人気のクレジットカードランキングTOP5決定!定番のカードと言ったらこれでしょ

人気のクレジットカードランキングTOP5決定!定番のカードと言ったらこれでしょ

今や何百種類とあるクレジットカードの中でも、みんなに愛される人気中の人気のカードをランキング形式でTOP5まで決めちゃいます!

街中やCMでよく見かけるあのカードだ!というような定番カードが勢ぞろいです。はたしてあなたが使っているカードはランクインしているのでしょうか。

このカードは持っていないという人のために、それぞれのカードの特徴をわかりやすく説明しながら1位から順に紹介していきます。

まだクレジットカードを持っていないという人もこれを機にお気に入りのクレジットカードをみつけてみませんか。

人気のクレジットカードは主に4つのタイプに分かれる

人気のクレジットカードを調査するうちに、カード内容が大きく4つのタイプに分かれることがわかりました。

そこでどんなタイプがあり、どのような内容なのか紹介します。これからクレジットカードを新たに持ちたいという人は、カード選びの基準にもなるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

安定した還元率のカード

クレジットカードを選ぶ基準として第一に考えるのは還元率でしょう。しかし還元率というのは、使い方次第で変わってくるんです。

だからなるべく得をするようにと常に還元率を気にしてカード利用をしている人も中にはいます。

けどそれってなんか面倒ですよね。そこでどんな使い方をしても常に安定した還元率を残せるクレジットカードが人気の傾向にあります。

例えばどこで使っても100円で1ポイント貯まり、ポイントを何に交換しても1ポイント→1円価値だったら還元率1%で安定しますよね。

利用方法・場所に縛られることなく、常にお得にカードを使いたい人にはおすすめのタイプです。

特定のユーザー(使い方)に特化した高還元率カード

安定した還元率のカードとはある意味、対照的なのがこのタイプです。ある特定の場所でクレジットカードを使うことによって、爆発的なポイント付与率を得ることが出来るのがこのタイプの特徴になります。

通常100円で1ポイントなのが、3倍や4倍になる場合もあるんです。当然ポイント還元率も上がります。

普段からその特定の場所でショッピングをする人にとってはこれ以上ないカードと言うわけです。

ユニークな特典が付いているカード

クレジットカードにはポイントが貯まるほかにカードを持っているだけで得られる特典というものがあります。

例えば旅行に特化しているカードであれば、空港ラウンジが無料になったり、スーパーや百貨店が出している流通系クレジットカードであれば提携しているお店が割引になったりする特典です。

自分が日ごろよく使う店が特典の対象店だった場合は、自分にぴったりのカードといえます。

信頼度が高いカード

還元率や特典などお得なカード内容も大切ですが、やはり大金を預かるクレジットカードなので発行会社は信頼のおけるところなのかどうかも大切になってきます。

なかにはカード内容は良くてもトラブルが起きた際の対応が最悪だったなんてカードもありますので、きちんと信頼がおけるクレジットカードなのかも大切です。

よってカードの発行会社が大手企業だと信頼もあり、クレジットカードも人気の傾向にあります。

人気のクレジットカードランキングTOP5!

お待ちかねの人気クレジットカードランキングを発表しましょう。先ほどのどのタイプなのかにも注目して見ていくと面白いですよ。

第1位【Orico Card THE POINT】常に還元率1%以上の安定したお得感

栄えある人気クレジットカード第1位に輝いたのはオリコカードです。人気の理由は何といっても安定した還元率で、万人に愛されたゆえの当然の結果でしょう。

Orico Card THE POINT Orico Card THE POINT
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 300万円
付帯保険 海外旅行保険

国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:1.00%

条件:2.20%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー iD、QUICPay
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.6マイル
JAL:1ポイント=0.5マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

還元率以前に年会費無料なのがいいですね。他のランクインしたクレジットカードにも言えるのですが、やはり年会費無料というのは人気を得る最低条件なのかもしれません。

年会費が有料だと年会費の元を取るだけのポイントを貯めなければ得をしていることにはなりませんが、無料だとポイントが貯まった分だけ得をしていることになりますからね。

それに年会費無料カードは手軽に作れるカードが多いので、そこも人気のポイントでしょう。

それでは肝心の還元率についてみてみると、オリコカードは100円で1ポイント貯まることが出来ます。

さらにオリコモールで買い物をするとポイントが2倍になる上に、0.5%分のボーナスポイントも追加されるんです。

またこれからオリコカードを作る人は入会6カ月以内であれば常にポイント2倍になるという見逃せない新規特典もあります。入会後はポイントを一気に貯めるチャンスですよ。

そしてポイントを貯めてからが還元率を考える上で重要になります。つまりどれくらいの価値のあるものにポイントを変えられるのかが大事なんです。

それではオリコカードの還元先を見てみると、実に豊富な還元先がありました。Amazonギフト券、iTunesギフトカード、Edyギフトカード、nanacoギフト、WAONポイント、Tポイント、ファミリーマートお買物券、すかいらーくご優待券など様々です。

