッシュバックキャンペーンは定期開催! その内容が凄いんですよ。たとえば期間中Amazonで5000円以上のカード利用をすることによって、1000円キャッシュバックされるというような感じ。

似たようなキャンペーンが時々開催されるので、時々アメリカン・エキスプレス・コネクトを覗いてみると確実に良いことがあるわけです。

ただ、「クレジットカードを不正利用されたらどうしよう?」という不安がネットショップにはありますよね。万が一そういうことになった場合、セゾンパール・アメックスは損害を補償してくれるんです。

そして!

セゾンが提携している全国各地の施設での割引優待を受けることができます。

たとえば「星野リゾート界」というグレードの高い旅館の割引特典や、全国にある「休暇村」の宿泊代金が10%オフになると言う得点などがあるんですよ。

さらに!

セゾンカードの特典だけでなく、アメックスの特典も使えてしまいます。ホテルやレストランの割引は常に使えるし、アメックスが期間限定で行っている各種割引優待も利用可能。

旅行補償は無いものの、旅行関係の割引やレンタルサービスなどは利用できます。無料・即日で作れるカードとしては、圧倒的コスパの高さを誇るカードです。

【セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード】

セゾンパール・アメックスよりも上質な優待得点を受けることができ、補償設けることができる即日発行可能なカードの中では恐らくトップクラスで豪華なカードです。

アメックスをより身近に感じられるだけでなく、お得に楽しく利用できますよ。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
発行期間 即日(来店受取)~3営業日
年会費 初年度:0万円(ETC:0円)

2年目以降:3,240円

入会資格 18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能で、提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド AMEX(アメックス)
利用限度額(初年度) 最大150万円
付帯保険 海外・国内旅行保険、ショッピング保険
ポイント還元率 標準:0.50%(1000円当たり1ポイント-国内一般加盟店)

条件:1.08%(1000円当たり2ポイント-海外一般加盟店)

ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー QUICPay・楽天Edy・iD(携帯)
マイル還元率 ANA:200ポイント=600マイル
JAL:200ポイント=500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

最初に補償から見てみましょう。

海外旅行保険は死亡・後遺障害、障害治療、疾病治療、携行品損害、賠償責任、救援者費用の補償を受けることができます。

全て自動付帯で、最大3000万円。国内旅行保険は死亡・後遺障害と入院保険金日額、通院保険金日額。これも最大3000万円です。

ショッピング保険は100万円で、購入日より120日以内に生じた破損・盗難なら補償してくれます。

付帯サービスは、ほとんどがセゾンパール・アメックスと同じです。

それに加えて、セゾンブルー・アメックスでは空港手荷物無料宅配サービスが受けられます。これは、海外旅行から帰国した際、空港から自宅まで荷物を無料配送してくれるというサービスです。

帰国時の荷物は重くて大きくなってますし、帰国時は疲れていて荷物を運ぶのは大変ですよね。

そんなときに荷物を運んでくれるというのは、とてもありがたいのではないでしょうか。

要はセゾンパール・アメックスは「海外旅行に出かけない人用」で、セゾンブルー・アメックスは「海外旅行に出かける人用」と言えますね。

【PARCOカード】

名前からはわかりにくいかもしれませんが、PARCOカードもセゾンカードのお仲間です。

アメックスカードを見た後だとイマイチに感じるかもしれませんが、パルコでのお買い物がお得になるなどメリットもしっかり用意されています。そんなPARCOカードの性能がこちら!

PARCOカード PARCOカード
発行期間 即日(来店受取)~3営業日
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(高校生除く)で、提携金融機関に決済口座を持っている方
国際ブランド VISA・JCB・Master Card・AMEX
利用限度額(初年度) 審査によって設定
付帯保険 なし
ポイント還元率 標準:0.5%(1000円当たり1ポイント)

条件:-

ポイント有効期限 なし
利用可能電子マネー iD・QUICPay・楽天Edy
マイル還元率 ANA:200ポイント=600マイル
JAL:200ポイント=500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

PARCOカード最大の特徴は、入会後1年間パルコでの買い物が5%オフになるという点です。年会費無料で5%オフという得点を受けることができることから、パルコでのショッピング用に作る方が多いんですよ。

割引だけではなく、パルコ各店でPARCOカードの優待企画を行っている場合があります。

たとえば「池袋パルコで定時すると、映画観賞券が割引に!」などの企画です。企画内容は店舗によって変わるので、公式ホームページをチェックしましょう。

他にもカード会員限定のプレゼント企画も実施されていますよ。

年会費無料なので保険は付帯しませんが、その代わり国際ブランドの取り扱いが豊富です。三大ブランド以外にもアメックスを選ぶことができるため、自分の用途や地域性に合わせて最適なものを選ぶことができます。

また、アメックスカードには年会費無料のカードと「PARCOアメリカン・エキスプレス・カード」という年会費3000円かかるカードがあるんです。

年会費がかかるカードの場合は、セゾン・ブルーと同じような補償を受けることができます。

その他セゾンカード特有の「西友などでの優待」設けることができるので、買い物好きにはお得な一枚と言えるのではないでしょうか。

そして、1年の間にパルコで10万円以上の買い物をすると「PARCOカードクラスSメンバーズ」になれます。クラスSメンバーズになると、期間限定ではありますが更に優待を受けることができるんです。

