カード名サービス名など

条件や悩みで検索すると、あなたに適したクレジットカードが見つかります。


楽天カードとビューカードを徹底比較!ポイントの溜まりやすさや便利さで分析!

楽天カードとビューカードを徹底比較!ポイントの溜まりやすさや便利さで分析!

【楽天カード】or【ビューカード】の適正診断スタート!

楽天カード ビューカード 選び方

単純にポイントを貯めたいのであれば、楽天カードの方がめちゃくちゃポイントが溜まりやすいです!

従って、ポイントの溜まりやすさで悩んでいる方は楽天カードの発行をおすすめします。

それ以外の機能面、活用法などで悩んでいる方は後述をご確認ください。

楽天カードとビューカードの比較ポイント!

楽天カードとビューカードは、「便利」という一点は共通しているものの、特徴は全く異なるカードです。

比較する際、どこをどう見ればいいのかがわかりにくくなりがちなので、実際に比較する前に、比較ポイントを簡単に紹介しましょう!

ここをチェックすれば、両者の違いがわかりますよ。

年会費や入会条件

機能がたくさん詰まっている分、ビューカードにはもしかしたら年会費があるんじゃないかと考える人も多いと思います。

年会費が安い方が出来ればありがたいけれど、楽天カードとビューカードの年会費はいくらでしょうか。

また、作りやすさという面から言うと年会費だけでなく「入会条件」も大事ですよね。

入会特典

あれこれ比較をして、迷ったとき最終的に決断の助けとなるのが入会特典の存在です。

入会特典の豪華さ、そもそも入会特典があるのかどうか…。

比較後、迷ったときは最終的にここに立ち戻ってみると良いかもしれませんね。

ポイントの溜まりやすさ

クレジットカードの根源的な部分なので、当然重視したいところでしょう。楽天カードはポイントが貯まりやすいと有名だから知っている人も多いかもしれません。

けれども、ビューカードは楽天カードに比べ知名度が低く全くの未知という人が多いと思います。

両者のポイントの貯まりやすさの違いが、ある意味一番の見どころかもしれませんね。

ポイントの還元先

ポイントは貯めるだけじゃなく、使うものです。

ポイントの還元先が豊富に用意されているか、豊富でなくても使い道に困らないような還元先が用意されているなら良いでしょう。

そうでないのなら、作るには躊躇ってしまいます。

楽天カードとビューカードを比較する際、キーワードとなるのは「利便性の高さ」です。

還元先の利便性の高さが問われます。

付帯サービス(保険込み)

ポイント還元率が低くても、付帯サービスや保険が豪華だったら低い還元率を補えます。

ただ、付帯サービスや保険が充実しているカードは年会費が高くなりがち。

カードを決める際には、年会費とポイント、そして付帯サービス(保険)三つのバランスを考えないといけません。

【楽天カード】VS【ビューカード】を比較!

さあ、本題の比較です! 楽天カードはどれだけお得なのか?

ビューカードはどれだけ便利なのか? お互いの目指す道の違いとは、いったいどういうところにあるのでしょうか。

個別に見た方がわかりやすいところは後に飛ばしながら、簡潔に二枚のカードを比較したいと思います。

年会費や入会条件で比較

楽天カードは、永年年会費無料です。その代わり、ETC付カードを作るならETCの年会費が540円かかります。

ビューカードの基本となるビューSuicaカードは、初年度から515円の年会費がかかるカードです。

その代わり、ETCカードを作っても追加の年会費が取られません。

ETCを作らないなら楽天カードの方が年会費が安いですが、ETCを作るならビューカードの方が安いですよね。

じゃあ入会条件はどうかというと、こちらはパッと見ただけでは違いがありません。

どちらも18歳以上(学生可)としています。評判的にも「作りやすい」という意見はあっても、「作りにくい」という意見はほとんどありません。お互いに作りやすいカードと言えるのではないでしょうか。

