三井住友VISAクラシックカードの限度額は高い?低い?また増枠する方法もご紹介

三井住友VISAクラシックカード 限度額

三井住友VISAカードと言えば、日本で愛用している人も多く海外のお店でも利用することができるので、非常に人気があるクレジットカードの1つ。

しかし、クレジットカードには『限度額』というものがあり、利用できる金額というのはカード会社によって決められてします。

そのため、三井住友VISAクラシックカードって限度額いくらなの?と気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、三井住友VISAクラシックカードの限度額についてご紹介していき、限度額はいったいいくらなのか、また限度額を上げることはできるのかなどをお伝えしていきます。

三井住友VISAクラシックカードの基本情報

三井住友VISAクラシックカードはテレビCMでも放送されているので、どんなクレジットカードかを知らなくても名前だけは聞いたことがある、という人も多いはず。

まずは三井住友VISAクラシックカードについて確認し、どんなクレジットカードなのか確認していきます。

では最初にこちらの表をご覧ください。

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円
2年目以降:1,250円+税(条件付きで無料)
入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA
利用限度額 10~80万円
付帯保険 旅行損害保険
お買物安心保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件付き:10.00%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

表に書かれている情報が、三井住友VISAクラシックカードの基本的な情報となっています。

三井住友VISAクラシックカードを申請するには電話かネットの2通りありますが、ネットからクレジットカードの申請をすると、初年度の年会費が0円になるのでおすすめです。

また、基本情報には書かれていない隠された魅力もありますので、そちらもご紹介していきます。

ポイントが貯まりやすい

1,000円で1ポイントが貯まる三井住友VISAクラシックカードは、ポイント還元率的にはどこにでもあるクレジットカードとほぼ変わりありません。つまり、ポイントは特別貯まりやすくはなっていないということ。

ただし、それは『ポイントUPモール』と『ココイコ!』というサイトを全く利用しなかった場合の話で、逆に上記の2サイトを上手く活用するとクレジットカードの中でもポイントはかなり貯まりやすい部類に入ります。

最大でポイント20倍にもなることがあるので、ポイントを貯めたいなら『ポイントUPモール』と『ココイコ!』を使い倒すのがおすすめですよ。

年会費が実質無料

ネットで三井住友VISAクラシックカードに入会すると、初年度は年会費が無料になりますが、翌年度以降は1,250円+税がかかってしまいます。

しかし2つの条件をクリアすると、なんと翌年度以降もずっと年会費が0円にする方法があるんですよ。

その条件とは『マイ・ペイすリボ』に登録してカードを年1回以上利用するというもの。

マイ・ペイすリボは月々の返済額を自分で決めることができるサービスとなっており、先月にクレジットカードを使い過ぎて支払いがピンチという時にも、お財布を痛めることなく支払いができちゃいます。

また年1回以上のクレジットカードの利用という条件は、もはや条件と言ってもいいのかというくらい簡単にクリアすることが可能です。

この2つの条件さえ満たせば、三井住友VISAクラシックカードは年会費無料のクレジットカードにすることができちゃいます。

VISAカードは世界200か国以上のお店で利用可能

VISAカードは200か国以上のお店と提携を結んでいるので、日本のみならず海外のお店でクレジットカード払いをすることができます。

つまり三井住友VISAクラシックカード1枚あれば、世界中のどこの国に行っても支払いで困ることはありません。

海外に行く機会があるなら、三井住友VISAクラシックカードはおすすめです。

三井住友VISAクラシックカードの限度額はどうなっている?

三井住友VISAクラシックカードの限度額はどうなっているのでしょう。いくら良いクレジットカードだとしても、限度額が低いと利用する機会はへってしまうので意味がなくなってしまいますよね。

しかし実際は、三井住友VISAクラシックカードの限度額は人によって全然違う事が分かりました。

限度額は10~80万円の間でカード会社が決める

三井住友VISAクラシックカードの限度額は、10~80万円の間です。

なぜこれほどまでに限度額に差が開いているのかというと、それはクレジットカードを作る時に行われた審査が関係しています。

カードの審査ではあなたの年収や勤務年数などを確認したのち、クレジットカードを発行するのですが、その時に、その人に適した限度額が設定されるんです。

そのため、支払い能力が高いと判断されれば限度額は高くなり、支払い能力が低いと見られると限度額も低くなるというわけ。

この事から、三井住友VISAクラシックカードの限度額は人によって違いがあり、10万円の人もいれば80万円の人もいるんです。

限度額はキャッシングの金額も含まれる

クレジットカードの機能の1つキャッシングサービス。キャッシングはカード会社から現金を借りることができていざという時には便利なのですが、キャッシングで利用した金額もクレジットカードの限度額に含まれます。

もし限度額が20万円のクレジットカードで20万円のキャッシングをした場合、キャッシングの返済日が来るまでクレジットカードは利用できなくなることに。

またショッピングで20万円使うとキャッシングで借りられお金も0円になるので、クレジットカードの限度額はこまめにチェックすることが大切となっていますよ。

クレジットカードの限度額を上げる方法

もしクレジットカードの限度額が低かった場合、次の方法を試してみる事で限度額を上げることが出来るかもしれません。限度額を上げたいのであれば、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードを利用していれば勝手に上がる

クレジットカードをたくさん利用することで、カード会社から限度額を上げてくれることがあります。

特にクレジットカードを作った時は、限度額が低めに設定されていることが多くすぐに限度額まで行ってしまう人もいるでしょう。

しかし、カード会社からすればクレジットカードの支払いをちゃんとしてくれるかどうかが判断できませんので、最初のうちは限度額が低めにして様子をみているんです。

そのため、クレジットカードもたくさん利用し、なおかつ支払いにも問題がないとカード会社に判断されたなら、クレジットカードの限度額を上げることができます。

限度額を増枠する申請をしよう

クレジットカードを利用していれば限度額は上がると言ったものの、「今すぐにでも限度額を上げたい!」という人も中にはいるはず。

その場合は、カード会社に限度額の増枠申請をしましょう。

限度額の増枠は三井住友会員webサイト『Vpass』から簡単に申請することができますよ。

ただし、申請したからといって必ず限度額を上げることができるわけではないという事に注意!

限度額を上げる時にもクレジットカードを作る時と同じように『審査』があるので、審査に通らないと限度額はそのままとなりますよ。

まとめ

三井住友VISAクラシックカードの限度額は、10~80万までの間でカード会社が決定します。

支払い能力が高いと判断されれば限度額は高く、逆に支払い能力が低いと判断されれば限度額も低くなるようになっているので、実際にクレジットカードが届くまではカードの限度額がいくらになるかはわかりません。

しかし、クレジットカードの限度額が低くても利用年数が長い・利用金額が多いという人なら、カード会社が限度額を見直して上げてくれることもありますよ。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!