三井住友VISAクラシックカードの審査で在籍確認はある?職場に電話がくるのか調べてみた

クレジットカードを申し込むと職場に在籍確認の電話がくると不安に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、三井住友VISAクラシックカードも在籍確認をしているのか調べてみました。

また在籍確認から逃れるためのコツなども教えるので、参考にしてみてくださいね!

三井住友VISAクラシックカードの基本情報

本題に入る前に三井住友VISAクラシックカードがどんなカードなのか、おさらいしておきましょう。

よくわからない方でもわかるように、表にまとめてみたのでご覧ください。

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円
2年目以降:1,250円+税(条件付きで無料)
入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA
利用限度額 10~80万円
付帯保険 旅行損害保険
お買物安心保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件付き:10.00%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

上記が三井住友VISAクラシックカードの基本情報です。

高校生を除く18歳以上の方ならどなたでも申し込みできますし、日本はもちろん世界中で使えると人気があります。

三井住友VISAクラシックカードには、他にも魅力が隠されているので見ていきましょう!

条件クリアで年会費が無料に!

三井住友VISAクラシックカードは年会費が初年度のみ無料で、翌年度以降は1,250円+税がかかってしまいます。

しかし

  • マイ・ペイすリボの登録
  • 年1回以上クレジットカードを利用する

という条件さえクリアしたら年会費が無料のままなんですよ!

マイ・ペイすリボは、毎月の返済額を自分で決めることができるので、ついつい使いすぎてしまった時でも安心です。

また返済額は後からでも変更ができますし、一括払いと同じように払うこともできるのでとても便利!

そしてもう1つの条件ですが、年に1回以上クレジットカードを利用するだけなんて、とても簡単な条件ですよね。

どちらも難しい条件ではないので、ぜひ利用してみてくださいね!

カードのセキュリティ対策が万全

クレジットカードを持っている方も初めて作る方も、不安に思うのが盗難や紛失による悪用ではないでしょうか。

「気を付けていたのになくしてしまった・・・」なんてこともあり得ますよね。

でも三井住友VISAクラシックカードなら

  • 顔写真付きのクレジットカードで不正利用を防止
  • 365日24時間体制でクレジットカードの動きを監視

とセキュリティがしっかりしているので安心!

もし不正利用されてしまっても『盗難保険』があるので、カード会社に届けを出してから60日以内に使われた料金は全額保証してくれますよ。

海外旅行でも安心の損害保険

海外旅行が好きな方にも人気の三井住友VISAクラシックカードですが、人気の理由は『世界中で使える』だけじゃないんです。

海外では日本の保険証が使えないため、少しのケガや病気でも高額な医療費を請求されてしまいます。

しかし三井住友VISAクラシックカードは、損害保険がついているので1回のケガや病気で最大50万円まで保証してくれるんですよ!

「せっかくの旅行が台無し」なんてことがないので安心して海外旅行が楽しめます。

ただ、飛行機代などの旅行費用を三井住友VISAクラシックカードで支払わないと適応されないので、そこだけ注意してくださいね!

三井住友VISAクラシックカードには在籍確認がある?

三井住友VISAクラシックカードがどんなカードなのかわかったところで、本題に入ろうと思います!

三井住友VISAクラシックカードにも在籍確認があるのか、調べてみたので見ていきましょう。

そもそも在籍確認って?

在籍確認とは、カード会社が本人確認のために、クレジットカードを申し込んだ方の職場などに連絡して確認することです。

クレジットカードを作るうえで『安定した収入がある』ということを条件としているカード会社がほとんど。

そのため「架空の会社ではないか」「本当にその職場で働いているのか」と確認しているのです。

三井住友VISAクラシックカードも在籍確認はしている

気になるのが三井住友VISAクラシックカードも在籍確認をしているかどうかですが、100%ではないが在籍確認をしています。

調べてみると在籍確認が行われていないのに、クレジットカードの審査が通っている方がたくさん見られました。

ただ、申し込んだ方の信用度で在籍確認があるか、ないかが決まるということを理解しておきましょう。

在籍確認で確認されること

在籍確認ってどんなことを聞かれるのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

しかし聞かれるのは、名前と生年月日、住所くらいなので安心してください!

カード会社は本当に記載されている勤務先で働いているのか確認したいだけなので、いろいろ聞かれることもありません。

ですから「在籍確認の電話が来たらどうしよう」と身構えなくても大丈夫ですよ!

在籍確認から逃れやすくなる方法

三井住友VISAクラシックカードを申し込んでも、在籍確認されなかった方も多いようですが、もちろん確認される方もいます。

そこで在籍確認が面倒で嫌な方やどうしてもされたくない方のために、在籍確認から逃れやすくなるコツを教えたいと思います!

100%なくなるわけではありませんが、在籍確認が嫌な方は試してみてくださいね。

本人が不在でもOK

本当にその職場で働いているのか確かめるための在籍確認ですが、実は本人が電話にでなくても大丈夫なんです。

ただ、職場の方が「席を外している」や「不在」と在籍しているとわかるようなことを言った場合のみで「居ません」や「お答えできない」などは確認が取れないので注意!

確認が取れると電話をかけ直してくることもないので、自分で電話にでられないと思ったら職場の方に頼んでおくといいかもしれませんね。

在籍確認がされにくい人

在籍確認は職場に電話がかかってくるので、できたらされたくないものですよね。

調べてみると下記の場合は在籍確認されることが少ないようです。

  • 他のクレジットカードを利用している
  • クレジットカードや携帯電話の支払いなどの延滞がない
  • 勤続年数が長い
  • 自営業や派遣社員の方

これらに当てはまる方は、在籍確認される可能性がとても低いですが、絶対に在籍確認がないわけではないので理解しておきましょう。

春に申し込むと在籍確認されにくい

クレジットカードは、3月~4月の春先に申し込まれることが多いと言われています。

そうなるとカード会社は、審査に時間をかけないために在籍確認をしない場合が多いんです。

在籍確認をされたくない方は、カード会社が忙しい春を狙って申し込んでみるのもひとつの手ですよ!

まとめ

クレジットカードを作るうえで必要な在籍確認ですが、三井住友VISAクラシックカードでも在籍確認をされることがわかりました。

職場に電話がくるのは嫌だという方も多いと思いますが、キャッシュレス化が進んできている今、クレジットカードを持っている方はたくさんいます。

ですから不安になったり気にすることはないですし、聞かれることも名前や生年月日、住所くらいなので身構える必要もありませんよ。

どうしても在籍確認が嫌だという方は、先ほど紹介した方法を参考に三井住友VISAクラシックカードを申し込んでみてくださいね!

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!