パートタイマーにおススメのクレジットカードはコレ!主婦でも作れるカードまとめ

パートタイマーにおススメのクレジットカードはコレ!主婦でも作れるカードまとめ

近頃は夫婦共働きの世帯が非常に多くなってきましたから、パートタイムで働いている女性もかなり多いんじゃないかと思います。

でも実際にパート勤務をしていると、「クレジットカード欲しいなー」なんて思ってもなかなか思い通りにいきませんよね。

今回はそんな悩めるパートタイマーさんのために、「作りやすさ」に重点を置いたクレジットカードをご紹介していきたいと思います。

もうクレジットカードは作れないと思っていたパートタイマーや兼業主婦さん、まだ諦めるのは早いですよ!

パートタイマーがカードを作りにくいと言われる理由

インターネットでクレジットカードについて色々調べてみると、パートはカードが作れないだとか、アルバイトは作りづらいだとか、マイナスイメージなものが多いですよね。

でもそう言われる理由って、そもそも何なのでしょうか?

あらかじめ詳しい理由を知っておくと、自分が選ぶべきカードがどんなものなのかが見えてくるはずですよ!

収入が少ないから

まずパートタイマーやアルバイターがカードを作りにくい、つまり審査に落ちやすい第一の理由。

それはやはり、「給与や年収の低さ」です。

じゃあなんでお給料が少ないと審査に落ちやすくなってしまうのかと言うと、単純に返済能力が無いと思われてしまうからなんですね。

また金額自体は多くなくとも、毎月同じ金額の給料をもらっているから年収は安定している、という方もいらっしゃるかと思いますが、それでもやはり正規の社員さんと比べると劣ってしまいます。

ですのでパートタイマーさんがカードを作る際は、なるべく入会資格に「安定した収入のある方」と記載されているカードは避けるべきなのです!

社会的信用が得られにくいから

先ほどの給与問題もあるように、パート勤務はやはり、正社員よりも社会的信用に欠けてしまいます。

ただ一般的にパートやアルバイトは社員よりも勤めやすく辞めやすい傾向にありますから、こればっかりは仕方のない事です。

パートタイマーならではの身軽さがあだとなるのは辛いですけどね!

しかしだからと言ってパートさんがカードを作れないという事ではありません。

要は勤続年数さえ長ければ、パートだろうが何だろうが個人の信用度を上げることは可能です。

ですからこれからカードを作りたいと思っている方でも、作るまではむやみに職場を変えたりしないようにしましょうね!

パートタイマーにおすすめのクレジットカードをご紹介

手始めにパートさんがカードを作りにくい理由について触れたところで、ここからはいよいよパートタイマーにおすすめできるクレジットカードをご紹介していきたいと思います。

この機会にどのカードが自分に一番合っているのかどうか、バッチリ見定めていっちゃいましょう!

【楽天カード】心強い流通系カード代表!

初めにご紹介させていただくのは、顧客満足度ナンバー1である「楽天カード」。

耳に残るCMですっかりお茶の間に浸透した楽天カードですが、果たしてパートさんに嬉しい要素はどれくらい詰まっているのでしょうか?

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上で日本在住の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA、JCB、MasterCard
利用限度額(初年度) 10~100万円
付帯保険 海外旅行保険

カード盗難保険

ネット不正あんしん制度

ポイント還元率 標準:1.000%→100円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:4.000%→100円あたり4pt

(楽天市場)

ポイント有効期限 ポイント獲得月を含めた1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy、楽天ポイント
マイル還元率 ANA:50pt→25マイル

JAL :-

※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

私がパートさんに楽天カードをおすすめさせていただく理由、それはズバリ、「流通系カード」だからです!

ちなみに流通系カードをわかりやすく例えるとすれば、コンビニやらスーパーが発行しているようなカードのことになります。

じゃあなんでそれが良いのかと言いますと、流通系カードは基本的に審査が甘い傾向があるからで、まさにパートさんにはピッタリなんです!

またこの楽天カードは審査が優しいだけでなく、年会費永年無料、付帯保険の充実、電子マネー付きなどなど数え切れないほどのメリットが眠っています。

特にポイント還元率に関してはかなりの高還元を誇っているため、仮にパート向けという事を抜きにしたとしても超お得!

「どうせカードを作るなら欲張りたい」なんて方におすすめの一枚です。

【イオンカード】イオンに行くなら!

「イオンカード」はその名に違わず、イオングループから発行されているクレジットカードです。

まさに損に目ざとい主婦向け、というような感じがしますが、実際の機能性はどのようになっているのでしょうか?

