楽天カードとYahoo!JAPANカードを徹底比較!作るとお得なクレカはどっち?

楽天カードとYahoo!JAPANカードを徹底比較!作るとお得なクレカはどっち?

作りやすく使いやすいカードと言えば?

楽天カードが真っ先に思い浮かぶ方が多いかもしれませんが、Yahoo! JAPANカードも似た特徴を持っているんです。作りやすく、さらに使いやすい。

特にポイントプログラムの利便性が高いというのが、二つのカードの共通点!

特徴が似ている楽天カードとYahoo! JAPANカード、いったいどちらの方がお得なのでしょう? 比較は似たもの同士だからこそ面白い!

というわけでがぜん興味が湧いてくるので、ここで楽天カードとYahoo! JAPANカードの特徴を比較してみましょう。

楽天カードとYahoo!JAPANカードの比較ポイント!

本題に入る前に、楽天カードとYahoo! JAPANカードの「何をどう比較するのか」を紹介します。

今回の比較の見どころも語るので、実際の比較を見る前に、是非読んでみてくださいね。

年会費は高い?入会条件は厳しい?

似た特徴があるからこそ、年会費や入会条件の違いが気になるところです。

特徴が似ているのなら、作りやすく維持しやすいカードの方が魅力的に見えますからね。楽天カードとYahoo! JAPANカードはどうでしょうか。

入会特典が魅力的か

カードを作るモチベーションを高めてくれるのが、入会特典の存在ですよね。

比較した挙句どちらを作るか決められず迷ったら、最終的に「入会特典が豪華な方にしよう」という選び方ができます。入会特典の違いは、大きな見どころかもしれませんね。

ポイントの溜まりやすさ

クレジットカードの根源的な部分、ポイント還元率の違いは重要です。

還元率が高いカードは、還元率が低いカードより他の性能が少しくらい劣っていても許せてしまいます。

ポイントの貯まりやすさにどのような違いがあるか、特にYahoo! JAPANがどれだけ還元率が高いかに注目したいところです。

ポイントの還元先

ポイントは貯めるだけじゃなく、使いますよね。どちらも「使いやすいカード」と語りましたが、ポイントの利便性が高くなければポイントも無意味に近いわけです。

使いやすいカード同士なら、自分にとってはどちらの方が使いやすいかを見たいところ。楽天カードとYahoo! JAPANカードのポイントプログラムの違いに注目です。

付帯サービス等

還元率に魅力を感じないカードだとしても、付帯サービスに魅力を感じれば作るモチベーションが上がりますよね。

付帯サービスは還元率と同じくらい大事です。作りやすいカードは付帯サービスがないがしろにされがちだけど、楽天カードとYahoo! JAPANカードはどうでしょうか。

【楽天カード】VS【Yahoo!JAPANカード】を比較!

先ほど語った見どころを軸として、実際に各項目ごとの比較をしてみたいと思います。

細かいところは後述する部分もありますが、これを見るだけで楽天カードとYahoo! JAPANカードの概要が比較できる!

どちらが自分にとって有益か、なんとなく見当をつけましょう。

年会費や入会条件で比較

楽天カード、Yahoo! JAPANカード両方とも、年会費は無料です。入会条件にも大きな違いはありません。高校生を除く18歳以上の方となっています。

審査に要する時間も両方ともに短いです。ただ、楽天カードは短ければ数分で終わるものの、中には1日かかるということもあります。

時間がかかったら審査に落ちるという人もいますが、時間経過が審査の結果に関係することはありません。

一方Yahoo! JAPANカードは、早ければ2分程度で審査が終わります。ほとんどの方がすぐ審査内容が通知されたと語っていますが、中には時間がかかることもあるようです。

どちらにしろ、楽天もYahooもコンピューター審査をしているのではないでしょうか。

両方とも審査は緩めという意見が多数派ですが、どちらかと言えば楽天カードの方が作りやすいという意見が多いです。

入会特典の魅力で比較

楽天カードの入会特典は、新規入会特典が2000ポイント(通常ポイント)、初回利用時特典が3000ポイント(期間限定ポイント)となっています。

カード到着後、楽天e-NAVIを使ってすぐ新規入会特典を受け取ることが可能。通常ポイントだから有効期限は他のポイントと変わりません。初回利用時特典は、カードを初めて使った日の翌月20日ごろに反映されます。

