カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


楽天カードとオリコカードザポイントを徹底比較!ポイントが溜まるのはどっち!?

楽天カードとオリコカードザポイントを徹底比較!ポイントが溜まるのはどっち!?

楽天カードとオリコカードザポイント(OricoCard THE POINT)、その両方がポイントを貯めやすいカードとして有名です。

両方を使っているという方も多いですが、楽天カードとオリコカードは役割が被りがち……どちらか一方を使うのが賢いように思えますよね。

ただ、どちらがどういう方面に優れているの? というのが気になるところ!

そこで、楽天カードとオリコカードザポイントを徹底比較! あなたが選ぶべきカードはどちらか、見定めてみましょう。

楽天カードとオリコカードザポイントの比較ポイント!

実際に楽天カードとオリコカードザポイントを比較する際、どこをチェックすれば良いのかを簡単に語りたいと思います。

このチェックポイントを見てから比較を見ると、面白い気づきがあるかも?

年会費や入会条件

ポイントが貯まりやすいけど年会費がかかるカードと、ポイントがそれなりに貯まり年会費がかからないカードなら、どちらの方が優れているでしょうか。

入会条件に違いがあるとしたら、どちらの方がお得なのか……。そういうところを見ると、自分にとってのカードの価値がわかりますよ。

入会特典

楽天カードには自社サービスがたくさんあり、それに絡んだ入会特典が期待できそうです。一方オリコカードザポイントはどうでしょうか。

入会特典がイマイチ想像しにくいですよね。注目すべきは、楽天カードよりも、オリコカードザポイントの入会特典でしょう。

ポイントの溜まりやすさ

どちらも「ポイントが貯まりやすい」という評判があるものの、両者のポイントには違いがあるはずです。そして、ポイントの貯まりやすさは一概には言えません。

自分にとってはどちらの方が貯まりやすい仕組みになっているのかを、しっかり見ておきましょう。

ポイントの還元先

ポイントが貯まったら、今度は使わないといけません。

還元先が多く、自分にとって需要の大きなものが揃っている方がお得ですよね。ポイントの使い勝手が良いカードはどちらかを重視しましょう。

付帯サービス

最後に、クレジットカードにはサービスが付帯していることがあります。

買い物に使うだけではないカードの価値を提供してくれるサービスだけれど、楽天カードとオリコカードザポイントには用意されているのでしょうか。

【楽天カード】VS【オリコカードザポイント】を比較!

チェックポイントを理解したところで、実際に各項目ごとに簡単な比較をしてみたいと思います。

付帯サービスなどの細かいところは後述しますが、これらを見るだけでも二枚の違いはある程度明確になりますよ。

年会費や入会条件で比較

楽天カードも、オリコカードザポイントも、年会費は無料です。入会条件も18歳以上(学生可)と、どちらも同等となっています。

評判上の作りやすさというのも似たようなもので、楽天カードもオリコカードザポイントも「作りやすいカード」という声が多いです。

入会特典で比較

楽天カードの入会特典は、新規入会特典2000ポイント(通常ポイント)、初回利用時特典5000ポイント(期間限定ポイント)を受け取ることができるというものです。

入会特典はカード到着後、楽天e-NAVIからすぐに受け取ることができます。初回利用時特典は、カード初回利用日の翌月20日ごろに受け取ることができるようになるものです。

私用期限が短い期間限定ポイントなので、注意しないといけません。

OricoCard THE POINTの入会特典は、時期によって微妙に異なります。

2018年9月現在だと、「新規入会で最大8000円相当のポイントが貰えるキャンペーン」が行われていて、2018年9月30日までに登録した人は、ポイントが受け取れるという仕組みです。

会員登録の時期によって、ポイントのプレゼント時期は前後します。キャンペーン内容が変わることもあるようです。

ただ、入会半年間は常時ポイント2倍になるという特典があります。

どちらかと言えば、こちらの方がメインですね。

ポイントの溜まりやすさで比較

楽天カードは、100円当たり1ポイント貯まります。楽天市場の利用分に関しては、その4倍~15倍のポイントが貯まるのがミソです。「15倍!?」と驚くかもしれませんが、15倍にする方法は後程詳しく説明しましょう。