入会特典で比較

楽天カードは、新規入会特典2000ポイント(通常ポイント)と、初回利用時特典3000ポイント(期間限定ポイント)のプレゼントがあります。

初回利用時特典は期間限定ポイントなので、通常のポイント有効期限より短いので注意が必要ですね。

楽天カードの入会特典は、2018年1月現在だと「常時開催」となっています。

一方、ビュー・スイカカードの入会特典は入会と利用で「19,000円相当のポイントプレゼント」というものです。ただ、これは2018年1月現在開催されているもので、期間限定となっています。

ポイントプレゼントなどの入会キャンペーンがたまに開催されるようですね。

また、2018年1月現在開催中のキャンペーンは「最大6000円分のポイントを全員にプレゼント」し、「10,000円分のポイントを100名に抽選でプレゼント」するというものです。

そして、携帯電話料金の支払いをした方の10人に1人に3,000円相当のポイントがプレゼントされます。

運の要素が絡んでくるため、少し微妙です。

ビューカードの入会特典に関しては、その時々に開催されているものをチェックしてみてください。

ポイントの溜まりやすさで比較

楽天カードは、一般加盟店の支払いに使うことによって100円当たり1ポイント(還元率1.0%)貯まるようになっています。

楽天市場の買い物に使うと、100円当たり4~6ポイント貯まり、還元率は4倍から6倍です。圧倒的、超高還元率を誇っていますね。

ビューカードは、たとえばビュー・スイカカードなら一般加盟店の支払いによって1000円当たり2ポイント貯まります。還元率は0.5%です。JR東日本やSuica関係の支払いだと、還元率は3倍になります。

基本的に、楽天カードの方がポイントが貯まりやすいと言えますね。

ただ、Suicaとしての機能をうまく使えば、ビュー・スイカカードはポイントの二重取りが可能です。今は単純な貯まりやすあsの比較なので、その方法については後程簡単に語るとしましょう。

ポイントの還元先で比較

楽天カードは、ポイントを提携サービスのポイントに交換することができます。

ただ、楽天ポイントをそのまま楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに使う方の方が多いのではないでしょうか。

実際、わざわざ交換するよりもその方が便利で使いやすいですからねえ。

ビューカードの「ビューサンクスポイント」は、各種商品や提携サービスのポイント、商品券・クーポンなどに交換できます。

ポイント還元先の豊富さや多様性は、ビューカードの方が高いですね。

利便性はというと、Suicaに交換して使うことが出来るという点で楽天ポイントにも食らいつきます。Suicaに交換する際のポイントの価値は、1ポイントあたり2.5円相当です。

付帯サービスで比較(保険込み)

楽天カードには、「海外お土産宅配サービスの優待」「手荷物宅配サービスの優待」「防寒具預かりサービスの優待」「楽天カードラウンジ利用」などのサービスが付帯します。

海外旅行向けのサービスが多いのは、楽天カードに唯一付帯される保険が海外旅行保険だからでしょう。

金額は2000万円(利用付帯)です。

ビューカードの保険は、海外旅行保険と国内旅行保険。

金額は海外旅行保険が最高500万円、国内旅行保険が最高1000万円と海外旅行に関しては楽天カードよりも低く設定されています。

ただ、海外旅行保険に関してだけは自動付帯というのがビューカード(ビュー・Suicaカード)の利点です。

特別な付帯サービスはありませんが、「定期券として使える」「Suicaのオートチャージが可能」というのがそもそも付帯サービスのようなものでしょう。

【楽天カード】はこんなクレジットカード!

年会費無料・入会条件緩めという作りやすいカードとして、楽天カード以上に「お得さ」を追求したカードはなかなか無いんじゃないでしょうか。

そう言わざるを得ないほどにメリットがたくさんあるんです。そんな楽天カードの三つの魅力を紹介します。

楽天カード 楽天カード
年会費 初年度:0円(ETC付:540円)
2年目以降:0円(ETC付:540円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は100円当たり1ポイント
楽天市場の利用でポイント4倍
ポイントの還元先 楽天市場や楽天ポイント加盟店の支払いに利用可。
提携サービスのポイントに交換可能。
ポイント有効期限 1年
付帯保険 海外旅行保険
付帯サービス スーパーポイントアッププログラム
海外お土産宅配サービス優待
手荷物宅配サービス優待
防寒具預かりサービス優待
楽天ラウンジなど
利用可能電子マネー 楽天Edy

海外旅行保険が付帯しているから、海外旅行関連のサービスを充実させているところが個人的にはとても魅力的に感じられます。

保険だけの付帯でも安心なことに変わりはありませんが、安心を得たら、人間は次に「得」が欲しくなるものです。安心だけにとどまらず、しっかり得を提供する楽天カードはとても完成度が高いと言えるのではないでしょうか。

そんな完成度が高い楽天カードの三つの魅力が、こちら!