しかもこれらほぼすべて1ポイント1円相当で交換出来るので還元率が最低でも1%以上になります。

これこそオリコカードが誇る安定した還元率の源であり、人気の秘訣なんです。クレジットカードをどれにするか迷っている人はオリコカードをまずお試しあれ。

第2位【楽天カード】楽天ユーザーには絶対欠かせないこの1枚

テレビCMでも今や毎日のように見かける楽天カード。基本ポイントでも十分な還元率といえますが、楽天市場を利用した場合の還元率は他の追随を許さない高さです。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 100万円
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

楽天カードは高い還元率の他にも、誰でもカードを作りやすいという点が人気の理由になります。

安定した収入があればアルバイトやパートの人でも作ることが出来るんです。楽天ユーザーでなくても基本ポイントが100円で1ポイントを貯まりやすいので、クレジットカードを持ったことのないカード初心者にもおすすめのカードになります。

それでは楽天ユーザだと、どれくらいお得になるのか見ていきましょう。通常ポイントは先ほども述べた通り100円→1ポイントですが、楽天市場を利用した場合は1円→4ポイントにもなります。なんと4倍です。

また楽天Edy払いにすると、200円につき1ポイント付与されます。日ごろ楽天市場を使う楽天ユーザーならバンバン、ポイントが貯められる仕組みになります。

さらに貯まったポイントは1ポイント1円分として、各種楽天の商品の割引に使えるので楽天市場でポイントを貯めた場合は還元率4%という驚異の数字です。

このように楽天カードは圧倒的ポイント特典で、特定ユーザーを取り込んだクレジットカードになります。審査が簡単で、基本ポイントのままでも還元率1%にはなるので楽天ユーザーでなくてもクレジットカードから入って、そのまま楽天ユーザーになるというパターンも多そうです。

どちらにしてもお得なクレジットカードと言えます。

第3位【Yahoo! JAPANカード】ヤフーユーザーにはこのカード!Tポイントを貯めれます

楽天カードが来るならこのカードも欠かせないYahoo! JAPANカードです。その名の通りヤフーユーザーに特化したカード内容になっています。

Yahoo! JAPANカード Yahoo!JAPANカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額 100万円
付帯保険 ショッピング保険
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:3.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

ネットショッピングするなら楽天という人もいれば、いやいやヤフーショッピングだという人もいる。

そんな人のためのYahoo! JAPANカードですが、残念ながら楽天カードに決定的に劣る点があります。それは旅行保険がない点とマイルに交換出来ない点です。

以上のことを踏まえて3位としました。

しかしヤフーカードならではの利点として幅広い場所で使えるTポイントを貯められるというのがあります。

そこでTポイントがどれだけ貯まりやすく、何と交換出来るのか見ていきましょう。

まず新規会員へのボーナスポイントとして入会時に5000ポイント貰え、入会後の初めての利用で3000ポイント貰えます。

入会ボーナスは他のカードでもよくありますが、5000ポイントはかなり豪華な方です。そして基本ポイントは100円→1ポイント貰え、ヤフーショッピングやLOHACOの利用だと100円→3ポイントになるんです。

ここがヤフーユーザーが優遇されている点になりますね。こうして貯まったポイントはYahoo!各対象サービスの割引に1ポイント1円で利用でき、最高還元率は3%とかなりの高還元率です。

またTポイントは他のpointサイトのポイントに交換したり、100ポイント85円で現金でキャッシュバックも出来たりと使い道が多いのでこれもヤフーカードの人気の秘訣といえます。

他にもヤフーカードで購入した商品なら、保証が付く「プラチナ補償」というサービスもあるのでヤフーショッピングを日ごろよく使う人にはおすすめのカードです。

第4位【エポスカード】カラオケでお得な特典いっぱいのクレジットカード

ユニークな特典満載のクレジットカードで、特に飲食店やレジャー施設での特典が多いのが特長です。

エポスカード エポスカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA
利用限度額 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険(自動付帯)
ポイント還元率 標準:0.50%

条件:0.62%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

このカードが人気の理由は高い還元率というより、多様な特典にあります。それを踏まえてカード内容を見ていきましょう。

まず入荷資格が学生可なので、若い大学生にも作りやすいです。そしてポイントは200円で基本ポイントが1貰えます。

このままでは還元率がちょっと低いのですが、レストランカラオケ シダックスやアパホテルを利用することでポイントが5倍になるんです。

さらにはHP Directplusのネットショッピングを利用するとなんとポイントが10倍にもなります。

このほかにも全国7000カ所以上のお店で適用される割引特典がエポスカードにはあり、ロイヤルホスト利用で飲食代5%オフ、TAYAの通常料金が10%オフ、ビックエコールーム料金が30%オフとなるんです。ビックエコーはよく利用される人も多いのではないでしょうか。

