カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


クレジットカードの返済をしないと大変なことに!?いったいどんなことが起こる?

クレジットカードの返済をしないと大変なことに!?いったいどんなことが起こる?

クレジットカードを使うと送られてくる、クレジットカードの利用明細書。

明細書を見てみると、気が付けばついつい使いすぎていて返済が危うくなってしまった、なんて経験をしたことがある人も多いはず。

そこでちゃんと返済をしていれば何も問題が無いのですが、もし返済できないからといって返済を無視していると、取り返しのつかない大変なことになります!

そんな事態にならないためにも、クレジットカードを利用する時には注意しなければいけませんよ。

そこで今回は、”クレジットカードと返済”をテーマにお話していきたいと思います。

クレジットカードの返済が出来ない時に絶対にしていけないこと

クレジットカードの返済が難しくなり、どうしたらいいのかわからない…なんて状態になったとしても、絶対にしてはいけないことがあります。

では、絶対にしてはいけないこととは何なのか、確認していきましょう。

クレジットカードを今まで通り使い続ける

クレジットカードの返済が難しい状態になっているのに、クレジットカードを今まで通り使い続けるのはご法度です

ただでさえ返済が難しくなっているのに、さらに返済額を増やすとことで、返済が”難しい”から”無理”に変わってしまいます。

そのため、少なくともクレジットカードの返済が終わるまでは利用しないようにしましょう。

カード会社からの電話を無視する

クレジットカードの返済をしていないと、カード会社から”返済されていませんよ”という電話がきますが、その電話を無視することはいけません!

電話を無視することで、クレジットカードの返済をする気があっても、返済しない人と思われてしまい、クレジットカードの利用停止や解約を食らってしまうことがあります。

実は、クレジットカードの利用停止や解約になることって、非常に大変な事態!

今まで分割やリボ払いで支払っていた残りの金額を、一括で返済しないといけなくなる場合があるんです。

クレジットカードの返済が出来ないから支払いをしていないというのに、一括で残りの返済をするなんてできませんよね。

そのため、例えクレジットカードの返済ができるかわかない状況だとしても、カード会社からの電話は絶対に無視してはいけませんよ

督促状が届いても見て見ぬ振りをする

カード会社からの電話と同時期くらいに、自宅に督促状が届きます。

督促状の内容はもちろん、「クレジットカードの返済をしてください」という内容のもの。

そのため督促状が届いても、見て見ぬ振りをしてしまいたくなりますよね。

しかし、督促状を見てみ見ぬ振りをしてしまうと、今度は”催告書”が届きます。

催告書は、「期限までに支払わないと法的措置も辞さない」という内容の場合が多いです。法的措置とは裁判を起こすということで、最終的には裁判所から給与や通帳などを差し押さえられてしまいます。

クレジットカードの返済をしないとどんなことが起こるの?

クレジットカードの返済をしないでいると、最終的には給与や通帳の差し押さえがされますが、実は他にも起こることがたくさんあるんですよ。

ここからは、クレジットカードの返済しないとどんなことが起きるのかについて、お伝えしていきます!

滞納金で支払い額がどんどん増える

クレジットの返済をしていないと、”滞納金”という追加料金が発生します。

この延滞金は支払いが遅れれば遅れるほど増えていき、支払額も多くなってしまうんです。

カード会社によって違いがありますが、大体15~20%ほどの金利手数料を取られてしまいます。

例えば、金利手数料が20%でクレジットカードの返済額が50万円の場合だと

  • 30日遅れで約8,200円の延滞金
  • 60日遅れで約16,400円の延滞金
  • 90日遅れで約24,600円の延滞金

となっているので、滞納金が増えてしまう前に返済してしまいましょうね。

ブラックリストにあなたの名前が書き加えられる

クレジットカードのブラックリスト、なんてことを聞いたことはありませんか?

