三井住友VISAクラシックカードの審査は厳しい?実は年収が低くても作成可能!

三井住友VISAクラシックカードは日本で人気のあるクレジットカードの1つ。

しかし、「三井住友VISAクラシックカードは審査が厳しい」なんて事を聞いたことがありませんか?

そのため、年収が低い自分には無縁のクレジットカードなんでしょ?・・・と諦めてしまったという人はちょっと待って!

実は年収が低い人でも、三井住友VISAクラシックカードのカード審査は通る可能性は十分にあるんですよ。

そこで今回は、三井住友VISAクラシックカードの審査についてご紹介したのち、年収によってカード審査の難易度は変わるのかどうかについてご紹介していきます。

三井住友VISAクラシックカードとは?

三井住友VISAクラシックカードの審査事情を確認する前に、三井住友VISAクラシックカードとはどんなクレジットカードなのかについて見ていきます。

クレジットカードの基本的な情報をまとめましたので、まずは下の表をご覧ください。

三井住友VISAクラシックカード
年会費 初年度:0円
2年目以降:1,250円+税(条件付きで無料)
入会資格 18歳以上
国際ブランド VISA
利用限度額 10~80万円
付帯保険 旅行損害保険
お買物安心保険
ポイント還元率 標準:0.50%
条件付き:10.00%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
マイル還元率 ANA:1ポイント=3マイル
※記載のポイント還元率は以下の計算式で計算しています。

標準:ポイント交換対象の最小値÷普及ポイント最小値=A、A×1ポイント当たりにかかる金額=B、還元先最小値÷B=還元率

三井住友VISAクラシックカードは年会費が無料ではありません。初年度だと0円で利用することができますが、2年目以降は1,250円+税がかかってしまいます。

しかし、『マイ・ペイすリボ』の登録と、年一回以上のクレジットカードの利用で2年目以降も年会費は0円にすることができますので、人によっては年会費無料のクレジットカードとして利用することが可能ですよ。

ではその他にどんな特徴があるのかもチェックしていきましょう。

ポイントはカードの利用次第でどんどん貯まる

三井住友VISAクラシックカードのポイント還元率は0.50%、この数字自体はあまり良いとは言えず、ポイントはクレジットカードの中でも貯まりにくい部類となっています。

しかし、『ポイントUPモール』と『ココイコ!』というサイトを利用することで、ポイント還元率を2~20倍まで増やすことができるんです。

ポイントUPモールは、ネット通販をする前にポイントUPモールを経由することでクレジットカードのポイントが倍層するというとてもお得なサイト。

ネット通販を利用する前にはポイントUPモールを必ず経由しないとポイントがもったいないですよ。

また『ココイコ!』というサイトは、利用したいお店があればエントリーすることで、ポイントを増やすか、キャッシュバックにするかを選ぶことができます。

自分の生きたいお店が載っている場合はかなりお得になるので、こちらもぜひ利用すると良いでしょう。

この事から、ポイント還元率はそこまでではありませんが、『ポイントUPモール』と『ココイコ!』を上手く利用することでポイントはどんどん貯まる仕組みになっているんです。

ポイントの使い道が豊富

ポイントの使い道が豊富という事も三井住友VISAクラシックカードの特徴の1つです。

貯まったポイントは、Amazonのギフト券に交換するもよし、商品カタログから好きな景品と交換してもよしと、自由自在となっています。

ポイントの有効期限は2年間なので、2年以内には使わないといけないという縛りはありますが、貯まったポイントを自分の好きなように交換できるという事はなかなか嬉しいポイントではないでしょうか。

ETCや家族カードなどの追加カードもたくさん

三井住友VISAクラシックカードを作ることで、ライフスタイルに合わせた追加カードを発行してもらう事ができます。

高速道路を良く利用する人ならETCカード、家族でクレジットカードを使いたいなら家族カードの発行などさまざまなニーズに対応しているので、自分の生活環境をより便利で快適にすることが可能です。

三井住友VISAクラシックカードの審査事情を確認

三井住友VISAクラシックカードの審査は厳しいと噂に聞くことがありますが、噂は噂。実際のところ、カードの審査は本当に厳しいのでしょうか?