イオンカード イオンカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(高校生不可)

電話連絡が可能である方

国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
利用限度額(初年度) 10万円~50万円
付帯保険 ショッピングセーフティ保険

クレジットカード盗難保障

ポイント還元率 標準:0.500%→200円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:2.000%→200円あたり2pt

(イオン、ダイエー、ミニストップ)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー WAON・iD
マイル還元率 ANA:-
JAL :0.250%
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

「イオンカード」の真髄はやはり、イオンで利用することにあります。

まずは普段通りにイオンやイオングループでお買い物をして、あとは会計時にこのカードを提示するだけ…でなんと、通常の2倍のポイントが貯まっちゃうんです!

さらにイオンといえば「20日・30日は5%OFF♪」のCMが印象的ですが、このカードがあればそんなお客様感謝デーにだって対応可能。

もうイオンユーザーからすれば最強のカードだと思いませんか?

またこのカードも先ほどの楽天と同じように流通系のカードなので、審査に関しても心配いらずです!

普段のお買い物をなるべくお得にしたいのなら、是非持っておきたいところですね。

【セディナカードJiyu!da!】スピード可決で即日発行!

お次に紹介させていただきますのは、「セディナカードJiyu!da!」。

個性的な名前が印象深いですが、一体どんな点がパートさん向けなのか、詳しくみていきましょう!

セディナカードJiyu!da! セディナカードJiyu!da!
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上で日本在住の方
国際ブランド JCB、VISA、MasterCard
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 国内旅行保険

ショッピング保険

ポイント還元率 標準:0.500%→200円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:1.500%→200円あたり5pt

(ホテル椿山荘東京、ワシントンホテルなど)

ポイント有効期限 2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL :1,000pt→500マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

「セディナカードJiyu!da!」は、年収の低い主婦層や若年層向けのカードということがポイント。

審査の形態は自動となっているため、かなりのスピードで可否が決まるカードでもあります。

また基本の性能についても特に問題なく、年会費永年無料+付帯保険付きだから安心!

加えてイトーヨーカドーやセブンイレブン、イオン、ダイエーで利用した場合は、無条件でポイントが1.5%還元されるのも嬉しい点ですね。

比較的審査が優しくお得感もあるので、カード所持が難しそうなパートさんでもチャレンジしてみる価値は存分にあるカードかと思います!

ただこのカードは「リボ払い専用」となっているので、カード初心者の場合は注意する必要がありそうです。

【エポスカード】優待サービスが超豪華!

続いてはあの丸井が発行している、「エポスカード」のご紹介です。

マルイと言えば様々な商業施設やファッションビルなどを展開していることで有名ですが、果たしてクレジットカードの場合は、どんな実力を兼ね備えているのでしょうか?

エポスカード エポスカード
年会費 初年度:0円(ETC:0円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上の方

(高校生不可)

国際ブランド VISA
利用限度額(初年度) 審査により設定
付帯保険 海外旅行保険
ポイント還元率 標準:0.500%→200円あたり1pt

(国内一般加盟店)

条件:5.000%→200円あたり10pt

(HP Directplus)

ポイント有効期限 獲得月から2年間
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:0.250%(1,000pt→500マイル)
JAL :0.250%(1,000pt→500マイル)
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

エポスカードはカラオケや美容室、レストランや居酒屋などといった、様々な施設で割引が受けられる嬉しいサービス付き!

まさに「あらゆるところでお得に済ませたい!」という主婦の心強い味方と言えそうですね。

お得になるお店が多いのに、年会費が無料なのも嬉しいポイントなんじゃないでしょうか。

またこのカードは別途発行料500円を支払った場合、なんと70種類以上のデザインから好きなものをチョイスすることが可能に!

流通系カードの中でも自由度の高いカードですし、「お得感」に敏感な女性にはかなりおススメの一枚です!

【ACマスターカード】審査の通りやすさは圧倒的!

最後は消費者金融会社のアコムが発行している、「ACマスターカード」です。

先ほどのカードと比べるとかなり特徴の異なるカードですが、実はパートさんにとっては超お得な要素が…!

ACマスターカード
年会費 初年度:0円(ETC:-円)

2年目以降:0円

入会資格 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド MasterCard
利用限度額(初年度) 10~300万円
付帯保険
ポイント還元率 標準:-

条件:-

ポイント有効期限
利用可能電子マネー
マイル還元率 ANA:-
JAL :-
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。
標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

このカードは表を見てもわかる通り、決して付帯サービスが充実している、とは言えません。

しかし実はこのカード、審査の通りにくいパートタイマーさんにとってはピッタリなんです!

公式サイトにも「パート・アルバイトOK」との記載があるほどですからね。

じゃあ一体なぜパートさんにおすすめできるのかと言いますと、ACマスターカードの場合、銀行系や信販系といったカードではなく、「消費者金融系」というところがポイントになります。

というのも消費者金融系は独自の審査基準を設けているがために、パートさんでも受かりやすいと言えるのです!