実は、ブラックリストになる条件の1つに”クレジットカードの返済をしていない”というものがあり、クレジットカードの返済をしないことで、あなたの名前がブラックリストに書き加えられてしまいます。

そしてこのブラックリストに名前が載っていると、家や車のローンが組みたい時や、賃貸契約をする時に不利になるなどのデメリットが目白押しです。

また、クレジットカードの返済をしたとしても、既にブラックリストになってしまっていた時は、完済日から最低5年間は名前が消えることがないので注意してください。

ローンや賃貸契約が出来ない場合も!?

家や車を購入したい時には、ローンを組んでもらったのち購入するという人は多いはず。

しかし、ブラックリストに名前が載っていると、ローンを組む時には非常に不利な状況です。

それもそのはず、クレジットカードの返済をしてくれない人がローンの返済をちゃんとするなんて、信用できませんよね。

そのため、ローンを組むことが出来なくなり、一括で購入するしかなくなってしまうんです。

また賃貸契約する時にも、保証会社経由で契約しようとしている人は注意が必要!

保証会社もあなたがブラックリストに名前が載っていないかを確認するので、保証人になってくれない場合もあり、賃貸契約が出来ないといったことになってしまいます。

リボ払いの返済に終わりが見えない人はこの方法を試してみて!

実は、クレジットカードの返済に困っている人って、リボ払いの返済に頭を悩ませている人が多いんです。

ではどうしてリボ払いだと返済が辛くなってしまうのでしょうか?

ここでは、リボ払いの返済が辛くなってしまう原因と対処法についてご紹介します!

リボ払いの返済が終わらないのは”利用金額” と”高い金利”のせいだった

リボ払いの返済が終わらず辛くなってしまう原因、それは”高い金利”と利用金額”が大きく関係していました。

リボ払いは、毎月の支払いが一定なので、カードの利用明細書を見ても金額的にはそれほど多くはなりません。

そのため、「カードの利用額に余裕があるから使っても大丈夫」なんて思いクレジットカードを使ってしまうと、いつまで経ってもリボ払いが終わらず返済がきつくなってしまいます。

また、リボ払いは金利が非常に高くなっているのが特徴。多くのカード会社がリボ払いの金利を15%ほどに設定しているので、支払い回数が多くなればなるほど、支払う額が多くなってしまいます。

ちなみに100万円の支払い額があった場合、金利だけで年間15万円も支払う額が大きくなり、このことがリボ払いの返済が辛くなってしまう原因です。

返済額を増やして支払い回数を減らす

リボ払いの返済を楽にするには、毎月の支払い額を増やして支払いの回数を減らすというのが効果的な方法!

「リボ払いの返済に困っているのに、返済額を増やすなんて無理!」と考えてしまう人もいるかと思いますが、毎月の支払いを5,000円増やすだけでも全然違ってくるんですよ。

仮に毎月のリボ払いが5,000円のところを1万円に変更したとすると、支払いの回数は半分になりますよね。

支払いの回数を半分にすることで、金利を支払う回数も半分にすることができ、その分だけ支払う金額を抑えることが出来るというわけなんです。

低金利のカードローンでリボ払いを一気に返済!

リボ払いの返済がきつくなっているなら、低金利のカードローンからお金を借りてリボ払いの返済額を一気にやってしまうというのも1つの方法です。

リボ払いの金利は、カード会社によって違いがありますが、約15%に設定されています。

一方、低金利のカードローンだと7~10%とリボ払いの金利よりも低くなっているので、カードローンからお金を借りてリボ払いの返済をしてしまった方が、結果的には出費を減らすことが出来るんです。

まとめ

クレジットカードの返済をしないでいると、あなたの名前がブラックリストに載ることになります。

ブラックリストに名前が載ることで、

  • クレジットカードの利用が停止されることがある
  • ローンの組み立てや賃貸契約が出来ない

といったことが起こるので、気をつけなくてはいけません。

また、クレジットカードの返済でリボ払いをしている人は注意が必要です!

リボ払いは、カードの利用明細書を見る限りでは大した金額に見えませんが、支払い回数が多いため返済期間が長くなりやすく、いつまで経っても返済が終わらなくなってしまう原因となるので気をつけましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!