カードの審査は厳しい部類に入る

結論から言ってしまうと、三井住友VISAクラシックカードのカード審査は厳しめとなっています。

特に年会費無料のクレジットカードと比べてしまうと差は歴然。年会費が無料のクレジットカードは作れても三井住友VISAクラシックカードの審査は通らなかったという人もいるくらいなんです。

ではなぜ三井住友VISAクラシックカードの審査は厳しくなっているのかというと、それは三井住友VISAクラシックカードが銀行系のクレジットカードという事が関係しています。

クレジットカードの審査はカード会社によって難易度に違いがあり、

  • 消費者金融系
  • 流通系
  • 信販系
  • 銀行系
  • 外資系

と上から下に行くほど、クレジットカードの審査は厳しくなっています。

三井住友VISAクラシックカードは銀行系のカードですので、下から数えた方が早いくらいに審査の難易度は高くなっているんです。

そのため、三井住友VISAクラシックカードの審査は厳しいという噂は本当だったという事になりますね。

年収が低くてもカードの審査に通る理由

カードの審査が厳しい三井住友VISAクラシックカードですが、年収は低くても審査に通る可能性は十分にあります。

三井住友VISAクラシックカードの申請を記入していくと『職業』の項目があるので、自分がどの職業についているのか選ぶことになるのですが、なんとその中には無職という職業が!

つまり、年収がほぼない無職の人にでも三井住友VISAクラシックカードを発行しているということなので、年収が低くても審査に通る可能背は十分にあるってことなんですよ。

もし年収がネックで三井住友VISAクラシックカードを申請していなかったという人は、この機会に申請してみてはいかがでしょうか?

年収によってカード審査の難易度に違いはある?

年収が低くても三井住友VISAクラシックカードの審査に通る可能性があるという事はわかりました。

しかし実際のところ、年収が高い人のほうがカードの審査に通りやすいのでしょうか?

年収の高さは審査にあまり影響はない

三井住友VISAクラシックカードは、年収が300万円の人と3,000万円の人がいたとしても、審査に通る可能性はどちらもほとんど変わりありません。

それは、クレジットカードの利用限度額は人によって違うという事が関係しています。

年収が低い人は限度額を低めに設定し、年収が高い人は限度額を高めに設定してクレジットカードを発行するので、年収が高いからといってクレジットカードの審査が通りやすくなっているわけではないんですよ。

年収よりも職種のほうが重要視されることも

三井住友VISAクラシックカードでは、年収が高い人よりも職種のほうが重要視されることのほうが多いです。

例えば、若いうちは正社員で働くよりもアルバイトのほうが年収は高くなることもありますが、長い目で見れば正社員で働いている人のほうが給料は安定していますし、年収も高くなる傾向にあります。

そのため、年収がいくらかというよりも公務員や大手企業に勤めている人のほうがカードの審査には通りやすいです。

逆に言うと、アルバイトや自営業の人は年収が高くてもカードの審査には不利になりがちなので気をつけましょう。

まとめ

三井住友VISAクラシックカードのカード審査は、年会費が無料のクレジットカードと比べると審査は厳しめ。

しかしだからといって、年収の低さが三井住友VISAクラシックカードのカード審査に落ちる絶対的な理由にはなりませんよ。

実際に年収が低くても三井住友VISAクラシックカードを持っている人もいますし、中には無職の人でもクレジットカードが作ることができたという人もいます。

そのため、年収の高さだけがクレジットカードの審査の対象となっているわけではないので、三井住友VISAクラシックカードが欲しいと思ったのであれば、申請して見ると案外すんなり審査が通るかもしれませんよ。