楽天カードとイオンカードを徹底比較!普段使いに適したのはどっち?

楽天カードとイオンカードを徹底比較!普段使いに適したのはどっち?

楽天カードとイオンカードどっちがいいの? と言われることもあれば、楽天カードとイオンカード二枚持ちが最強だと言われることもある。

この二枚は似ているけれど、役割を分けることも出来る絶妙な組み合わせなんです。だからこそ、両方とも持つという選択肢も、どちらか一方だけを持つという選択肢も現実味があります。

二枚持ちか、どちらか一方か? 一方だけならどちらがより普段使いに適しているのか……。

二枚を比較して、決めてみましょう!

楽天カードとイオンカードの比較ポイント!

実際に比較する前に、比較する際に見るべきポイントがわかっていれば話が早いですよね。

今回の見どころは「どこが似ているのか」と、「どうやって役割が分かれているのか」の二点です。それを踏まえ、今回比較するポイントを見てみましょう。

年会費や入会条件の良さ

ステータスカードならともかく、普段使いするカードは年会費が出来る限り安い方がいいですよね。

可能なら無料が嬉しいところだけど、楽天カードとイオンカードはどうでしょうか。

また、入会条件も気になります。楽天カードは作りやすいことで有名だけど、イオンカードはどうでしょう。

入会特典の魅力

楽天カードは楽天の各種サービス、イオンカードはイオングループ各店を絡めた入会特典があるんじゃないかと期待できますよね。

後述しますが、どちらも自社サービスや店舗で使えるポイント制度となっているため、入会特典の有無は大きなポイントとなりそうです。

ポイントの溜まりやすさや還元先の充実度

どうしてクレジットカードを使うのか?

支払いが便利だということもそうだけど、ポイントが貯まるというのも利用目的の大部分を占めていることでしょう。

ポイントの貯まりやすさは、非常に大事なポイントです。普段使いにするのなら、特に重視すべきところではないでしょうか。

付帯保険の手厚さ

旅行にも利用するのなら、海外旅行・国内旅行保険の有無が気になるところです。旅行に全く使わないのなら、ショッピング保険だけでも欲しいですよね。

楽天カードとイオンカードは、どんな保険をどれくらいの手厚さで付帯しているのでしょうか。

付帯サービスの豊富さ

自社サービスと自社店舗を絡めた付帯サービスがあるか、旅行時に役立つサービスはあるか……。

還元率が似たカードだと、最後は付帯サービスの豊富さが決着をつける要素になります。

還元率が低くても、サービスが充実していれば許せることもあるかもしれません。

最後に付帯サービスを見てから、作るカードを決めましょう。

【楽天カード】VS【イオンカード】を比較!

楽天カードVSイオンカード、本題の比較! 先ほど紹介したポイントごとに、簡潔に比較したいと思います。

付帯サービスなど細かい部分、比較よりそれぞれのカードの特徴として紹介したほうがわかりやすい部分だけ後回しにしましょう。

年会費や入会条件で比較

年会費は、楽天カードもイオンカードも永年無料! だけど、ETC付カードには違いがあります。

楽天カードはETCだと別途540円の年会費がかかるんですが、イオンカードはETCを付けても無料です。車に乗る人は、イオンカードの方が安く済みそうですよね。

また、入会条件はどちらも18歳以上(学生可)となっています。表向きには違いがなさそうですね。

入会審査の評判はどうかというと、両方とも「通りやすい」と言われています。基本的に、入会条件や作りやすさはあまり変わらないということです。

どちらも「自社サービスや店舗」を積極利用してもらうために、クレジットカードを作っているでしょうから。

入会特典で比較

楽天カードは、新規入会特典として2000ポイント(通常ポイント)が進呈されます。初回利用時にも、3000ポイント(期間限定ポイント)が進呈されるため、合計5000ポイントが入会特典として受け取れるわけです。