とにかく、楽天関連サービスを利用する方はジャンジャンとポイントが貯まるようになっているんです。

一方、OricoCard THEPOINTも一般加盟店では100円当たり1ポイント貯まります。

通販に関しては「オリコモール」を経由することでポイント2倍になるという特徴がありますが、楽天カードのように4倍・6倍と驚異的な数値になることはありません。

ただし、入会後半年は常時ポイント2倍だから、普段の買い物をするだけでガンガン貯まります。

ポイントの還元先で比較

楽天カードのポイントは、基本的にそのまま使うのが一般的です。

楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払い時に電子マネー同様に使うことが出来るため、たくさんポイントが貯まっていればポイントだけで精算することもできます。

貯めて貯めて一気に放出し、自分へのご褒美にプレゼント感覚で買い物をするのが楽しそうです。

ただ、楽天が提携しているサービスのポイントに交換することもできますよ。

オリコカードのポイントは、楽天ポイント・Tポイント・nanacoポイント・dポイントなど様々なポイントプログラムに交換することが出来ます。

楽天ポイントはTポイントやnanacoポイントには交換することが出来ないので、これはオリコカードの利点ですね。

そのほか、amazonギフトなどオンラインクーポンや、各種商品券に交換することも出来ます。

交換先の種類だけなら楽天カードの方が豊富だけど、交換先の汎用性の高さはオリコカードの方が勝るでしょう。

ただ、楽天ポイントとオリコのポイントは相互移行可能。楽天カードとオリコカード両方持っているなら、楽天ポイントからオリコポイントに移行して、その後でnanacoなどに交換することもできますよ。

両方持ちにも、一応利点があるわけです。

付帯サービスで比較

付帯サービスは語りだすと少し長くなるものもあるため、概要だけ紹介します。

まず、楽天カードです。

楽天カードの付帯サービスは、「スーパーポイントアッププログラム」「海外お土産宅配サービス優待」「手荷物宅配サービス優待」「コート預かりサービス優待」となっています。

海外旅行の際に役立つものが多いです。

OricoCard THE POINTは、「Orico Club Off」「海外旅行サービス」「国内旅行サービス」の三本の柱を付帯サービスに掲げています。パッと見楽天カードの方が多く見えますが、実際はオリコカードの方が多いです。

オリコカードの方が多いため、「海外旅行サービス」「国内旅行サービス」とひとくくりにしています。具体的な内容は、後程紹介しましょう。

ボタン3

【楽天カード】はこんなクレジットカード!

楽天カードは、楽天市場の利用時に驚異的な還元率になるところが魅力的です。通販には楽天市場をよく利用する方は、それだけでこのカードを作る価値があります。楽天市場専用カードとしても、普段からのメインカードとしても、オススメです。

 

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付は540円)
2年目以降:0円
入会資格 18歳以上から
国際ブランド VISA・Master Card・JCB
利用限度額 審査で設定
付帯保険 海外旅行保険(利用付帯)
カード盗難保険
ネット不正あんしん制度
ポイント還元率 標準:1.0%
条件:3.0%
ポイント有効期限 12か月
利用可能電子マネー 楽天Edy・楽天ポイント
マイル還元率 ANA:0.5%
JAL:-

先ほど語ってきた内容を含め、こうして表にしてみると楽天カードは年会費無料カードにしては内容が充実していますよね。

年会費無料だと、保険が無かったり還元先が少なかったりするカードも多いけれど、楽天カードにはおよそ死角が無いように感じられます。

楽天市場の利用回数が少ない人も、回数が少なくともその時のポイントが4倍になるという時点で十分お得です。「楽天市場以外ではお得感が無い」という反論も受け付けず、自社サービスをうまく使わせるカード……。