圧倒的! ポイントの貯めやすさ

楽天市場を利用するとき、ポイントが100円当たり4ポイント貯まる。それだけでも驚異的な還元率だというのに、この4ポイントは「最低限」のポイント付与なんですよ。最高還元率は6倍……。

楽天市場アプリを月に1度使えば、その月の支払い分に対するポイントが+1%されます。楽天ブックスまたは楽天モバイルを利用すれば、さらに+1%。楽天市場を利用した際の4%還元と合わせたらポイント還元率6%!

この驚異的還元率が、楽天カード最大の魅力ではないでしょうか。

サービス優待が多い

楽天カードのサービスは、そのほとんどが「優待」です。無料になるわけではありませんが、それでも優待があるだけ嬉しいですよね。

割引やポイント還元率増加といった優待が無ければサービスを利用しようとも思わないかもしれませんが、それらがあれば利用する気力も沸くというもの。

手荷物宅配サービスは空港から自宅、自宅から空港までの往復が最大300円オフで利用可能です。防寒具一時預かりサービスは、1着あたり10%オフになります。日本は冬だけど渡航先は暑いという場合には、これはありがたいですよね。

中でも、海外お土産宅配サービスの優待が特に秀逸!

このサービスを利用することによって、出発前に渡航先のお土産を自宅に宅配してもらうことが可能になります。あらかじめ「これだけは買っておく」というものが決まっていれば、この方が便利でお得です。

重いものを持ち歩く面倒さや、買い忘れの心配から解放されますからね。

しかも、このサービスを利用して買い物をしたらポイント還元率が10倍に! 利用しない手はありませんね。

また、ワイキキの楽天カード会員限定ラウンジの利用が可能なのも嬉しいところです。

ポイントが使いやすい

楽天のポイントは、楽天市場と楽天ポイント加盟店で使うことができます。

これはポイント還元率の高さに次ぐ魅力ではないでしょうか。

ポイントが貯まるスピードが速くても、使いづらいポイントだと無意味に近い。

だけど、楽天カードを持つ方で楽天市場を全く使わないという方はいないでしょう。

楽天市場の利用頻度が低くても、貯まったポイントを楽天市場の買い物で大量放出すればいいわけです。前々から欲しいと思っていたものをお得に購入することができるから、嬉しい気持ちにもなります。

「貯めてよかった」と思えるポイントプログラムですよねえ。

【ビューカード】はこんなクレジットカード!

Suica機能と定期機能が付いたビュー・スイカカードをはじめとしたビューカードには、たくさんの魅力と特徴があります。

語るべきところは楽天カードより多く、客層は楽天カードより狭いです。

ただ、ビューカードにはたくさんの種類があり、「特化型カード」を求める方にはピッタリかもしれません。

ビュー・スイカカード ビュー・スイカカード
年会費 初年度:515円(ETC付:515円)
2年目以降:515円(ETC付:515円)
入会条件 18歳以上(学生可)
国際ブランド VISA・MasterCard・JCB
ポイントの貯め方 通常は1000円当たり2ポイント。
JR東日本・Suicaに関してはポイント3倍。
ポイントの還元先 Suicaにチャージ。
商品に交換。
提携ポイントに交換。
商品券・クーポンに交換。
ポイント有効期限 2年
付帯保険 海外旅行保険、国内旅行保険
付帯サービス Suicaオートチャージ
定期券機能
利用可能電子マネー Suica

ポイント還元率は基本的に大したことはないものの、有効期限が2年と楽天ポイントの2倍あるところが魅力的です。

還元率も数値にして0.5%と楽天カードの1/2だから、ちょうどいい感じになりそうですよね。JR東日本やSuicaに関してはポイントが1000円当たり6ポイント貯まるから、JR東日本ユーザーはお得に貯められるでしょう。