保険などは乏しいですが、とにかく審査が不安という方には最適なんじゃないでしょうか。

またACマスターカードは他のカードと違い、ポイントプログラムがありません。

ただその代わりに、1ヶ月で使用した金額によって、毎月自動的にキャッシュバックされるシステムが用意されています。

買い物の度にポイントを貯めたいという方には少々残念ですが、わざわざポイントを交換する手間が無く期限を気にする必要もないので、案外嬉しいサービスではないかと思います。

第一に「審査の通りやすさ」を重視するのであれば、ACマスターカードがかなりおすすめですよ!

パートタイマーが審査に通るためにしたいこと

「持ちたい!」と思えるカードには出会えたでしょうか?

先ほどご紹介させていただいたカード達は、実際にパートさんやアルバイトさんからの人気も高いものばかりですから、思わず迷ってしまうはず!

しかしやっとの思いでカードを選び抜いたとしても、まだ「審査に受かるかどうか」という問題が残っていますよね。

ですのでここからは、どうすればパートでも審査に受かりやすくなるのかどうかについて、簡単に解説させていただきたいと思います。

お気に入りのカードをしっかりゲットしたいパートタイマーさんは必見です!

キャッシングは諦めるべし

まず、収入の少ないパートや主婦の方がクレジットカードの審査に受かるためには、「キャッシング枠は設定しない」ことが重要。

と言うのもキャッシングにはショッピング枠の審査とは別の審査があるからであり、ただでさえ受かりにくい審査をダブルで受けることになるからなんです。

またキャッシングはもしもの困った時に便利ではありますが、案外高金利なものでもあります。

ですから審査を受かりやすくして無駄な出費を抑えるためにも、パートさんがキャッシング枠を設定するのは控えましょう!

記入漏れや不備が無いかじっくり確認!

当たり前のようで実は見逃しがちなのが、「書類の不備や記入漏れ」。

実際にカードの審査に落ちている方の大半は記入ミスだとも言われています。

特にパートで働いている方の場合ですと、職場に在籍確認の連絡が入る場合がありますから、職場の電話番号や情報は絶対に間違えてはいけないのです!

せっかく審査に受かりそうなのに本人確認や在籍確認が取れないと落ちる、という事は大いにあり得ますから、申し込みの際は必ず、何度でも確認をしておきましょうね!

パート勤務の主婦に多い疑問

ここまで読んでいただけた皆さんは既にパートさん向けクレカについて詳しくなっていただけたかと思います。

しかしそれでもやはりパートさんは審査に受かりにくい属性なのには変わりありませんから、不安や悩みも大きいはず。

ですので最後は、実際にパートさんから寄せられることの多い質問についていくつか答えていきたいと思います!

まだわからないことだらけだよーなんて方は是非、参考にしてみてくださいね。

年収がわからなくて書けない時はどうするの?

パートで働いてから1年未満だったり、職場を変えたりして年収がわからない場合でも心配はいりません。

つまりはカードを申し込む際に、見込みの年収を書けばよいのです。

ただ見込みですから、あくまでも自分で稼げそうな金額のみを記入することになります。

審査落ちを恐れて金額を盛りすぎると虚偽申告になってしまいますから、決して見栄を張りすぎないように注意してくださいね!

ステータスカードは持てないの?

主婦やパートさんにおすすめのカードというと、流通系や消費者金融系のカードばかりになってしまいますが、一般的に「ステータスカード」と呼ばれるカードも持てないとは言い切れません。

ただ当然審査は厳しいものになりますから、残念ながらパートさんがいきなりチャレンジするのは無謀に近いのです。

せっかくカードを作るのならバシッと決まったカッコいいものが良いかとは思いますが、初めて持つのであれば尚更、審査が優しいカードをおすすめします。

仮にどうしても高ランクのカードを持ちたい、という場合であっても、初めは初心者向けのカードから初めて、良いクレジットヒストリーを積んでいくことが大切ですよ。

パートと専業主婦、受かりやすいのはどっち?

カード申請時の職業記入についてですが、おおよその目安としては年収100万円以下で専業主婦、以上ならパートを選択すると良いでしょう。

ただどちらが受かりやすいのかと言うと、専業主婦の場合は配偶者の収入も加算されるため受かりやすいと言えるかもしれません。

しかし自分で安定した収入を得られているのに特別不利になるということはありませんから、まずは自信を持って申請してみましょう!

まとめ

パートタイマー、兼業主婦の皆さんにおすすめのカードをご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介させていただいた内容は、選択できるカードの幅さえ多少狭いものの、機能性に関しては文句なしのものばかりです。

それにパートで働いている主婦の方は何かと苦労することも多いかと思いますが、クレジットカードを持てればきっと、日常生活に楽しみが増えるはず!

ですのでまだクレジットカードを持つかどうか迷っているのでしたら、思い切ってカード作りにチャレンジすることをおすすめしますよ!