三井住友visaクラシックカードは三井住友銀行の口座がないと作れない?

三井住友銀行の口座が無いから、三井住友visaクラシックカードは作れないのかな…

このように、三井住友カードは三井住友銀行のクレジットカードなので、その口座がないと作れない。というイメージが強いです。

でも、三井住友の口座を持っていないけど、三井住友visaクラシックカードを持ちたい人は多いはず。

そこで、本ページでは三井住友visaクラシックカードは、三井住友銀行の口座がなくても持てるのか、どんな口座が指定できるのかを紹介していきます。

それでは早速見ていきましょう。

三井住友visaクラシックカードを作るときは、三井住友の口座が絶対必要!?

三井住友visaクラシックカードは三井住友銀行の口座がないと作れない。

このイメージは、銀行系のクレジットカードだからこそ、持たれてしまうイメージです。

まずは三井住友visaクラシックカードはそのイメージは通りなのか、実際にはどうなのか見ていきましょう。

三井住友銀行の口座を持っていなくても作れる

結論から入りますが、

三井住友visaクラシックカードは、三井住友銀行の口座を持っていなくても作れます。

三井住友銀行の口座を持っていなくては作れないと考えていた人にとっては嬉しい情報ですね!

そもそも、三井住友visaクラシックカードは国内でも断トツの知名度で、クレジットカードを作ろうとするときには必ず候補に入るほど。

そんなカードが、「自分のところの口座じゃないとカードは作れないですよー」と、不平等な条件を課すはずがないんですよね。

なんにせよ、三井住友visaクラシックカードを持ちたいと思っていた皆さんには朗報であることには間違いは無いです!

次は、三井住友visaクラシックカードの引き落とし口座に指定できる口座を確認していきましょう。

引き落とし口座に指定できる銀行は幅広い!

皆さんもご存知の通り、三井住友visaクラシックカードは国内での知名度はトップといってもいいほどのクレジットカードです。

そんな三井住友visaクラシックカードは日本の様々な金融機関を支払い口座として指定できるんです。

その口座の一覧がこちら。

都市銀行 信託銀行 地方銀行
信用金庫 信用組合 農協
労働金庫 ゆうちょ銀行 イオン銀行
ジャパンネット銀行 セブン銀行 ソニー銀行
住信SBIネット 楽天銀行

以上の他にも多くの金融機関が利用できます。

普通の銀行はもちろん、ネット銀行にも幅広く対応している点が好ポイントですね!

しかし、信託銀行・信用金庫鵜・信用組合・農協・労働金庫の一部で指定できない金融機関もあります。

そのため、一度公式サイトで確認するのが良いかもしれませんね。

このように、三井住友visaクラシックカードの引き落とし口座は、三井住友銀行だけではなく様々な銀行口座から引き落としできます。

三井住友銀行の口座を持っていないから三井住友visaクラシックカードを持てないかもと諦めかけていた皆さん。

ぜひ、国内でも断トツの知名度を持ち、銀行系クレジットカードという安心感まで持ち合わせている三井住友visaクラシックカードを持ちましょう。

これ一枚あれば、日々の生活が楽に、そしてさらに賢く生活をしていくことができますよ。

三井住友visaクラシックカードのらくらく発行に対応した口座も紹介

三井住友visaクラシックカードの便利な点として、
インターネット申し込みで最短3営業日でカードを発行できる。

という点があります。

まずはその、らくらく発行がどんなものなのか見てみましょう。

そもそもらくらく発行とは

いま紹介した通り、らくらく発行とは最短で3営業日でカードを発行できるというもの。

そのステップはたった4つ。

  1. インターネットで申し込み
  2. 各銀行のウェブサイトで引き落とし口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 簡易書留で、自宅にカードが届く

このような簡単な流れで三井住友visaクラシックカードが作れちゃうんです!

他のクレジットカードではある程度の期間が必要な入会審査も、三井住友カードなら最短で当日中に結果をメールで知らせてくれます。

急いでクレジットカードが欲しいという人や、面倒な書類手続きが嫌いな人にもおすすめのサービスですよ!

らくらく発行に対応した口座はこちら

最短3営業日で三井住友visaクラシックカードを発行できるらくらく発行に対応した銀行口座を確認してみましょう。

都市銀行

地方銀行 ゆうちょ銀行
ソニー銀行 住信SBIネット銀行

イオン銀行

らくらく発行では、以上の口座が引き落とし口座として指定できます。

通常の申し込みと違って、信用金庫や農協、ネット銀行の一部が指定できません。

しかし、都市銀行や地方銀行、ゆうちょ銀行などは変わらず指定できるので、安心してくださいね。

三井住友visaクラシックカードは以上のように、らくらく発行で簡単には作ることができます。

さらに、支払い口座も、通常の申し込みとそれほど大きな違いがありません。

  • クレジットカードを早く持って、楽に賢く生活を変えたい。
  • 三井住友visaクラシックカードを持って、早く一人前の大人になりたい。

そんな皆さん、便利ならくらく発行で早く三井住友visaクラシックカードを持ってしまいましょう!

三井住友visaクラシックカードの詳細はこちら

最後に、三井住友visaクラシックカードがどんなクレジットカードなのか確認しましょう。

簡単に表にまとめたのでぜひご覧ください。

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円
2年目以降:1,250円+税(条件付きで無料)
入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA
利用限度額 10~80万円
付帯保険 旅行損害保険
お買物安心保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件付き:10.00%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル

先ほどから何度もお話していますが、三井住友カードは銀行系のクレジットカードです。

その銀行系のクレジットカードの最大の利点は、その『安心感と信頼感』でしょう。

さらに、発行元が銀行だということもあり、ステータスになることもあるはず。

見た目もキリっとした三井住友visaクラシックカードなら、財布から出したときの見栄えもいいですよ。

また、クレジットカードの何よりの利点は、便利さにあります。

最近では中国ではキャッシュレス社会に一気に移行していたり、日本でも現金払いできないお店も出てきたり、社会全体が変わって来ています。

今、このタイミングがクレジットカードを持つべき最良のタイミングなのではないでしょうか?

そこで皆さんお目当ての、三井住友visaクラシックカード。

下のボタンから公式サイトに行くと、最大10,000円のキャッシュバックがあります!

近代の流れに今乗らないとどんどん遅れていってしまいますよ。

早速、下のボタンから公式サイトへ行きましょう!

 

まとめ

本ページを最後までご覧頂きありがとうございます。

三井住友visaクラシックカードは、三井住友銀行の口座がなくても作れる間口の広いクレジットカードであることが分かりました。

三井住友visaクラシックカードを持ちたいけど、三井住友銀行の口座を持っていないから不安…。

といった皆さんは、不安が晴れたでしょうか?

ぜひ三井住友visaクラシックカードを持って、現代の忙しい世の中、楽に賢く生きてきましょう。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!