楽天カードと電子マネー「楽天Edy(エディ)」は相性抜群!ポイントが貯まり、チャージも可能

楽天カードと電子マネー「楽天Edy(エディ)」は相性抜群!ポイントが貯まり、チャージも可能

楽天カードを持っているけど、楽天Edyは使ったことがない。または楽天Edyは使っているけど、楽天カードは持っていない。

こんな人いませんか?どちらのパターンの人も実にもったいない!楽天カードと楽天Edyをうまく両立して使うことが出来れば超お得になるんです。

今まで以上にポイントが貯まって、さらに貯まったポイントで美味しいものを食べてもよし、欲しいものを買ってもよしとフルにポイントの恩恵が受けられます。

そこでわたしが楽天カードと楽天Edyのお得な使い方を紹介しましょう。

楽天カードの魅力

まず「楽天Edyは使っているけど、楽天カードは持ってないや。」という人のために楽天カードの魅力を紹介します。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC:540円)

2年目以降:0円

入会資格 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント還元率 標準:1.00%

条件:4.00%

ポイント有効期限 1年間
利用可能電子マネー 楽天Edy
マイル還元率 ANA:1ポイント=0.5マイル
JAL:­-

楽天カードは年会費無料のクレジットカードで、入会資格が18歳以上(学生可)と誰でも作りやすいクレジットカードです。

そのため、「今までクレジットカードを作ったことがないんだよなぁ。」という人も安心して作れますよ。

また楽天カードは2017年まで9年連続で顧客満足度1位を獲得するほどの人気カードなので、実績もあって安心です。

では詳しいカード内容を見ていきましょう。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBの3つから選べる

国際ブランドとは人間で言えば言語のようなもので、同じ種類のクレジットカードでも国際ブランドが違う場合はお店で使えるかどうかの判断も変わってきます。

例えば「その国際ブランドはうちじゃ使えないよ。」というふうに、いざクレジットカード払いしようとしたときに断られちゃうんです。

なんだかこれを聞くとどの国際ブランドを選べばいいのか不安になると思いますが、楽天カードならその心配はありません。

楽天カードで選べる国際ブランドはどれも世界的にシェア数の多い有名なブランドで、世界1,2位のVISA、MasterCardや日本が持つ唯一の国際ブランドJCBから選べます。

どれを選んでも日本国内であれば99%使えるでしょう。また海外でも頻繁に楽天カードを使うという人はVISAかMasterCardをおすすめします。

ポイントの貯まりやすさはトップクラス

クレジットカードと言ったら、いかにポイントを貯めるかが重要です。その点、楽天カードは非常に優秀なカードで、ポイントをバンバン貯めることが出来ます。

まず通常のクレジットカード利用で100円→1ポイント貰うことが出来るんです。さらに楽天グループが運営するショップや、楽天ポイントと提携しているお店で楽天カードを利用すれば先ほどの通常ポイントの何倍ものポイントをゲット出来ます。

例えば一番お得なのは楽天市場で、なんと通常の4倍ものポイントを貰うことが出来るんです。

そして貯まったポイントは1ポイント→1円価値で商品の割引などに使うことが出来るので、ポイント還元率で言えば常に1%を超える優秀なクレジットカードになります。

ポイント有効期限は実質無期限

クレジットカードにはカードごとにポイントの有効期限が定められていて、その期間中にポイントを使わないとポイントが消滅してしまいます。

だからポイント有効期限はとても重要な項目で、楽天カードはというと1年間です。

普通は短か!と思ってしまいますよね。ただそう思うのは早計です。

実は楽天カードの有効期限は延長することが出来、その条件は非常に簡単。1年以内にカード利用を1回以上するだけになります。

これだけで毎年常にポイント有効期限1年延長が実施されるので、実質無期限といっていいでしょう。

だから楽天カードはポイント有効期限の面でも優秀なカードなんです。

楽天カードには電子マネー「楽天Edy」が付帯されている

ではいよいよ楽天カードと楽天Edyの関係を見ていきましょう。楽天Edyはスマホ、カード、ストラップと様々な形態で利用している人がいると思いますが、楽天カード自体にも楽天Edy機能が付帯されているんです。

だから楽天カードを持つだけでクレジットカードと電子マネーどちらも使えるメリットがあります。

電子マネー「楽天Edy」って何?

楽天カードは使っているけど、楽天Edyは使ったことがないという人のために、まず楽天Edyについて簡単に紹介しましょう。

楽天Edyとはいわゆる電子マネーの中の一種です。SuicaやPASMOと同じで事前に現金をチャージして使うことが出来ます。コンビニのレジでたまにシャリーン♪と鳴らして会計を済ましている人がいますが、電子マネーで支払っている証拠です。

もとはビットワレットという会社が運営していた運営していたのですが、2010年に楽天グループに入ったために名称が今の「楽天Edy」となっているんです。

まぁ難しい話はさておき、楽天Edyを使えばどのようにお得かというと楽天Edyでお店の会計を支払うと200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貰えます。

