三井住友VISAクラシックカードのフリーター事情を調査!果たして審査は通るのか!?

「三井住友VISAクラシックカードはフリーターでも作れるの?」

三井住友VISAクラシックカードを作るとなるとどうしても避けられないのが、カードの審査を通過しないといけないということ。

正社員のように安定した給料が来るとは限らないフリーターだと、やはりカードの審査時には不利になることがあるのか気になりますよね。

今回は、三井住友VISAクラシックカードとフリーターに着目し、フリーターの人でもカードの審査に通るのかどうかについてご紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカードの特徴はコレ!

三井住友VISAクラシックカードは、デザインがシンプルながらも使い勝手が良いクレジットカードとして有名な1枚。

そんな三井住友VISAクラシックカードの基本的な情報を簡単にまとめましたので、まずはそちらをご覧ください。

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:無料
2年目以降:1,250円+税(条件付きで無料)
入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA
利用限度額 10~80万円
付帯保険 旅行損害保険
お買物安心保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件付き:10.00%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

三井住友VISAクラシックカードは年会費が無料というわけではなく、2年目以降から1,250円+税がかかってしまいますが、その年会費に見合うだけの魅力は十分に持っています。

ではもう少しだけ、三井住友VISAクラシックカードについて詳しく見ていきましょう。

海外旅行の強い味方「旅行損害保険」

旅行損害保険は海外で病気やケガをしてしまった時に、とても役立つ付帯保険の1つです。

海外の医療費は日本の比じゃないないほど高い国もあり、ちょっとケガをして病院に行っただけで何万円も取られるなんて事も珍しくありません。

そんな医療費を三井住友VISAクラシックカードは、なんと1度のケガや病気につき最大で50万円まで補償をしてくれます。

そのため、万が一の時に役立つ三井住友VISAクラシックカードは、海外旅行のお供としてぜひ持っておきたいところですね。

ポイントUPモールでポイントをがっぽりゲット!

三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率は0.50%。この数字、良いか悪いかで答えてしまうと、悪い部類に入ります。

しかしそれは、ポイントUPモールを一切利用せずにクレジットカードを使用した場合の話。

ネット通販をする時に、ポイントUPモール経由してから商品を購入すれば、なんと最大で20倍ものポイントを獲得できるので、ポイント還元率は悪くてもがっぽりポイントを貯めることができますよ。

セキュリティ対策はクレジットカードの中でもトップクラス

三井住友VISAクラシックカードと言えば、セキュリティ対策に力を入れている事もぜひ覚えておきたいポイント。

クレジットカードに顔写真をつけて不正利用出来なくしたり、24時間365日体制でクレジットカード利用の流れを確認していたりと、セキュリティ対策に関して言えばクレジットカードの中でもトップクラスとなっています。

安心してクレジットカードを使えるというのは、三井住友VISAクラシックカードが持つ魅力の1つと見て間違いないでしょう。

条件付きで年会費は0円にすることも可能

三井住友VISAクラシックカードは年会費がかかるとご紹介しましたが、実はある条件を満たせば2年目以降も年会費0円で利用することができます。

その条件とは、『マイ・ペイすリボの登録』と『年1回以上カードを使用する』の2つ。

マイ・ペイすリボとは、月々の支払い額を自分で設定して無理のない範囲で返済していくサービスのことをいい、登録は簡単にすることができます。

またクレジットカードを作った後からでも利用することができるので、クレジットカードを申請する時にしか選べないなんてことはありませんよ。

もう一つの『年1回以上カードを使用する』の条件は、クレジットカードを利用するだけなので特に説明は要りませんね。

この2つの条件を満たすだけで、あなたは魅力満点の三井住友VISAクラシックカードを無料で使い続けることができちゃいます。

フリーターは三井住友VISAクラシックカードの審査は通る?通らない?

三井住友VISAクラシックカードについておさらいをしたところで、ここからはフリーターの三井住友VISAクラシックカード事情について見ていきましょう。

果たして、フリーターでも三井住友VISAクラシックカードを作ることはできるのでしょうか。

三井住友VISAクラシックカードの審査は難易度高め!?

クレジットカードの会社は

  • 消費者金融系
  • 流通系
  • 信販系
  • 銀行系
  • 独立系

の5つに分類されており、下に行くにつれて審査が厳しくなる傾向にあります。

三井住友VISAクラシックカードは銀行系のクレジットカードなので、審査は難しめということですね。

そのため、フリーターだと三井住友VISAクラシックカードは持つことが難しいと言われている原因となっているんです。

しかし、だからといってフリーターの人が必ず審査に落ちるというわけではありません。

実はフリーターでも、三井住友VISAクラシックカードを作ることができちゃいます。

フリーターでも三井住友VISAクラシックカードは作れる

三井住友VISAクラシックカードの『入会資格』は18歳以上となっており、高校生以外の18歳以上の年齢なら誰でも入会する資格を持っています。

つまりは、フリーターでも三井住友VISAクラシックカードに入会する資格は十分にあるというわけ。

確かに、公務員や大手大企業に勤めている人と比べると、年収が低かったり収入が安定していなかったりしてカードの審査に不利にはなりますが、フリーターが原因でカードの審査落ちするということはありません。

実際フリーターの人でも、三井住友VISAクラシックカードを持っているという人はたくさんいるので、あなたがフリーターでも三井住友VISAクラシックカードの審査に通る可能性は十分に残されていますよ。

三井住友VISAクラシックカードが欲しいなら1日でも早く申請した方がいい理由

フリーターの人でも難易度は少々高めですが、カードの審査は通過することができます。

しかし、フリーターの人が三井住友VISAクラシックカードが欲しいなら、若いうちに1日でも早くカードの申請をするようにしたほうが審査を突破しやすくなるのでおすすめですよ。

若い人のほうがカードの審査に通りやすい

クレジットカードを作る時には、若さは最大の武器となり得ることがあります。

それは将来的に、クレジットカードをたくさん利用してくれる大切なお客様になるかもしれないという事が関係していました。

例えいまはフリーターでも、将来的には企業を立ち上げて大金持ちになるかもしれませんし、才能が開花して芸術の道で活躍する人も出てくるかもしれません。

そう、若いというのはそれだけで色んな可能性を秘めているというわけなんですよ。

そのため、若い人ほど三井住友VISAクラシックカードの審査は通りやすく、逆に年齢が高いほど審査は難しくなっています。

30歳を超えているフリーターはクレジットカードの審査は絶望的

もし、あなたが30歳を超えているフリーターだという場合は、三井住友VISAクラシックカードの審査はかなり絶望的です。

クレジットカードは、カード会社とあなたとの信用関係のもと発行されているもの。

30歳を超えてフリーターという人は失礼な言い方にはなってしまいますが、社会的信用はあまり良いとは言えませんよね。

そのためクレジットカードが欲しいフリーターの人は、若いうちに1日でも早く申請した方が審査に通りやすいのでおすすめというわけなんです。

まとめ

三井住友VISAクラシックカードは、年会費が無料のクレジットカード等と比べると審査は厳しくなっているので、誰でもカードの審査に通るわけではありません。

しかし、フリーターが原因でカードの審査に100%落ちるということなく、フリーターの人でも若ければカードの審査には通りやすくなっています。

ただ、30歳を超えてフリーターをしている人は、カード会社から社会的信用が低く見られてしまい審査はかなり厳しくなってしまいますので、なるべく若いうちから三井住友VISAクラシックカードを申請すると良いでしょう。