今月のおすすめカード!

楽天カード

【おすすめポイント!】
今なら新規入会&利用で5,000円分のポイントをプレゼント
すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に!

優越感に浸りたい! JCBカードのステータスはどれほどのものか追及した

見ているだけで優越感に浸れるカードを1枚は持ってみたい…

いわゆるステータスカードというやつですが、「プラチナ」や「ブラック」は流石に手を出しにくいですよね。

審査に通過する自信がない…年会費に何万円も掛けるのはちょっと…という人もいるでしょう。

そこで気になるのが『JCBカード』です。

一般なら年会費もそんなに掛かりませんし、最上位のザ・ブラックには目を奪われる魅力があります。

でも実際、JCBカードにはどれほどのステータスがあるのでしょうか?

  • AMEXやダイナース並みのステータスのあるプロパーカードが欲しい
  • 高級レストランやBAR、キャバクラでちょっとでも見栄を張ってみたい
  • 今は年収的に厳しいけど、将来的にプラチナやブラックを目指したい

はたしてこのような人たちを満足させるだけのステータスがJCBカードにあるのか。

その答えが本記事を読めばわかります。

自己満だろうが何だっていい。

使っているだけで嬉しくなり、ずっと持ち続けても後悔しないカードをお求めの方、必見です。

JCBカードのステータスはあなたを満足させられるか調査!

JCB 画像
国際ブランド

JCB

JCB ロゴ

年会費 1,250円(初年度無料)

※年50万円以上のカード利用で年会費無料

申し込み資格 18歳以上

本人または配偶者に安定した収入のある方

電子マネー機能 なし
基本ポイント 1,000円=1ポイント
還元率 0.50%~1.50%
交換可能マイル ANAマイル(1ポイント=3マイル)

JALマイル(1ポイント=3マイル)

スカイマイル(1ポイント=3マイル)

ショッピング利用可能枠 20万円~100万円
特徴

★国内唯一の国際ブランドで信頼性が高い

★ディズニーチケットとポイント交換可能

★スターバックスカードにチャージでポイント10倍!

そもそもステータスというのは非常に曖昧な定義です。

ハッキリ言えば自己満度合いなので、中にはクレカにステータスなんてないという方もいるでしょう。

でもだからこそ、本記事では世間から見たJCBカードに対する確かな価値観(ステータス)を調べました。

銀行系クレジット×プロパーカードという確かなステータス

一般的にステータスカードと言えば「AMEX」と「ダイナース」の2つが有名ですね。

その理由は、国際ブランドが直接発行している「プロパーカード」だからです。

その点で見ると、JCBカードも日本唯一の国際ブランド「JCB」のプロパーカードなので、ステータスが高いと言えます。

また、その他の要素としてJCBカードは「銀行系カード」でもあります。

銀行会社が発行するクレジットカードは、小売企業が販売する「イオンカード」などと比べるステータスが明らかに高いのは確かです。

つまりJCBカードはステータスカードとされる要素(プロパー・銀行系)を2つも含んでいます。

このことから一般カードにおいてはAMEX(グリーン)より、JCBカードの方がステータスは上と見る方もいるほどです。

注意!提携カードだとステータスが下がる

ステータスを気にしてJCBカードを選ぶときによく、

「プロパーと提携カードどっちが上なのか?」

という質問が挙がります。

答えはズバリ「プロパーカードの方がステータスが高い」です。

JCBカードの提携カードとしては「ANA JCBカード」などがあります。

しかしJCBに限らず、提携カードがステータス面で本家であるプロパーカードに勝ることはありません。

提携カードはあくまで、おまけでJCBが付いていると思えば分かりやすいでしょう。

【JCBカードVS三井住友カード】ステータスが上なのは!?

銀行系カードのステータスが高いということで、JCBカードと共に「三井住友カード」もステータスカードとして挙げられます。

そこで今度はJCBカードと三井住友カードを比較し、どっちが上か明らかにしました。

  JCBカード 三井住友カード
年会費(一般) 1,250円 1,250円
審査難易度

(年収目安)

200万以上 100万円以上
カード分類 銀行系 銀行系
プロパー (広い定義で言えば)プロパー
最高ランク JCBザ・クラス

(ブラックカード)

三井住友プラチナカード

(プラチナカード)

このようにステータスの要素となる項目を比較していくと、総合的に「JCBカードの方が上」と言えます。

一番は何といっても審査難易度です。

どちらも年会費無料の流通系カード(イオンカードなど)に比べれば、審査は難しいとされます。

しかし、三井住友カードは働いてさえいれば比較的通りやすく、対してJCBカードはある程度の年収がないと厳しいです。

ですからステータスを気にしてカードを選ぶなら三井住友カードより、JCBカードをおすすめします。

JCBカード愛用者がステータスを感じた瞬間

クレジットカードのステータスを感じるには、やっぱり実際に使っている人に聞くのが一番です。

という事でJCBカードの口コミを見てみましょう。

(価格ドットコム参照:https://review.kakaku.com/review/88050000036/

「優秀なプロパーカード」

JCBプラチナ以上がほしくとりあえず作りました。カードの審査はかなり早い。

朝申し込んで、夕方には可決していた。

発行スピードも4日目にはきた。ただ限度額は30万と渋かった(笑)