なるほど、人気が出るわけですね。

保険内容とサービス内容の一致

楽天カードをOricoCard THE POINTと比べたとき、個人的に一番「楽天カードの勝ち」と思う点が、保険内容とサービス内容が一致している点です。

海外旅行保険があるから、海外旅行の時に役立つサービスだけでもしっかり用意しようというのがいいですよねえ。

海外旅行保険が無いと、サービスだけになってしまって使いやすさは微妙になります。

他に海外旅行保険が充実しているカードを持つなら話は別だけど、一枚のカードだけで見るなら保険とサービス内容が噛み合っていないと価値を感じづらいですからね。

特に、個人的にビビッとくるのが「コート預かりサービスの優待」です。無料利用はできませんが、JAL ABCの防寒具預かりサービスが1着あたり10%オフで利用できます。

さらに、付帯サービスとは違うかもしれませんが、現地ラウンジも充実。ワイキキに楽天カード会員専用ラウンジがあるから、荷物を一日中預けたり、休憩したり便利に使えます。

さらに、JCBブランドのカードを作った場合は楽天カードHawaiiナビというアプリも利用可能。

楽天カードは年会費無料だからサービスをあれこれつけることはできないけれど、その中で最大限役に立つものを付帯させようという気概が見られますよね。

ワイキキやハワイなど、日本人に人気のある土地のサービスが充実しているのがその証明です。

スーパーポイントアッププログラム

楽天市場の買い物時、ポイント還元率が最大6倍になると語りました。その仕組みが、スーパーポイントアッププログラムです。

楽天市場アプリを月に一度利用すると、その月の支払い分に関してポイント還元率が1%プラスされます。更に、楽天ブックスや楽天モバイルなど他の楽天サービスを利用した場合も、還元率が1%プラスされるんです。

楽天市場利用時の還元率4%と合わせると、最大6%になるというわけですよ。

今ではスーパーポイントアッププログラムがパワーアップして最大15%還元されることになりました!

もともとポイントを溜めやすかった楽天カードですが、スーパーポイントアッププログラムのパワーアップによってさらに溜めやすくなっていますよ。

使いやすさ

楽天市場の支払い専用カードとしても十分すぎるほどの性能を誇っているし、普段から使うメインカードとしての性能も揃っている。

どんな用途だろうとも、お得かつ便利に利用することが出来る圧倒的使いやすさが楽天カードの魅力です。

【オリコカードザポイント】はこんなクレジットカード!

オリコカードザポイントは、楽天市場をそんなに利用しない方も、誰でもポイントが貯まりやすいカードです。

驚異的数値にはならないものの、提携先が豊富だからお得にポイントを貯めることができますよ。

OricoCard THE POINT OricoCard THE POINT
年会費 初年度:0円(ETC付:0円)
2年目以降:0円(ETC付:0円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント
オリコモール経由で100円当たり2ポイント
ポイントの還元先 各種ポイントプログラムに交換可能
商品券に交換可能
オンラインギフトカードに交換可能
ポイント有効期限 1年
付帯保険 ショッピング保険
盗難・紛失保険
付帯サービス Orico Club Off
海外旅行サービス
国内旅行サービス
利用可能電子マネー iD・QUICPay

オリコモール経由だとポイント2倍になると語りましたが、実際はショップによって2.5倍・3倍になることがあります。

たとえば、楽天やAmazonは2倍だけど、ビックカメラ.comの支払いは2.5倍、セブンネットショップは3倍になるんです。

他にも、ベルメゾンネット、ヤフオク、ポンパレモール、LOHACO、楽天市場、Yahoo! ショッピング、dショッピング、じゃらんnet、ニッセンオンラインなどをオリコモール経由で利用することにより、2倍以上の還元率でお得にポイントを貯めることが出来ますよ。

提携先も豊富だし、最低2倍以上になるから安定的にポイントを貯めることができるわけです。

自社サービスを持つ楽天カードの強みは、自社サービスのお得感。一方オリコカードの強みは、提携先の豊富さによる高還元率の安定感なんです!