新規入会特典は、カードが到着してから楽天e-NAVI経由ですぐ受け取ることができます。有効期限は他のポイントと変わらず1年です。

初回利用時特典は、カードを初利用した日の翌月20日ごろに反映され、有効期限は短くなっています。

結構豪華ですよね。

イオンカードはどうかというと……2018年1月現在、イオンカードの新規入会・利用特典は最大5000円相当分のポイントプレゼントとなっています。

額だけ見ると楽天カードと同等ですが、イオンカードの入会特典は常時開催ではありません。

2018年1月現在に行われているキャンペーンは、2017年12月1日から2018年2月28日まで(継続する可能性もある)とされています。

更に、WEB申し込み限定の特典です。

基本的に、常時開催している特典は無く、キャンペーンとしてその時期によって様々な特典をプレゼントしているんでしょうね。

ポイントの溜まりやすさや還元先で比較

楽天カードは、一般加盟店の支払いで100円当たり1ポイント貯まります。楽天市場利用時は100円当たり4~6ポイント貯まるんです。

超・高還元! 100円当たり6ポイントを貯めるには条件がありますが、それは後程楽天カードの魅力を語りながらじっくり紹介しましょう。

一方イオンカードは、一般加盟店の場合200円当たり1ポイント貯まります。イオングループの店舗利用時は、200円当たり2ポイント。

単純なポイントの貯まりやすさだけなら、楽天カードに負けています。

還元先に関しては、楽天カードは交換せずそのまま使うのが一般的です。

楽天市場の支払い時などに使う感じですね。

イオンカードは、各種商品に交換したりWAONポイントに交換したりして使います。

基本的にはWAONに交換するという方が多いのではないでしょうか。その場合は、WAON一体型のイオンカードを作ると利便性が高まりますね。

ただ、交換可能な商品の種類も豊富でカタログを見ているだけでワクワクしますよ。商品ジャンルは様々。

「キッチン」「ヘルス&ビューティ」「ファッション」「生活雑貨」「ペット用品」「食品」「金券」「オーディオ」などの中から、その時欲しいものを選べます。

個人的には、デロンギのエスプレッソ・カプチーノメーカーに心が惹かれますねえ。

ポイントの使いやすさは交換せず使える点で楽天カードの方が上かもしれませんが、還元先の豊富さやワクワク感はイオンカードの方が上と言えるのではないでしょうか。

付帯保険で比較

楽天カードには、海外旅行保険が付帯されています。

最高金額は利用付帯で2000万円。年会費無料のカードとしては十分な金額が備わっていると言えるのではないでしょうか。

それに合わせてか、海外旅行時に役立つ付帯サービスも豊富です。

イオンカードは、海外・国内旅行保険は無く、ショッピング保険が付帯されています。金額は海外・国内共に50万円と少し低め。年会費無料で100万円のカードもありますからね。

ただ、両方持ちするならお互いの保険が補い合って良い感じになりそうです。

付帯サービスで比較

楽天カードには、「海外お土産宅配サービス優待」「手荷物宅配サービス優待」「コート預かりサービス優待」「楽天カードラウンジ利用」などのサービスが付帯します。

海外旅行保険が付帯されることと、海外旅行向きのサービスが多いこととが見事に合致して方向性が定まっているのが好印象ですね。

一方イオンカードは優待特典は多いものの、付帯サービスは少ないです。スマホアプリのイオンウォレットや「トクする旅行案内板の利用」くらいのもの。

他にも年会費を払うことでサポートしてくれる「イオンサポートサービス」がありますが、年会費がかかるので付帯サービスと言うかどうかは微妙かもしれませんね。

通常のイオンカードではなく、イオンカードセレクトを選ぶことによって限定特典をゲットすることはできます。

たとえば「WAONポイントに交換する際の還元率が5倍になる」「引き落とし額に応じてステージが決定し、特典が貰える」「普通預金金利が定期預金と同等の高金利になる」などです。

イオンカードセレクトは年会費無料で作れますが、イオン銀行の口座を持っている人限定となっています。

【楽天カード】はこんなクレジットカード!