これは使用期限が短いので、優先的に使わないといけません。

一方、Yahoo! JAPANカードの入会特典は、入会特典5000ポイントと利用特典3000ポイントとなっています。

ポイントの額が大きい! だけど、両方とも期間限定ポイントなので早く使わないといけません。

入会特典はカード発行と同時に進呈されます。利用特典は、申し込み月を含んだ2ヶ月目の末日までにカードを1度でも利用した場合、初回請求月の月末または利用明細に反映された月の翌月末に使用可能になるという仕組みです。

ただ、進呈自体は仮ポイントとして入会と同時に行われます。

また、入会特典も利用特典も有効期限は申込月を含んだ5ヶ月目の15日までです。

ポイントの溜まりやすさで比較

両方とも、一般加盟店の還元率は1%(100円当たり1ポイント)となっています。

ただ、条件別の還元率には違いがありますよ。

楽天カードは、「楽天市場の利用分のポイントが通常4%還元、最大6%還元になる」んです。最大6%にするには条件が必要ですが、すぐに条件を達成することができます。詳しい条件は後述しましょう。

Yahoo! JAPANカードは、「Yahoo! ショッピングとLOHACOの支払い分のポイントが3%還元になる」という特徴があります。

それだけだと「楽天カードには及ばない」という印象を受けるかもしれませんが、最大還元率はなんと合計7%!

「合計? 最大? どういうこと?」と疑問符がたくさん頭に浮かんだかもしれませんが、これも少し長くなるため後述します。

とにかく、「通常還元率は同じ1%。条件によっては楽天カードは4~6%、Yahooカードは3~7%になる」ということです。

ポイントの還元先で比較

楽天カードもYahooカードも、基本的にはポイントを交換する必要がありません。

楽天カードは楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに使えるし、YahooカードはTポイントだからTポイント加盟店やYahooショッピングなどで使えるんですよ。

一応楽天カードには豊富な交換先が用意されていますが、他のポイントやギフト券に交換するよりもそのまま使ったが方が利便性が高いです。

Yahooカードにも同様のことが言えます。

付帯サービスで比較

付帯サービスは全て語ると少し長くなるため、どのようなものがあるかだけ最初に比較したいと思います。

楽天カードには、「スーパーポイントアッププログラム」「海外お土産宅配サービス優待」「手荷物宅配サービス優待」「コート預かりサービス優待」などのサービスが付帯。

海外旅行で役立つものが多く、海外旅行時にカードを使うことも考えられます。

Yahoo! JAPANカードには、これと言った付帯サービスがありません。全くないということはないでしょうが、「保険や補償」といったものなので付帯サービスとは少し違います。保険を説明する際、一緒に説明しましょう。

【楽天カード】はこんなクレジットカード!

楽天カードとYahoo! JAPANを簡単に比較しましたが、ここで一度両方のカードを切り離して特徴を見たいと思います。楽天カードの特徴はやはり「ポイントの貯めやすさ」。

ポイント還元率6倍の真実をメインに、楽天カードの魅力を紹介しましょう。

楽天カード  楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付:540円)
2年目以降:0円(ETC付:540円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント
楽天市場の利用でポイント4倍
ポイントの還元先 楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに利用可。
提携サービスのポイントに交換可能。
ポイント有効期限 1年
付帯保険 海外旅行保険
付帯サービス スーパーポイントアッププログラムさー
海外お土産宅配サービス優待
手荷物宅配サービス優待
コート預かりサービス優待など
利用可能電子マネー 楽天Edy
楽天カードボタン

楽天カードの性能を表にしてみましたが、年会費無料カードの中でも特に性能が高いです。

海外旅行保険だけとは言え保険がしっかり付帯するし、ポイントが貯まりやすく還元先も豊富、付帯サービスまで揃っているカードはなかなかありません。

ただ、楽天カードがお得かどうかは「楽天サービスを使うかどうか」によって大きく変わります。楽天市場はもちろんそうだけれど、楽天市場以外のサービスも使わないとこのカードのメリットを最大限活用できません。

