カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


お得だけじゃ済まされない最高のシステム!JCB一般カードのポイントを知り尽くせ!

クレジットカードを選ぶ際に重視しておきたいのが「ポイント」です。クレジットカードをただ買い物に使うだけでは勿体ないんです!

そして、貴方が選ぼうとしているJCB一般カードはポイントサービスが充実の一言。

これを読んでJCB一般カードのポイントについて理解を深めておきましょう!

JCB一般カード

JCB一般カード
年会費 1,350円(初年度無料)

条件付きで2年目以降も無料

入会資格 18歳以上で継続収入のある方(高校生不可)
国際ブランド JCB
限度額 20万円~100万円
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイント還元率 0.50%~2.50%
ポイント有効期限 2年間
交換可能マイル ANAマイル、JALマイル、スカイマイル

 

JCB一般カードのポイントシステムをおさらい!

まずはJCB一般カードのポイントがどのようにして付与され、どうやって使うのかを抑えておきましょう!何事も基本が大事ですよ。

名称は「Oki Dokiポイント」

JCB一般カードで貯まるポイントは「Oki Dokiポイント」と呼ばれ、「Oki Doki for ORIGINAL」というポイントプログラムが適用されます。

Oki Dokiとは「OK!」「大丈夫、喜んで!」の語源である「Okey Dokey(オーキードーキー)」(英語の古語)のことです。

若者たちがリズミカルな語感を気に入り、浸透したそうです。いわゆるスラングというやつですね。

無駄知識かもしれませんが、ウンチクとして披露するのもアリですよ!(笑)

ポイント還元率は基本0.5%

JCB一般カードは「1,000円ごとに1ポイント」が付きます。Oki Dokiポイントは「1ポイントで5円の価値」になるため、還元率は0.5%です。

もちろん交換対象によって還元率は変化しますが、基本的に0.5%と覚えてもらって大丈夫です。

貯まり方と有効期限

JCB一般カードのポイントが使いやすいと言われているのは貯まり方の特徴にもあります。

貯まり方

毎月の利用分すべてを合計してからポイントに換算されます。

通常でしたら1回の買い物ごとにポイントが付くので「900円の買い物をしたけどポイント付与は0」という事態が起こってしまうのですが、毎月ごとに合計だとそんな心配もいりません!

支払い方法による付与の仕方は以下の通りです。

支払い方法 ポイントが付与される月
ショッピング1回払い 支払い月に一括で付与
ショッピング2回払い 支払い月に2回に分けて付与
ボーナス1回払い 支払い月(8月または1月)に一括で付与
ショッピングリボ払い

ショッピング分割払い

初回支払い月に一括して付与
ショッピングスキップ払い 当初のショッピング支払い月に付与

有効期限

JCBカードの種類によってポイントの有効期限も変わってきます!

今回ご紹介する一般カードは「獲得月より2年の有効期限」となっています。ちなみにゴールドカードだと3年間、プラチナ以上だと5年間とアップグレードしていきます。

よりお得にJCB一般カードでポイントを貯める方法

どんなクレジットカードにも「お得にポイントを貯める方法」はあります。

もちろんJCB一般カードも同じです。一体どんな風に使えばお得にポイントが貯まるのか!徹底的に調査しました。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーを通して買い物をする

JCBは様々な国内企業と提携を結んでおり、その店舗で買い物をするとポイントの還元率がグッと上がります。

例えば、Amazon、イトーヨーカドー、セブンイレブン、スターバックス、一休.comレストランなどのショップでJCBカードを使うと還元率が2~5倍に膨れ上がります!

どの店舗も普段から使うような場所ばかりなので、かなり使い勝手が良いです。

「QUICPay一体型nanacoカード」を使って還元率アップ!

セブンイレブンやイトーヨーカドーは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」ですので、普通にJCB一般カードやQUICPayで支払いをしてもポイント3倍になり、還元率は1.5%です。

さらに、QUICPay機能を持ったnanacoカードを使ってQUICPay支払いをすると200円ごとに1nanacoポイントも貯まるので、Oki Dokiポイントと合計で2.0%の還元になり、非常にお得にポイントをゲットできます。

少し複雑そうに聞こえますが、「QUICPay機能を持ったnanacoで買い物すればポイントがお得に貯まる」というシンプルな中身です。

旅行に行く際は「JCBトラベル」を使おう!