普段使いも通販もバッチリ決まる楽天カード、その魅力はどこにあるのでしょうか。比較した内容を表にして簡単にまとめながら、楽天カードの三つの魅力・利点を語りたいと思います。楽天カードの魅力はズバリ! お得感。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付:540円)
2年目以降:0円(ETC付:540円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント
楽天市場の利用でポイント4倍
ポイントの還元先 楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに利用可。
提携サービスのポイントに交換可能。
ポイント有効期限 1年
付帯保険 海外旅行保険
付帯サービス スーパーポイントアッププログラム
海外お土産宅配サービス優待
手荷物宅配サービス優待
コート預かりサービス優待など
利用可能電子マネー 楽天Edy
楽天カードボタン

ポイント還元率が高いこともそうですが、楽天ポイントの利便性の高さが魅力的ですよねえ。楽天市場だけでなく、楽天ポイント加盟店で使えるのが嬉しいところ。

通販だけじゃなく、リアル店舗でも使えてこその利便性の高さ。更に、提携サービスのポイントにも交換できる多様性もグッときます。

ポイントの有効期限は1年と決して長くはないけれど、1年で十分すぎるほどポイントが貯まるし、使いきれないということもないのではないでしょうか。

そんな楽天カードの魅力は、やはりこの三つ!

普段の買い物も、通販も両方お得

一般加盟店の還元率が1%、楽天市場は4%。楽天市場の還元率ばかりを見てしまいがちだけれど、一般加盟店でカード払いするときのポイントの貯まりやすさも凄いですよね。

イオングループの店を利用するとしても、貯まるポイントプログラムは違うけどイオンカードと同等のポイント数が貯まるわけです。

さらに、楽天市場だとその4倍!

普段も通販も両方お得になるから、とりあえず楽天カードを作っておけばいいという感じがしますよね。

楽天市場の利用時、最大還元率6%!

楽天市場を利用するとき、還元率は最大6%になります!

仕組みは単純。「スーパーポイントアッププログラム」を利用することによって、圧倒的な還元率の高さを手に入れることができるんですよ。

まず、月に1回以上楽天市場アプリを利用するだけで、当月の還元率が+1%されます。楽天ブックスまたは楽天モバイルを利用すると、当月の還元率がさらに+1%! 楽天市場利用時の還元率アップと合わせると……?

還元率6%! 100円当たり6ポイント貯まるようになります。圧倒的ですね。

付帯サービスが充実、旅行も安心

海外お土産宅配サービスを利用することで、出発前に渡航先のお土産を自宅に宅配してもらうことが出来ます。重いものを買う際、現地で持ち歩くのは辛いですよね。

それでも心配ご無用! 「買い忘れたりしないかなあ」という心配も不要! どうしても欲しいものは、前もって宅配サービスを使うとお得です。

しかも、ポイント10倍還元で利用できますよ。

また、海外旅行の手荷物を空港から自宅まで、もしくは自宅から空港まで宅配してくれるサービスが往復最大300円オフで利用可能です。

防寒具一時預かりサービスは、1着あたり10%オフ!

無料じゃなくて「割引優待」というものばかりだけど、無いよりはある方が断然いいですよね。

旅行をする場所によれば、無料利用できるサービスもありますよ。それが、楽天トラベル現地ラウンジです。ワイキキ中心部に楽天カード会員限定のラウンジがオープンしていて、そこを無料利用し様々なサービスを受けることができます。

たとえば、冷たいジュースやホットドリンクが無料で飲めたり、PC・プリンターやWiFiを無料利用できたりするわけです。荷物を一日中預かってくれるサービスも助かるし、マッサージチェアを使って旅行の疲れをいやすこともできます。

ベビーカーの貸し出しや授乳室の利用など、ママさんに嬉しいサービスも!

普段の買い物も通販も得になって、旅行も安心お得という……。やりますねえ、楽天カード。

【イオンカード】はこんなクレジットカード!

暮らしに密着したカードとして、とても高性能なのがイオンカードです。

機能やサービスの数は少ないけれど、普段使いのカードとしては必要にして十分。イオングループを利用することが多いなら、それ以上の価値を持っています。

イオンカード イオンカード
年会費 初年度:0円(ETC付:0円)
2年目以降:0円(ETC付:0円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 標準0.5%(200円当たり1ポイント-国内一般加盟店)
条件:1.0%(200円当たり2ポイント-イオン)
ポイントの還元先 各種商品に交換
WAONポイントに交換
ポイント有効期限 2年
付帯保険 ショッピング保険
付帯サービス 特に無し。
利用可能電子マネー 無し。