それは何故かも含めて、個人的な楽天ポイントのオススメポイントを語りたいと思います。

ポイントアップがしやすい

まず、楽天市場を利用するとポイント還元率4倍というのがいいですよね。超高還元率をとてもお気軽に実現することができます。

楽天市場を一年に一度も使わないというのならメリットはあまり感じられませんが、少しでも楽天市場を使うならメリットが大きいです。

特に、月に一回以上使う方なら最高でしょう。

ただ、それだけではありません。

スーパーポイントアッププログラムを活用すると、ポイント還元率は最大6%になります。これは楽天関連サービスの使用によって一か月間のポイント還元率を上げるというものです。

楽天市場アプリを使うと、その月の支払い分に関して還元率が+1%されます。楽天市場の利用時ポイントアップと合わせると、この時点で5%。これだけでも凄まじい数字ですよね。

その上、楽天ブックスまたは楽天モバイルを利用することによって+1%されます。最大ポイント還元率6%というのはこういうことです。月に一度でも利用すればいいので、ポイントアップの条件は簡単。

楽天ブックスや楽天モバイルは使わない方も多いでしょうが、楽天市場ユーザーなら楽天市場アプリは使うことがあるでしょうから5%の還元率は安定して得られるのではないでしょうか。

海外旅行保険が付帯する

利用付帯ですが、海外旅行保険が最大2000万円分付帯します。

楽天カードは「なかなかカードが作れない状況にある人」も作れるカードとして有名なので、旅行保険があるのは嬉しいですよね。

実際、旅行に使うことを考えれば楽天カードよりも良いカードはたくさんあります。

カードを選べる人は選べばいいけど、選べない人にとっては楽天カードが唯一の選択肢となるのではないでしょうか。

楽天カードがクレジットカード界のメシア的立ち位置になっていることを考えれば、海外旅行保険の付帯はやはり大きなメリットと言えそうです。

サービスが充実している

海外旅行保険が付帯していることと、楽天カードのサービスの充実度は密接な関係があります。

運営はきっと「保険を付帯するなら海外で利点があるようにしないとな」ということから、海外旅行時に役立つサービスを付帯させたのではないでしょうか。

表には記載していませんが「楽天カード会員専用ラウンジ」が、個人的には特に心に響きます。

ワイキキの中心地に楽天カード会員専用のラウンジがあり、そこで様々なサービスを受けることができるんです。

もちろん、ラウンジ内のサービスは全部無料! 現地の日本語スタッフがもてなしてくれるため、そこにいるだけで少し嬉しい気持ちにもなれますよ。

具体的なサービス内容は、たとえば「カード盗難・紛失時の相談と対応」や「傘の貸し出し」といった緊急時に役立つものがあります。

他には、マッサージチェアの利用やホットコーヒーや冷たいジュースなどのドリンク提供、PC・プリンター・Wifiの利用などが可能です。

荷物を一日中預かってくれるサービスもありますよ。

また、小さなお子さん連れに嬉しい「ベビーカーの貸し出し」「授乳室の利用」「キッズスペースの利用」などのサービスもあります。

他にもコートの預かりサービスが10%オフになるなど、海外旅行のときに楽天カードが活躍する場面が多いですよ。

【Yahoo!JAPANカード】はこんなクレジットカード!

Yahoo! JAPANカードは概要だけでは把握できない魅力があるカードです。

性能だけを見るならどうしても楽天カードの下位互換のような印象を受ける方もいますが、楽天カードとは役割・進む道が違います。そんなYahoo! JAPANカードの魅力が、こちら!