これを聞いて賢い人なら「あれ、カード払いした方がポイント貯まるんじゃ?」と思ったはずです。

でも必ずしもそうとは言えない理由があるのでそれをこれから紹介しましょう。

楽天カードが使えないお店は楽天Edyで支払おう

確かに楽天カードが利用できるお店では、クレジットカード払いのほうがポイントが貯まります。

けれども、必ずしも楽天カードが利用できる店ばかりではないですよね。つまりクレジットカード支払い自体が利用できないお店は全国に多数存在します。

そしてそれは何も小さなお店に限らず、全国チェーンのような大きな店でも言えることでファーストフード店やファミレスだとクジレットカード不可のケースが多いです。

でもそんなお店でも電子マネー「楽天Edy」なら使えるよ、という場合があります。有名な店で言えば牛丼でおなじみの「すき屋」や日本の定食が頂ける「大戸屋」がそうです。

これらの店でカード払いが出来ないからといって、楽天カードをスッと財布の中にしまったら「損」確定!

そのまま楽天カードをレジに出して「楽天Edy払いで」というだけで200円→1ポイント貰えるんですから。

このようにカード払いが出来ないような店では積極的に楽天Edyを使いましょう。

電子マネー「楽天Edy」付き楽天カードに切り替えが出来る

楽天カードには楽天Edyが付帯されているとお伝えしましたが、実は付帯されていない楽天カードもあります。

というのは楽天Edyが付帯されるようになったのは2015年12月16日以降なので、それ以前の楽天カードには付帯されていません。

けど悲観する必要はありませんよ。今からでもすぐに楽天Edyが付帯された楽天カードに切り替えることが出来るんです。

切り替え方法は楽天e-NAVIから楽天Edy付きカードへの切り替え画面に進むだけで簡単に出来ます。

切り替え申請後は大体1週間から10日後にカードが届き、それまでは既存のカードを利用出来るので安心です。

また切り替え手数料もかからないので、楽天Edy機能が付帯されていない楽天カードをお持ちの方は是非とも切り替えをおすすめします。

楽天カードから楽天Edyにチャージすればお得

楽天カードと楽天Edyの相性の良さはやはり楽天カードからチャージが出来る点です。

楽天カードから楽天Edyにチャージで還元率1%に

楽天カードから楽天Edyにチャージすれが200円につき、1ポイント貰えます。

「え?それだと還元率0.5%じゃん。」と思うかもしれませんが、楽天Edyを利用した時にも200円につき1ポイント貰えるので実質200円→2ポイントなんです。

だから結果的にはクレジットカード払いにしても、電子マネーの楽天Edyで支払ってもポイント還元率は同じなんです。

また楽天カードで貯まったポイントを楽天Edyに1ポイント→1円で交換することも出来ます。

これにより楽天カード払いでポイントを貯めて、そのポイントを楽天Edyにしてから楽天Edy払いでまたポイントを貯めてと、ポイントお得ループ完成です。

これこそが楽天カードと楽天Edyのフル活用になります。

楽天カードから楽天Edyにチャージする方法

では楽天カードから楽天Edyにチャージする方法を紹介しましょう。

現金→Edy機能付き楽天カード

現金でのチャージは非常に簡単で、お近くのコンビニや一部のポイント加盟店のレジにいき、スタッフに「楽天Edyのチャージお願いします。」といって現金を支払うだけで終わりです。

また加盟店の中にはEdyチャージャーと呼ばれる自分でチャージできる機械が置いてあるところもあるので、見かけた際は利用してみてください。

ポイント→Edy機能付き楽天カード

楽天e-NAVIからポイントチャージ申請を行うことでチャージできます。ただポイントで楽天Edyチャージをするには注意点が2つあるんです。

1つ目がキャンペーンなどで得た有効期限が付いたポイントはチャージに使えない点。

2つ目が10万ポイント/月、2万5千ポイント/1回の制限がある点。

1つ目の対策はチャージ以外の方法で有効期限付きポイントを利用するしかありません。2つ目の対策はポイントが多く貯まっている人はこまめにチャージすることです。以上のことさえ守れていれば貯まったポイントを有効に活用出来ますよ。

楽天カードのクレジット機能→Edy機能付き楽天カード

楽天カードのクレジット払いでチャージするには、おサイフケータイなど専用アプリやパソリなどの専用チャージ機を使う必要があります。

専用アプリのほうがストアで「楽天Edy」と検索すると簡単に出てくるので、こちらの方が簡単です。

またクレジットカードからオートチャージ設定も出来るので、オートチャージにしたい人は楽天e-NAVIからお進みください。

まとめ

現在、電子マネー「楽天Edy」を利用する人は増えてきていて、それに応じて楽天Edyが利用できるお店も増えています。

けれども楽天カードと楽天Edyの両方をうまく使い分けている人はあまりいません。これではせっかく便利な2つのアイテムがあるのにもったいないです。

「楽天カードと楽天Edyでポイントを貯める」、「楽天カードでチャージする」この2つのことをするだけで今まで以上にどんどんポイントが貯まって、お得に買い物が出来ますよ。

これからは楽天Edy機能付き楽天カードでお得なポイント生活を送りましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!