電子マネーの利用はできませんが、WAON一体型カードを作ればWAONの利用が可能になります。

WAON一体型だからと年会費がかかるとか、作るのが難しくなるとかいうことはありません。ただ機能の必要性を感じるかどうかというだけの問題です。

また、個人的にはポイントの還元先がイオンカードの魅力だと感じています。

商品券一択になりがちなクレジットカードのポイント還元先だけど、多様な商品が用意されているとポイントをワクワクしながら貯められますよね。

「この商品が欲しいから、これだけ貯めよう」と目標設定をし、ゲーム感覚で利用できるのが楽しいです。

有効期限も2年あるから、じっくり貯められます。

それ以外にも、魅力は多いです。

たとえば、家賃や賃貸物件の契約費用をカード支払いしてポイントを貯めることが出来たり、各種公共料金の支払いもポイントが貯まったり……。本当に、暮らしに密着したカードだなあと実感しますよねえ。

イオンカードだからこそ得をする

イオンカードを持っていると、イオンの優待特典を利用することができます。

毎月20日・30日は5%オフになるお客様感謝デー、毎月5のつく日はWAONポイント2倍になるキャンペーン。毎月10日にイオングループの買い物分がポイント5倍になる「ありが10デー」などなど、多種多様な特典があるんですよ。

それらをうまく利用すると、日常の出費を大幅削減したり、ポイントをガンガン貯めたりできます。

イオンカードだからこそ得をするということがあるから、一概に「楽天カードの方がお得度が高い」とは言えないんです。

キャッシングが利用しやすい

実は、イオンカードのキャッシング枠は「総量規制」の対象外なんですよ。年収に自信が無い方がキャッシング枠付きのカードを作るとき、一番作りやすいのはイオンカード。

イオンカードの発行元は「イオン銀行」という銀行だから、法律の規制対象にならないんです。

通常、総量規制という、個人の借り入れ総額が原則年収の3分の1までに制限される規制がかかります。ただ、この規制対象となるのは貸金業法の対象となる貸金業者。銀行は貸金業者じゃないから、法律の規制が無いわけです。

総量規制があると、収入が無い状態の方にはキャッシング枠を付与することができません。収入が少ない方に対しては「年収の3分の1まで」という規制があるから、キャッシング枠を付与しづらいんです。

ところが、イオンカードだと収入が無くてもカード会社の判断でキャッシング枠を付与することができてしまいます。

だから、イオンカードはキャッシング枠を利用しやすいんです。

楽天カードは総量規制の対象になるから、収入が少ない方には慎重だし、主婦(主夫)など収入が無い方にはキャッシング枠を付与できません。

年会費無料でカードの選択肢が多い

イオンカードの魅力は、性能だけにとどまりませんよ。

イオンカードは、年会費無料でカード選択の幅が広いのも魅力的です。たとえば、WAON一体型カードやSuica一体型カードが選べるし、イオン銀行口座を持っているなら圧倒的お得感の「イオンカードセレクト」を選ぶこともできます。

もちろん、何も機能がプラスされない通常カードを選ぶことも可能です。

また、イオンカードを使っていると「ゴールドカード」の招待が届きます。ゴールドカードのクオリティは楽天カードの方が高いものの、イオンカードのゴールドは年会費無料! 海外旅行保険や付帯サービスがプラスされます。

イオンカードを作るとき、どのカードを作るか考えるのも楽しいですよ。

まとめ

基本的には、楽天カードの方が汎用性は高いです。

国内一般加盟店全般1.0%の還元率だから、イオングループの支払い分もイオンカード並みに貯まります。その上楽天市場だと4倍の速度でポイントが貯まるわけですからねえ。凄まじい。

ただ、イオングループのお店を普段から利用するなら、お客様感謝デーなどの優待が受けられるイオンカードを持っていても損はありません。

普通に使っていればゴールドカードにアップグレード出来るし、ゴールドも年会費無料だから何も憂慮することはないでしょう。

イオン銀行口座を持っているなら更にお得なカードを作ることもできますしね。なんだかんだと面白く、可能性が広がるカードでしょう。

個人的には楽天カードをオススメしながら、イオンカードとの二枚持ちもアリなのかなと思います。