また、海外旅行保険と国内旅行保険が両方付帯されているところが好印象です。

しかも海外旅行保険は自動付帯ですからね。金額が低くても価値があります。

更に、個人的には「カラオケや飲食店の割引優待」など優待店が充実している点も魅力だと感じているんですよ。

「カラオケ ビッグエコー」でビュー・スイカカードを提示すれば、ルーム料金の30%割引、または飲み放題プラン10%割引を受けることが出来ます。

飲みカラオケユーザーには嬉しいですよね。カラオケの飲み放題、案外高いから。

その他、居酒屋を中心に様々な飲食店でも割引が受けられます。ただ、これらは本題ではありません。本題のビューカードの魅力が、こちら!

オートチャージが可能! 定期券にもなる

ビュー・スイカカードだけでなく、ビューカード全体の一番の魅力はSuicaオートチャージ機能と定期券機能が付いていることでしょう。

改札口で残高が切れて引き返す手間が省けるだけでなく、Suicaを日常の買い物にも使いやすくなります。

オートチャージは改札口を出るときにしか行われませんが、買い物にSuicaを使う頻度が高い方はチャージ額を少し多めにしておくとより便利ですよ。

オートチャージと定期券購入はポイント3倍になるというのもいいですよねえ。

ポイントの二重取りが可能

Suicaポイントクラブという、ビューカードとは別のポイントプログラムがあります。それを使えば、ポイントの二重取りが可能です。

Suicaポイントクラブ提携店や自動販売機のSuica払いによって、ビュー・サンクスポイントとは別に0.5%~1.0%のSuicaポイントが付与されます。

ただ、直接二重取りできるわけではありません。

Suicaにビューカードでチャージをして、還元率1.5%。そのSuicaを使って買い物をして、0.5~1.0%。合計2.0~2.5%に跳ね上がり、二重取りになるという形です。間接的なポイント二重取りというわけですね。

離れ業じみていますが、お得だから良し。

ビューカードは種類が豊富

基本のビュー・スイカカードだけでなく、「ビックカメラSuicaカード」「ルミネカード」といった別の種類が用意されています。

基本的な性能は変わらないものの、ビックカメラSuicaカードはビックカメラの支払い時に還元率が10倍になるという特徴があるんです。

しかも、年会費は初年度無料、2年目以降は通常のビュー・スイカカードと変わりません。ビックカメラユーザーなら、通常のカードよりビックカメラSuicaカードを選ぶ方が得というわけですね。

ただ、Suica機能はあるけど定期券機能はありません。

ルミネカードは2年目以降の年会費が1,029円になるものの、ルミネ系列店の買い物が常に5%オフになるというメリットがあります。さらに、10%オフセールが年に4回開かれるというのも魅力的。

ルミネカードには、定期券機能が付帯します。

どのカードも一長一短、どれを選んでもメリットがあるわけです。

もちろん、付帯サービスなどが充実したゴールドカードもありますよ。

まとめ

基本的に、ビューカードは特別な理由が無い限りオススメできません。「お得な定期券が欲しい」「オートチャージが可能なクレジットカードが欲しい」「Suica機能とビックカメラ(ルミネ)の特典両方欲しい」などですね。

需要がハッキリとしているため、比較した後なら悩む余地はないはずです。

それでもまだ悩むくらいなら、楽天カードを作った方が結果的に後悔しないのではないでしょうか。

楽天カードは万能だけど、ビューカードはSuica機能をたくさん使う方向けですから。

便利なカードという点は同じだけど、「万能」か「特化型」かという道の違いがこの二枚にはあります。どのビューカードを選ぶ場合でも、同じです。

”今”おすすめ出来るクレジットカードはコレ!

「種類が多すぎて選べない…」

「お得なクレジットカードは一体どれ?」

「ステータスが高いのは!?」

などなど、お悩みの方が多いかと思います。

そこで、”今”だからこそおすすめ出来るクレジットカードをランキング形式で3枚紹介していきます!