カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


ライフカードの審査が気になる!審査難易度や審査の内容はどうなっている?

クレジットカードを作るとなると、気になってしまうのが『カード審査』ではないでしょうか。

カード審査に通らなければクレジットカードは発行してもらえませんから、せっかく申し込みをした意味がなくなってしまいますよね。

そこで今回は『ライフカードの審査』について、色々とご紹介していきます。

まだクレジットカードを持っていない人
これからライフカードを申し込みしようと思っている人

はこの記事を最後まで読んでいってくださいね。

ライフカード
年会費 無料
入会資格 日本にお住いの18歳以上(高校生不可)
電話連絡が可能な方
国際ブランド MasterCard
VISA
JCB
限度額 10~200万円
付帯保険 カード会員保障制度
ポイント還元率 0.50%~1.50%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco

ライフカードの審査について確認していこう

ライフカードの発行にカード審査は避けて通れません。

ライフカードの審査は難しいのか、またどういった内容をチェックされているのか確認していきましょう。

まずは審査の前に申し込み条件から

ライフカードの審査を受けるにはまずライフカードの申し込みから始まります。

しかしライフカードの申し込みを誰でもできるというわけではありません。

ライフカードには入会資格が定められており

  • 日本にお住いの18歳以上(高校生不可)
  • 電話連絡が可能な方

の2点をクリアしていないと、そもそもライフカードの申し込みすらできないので注意しましょう。

ライフカードの審査難易度は『人によって変わる』

ライフカードの審査ですが、人によって難易度はガラッと変わります。

例えば、あなたの職種が”公務員”や”大手企業の役員”ならライフカードの審査にまず落ちることはありません。

一方で、”人生で一度も働いたことが無い人”や”ニート歴が長い人”だと、ライフカードの審査は厳しいものがあります。

そのため、ライフカードの審査は『簡単』『難しい』と一括りにすることはできないんです。

ただ、ライフカードはクレジットカードの審査では比較的通りやすいと言われていますから、カードの審査に通る可能性は他のクレジットカードより高めと見て間違いないでしょう。

カード審査はどういった内容で行われている?

ライフカードの審査ですが、どういった内容をチェックして審査が行われているかご存知ですか?

実はライフカードの審査内容、世間に公表されていないので具体的にどのような審査が行われているかは不明になっています。

つまりライフカードに勤めている人、それもごく一部だけが審査内容を知っているという事になりますね。

しかし、ライフカードの審査で重要視されていると言われている項目があり、それは『収入があるかどうか』です。

収入がある人だと審査に通りやすく、収入がない場合はライフカードの審査に落とされる可能性が高いと言われています。

つまり、ライフカードの審査について詳しいことを知るすべはありませんが、とりあえず収入がある人ならライフカードの審査は問題ないと考えて大丈夫です。

ライフカードの審査をする前に注意しておきたいポイント

ライフカードの審査をする前には以下の3つのポイントに注意しましょう。

ここで注意点を確認しておくと、ライフカードの審査に有利に働きますよ。

未成年の場合、親権者の同意がないとライフカードを作れません

あなたが20歳未満の未成年の場合、ライフカードの審査を受けるには親権者の合意が必要となります。

親権者は父親または母親が原則として対象になるので、おじいちゃん・おばあちゃんがあなたのライフカードの申し込みに同意しても意味がありませんよ。

もし親との仲が悪く、ライフカードの申し込みで関わりたくないというのであれば、20歳を超えてからライフカードの申し込みをすれば親権者の合意無く、カード審査を受けることができます。

申し込み時の誤字・脱字には十分注意して

住所や氏名などの申し込み時に必要な情報を入力する際には、誤字・脱字が無いかを必ず確認するようにしてください。

もし誤字・脱字があると、申し込みに記入した内容とカード会社が調べた内容に違いがでてしまい、それが原因でカード審査に落とされてしまうことがあります。

収入が無いとカード審査時に不利になりがち

収入がない人だとライフカードの審査に不利になりがち、落とされやすくなります。

というのも、クレジットカードを利用するということは使った金額を支払う必要が出てきますから、収入がないとカードの支払いができないのではと、ライフカードにみなされてしまうからです。

必ずしも収入がないとカード審査に通らないという事ではないですが、落ちやすいという事だけは覚えておきましょう。

ライフカードの特徴まとめ

ライフカードの審査について学んだ今、あとはライフカードに申し込むかどうかだけ。

最後にライフカードの特徴をまとめましたので、ライフカードを申し込む後押しをしたいと思います。

ライフカード
年会費 無料
入会資格 日本にお住いの18歳以上(高校生不可)
電話連絡が可能な方
国際ブランド MasterCard
VISA
JCB
限度額 10~200万円
付帯保険 カード会員保障制度
ポイント還元率 0.50%~1.50%
ポイント有効期限 最大5年間
電子マネー iD、楽天Edy、モバイルSuica、nanaco

年会費無料で使いやすい

ライフカードは年会費を払う必要はありません。もちろん、利用している間ずっとです。

クレジットカードは年会費がかかるモノが多い中、ライフカードなら無料で使い倒すことができるのは非常にありがたいですね。

入会後1年間はポイント1.5倍!

ライフカードに入会して1年間は、もらえるポイントが1.5倍に上昇します。

これだけでもかなり嬉しいのですが、誕生日月になるとポイント3倍にもなり、ライフカードを利用するとびっくりするくらいポイントが貯まっていくんです。

ポイントが貯めやすい、この事もライフカードが持つ特徴と言えます。

限度額は最大で200万とかなり高い

限度額が最大200万円のライフカード。実はこれ、年会費無料のクレジットカードの中では群を抜いて限度額が高いです。

他のクレジットカードだと、ゴールドカード・プラチナカードの高ステータスカードになって初めて限度額200万円になるものも多数あるので、いかにライフカードの限度額が高いのかがわかります。

クレジットカードでたくさん買い物がしたい、そんな欲求をライフカードなら叶えることが可能ですよ。

まとめ

ライフカードの審査は人によって難易度が変わってきます。

あなたが公務員や大手企業に勤めているなら、まずカードの審査に落ちることは無いと見てOKです。

中小企業や自営業の人も、カード審査は通りやすくなっています。

しかし働いたことが無い人、ニート歴が長い人だとライフカードの審査は信号機でいう黄色の点滅状態。申し込みをしてみるまで受かるかどうかは不明です。

ただ、働いていないからと言って必ずしもライフカードの審査に落とされるわけではないので、この機会に申し込みをしてカード審査を受けてみてはいかがですか?

 

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!