JCBはハワイでも以前より使い勝手がよく、クーポンなどもあるので良い。

ただポイントは0.5円なんで還元率は悪いのでプロパーを育てたい人向きのカード。

「不測時の対応が素晴らしい」

年会費無料のカードと比較の上では知名度の高さ、使える店舗の多さ、ある程度のステータスはあると思います。

しばらく前、カード情報を悪用された際、JCBさんから確認のお電話を頂き、即座に止めて新規カードを郵送して頂けました。

普段しないような高額な買い物をすると確認のお電話が頂けるのは助かります。

電話サポートもきちんとしていますし、国内では一番使える店舗が多いので、これからも使い続けたいカードです。

「持っているだけで周りからの信用度Up」

これを持っているかどうかで周囲の信頼度も変わる。
特にカードの審査が降り難い職種である自営業や自由業の人達にとっては身分証明書的な役割をも担う。

また、WEBページが大変見やすいのが地味に助かる。楽天カードを使っていた時は操作するたびにイライラしてたので。

JCBカード(一般)はステータス育成用として人気!その理由は?

JCBカード ステータス キャッチ画像①

今は無理でも将来的にはブラックカードを持つことを夢見ているあなた。

実はそんな人にもJCBカードはおすすめなんです。

JCBカードは育成型カードとも呼ばれ、ステータスを育てるために一般カードから作る方が増えています。

ではなぜJCBカードが育成カードに選ばれるのか?

その理由が以下の3つです。

①インビテーションが受けられる

JCBカードのようにステータスがあるカードで、ゴールド以上に新規で申し込むのは非常に難易度が高いです。

分かりやすい目安で言えば年収。

ゴールドが最低350万以上、プラチナが最低450万以上と言われています。

ですがJCBカードはインビテーションが設けられていて、新規で申し込むより楽にゴールド以上のカードを目指せるんです。

カードステータス インビテーション条件の目安
JCBゴールドカード JCB一般を毎月数万円利用
JCBプラチナカード ゴールドを年100万円以上継続利用
JCBザ・クラス プラチナを年100万円以上継続利用

インビテーションを楽に早く貰う方法

インビテーションがあると言っても、むやみにカードを使っていてはなかなかインビテーションは貰うことが出来ません。

そこでインビテーションを楽に貰うコツを教えましょう。

まず最終目標としては年100万円以上の利用を目指します。

これはゴールドを狙うにしてもザ・クラスを狙うにしても同じです。

ですが初めから100万円と聞くと、遠く感じるので毎月8万円以上の利用を目指します。

とはいえ買い物だけで毎月8万円はキツイので、光熱費などの固定費をなるべくカードで払うようにしましょう

例えば水道・光熱費代だけでも恐らく2万円ほどかかるはず。

それに加えるのが携帯料金&パソコン等の通信料。

これで合計4万くらいにはなるので、あと4万は食費や日用品を買っていれば余裕で超えます。

こうして毎月継続してカードを使っていれば大体1~2年でインビテーションが受けられるようになります。

②魅力的なカードフェイスが好評

JCBカード以外にもインビテーションを受けられるカードは他にもあります。

(というよりブラックカードはインビテーション必須が一般的。)

ではなぜJCBカードが人気なのか。

それはズバリ見た目のカッコ良さです。

ステータスは見栄えでもあるため、カードデザインも重要な要素になります。

その点、JCBカードは飾り過ぎない見た目で大人っぽく、どんなお店で使っても恥ずかしくないことで人気なんです。

③頂点の証「JCBザ・クラス」のVIP特典が半端ない

せっかくステータスカードを目指すならゴールドやプラチナで留まることなく、夢のブラックカードまで行きたいですよね。

でもそのブラックカードの特典がショボかったら目指す気がなくなります。

だからこそ「JCBザ・クラス」の激熱の豪華特典がみなを惹きつけるのです。

超豪華!「JCBザ・クラス」の特典 詳細
メンバーズセレクション 【年1度、下記から一つ選択できる】

  • JCBトラベルクーポン(25,000円分)
  • 東京ディズニーリゾート パークチケット2枚&グッズプレゼント
  • USJスタジオ・パスとJCB エクスプレス・パス1引換券
  • USJスタジオ・パス2枚とJCBプレモカード
  • 厳選ギフトコース(最高級お肉、最新家電、高級万年筆、ブランドバッグなどプレゼント)
プライオリティ・パス 世界1,200以上の空港ラウンジを利用可能

(同伴者1名無料)

JCBプレミアムステイプラン 国内の高級宿泊施設に特別料金で泊まれる
海外ラグジュアリー・ホテル・プラン 朝食サービス、レイトチェックアウト、部屋のグレードアップなどが受けられる
ディズニー関連特典
  • ディズニーホテルのスイートルーム優待プラン
  • 東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージプラン
  • ディズニーの会員専用ラウンジが無料

まとめ

ああ…持っているだけで驚かれるようなカードを持ってみたいなぁ。

でもAMEXやダイナースなんて手が届かない。

そんなあなたにこそJCBカードはピッタリです。

プロパーカードでもあり、銀行カードでもあるJCBカードは、AMEXやダイナースに次ぐステータスがあるとされています。

しかもコツコツと実績を重ねればインビテーションで、至高のザ・クラスまで目指せる最強の育成カードでもあるんです。

ですからステータスカードが欲しいなら、まずは気軽に一般カードから作ってみましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!