今月のおすすめカード!

楽天カード

【おすすめポイント!】
今なら新規入会&利用で5,000円分のポイントをプレゼント
すぐに使えるので、初めてのネットショッピングがさらにお得に!

楽天カードの付帯保険ってどうなの?比較しながら保険の内容をまとめてみた!

「今度旅行に行くから、クレジットカードを持っておこう!」

そんな時に、どうせクレジットカードを持つなら、実用的でお得感がある、年会費無料のものがいい!

なんて理由から、入会時からお得感を味わえる、楽天カードに申し込もうと思っていませんか?

確かに楽天カードは使い道が豊富なポイントを、ザクザク貯めることが出来ますし、入会時にポイントがもらえます。

楽天カードの付帯保険の種類

しかし、楽天カードの年会費無料なこともあって、付帯保険は大きく分けて『海外旅行傷害保険』『盗難・紛失保険』の2種類だけ。

様々なシチュエーションでポイントを貯めることが出来るのは魅力的だけど、ちょっと心もとないかも…

そんな人に向けて今回は、楽天カードの付帯保険だけで大丈夫なのか、徹底考察!

楽しい旅行中に、万が一のことがあっても、手厚いサポートを受けたい…

そう思って、どのクレジットカードにするか悩んでいる方も、是非参考にしていってくださいね。

楽天カードの付帯保険は無料で作れるクレカの中でもいい方?それとも悪い?

楽天カードの付帯保険比較①

冒頭でもお話しましたが、楽天カードの付帯保険は2つ。

  • 海外旅行傷害保険
  • 盗難・紛失保険

見た感じだと最低限の保険のみ付帯していることが分かりますが、コレで本当に大丈夫なのか気になりますよね。

そこで、他の年会費無料のクレジットカードと比べてどうなのか、実際に調べてみました

付帯保険の数で比べてみた

カード名 付帯保険

楽天カード

  • 海外旅行傷害保険
  • 盗難・紛失保険

Orico Card THE POINT

  • 盗難・紛失補償
イオンカード
  • ショッピングセーフティ保険
  • 盗難補償サービス
VIASOカード
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングパートナー保険
ライフカード
  • 盗難・紛失保険

改めて見てみると、年会費無料のクレジットカードって、最低限度の付帯保険しかつけられていないことが分かりますね。

そう考えると、楽天カードの付帯保険は年会費無料で作れるクレジットカードの中では、充実していると考えることが出来ます。

ただ、ここでちょっと気になるのが、「海外旅行傷害保険」

特に旅先で怪我をした、または病気になってしまった…と言うことはあり得る話。

そんな時でも、手厚くサポートしてくれるのはありがたいですが、VIASOカードとどう違うのか、一緒に見ていきましょう。

海外旅行傷害保険の補償内容はどれくらい?

海外旅行傷害保険比較

楽天カードは同じ年会費無料のクレジットカードの中でも、補償金額が高いことが分かります。

そう考えると、年会費無料のクレジットカードとしては、非常に優秀

旅行中は飛行機での長距離移動や、食事文化の違いなどから、体調を崩しやすいですし、治安が悪い場所に行くとなるとケガのリスクも高くなります。

そのため、短期間だし旅行費用をおさえたい、クレジットカードの付帯保険で充分。

なんて思いながら旅行を計画している人にとっては、は、旅先でもポイントをザクザク貯められる、楽天カード1枚で間に合うと思いますよ。

楽天カードの付帯保険で最も注意しておきたい、海外旅行保険をわかりやすく解説

海外旅行傷害保険について

楽天カードは海外旅行に対してのサポートが充実しているとわかりましたが、具体的に海外旅行傷害保険がいつ・どのタイミングで適用されるかわからない!

そう思った方は多いのではないでしょうか。

しかし、実は楽天カードの海外旅行保険って、めちゃめちゃ単純なんですよ。

そこでここからは分かりやすく、楽天カードの海外旅行傷害保険についてお話していきましょう。

海外旅行傷害保険が有効になる条件

海外旅行保険が有効になる条件①

楽天カードの公式サイトによると、日本を出国する前に、上記の条件をどちらかを満たしている場合、保険が有効となります。

こうやって聞くとなんだか難しい話に思えますが、実は超簡単!

  • 国内で利用したバス・電車・タクシー・新幹線を楽天カードで支払う

または、

  • 旅行会社が提供している海外旅行ツアー代金を、楽天カードで支払う

たったこれだけで良いんです。

ただし、以下の項目に該当する場合は、楽天カードで決済したとしても保険が有効にならないので注意してください。

海外旅行保険が有効になる条件②

また、もう一つ注意してほしいのが、保険は出国前の支払でのみ有効になること。

つまり、海外旅行から帰ってきた後に支払った分は、保険が有効にならないことは覚えておきましょうね。

banner-029

保険金請求の流れと用意するものは何?

万が一なにかあったらどうしよう…

大きなケガや病気にかかってしまったら、楽しい旅行が一転して、苦い思い出になってしまいますよね。

その上、慣れない旅先でそんなことが起きてしまうと、いくら楽天カードの海外旅行保険が適用していても、気が動転して何からすべきかわからなくなるはず。

そこで、「もし海外で保険金を請求することになったら」を想定して、用意してほしい資料を簡単にまとめました。

【共通して用意する資料】
□ 保険金請求書
□ 事故状況報告書
□ 日本出国日を示すパスポート(コピー)
□ 事故証明書
(罹災証明書・交通事故証明書など)
※公の機関、または第三者のもの
□ 楽天カードの利用を証明する書類
□ その他必要と認められる書類
【保険対象者が死亡した場合】
□ 死亡診断書または死亡検案書
□ 戸籍謄本または除籍謄本
□ 他のクレジットカードに関する報告書
【対象者に後遺障害が残った場合】
□ 医師の診断書(料金は非対象)
□ 他のクレジットカードに関する報告書
【傷害、または疾病で通院・治療した場合】
□ 医師の診断書
□ 治療費明細書
□ 治療費を支払ったときの領収書
【賠償責任が発生した場合(対人・対物)】
※()内は対物のみ該当します
□ 示談書
□ 第3者の損害を証明する書類
□ (損害物の修理見積書)
【携行品が損傷・紛失した場合】
□ 損害物の修理見積書
□ 損害証明書
□ 損害物の写真(修理前の状況が分かる物)
□ 購入時の価格・購入先がわかる書類
【救援者の補償】
□ 救援者費用の明細書及び領収書
□ 遭難発生証明書
□ 捜索活動証明書
□ 海外旅行行程中の死亡証明書
□ 7日以上の入院証明書

なにかあった場合は、こちらをチェックして保険金を確実に受け取れる状態にしておきましょうね。

まとめ

楽天カードの付帯保険は、年会費無料のクレジットカードの中でも、特に海外旅行に手厚くなっているのが特徴的。

旅先での万が一にしっかり備えることが出来る上に、楽天カードはポイントは海外でも貯めることが出来ます。

そのため、ポイントが貯まるお得感を感じつつ、海外旅行を良い思い出に変えていくためにもオススメの一枚、そう言えるのではないでしょうか。

なるべく費用をおさえて、楽しい旅行にしたい!そう思っているなら、楽天カードを持っておいて、損はないと思いますよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!