Yahoo! JAPANカード  Yahoo! JAPANカード
年会費 初年度:0円(ETC付:540円)
2年目以降:0円(ETC付:540円)
入会条件 有効なYahoo! JAPAN IDを持っている18歳以上の方(高校生除く)
国際ブランド VISA・JCB・MasterCard
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント。
Yahoo!ショッピング・LOHACO支払いは100円当たり3ポイント。
ポイントの還元先 Tポイント加盟店で使用。
提携企業のポイントと交換。
ポイント有効期限 最後にポイントを獲得してから1年
付帯保険 ショッピング保険・ショッピングガード保険
付帯サービス 特に無し。
利用可能電子マネー 無し。

個人的に、「Tポイントが貯まる・使える」というのがYahoo! JAPANカードの最大の魅力だと感じています。Tポイントは有効期限が実質的にありませんからね。

1年間全く使わなければ失効してしまうものの、1年に1度でもカードを利用してTポイントを獲得すれば有効期限が更新されます。実質無期限!

気長に貯められるだけでなく、還元率も高いからガンガン貯めて一気に放出したり、貯めること自体を楽しみにしたりポイントの楽しみ方も人それぞれです。

個人的には、たくさん貯めて自分へのご褒美に大量放出するのがオススメですねえ。

そんな、ショッピングが楽しくなるYahoo! JAPANカードの魅力は、それだけではありません。

ポイント還元率5倍と7倍?

Yahoo! JAPANが発行するクレジットカードを使って「毎月5の付く日」にYahoo! ショッピングとLOHACOを使うと、ポイントが5倍になります。

さらに、Yahoo!プレミアム会員登録を行った上でYahoo!ショッピングとLOHACOを使えば、ポイント還元率が4%プラスされます。

これで最大7%になったわけです。還元率7%中4%はボーナスポイントという「Yahoo」「LOHACO」「GYAO!」だけで利用可能なものだけど、それでもお得。

5のつく日キャンペーンのポイント5倍だけでも十分お得ですけどね。

本気でTポイントを貯めるなら、プレミアム会員登録をするのもアリかもしれません。

Yahooカードは、ショッピング特化のカード

Tポイントを採用したり、「5のつく日キャンペーン」を行ったり、Yahoo! JAPANカードは何かと「ショッピングを楽しむこと」に注力している印象があります。クレジットカードの本来の楽しみをこれでもかと追及しているわけですよ。

だから、ショッピング保険が付帯しています。ショッピング保険は海外も国内も100万円、一括・分割・リボ払い全てが適用されますよ。

さらに、ショッピングガード保険も付帯! これが「付帯サービスというか保険に含む」と語っていたものです。

Yahoo! JAPANカードを使って購入したものは、購入日より90日間補償されます。

たとえば、Yahoo! ショッピングを使っている方ならヤフオクユーザーもいるでしょうが、ヤフオクはトラブルが多発していますよね。

「届いたものがすぐ壊れた」とか「配送段階で壊れてしまった」とか…。

そういった場合も補償してくれるし、もちろんリアル店舗で買ったものも補償対象になるから安心してショッピングを楽しむことができます。

プラチナ補償に入るのもいいかも?

最初から年会費無料で付帯している保険だけでも安心だけど、カード会員には「プラチナ補償」というプラスの補償も用意されています。

これは月額490円(税抜き)支払うことによって、買い物だけでなく「突然体調不良になっていけなくなったイベントのキャンセル料」なども補償してくれるというものです。

イベントに行くことが好きな方は、プラチナ補償に入っておくのも良いかもしれませんね。

まとめ

楽天カードは楽天サービスの利用をする方にとって、これ以上ないお得なカードと言えます。さらに海外旅行にも持っていけるカードとなれば、年会費無料カードとして死角はありません。

Yahoo! JAPANカードは楽天カードに匹敵するほどポイントが貯まりやすいですが、海外旅行には使えません。ただ、Tポイント加盟店の種類は豊富なので、リアル店舗においては楽天ポイントよりも使いやすいのではないでしょうか。

ショッピング補償も充実していて、ショッピング特化カードです。しかも、月額料金を払うことで更に安心を手に入れられるし、プレミアム登録をすると月額463円(税抜)かかるけどポイントが貯まりやすくなるというオマケ付。

ただ、月額料金を払うならプラチナ補償の方が個人的にはオススメです。プレミアム登録はリアル店舗だと利点がありませんから。

総合的に考えて、買い物を楽しみたいならYaho! JAPANカード、楽天市場の利用と旅行にも使うなら楽天カードが良いと言えるのではないでしょうか。