また、リアル店舗の提携先も多く、ネットショップ以外も還元率が高くなります。マツモトキヨシやJINSだと、還元率4倍! 数値だけなら楽天カードに並びますよ。

そんなオリコカードザポイントの弱点は、保険が付帯しないことでしょうか。

海外も国内もサービスがたくさん

海外旅行と国内旅行のサービスが充実しているのが、OricoCard THEPOINTのメリットのひとつです。

海外旅行サービスには、たとえば次の四つのサービスが用意されています。

  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 海外格安航空券サービス
  • 海外お土産宅配サービス
  • 手荷物宅配サービス

お土産宅配と手荷物宅配は、楽天カードにもありましたね。無かったのは上の二つです。オリコが提供しているパッケージツアーを利用する際は、3%から8%程度の割引を受けることができます。

また、日本最大級規模の海外格安航空券サービスの利用が可能です。24時間オンライン予約・空席照会が可能だから、出来るだけ安く海外旅行がしたい方には便利ですよね。

次に、国内旅行のサービスも見てみましょう。

  • オリコパッケージツアー割引サービス
  • 国内旅館・ホテル予約サービス
  • 国内格安航空券サービス

パッケージツアーは海外だけでなく、国内も用意されています。ただ、割引率は3%から5%程度と若干低めになるようです。

海外より国内の方が元から安く行けるため割引率の上限は低めになっているんでしょう。

格安航空券サービスもあり、国内旅行も極めて安くすることが可能。

さらに、国内旅館やホテルの予約サービスも利用することが出来ます! 宿泊するところを楽しく便利に選ぶことが出来るから、安心して旅行ができます。国内外もとことんお得になるわけです。

年会費無料でこのサービス料はありがたいですよねえ。

ただ、だからこそ保険が付帯しないのが気になってきます。「保険が充実しているカード」と二枚持ちするのが賢いのかもしれません。

Orico Club Offの優待

これは、様々なサービスを優待価格で利用することが出来る会員制クラブです。

オリコカードザポイントを持っていると、Orico Club Offの会員として「宿泊」「レジャー」「スポーツ」「ショッピング」「育児」「介護」などのサービスを、お得に利用できます。

宿泊施設に関しては、最大90%オフ! 1泊500円から泊まれるところもあります。

一流リゾート施設にも1泊4000円程度で泊まることができ、良いホテルに長期滞在することも出来る! 憧れのリゾート暮らしやホテル暮らしだって夢ではありません。

優待対象施設は、国内外合わせて20万カ所以上!

普段からのポイントの貯めやすさと合わせて、優待割引を駆使することによって楽天カード以上に得をすることが出来ます。

通販に特化したカードを作りたいわけではないのなら、最早OricoCard THE POINTの方が圧倒的に価値があると思えませんか?

半年間ポイント2倍

入会後半年間常時ポイント2倍というのが、ありがたいですよね。普段からポイント2倍になるから、特別な買い物をしなくてもポイントがすぐ貯まります。

特別な買い物をする場合も、もちろんガンガン貯まる。半年間の利用によって、既に十分使えるほどのポイントが貯まるはずです。

ポイントを貯めて使うというサイクルを、最初の半年で行って「このカードの使い心地」を知ることが出来るのはとても良いですよね。

まとめ

楽天カードは、「通販特化型」という感じがします。

その特徴を極めながらも、汎用性の高さを磨いているわけです。

誰が使ってもお得になるカードと言えますが、楽天市場を使わない方ならOricoCard THEPOINTの方がお得感が高いのではないでしょうか。

何と言っても、提携先企業の豊富さが魅力的! ポイント還元率は常に安定して高くなりますし、優待割引をうまく活用すればポイント還元以上のメリットを生み出すこともできます。

特に国内の遊びが多い方には、オリコカードザポイントがオススメです。

どちらも「還元率が高いカード」とひとまとめにされがちだけど、こうやって比較してみると案外違った特徴を持っていて面白いですよねえ。

最初は二枚持ちだと役割が被ると語りましたが、思ったより二枚持ちも悪くないのかもしれません。

どちらか一方を作るか、二枚持つか、悩んでいるとワクワクするカードですね。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!