このように特定のお店でポイント以外の特典を受けられるというのがエポスカードの人気の秘訣になります。

また実はエポスカードは旅行をする人にも愛用されていることがあり、その理由は年会費無料でありながら自動付帯の海外旅行保険が付いているからなんです。年会費無料だと海外旅行保険は付帯していても、カード払い時でないと保険が適用されない利用保険がほとんどなんですよ。

だから自動付帯で海外旅行保険が付いていることもエポスカードの強みになります。

第5位【三井住友VISAクラシックカード】信頼度でカード選びをするならこのカード

三井住友とVISAが提携して出しているクレジットカードになります。日本での知名度・信頼度はトップクラスです。

三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:1,350円

入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA、MasterCard
利用限度額 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.50%

条件:1.00%

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー iD
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
JAL:-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

このカードは知名度だけでなく、安全・安心・便利の3項目を掲げて作られていて、名実ともにとても優れた安全性を持ったクレジットカードになります。

どのようなところが安全性が高いのかというと、例えばカード偽装が出来ないようにICチップが埋め込まれて、裏面には顔写真を付けることも可能です。

これにより盗まれたときなどの不正利用防止につながります。こういったセキュリティ面がしっかりしているところが三井住友VISAクラシックカード人気の要因です。

では次に具体的なカード内容を見ていきましょう。三井住友VISAは2年目以降の年会費が1,350円かかります。

しかし、月々の支払額を自分で決める「マイ・ペイすリボ」へ登録して、なおかつ前年度のカード利用が一回でもあれば年会費が無料になるんです。ですからリボ払いに抵抗がなければ、実質年会費無料と考えていいでしょう。

次にポイントですが、1,000円利用で1ポイント貰えます。当然このままではポイントは貯まりにくいのですが、ポイントUPモールサイトを経由してAmazonや楽天、ヤフーショッピングを利用することでなんと最大20倍までポイントが貰えるんです。

基本ポイントが少ない分はこういったサイトを利用してポイントを貯めましょう。

そして貯まったポイントは三井住友プレミアムギフトカードやAmazonギフト券、こども商品券、マックカード、ミスタードーナツ商品券、Suica(電子マネー)、iTunesカードなど多種多様ありいろんな人のニーズに合わせた使い方が出来るのが三井住友VISAクラシックカードの強みです。

カードの安全性を第一に求めるなら三井住友VISAクラシックカードがおすすめになります。

クレジットカードを初めて作るならここに気を付けて

これまで人気のクレジットカードを紹介してきましたが、人気カードだからといってどれを選んでもあなたにとってお得になるわけではありません。

そこでこれからクレジットカードを新たに持つ際の注意点を教えます。

自分の生活スタイルに合っているか

普段どこでお金を使うかは人によって違いますよね。例えばネットショッピングなんかしたこともする気もないのに、楽天カードやヤフーカードを選んでもあまり恩恵は受けられません。

そこで普段使うお店が提携されているクレジットカードや、常に安定した還元率を持つカードを選ぶようにしましょう。

ポイント有効期限

ポイントには有効期限があり、その期限を過ぎるとどれだけ貯めていてもポイント無効、つまりは全て水の泡になります。

特にそんなに頻繁にカードを利用する人でないなら、ゆっくりポイントを貯められるようにポイントの有効期限がなるべく長いカードを選びましょう。

旅行保険は付いているか

今回は重要点としてはあまり紹介しませんでしたが、頻繁に出張や旅行に出かける人ならクレジットカードが持つ旅行保険も重要項目になるでしょう。

旅行保険は海外旅行保険と国内旅行保険にも分かれますし、利用付帯か自動付帯かにも分かれます。

自分がよく出かけるのはどちらなのか、利用付帯がいいのか自動付帯がいいのかをはっきりさせた上でその保険が付帯されているクレジットカードを選びましょう。

まとめ

今回、紹介した人気のクレジットカードはどれもタイプが分かれていて非常に興味深かったです。

それでも共通して言えるのは年会費無料であるということですね。やはり手軽に作れて、お得なクレジットカードとなると年会費無料のクレジットカードになります。

また平均してポイント還元率1%を見込めるカードが多かったです。わたしはあまり還元率にこだわる方ではないのですが、年会費が無料だとこの辺の還元率がお得なカードかの境になるようですね。

これからクレジットカードを作ろうとお考えの人は年会費無料、還元率1%を念頭にあなたにあったカードを探してみてはいかがでしょうか。