楽天カードはクレヒスを育てやすい!クレジットヒストリーを気にするあなたにおすすめ

楽天カードはクレヒスを育てやすい!クレジットヒストリーを気にするあなたにおすすめ

クレジットカードを作るときに重要視される項目の一つがクレジットヒストリー、略してクレヒスです。

クレヒスに問題があって、カード審査が通らないと悩んでいる人にも、これからクレヒスを育てていきたいと思っている人にも両方の人におすすめなのが楽天カードになります。

楽天カードはクレヒスに適しているだけでなく、還元率が高いクレジットカードとしても有名で持っていて損はないクレジットカードですよ。

あなたの信用の証しともいえるクレヒスを楽天カードとともに築き上げていきましょう。

楽天カードの特徴

まずは楽天カードの内容を詳しく見ていきましょう。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
楽天カードボタン

楽天カードは楽天カードマンのCMでもおなじみで人気、知名度ともに日本で高い評価のクレジットカードです。

会員数は1200万人以上とされ、顧客満足度も2016年度まで8年連続1位を獲得しています。

入会資格

楽天カードは年会費無料で、入会資格が18歳以上(学生可)と今までクレジットカードを持ったことがないような人でも作りやすいカードです。

さらに楽天カードではアルバイトやパート収入の人や、まったく収入のない学生でも親の支払いが見込めれば審査が通るので、非常に入会しやすいカードとされています。

またクレヒスに問題がある人でも楽天カードなら通ったという情報もあるので、いかに楽天カードが誰でも作りやすいカードかがわかりますね。

国際ブランド

楽天カードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つから選ぶことが出来ます。VISAとMasterCardは世界でも通用するブランドですし、JCBも日本が持つ唯一の国際ブランドであり、国内外で使えるのでどのブランドを選んでも安心です。

それにクレヒスを作る上で毎月のカード利用が大事になるんので、万が一海外に出張などで出かけた際も楽天カードならカード利用が途切れる心配はありません。

ポイント還元率

楽天カードは100円で1ポイント貰うことが出来、楽天市場を利用して買い物をすると何と100円→4ポイントとポイントが4倍になるんです。

さらに楽天ポイント加盟店で楽天カードを利用することでボーナスポイントが貰えることもあり、還元率は常に1%以上となります。

このように常に安定した高還元率が楽天カードの人気の要因なのです。使いやすいカードと言うのはクレヒスを作る上で重要で、お得感がなく普段あまり使わず机の中に眠っているようなカードではクレヒスは育ちません。クレジットカードの場合は寝る子は育たないのです。

クレジットヒストリーについて

クレジットヒストリーのことについてまだ詳しくわからない人のためにわかりやすくクレヒスに事を解説します。

そもそもクレヒスってなに?

クレジットヒストリーは日本語にすると信用の歴史です。つまりクレヒスからあなたがどれだけ信用のある人間かがわかります。

具体的に言えばクレヒスとはクレジットカードの過去の利用履歴のことで、過去5年間であなたがクレジットカードの支払いを期限までに行ったか、または遅延・滞納がないかどうかの記録です。

当然過去に遅延・滞納がある人は信用がない人間とされ、カード審査の際に落とされる理由になります。いわゆるクレヒスに傷がある状態です。

こんなクレヒスは嫌だ

カード発行会社が嫌がるクレヒスの状態は大きく分けて、ブラックとホワイトの2つ。

「なんだそりゃ」、と思った人のためにわかりやすく説明すると、ブラックとは過去にカード支払いの遅延・滞納があったり、金融関係のトラブルがあったりした人です。

これはいかにも信用が出来ない人間ですし、ブラックという言葉もわかりやすいですよね。

でも実はホワイトもダメなんです。ホワイトと聞くといいイメージを想像すると思いますがクレヒスにおいてホワイトとは、クレジットカードの利用履歴が見られないまっさらな状態をさします。

つまり信用する情報が何もないってことです。また今までクレジットカードを持ったことがない人はスーパーホワイトと言います。

「え、ホワイトと何が違うの?」という疑問に答えるとホワイトとは過去にブラックだった人が記録が消えるまでクジレットカードを使わなかった状態なんです。

厄介なのはホワイトとスーパーホワイトは見た目の区別がつかないため、カード会社は前者を警戒してクレヒスが白い人は審査で落とす傾向にあります。

だからこそ楽天カードでクレヒスを作る必要があるわけです。

クレヒスを育てるとこんないいことが

ダメなクレヒスはわかったと思いますが、逆にいいクレヒスというものがあります。それは遅延・滞納がなく、定期的にクレジットカードの利用があるクレヒスです。一番いいのは毎月欠かさず利用があるクレヒスですね。

そんな状態にすることをクレヒスを育てるや作るというのですが、具体的にどんなメリットがあるのか紹介しましょう。

まず何といってもクレジットカード審査が通りやすくなります。だからまずは今回、紹介する楽天カードのようにクレヒスを作りやすいカードでいいクレヒスを作ってから自分が欲しいクレジットカードを2枚目に持つやり方がおすすめです。

またゴールドなど高ステータスのカードが作りやすくなります。ステータスの高いカードは年会費がかかるカードがほとんどで、カード会社からするとよりきちんと年会費を含めて支払いが見込める人を厳選するんです。

そこで状態のいいクレヒスを作っておけば信用のある人間とみられて、ステータスの高いカードでも審査が通るようになります。

楽天カードがクレヒスを作れるのに適している理由

楽天カードがクレヒスを作るのに適している主な理由を紹介しましょう。

楽天カードのクレヒスには$マークが付く

クレヒスの記録に$を付けてくれるクレジットカードと、付けてくれないクレジットカードがあります。

$は返済したという証であり、$が付かないカードでいくらクレヒスを作ってもカードを利用した記録しか残らないため、カード会社は評価してくれません。

だから$はクレヒスを作る上で非常に大切で、楽天カードはきちんと$を付けてくれます。

ですから安心してクレヒスを積み上げていきましょう。

楽天カードはコンスタントにカードを利用できる

カード会社がクレヒスを見る際、利用額が多い方が好まれるのではと思う人もいるのではないでしょうか。

例えば極端な話、毎月一回何十万の利用がある人より、毎月安定して数千円の支払いをちゃんとしている人のほうが好まれる場合があります。

大金を使ってくれる人のほうがカード会社としては利益があるのですが、そのような人はお金が支払えなくなり遅延・滞納のリスクが怖いですし、いつカードを使わなくなるかわかりません。

それより毎月少ない額でもいつもカードを利用してくれる人のほうが、カード会社からすると安心感があるんです。

そういう面で言えば楽天カードは基本的にコンビニやスーパーなど日常生活での利用がメインになります。

またネットショッピングに強いクレジットカードですので家にいながらでも利用でき、安定したクレヒスが出来上がるため、カード会社の評価が高くなるんですよ。

まとめ

楽天カードはクレヒスと非常に相性がいいクレジットカードです。クレヒスが原因で他のクレジットカードの審査が通らない人でも楽天カードでは通る可能性があり、これかのクレヒスを育てていく上でも役立ちます。

クレヒスを育てる上で大事なのが毎月の安定した利用と支払い、そして支払いの証明となる$マークの3つですが、これらを全て楽天カードはクリアしているんです。

もしクレヒスでお困りの人がいればぜひとも楽天カードをオススメします。楽天カードで信用あるクレヒスを育ててさらなるステータスのカードを目指しましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!