JCBトラベルとはJCB会員限定の旅行会社です。

30社以上の旅行会社と提携しているので、様々なプランから自分にピッタリの旅行プランを探すことができます!

相談は電話で気軽に出来ますし、ネット予約すればポイントも2倍で付くので旅行に行く際は絶対にJCBトラベルを使いましょう。

JCB STAR MENBERSを理解してさらに還元率アップ!

JCB一般カードは「JCB STAR MENBERS」が適用されます。このシステムは、年間の利用金額が一定以上になると、翌年度のポイント還元率がアップするというものです。

アップ率は以下の通り。

年間利用額 ポイントUP率 ポイント数 還元率
100万円以上 50%UP 1,000円ごとに1.5ポイント 0.75%
50万円以上 20%UP 1,000円ごとに1.2ポイント 0.60%
30万円以上 10%UP 1,000円ごとに1.1ポイント 0.55%

元々そこまで還元率が低いわけではないのに、使えば使うほどポイントの使い勝手が良くなるサービスは嬉しい限りですね!

JCB一般カードのポイント交換先と「貴方が交換すべきモノ!」

ポイントって貯めるのに必死で、どう使えばいいか分からなかったりするものです。

ということで本項では、JCBで貯まったポイントを交換すべきモノをドーンとご紹介!

これを読めば迷いなんて消し去ります。

一番お得な交換先はどれ!?表で見るOki Dokiポイントの得な交換先

主なポイント交換先をズラーっと並べてみました!

移行先ポイント名 必要ポイント数 移行先ポイント数 還元率
キャッシュバック 1 3 0.30%
nanacoポイント 200 1,000 0.50%
楽天スーパーポイント 200 800 0.40%
WAONポイント 200 800 0.40%
Tポイント 500 2,000 0.40%
dポイント 200 800 0.40%
au WALLETポイント 200 800 0.40%
Amazonでのお買い物 500 1,500 0.30%
楽天Edy 500 1,500 0.30%
ビックポイント(ビックカメラ) 200 1,000 0.50%
ジョーシンポイント 200 1,000 0.50%
ベルメゾン・ポイント 200 1,000 0.50%
スターバックスチャージ 200 800 0.40%
JALマイル 500 1,500 0.30%
ANAマイル 500 1,500 0.30%
ANAスカイコイン 500 1,500 0.30%
デルタ航空 スカイマイル 500 1,500 0.30%
セシールスマイルポイント 200 1,000 0.50%
JTBトラベルポイント 200 1,000 0.50%
ちょコムポイント 200 1,000 0.50%
カエトクカード 200 800 0.40%
ニッセンお買物券 200 1,200 0.60%

還元率が高いほどお得です。

還元率だけ見ると、ニッセンお買物券への交換が一番お得ではありますが、実用性や使い道から「Tポイント」「nanacoポイント」への還元が人気となっています。

定期的に1ポイントを6nanacoポイントに交換できるキャンペーンも開催されているので、細かくチェックしておきましょう!

ギフト券と交換

貯まったポイントは商品やギフト券とも交換が出来ます。

JCBで交換できるギフト券は「JCBギフトカード」と言います。この商品券はスーパーや家電量販店など、多種多様な店で使えるので非常に便利です。

また、変わり種として「ハーゲンダッツミニカップギフト券」もあります。還元率は高いとは言えませんが、ちょっとしたプレゼントなんかに使うのも最適ですね!

ディズニーと提携している強みを充分に発揮させよう

CMでもお馴染みかもしれませんが、JCBは東京ディズニーリゾートと提携を結んでいます。

そのおかげもあって、東京ディズニーリゾート・パークチケットへの交換だと「1ポイント=4.9円」の価値で交換が出来るんです!かなりの高レートですね。

ちなみにユニバーサルスタジオジャパン・スタジオパスだと「1ポイント=5.3円」で交換ができ、こちらも相当のお得です。

このようにエンタメ方向にポイントを使うのも賢い使い方と言えるでしょう。

まとめ

JCB一般カードのポイントについて理解が深まったはず!

思っているよりもずっと使い勝手が良くて、全員におススメ出来るのがJCBのポイントなんです。

貴方もガッツリとポイントを貯めて、夢のような時間を手に入れましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!