ただ、期間内にまた10万円以上の買い物をした場合には期間をまた1年延ばすことができます。年に10万円以上PARCOで買い物をする方にとっては、ずっとお得というわけですね。

クレジットカードを即日発行するメリット

即日発行可能なクレジットカードの実例を紹介してきましたが、それぞれにメリットとデメリットがありましたよね。

各カードにメリット・デメリットがあるように、即日発行をするということ自体にもそれらがあります。まずはメリットから見てみましょう。

即日に受け取れること自体がメリット

即日発行ということ自体が、大きなメリットですよね。

たとえば「ここ数ヶ月、あるいは1年間ずっと欲しかったものが今目の前にある……なのに! お金がない」という場合、即日発行できれば目の前のチャンスを逃すことがありません。

また、即日受け取りができれば「審査大丈夫かな?」という不安が長続きすることがなく精神衛生的にも良いですよね。クレジットカードの審査待ちは、本当にソワソワして落ち着きませんから。

すれ違う心配が無い

クレジットカードを発行すると、指定の住所に郵送してくれます。ただ、カードの受け取りには本人確認が必要なんです。

ポストにポーイと投げておくというわけにはいかず、申込者本人が不在だとカードの受け取りができません。

そうやってすれ違い、カードの受け取りに手間がかかるというケースは多いです。

即日発行だと店舗のカウンターで受け取るという手順になるので、絶対にすれ違いませんよね。

急な旅行・出張に対応することができる

急な旅行や出張でクレジットカードが欲しくなったとき、即日発行が出来ると「出発が明日なんだよね」という場合でも対応することができます。

クレジットカードがあると旅行・出張の段取りが圧倒的にスムーズになりますからね。

クレジットカードを即日発行するデメリット

即日発行のメリットはやはり「すぐに作れること」に尽きますよね。意外と「今すぐお金が欲しいのに!」ということは多いですから。ただ、即日発行のクレジットカードにはデメリットもあるんです。

カードの多数持ちに繋がる可能性が高い

即日発行可能なカードを手にすると、あまりの手軽さに驚きます。

手軽に作れるからどんどん即日発行のカードを作ろうとする人もいるんですが、これがとても危険。

カードの多数持ちに繋がってしまい、いざ心から「欲しい!」と思えるカードに出会った際に審査に落ちることもあるんです。

枚数は多ければ多いほど、審査に不利になりますからね。

今後ゴールドカードなどを作ることを考えると、多数持ちには気を付けて「即日発行のクレジットカードはこれ一枚だけ」と思っておきましょう。

店舗に出向く手間がかかる

通常のクレジットカードはオンラインで手続きが出来て、その後こちらは待っているだけです。

書類が必要な際は送る必要がありますが、基本はパソコンの前で完結します。カードの受け取りも郵送なので楽ですよね。

即日発行の場合は自分から店舗に出向かないといけないので、多少手間がかかります。

そのため、どうしても「近くに店舗があるカード」を選んでしまうんですよね。手間がかかることは、「本当はセゾンカードの方が良いけど、近くにセゾンが無いからACマスターカードにしよう……」と妥協で選ぶことにも繋がります。

カード選択が限られる

即日発行できるカードの種類は、少ないです。今回6枚紹介しましたが、6枚中4枚は同じセゾンカードですからね。

セゾンカードは種類が豊富ですが、発行会社が同じだと基本特典やサービスは同じになります。その分どうしても選択の幅が狭まっていると言わざるを得ません。

即日発行可能なクレジットカードへ対する疑問

即日発行可能なクレジットカードに関するメリットとデメリットを紹介しましたが、そもそも即日発行出来るのかとか審査はどれくらいの厳しさなのかとか、疑問点が多いですよね。

そこで即日発行可能なクレジットカードに対する疑問として、よくあるものにお答えしましょう。

審査は甘いの?

審査の時間が短いため審査が甘いと勘違いしてしまいがちですが、審査基準は通常のカードと同じです。特別甘いこともなければ、厳しいということもありません。

審査が早いのは後回しにせず即審査を行うからという場合と、機械が審査している場合とがあります。

早い=甘いにはならないんです。

本当にすぐ発行される?

即日発行するための手続きを正しく踏んでいれば、すぐ発行されますよ。

ただ、カードによっては、「即日発行」と言っても実物がすぐ受け取れるわけではない場合もあるので注意が必要です。

そういう場合には「仮カード」というものが渡されます。仮カードは「限度額が少ない」「使える店舗が少ない」という制約があるカードです。自分が発行したいカードは本当に即日発行されるのかどうかしっかり調べてから、申し込みましょう。

どんな手順で発行されるの?

発行会社によって細かい手順は異なります。

例えば、エポスカードの場合は最初にWEBまたはアプリで申し込みをするんです。審査結果はすぐにメールでお知らせされます。審査に通った場合は、店頭のカードセンターに出向いて即日受け取りが可能です。

大体はこの三ステップで即日発行されますよ。

まとめ

即日発行可能なクレジットカードの代表格は、やはりエポスカードとセゾンカード各種です。

特にセゾンカードは年会費無料または格安でアメックスを作ることができるということで、即日発行以外の面からも選ばれています。

即日発行界隈では「セゾン一強」という意見もありますが、実際にはどのカードにもメリット・デメリットがあるので、自分にとってメリットの方が大きいと感じるカードを作るようにしましょう。